mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______





私には もし生きていたら 今年22歳になる 双子の息子がいます

        

ONE WHOLE new world ?
...... one of A HOLE

Blue Marble * INDEX 目次へ




自分が妊娠しての出産予定日を知った後の事。

17の時に気づいたのは
なるほど、できちゃった婚・・・

日本国憲法で、結婚を認められる年齢に到る歳

女の子は16 Sweet Sixteen アメリカでの大人の仲間入りの年齢で
男の子は18 Eighteen TH アメリカでのGrade教育は終わる年齢で

私たちは、年齢にすでに満ちた歳だった。
出産は18に到る 生まれて18年の時を過ごした命の称号年

自分もそうだと思っていた矢先の、出来事は・・・ あの時まだ結婚を考える事ができたと、自分が普通の精神状態の健康母体であった事を、今なら勇気を持って少しずつ思い出しても、辛くない時もできてきた。

学校で気分が悪いとツワリがあって・・・

双子の息子の父親は、夢に向かって暴走中。

言えなかった。


私だって・・・ 


そんな想いが大きすぎて
ものすごく ものすごく・・・ 苦しかった。

初めての悪阻は、学校での事。

ウソ・・って信じたくはなかった。


『 Hey what’s up? honey-nuts!  
   You looks soooo boobeeboo. . . 』


隣の夫が、マジ・・・どうした?って本気で心配する顔色に・・・


『 Don’ t much care about me
  Just. . .
      . . .Leave me alone! 』


授業中に、怒鳴り、トイレに駆け込んだ。 

私たちは同じクラスの隣席にいて、すごい勢いで喋りまくる夫・・・

夫のおちゃらけたベシャリじゃなく、マジな表情に急にかわり心配している顔色で、おでこに手を当てようとしていた。
その手を振り払いたくても、触れることすら嫌になり、顔をよけたらそのまま怒鳴って授業中にクラスから飛び出した。

それまで何でもなく授業も普通に受けていたのだったけれど、私は突然・・・

彼の香りに気持ちが悪くなった。


アメリカンスクールの子達は、トワレやボディクリームに、男の子の方がいい香りを漂わせているような子たちばかりで、部活も無いから汗臭くも無く学校内にはシャワールームもあり、登校してシャワーを浴び制服に着替える子もいた。

ひげがボーボーとかって子もいなく、つるつる素肌に無駄毛なし、眉毛だってとっても凛々しい。
唇だってつやつやプルプル。平気でするウインクに、たくさんのジェスチャー仕草のスタイルいい男の子達に、はじめはドキッとさせられた。

女の子は、必ず身だしなみとして、制服に合うようメイクをする。
そんな女の先生ならではの注意もあった。

男の子にメイクをしているところを見られ無い様にね、Ladyのマナーです。

綺麗な先生に優しく言われると、アメリカ人の女の子の常識を日本人の子も皆素直に、朝はどの階の女子トイレもごったがえす程だった。
女子トイレのバニティスペースが大きくとられた学校に、なんだか納得しつつ1枚の鏡の中に数人、知らないもの同士で鏡の取り合い合戦を繰り広げる。

メイクの濃さや、香りの着け過ぎは、美的センスなし。

皆生徒も先生も感じる為、劣等感を味わいたくない子達ばかりの気持ちに指すように、研究に目を向けさせる姿勢は、こんなところからも始まっていたかもしれない。

さまざまな国の言葉が飛び交う、トイレの中。
数人の英語圏じゃない国の子とは、慣れない英語で会話する。その手立てしかない。

私は数人が同じ鏡をシェアしながら、メイクをしたりしている間、どんどん友達が増えていった。
転校なんて気にしない。そんな事は日常茶飯事。と言う、この学校は入れ替えがとても多い学校だと気づいたのは、学校生活中だった。

私は転校早々・・・

鏡の前で、制服のネクタイをここで結んだ。


校内では日本語厳禁の学校は、日本人同士も英語で話すという校則がある。
でも、みな実際は、半々リンガル。

まだ、伝えたい単語がわからない時は、それぞれの国の言葉になる。

セックス行為の経験は、早熟な子が多かった。

私たちの行っていた学校の子の中で、経験が無いって方が、えっ!?って驚くぐらい・・・
言わなくても、男の子の香りが仄かにする女の子に、誰の彼女だなと判断してしまう。
したこと無いのでしてみたいから、避妊具に興味があって、面白がるとかではなく
避妊具が本当に必要で、男の子用も女の子用も、ピルすら隠れて密売人の様に友達間でやり取りしていたものだった。が・・・ピルは、妊娠体と同じく体が丸くなってしまう為、モデルをしていた子達は嫌っていた。

男の子はマナーって感じなのか・・・
避妊という意味でなく、人によっては、断ったら女の子に恥をかかせるという気持ちが強く、その場でなく やんわりとお互い落ち着いたら、周りの目を気にせずその子が今後違う奴と付き合い出すだろうとも考えて、自分にとっても跡腐れなくできる様にも、と思っているみたいの 抱いてあげるケースもあったりした。

男の子も女の子も、危険日に危険週間は、平気で言い聞きする。

でも男の子はそんなお情け時には、信用しないように注意を払っていた。


私の妊娠は、隠し隠しでも、隠し通せるはずの無い、双子。  

冬、誕生日を過ぎた頃・・・

ねぇ、何ヶ月? って母が突然言ってきた事。
もう、悪阻が治まっていた。
それまで細い私に気づく人は居なく、顔色が悪いと初期に気がついたのは、夫と幼馴染のみ。

私は誰にも言わなかった。

母だけが・・・ 私の出産を、隠れて手伝ってくれた。
10代で同じ様に妊娠経験があり、堕胎を経験した母。

もっと早く言え、手伝ってあげたのに。と、一言だけ怒られた。

同じ様な状況の私と母・・・ 相手のご家庭状況に・・・ その人の認知度に・・・ 
父親ですよって相手に、どうする?言いたいの?と聞く母に、首を横に振った。

お母さんもね、そうしたのよ

母も相手に言わなかったというチョイス。 母子は同じ遺伝子!いえ~いっ!とへんな元気をつけられた。
人口陣痛誘発の時を決められ、その日24時間以上の出産中に、絶対帝王切開は嫌と、怒鳴り散らした私。
皮膚や筋肉にメスを入れたら、怪我の自然治癒と違う人工の感触は自分の職業生命を憚る物、痕を残したく無かったことも色々と・・・

よし、怒鳴れる元気があるなら、がんばれるか

そんな産科の先生は・・・


未熟児の双子の息子達が、保育器を出るまで長い時間が掛かる・・・ 
帝王切開での出産をしなかった為に、障害があるかもしれない状態か?

出産後の検診で、覚悟をしておいて欲しい との言葉。でも・・・

その子たちは・・・

目を開けることなく、病院から一度も外の空気を吸うことなく、他界した。

“ 覚悟 ” は・・・・

もう一つの意味があったのかと・・・


要らないと思っていた子供たちでも、子供を失ったショックは大きなもので、母になる心は妊娠中に生まれていたと気づくのは遅かった。
それからの私に、女の子の日は来なくなった。

そうか・・・ 

覚悟 その意味は、もっと遠い未来にも多々あることか


ショックの為か、決まっていた留学に元気付けようと・・・
孫を手元に置いて、私を留学に出す気満々だった母は、留学にさっさと行けっ!がんばれ~~とエールを送ってくれていた。

忘れていいよ・・・

母の言葉は忘れて勉学に励め、人生いっぱい生きろと言ってくれても、忘れるわけ無い。
忘れたら息子達が可哀想と思うほど・・・ 一生心に ドストエフスキーの罪と罰的に残ると思っている。



罪を犯した者が、法に裁かれぬ様な 罪 であっても

心の中に残り続ける事が、処罰

一生涯その事について、十字架を心に背負って生きる消えない傷跡



・・・だったかの、雰囲気。

小学生8才のころに読んだきりのウル覚え雰囲気覚え、自分の言葉に代えて書いてみた。

殺人や窃盗、放火などの一等級個重罪や、併合、観念的競合の連犯を犯すといったものでなく、何気なく人がしてしまう・・・

嘘をついたり、小さな事、罵りや嫉み、であっても、Guiltyを感じるなら、

その感じるGuilty 罪の意識、心に引っかかりがあり、後悔するが ・・・罰



その通り



私はこう 思う



反省して二度としないと自分の中で 浄化させられる気持ちが起こるものであれば 軽犯罪で

反省は・・・ 自分への 刑罰の執行 

執行期間は、それぞれだろう・・・・

猶予無いまでの 罪 の意識を感じる様な 罪の意識が心に引っかかっているまま

心の中に自分で傷を負い生きてゆけと言うもの・・・

執行猶予無し 無期懲役 

心の中に一人隠し納め 墓場まで持って行けるか・・・ 

それすらにドキドキしながら

ドキドキとした感覚に見舞われて焦る気持ちが生まれる

一処罰の内罪意識が無ければその感情を体験することは無い


例え、意味なき唯の質問

これ何? ただのこんな無意味な質問

でもその質問の種類を自分で考える。


無意識に聞いてしまったと考える事、それに気づくという事

気づくだけなら、自己意識あるというもので

その質問の答えを得ることができ、その答えの種類に満足しないものであっても関係ない

その答えに対して、ただ 答えを得られた。知ることができた。

それは、自己を満足させるものであるだけ。


自己満足のために、人を利用するという、犯罪の一つだと私は考える


人が答えに詰まる、嘘をつく、考える これらの行動を起こさせるものであれば
心の引っ掛かりをむやみに脅し、引き寄せる意識として、罪を犯しているという事


考える 思い出す それすら その時間を拘束というなんらかを与えている状態で
その時が無ければ、違う未来の時を過ごす方に時間は流れているだろう


何気なき無意識は、人の本能の一種であり 天然という個々の性格は誰しも唯一の特徴

唯一つ・・・

全人類が Only One で唯一人

その一人の特徴である個々体生命

人がくれる答えに自分がなんらかの援助をできるボランティア精神が無いのであれば
聞くべきではないと私は考え、自己の中で制御しようと 頭で心を 思考で感情を 抑える


それ・・・

必要か?



そうやって人が、私に向けるその質問自体、あなたが私に向ける犯罪である



心の中に入ってくることに、感情の抑揚を与える犯罪の一種

時間を割いて考えさす 時間の拘束であり脳の中に行動を起させる一種

 意味無く聞く無意識に

思考できない感情のままの行動自体 許せないと私は思う


人はそうであるべき固体の生物か・・・

考える能力を持って生まれた優れた生命の一種であるという誇りを、地球上の他生命体に向けてもいいと地球上の人間生命体に思う。

その答え方に間違っているか?

私が向ける質問には、その答えを自分で導く思考を持たせるもので
私の中では、犯罪を犯すものでない種類の認識上の、相手が答えに導く勝手にどうぞ
自由を与えるもの 思想の自由権と公的権利を与えられればいいと考える。

自分で導く答えに、私には責任は無い

公共の範囲内 この認められた という分散範囲の周囲 外側のとめどなく広がる
自由というひろがり 勝手にしても誰も何も気にしない咎めない部分

それを利用ではなく、そこに目を向けるのであればいいと思う様になるとは

“ 大人 ” という言葉で十分である


 大人

どの国でも 法的に何歳と法律が定める年齢ボーダーがある

権利や義務 これらは 何年生きての脳や心の動いた時間統計の 経験時間

運転 先生など 免許が与えられる様な その免除
何時間の練習飛行時間が必要 修行時間が何時間 経験時間要など 1500時間以上必要などの条件の一種

これと同じだと 国に思う

20年の時の長さを生きる 21年の時間経験 

それぞれの国のヒト生命への大人という免許の条件、その中に義務教育という、義務もある。

自分が自分を生きる年齢というものは、How Old どんなに古いと聞く意味に・・・

どれだけの時間の命経験があるかと問うもので、思考感情の経験知を知るすべかもしれないと考える

大人になる

この心 感情の経験知を同じように過ごした時を
想い出という言葉に代える、心の優しさを促す言葉

大人になる

この頭 思考の経験知を同じ様に過ごした時を
思い出という言葉に代える 柔軟性を頭に促す言葉

大人になる・・・

導き出せる能力の度合いに思想を感情を研ぎ澄ませることも、人を大きくしてくれる事だと考えると、自分をそのようにと動かす意欲を自己の思想の中に考えて、自分を磨く努力をしたいと思う。

感情を抑える抑制は、冷たいと与える印象すら、与えるという犯罪だと考える

すべての人の中には、それぞれの心感情の個人という。
同遺伝子が存在しない事から考えると、個人差は特徴という言葉で世間一般的には使われる

誰しもが入って欲しくない感情のラインというボーダーがあると思うから

その線の中に踏み入るという、心の中への私有地無断立ち入り いわゆる心への侵入罪
ボーダーを見極められないのであれば、むやみに進入して罪に罪を重ね与える重罪、
重い ではなく 重なる の重連犯罪
連は 連なり 連合の共犯罪という事であると思う。

もしも・・・

苦しく悩み胸を痛めることが事実なら実罪を心が


隠し通す念頭が働く事も事実なら実刑執行を脳が



そうだと 私は考える ___________ . . .



永遠に続く無限大の螺旋は

覚悟 という言葉だけでも

無限大の 意味を 永遠に

気づき永久に終わりも変わりもなき

罪を 感じて 行くのだろう


無限大に・・・



そのたびに 罪 をかんがえる


それにも、無限の可能性が ある・・・






From far Away Beyond . . . most Beautiful Sea in the Blue Marble

蒼い魔法の星の中で1番... 美しい海の彼方より





「 ・・・・。 
  ・・ねぇ、何かしたの? 」



「 いや・・・ 特に・・・
  なにもしてないけど・・・ 」



_____ Hallo Mr&Mrs ・・・ welkom


ようこそいらっしゃいませ。

その様にオランダ語で言っている、とある島にやってきた。


私と彼が結婚して、15年という歳月が経っていた。

16年目の今年、ふと過ぎった事が私たちの間にある


私たちはこの16年 そうだMarriage Sweet Sixteen ・・・

お互い 夫年数16歳 妻年数16歳 という、夫婦という立場は16歳の大人になるんだね。

夫が16歳で親元を離れていた時、15歳の私との出会いがあって・・・



そこからか・・ 

この旅に意味があった事をお伝えしたいと思いを込めて

25年前の“ 時 ”まで、巻き戻そうと思いました。



25年前からの過去から今までの時を、行ったり来たりしながら、この先はその後に・・・・



行ってらっしゃいませ . . . ___________?





You may enter but ONLY the person who can be stay with us

We hope. . .



私達の過去に私達の関係を理解できる方 求ム








CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top