mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

+ 9 ½-√II BLUE MARBLE ∴ † alter o7 death  

変 死 
換 NO




Blue Marble * INDEX 目次へ
alter 07f               KO



し へ
ん か





 




              the Magic of ?ear.....



   there is between something
                                        なにかの 2かん
   hunger somethere be hunge
                                        餓えは飢えの中で
   charger something alterange
                                        貯えと蓄えの備に
        there here
                                        それではその違想を ここに
   I wish I could understand of
                                        わかれるであろうとのぞむ
        this 2 ways
                                        2
      suicide and death

                                        衝心と 焦心の 自殺では
                                        



There is someone who the special of The Øne in only for me in my life
makes a difference in the lives of others has the power makes the best
which of whoever lifes on the hand and can lead the best way always not
simitar
make the best of whatever life hands them and make everyone else on be
half
for the smile in your way of process



              Dear my Super hero
                                           私ヲ助ケテクレル彼方

    I feel so blessed to have you in my life
                                 彼方を人生ノ伴側に在る事にカンシャを
   You shall operate for the heart will open
                                 彼方ガ心情を開光へ導ク誘道の懸橋デ
   You have openess that invites others in
                                 彼方は開ココロの中に新しい風を永吹く
   and a warmth, a gracey and peacefulness
                                 彼方にカンジる暖さ温さ優美に麗和に富
   that makes all the others comfortable...

                                周りにいるすべテの他人をフン囲 ‡で包む

 blessing progress
fOR me

 
And

for me...
Forward to... 


 For me Always, Always as all as Always



 ...          『 ?uck YOU 』


 HAっ!

は?       F...YOU
S... ME

          Luck YOU              NO



there is.......


 Ruck ...               me





2 ways



s?cimite



s・u・c・i
 


born:
 02/10

death:
09/09




Time Limit

Dear my Super Hero...
YOU do NOT Ruck me

Please Luck for xxx             because            just because ......

私ヲ助ケテクレル彼方 
 ノ      
カンシャ ガ ク デ ココロ カンジ テ フン キ ・・・   




私を YOU の人生に閉じ込めるな 









でもそれは      Might shull be


 
た そ き
          ...
ぶ れ っ   
...          て
 に と


...          『 ん  』
                                 

だって             
you

せい






L 左に
右に R



瞬きは 

光と影




Always 2ways

心と頭の両側に一つずつ




陽性 と 陰性


取り様は 様々






でも私 ・ ・ ・ ・
答えが1つしかない幾何数学に信用する







時限爆弾を仕掛けられた


99年9月9日 には・・・


覚悟でなく決心が必要


だって


だって



















心に 2人 いるんだよね・・・



















2枚貝のカメオ 一つとして同じ貝はこの世にない

でもそれは

ただ一人として同じ人間が この世に存在しない

the ONE in ONLY

それと 同じだと 全ての生命体に思う
























正反対に合わさった二枚貝の殻は



鏡の様に対称か?












鏡の向こうの異次元界に流れる 時








その考えの方向性が自分にとって+であるとしても、世間的にマイナスである反対の事をしなければならない場合、それが大きな一括りの空間には、何パーセントの割合であるか?

では

その方向で熟考するとなれば、このパーセンテージを見出す思想方向をポジティブと思える考察であるか、ネガティブだと考えるのか? それには・・・              だ・・・





人は自分の思想がポジティブな方向だと思う時

光の要素  頭上に照らす光源下を思い浮かべ

+  頭から心に確信を 正しいと伝え始める脳発動  で



人は自分の思想がネガティブだと思えて進む時

-  影の中に隠そうと秘密に進める 欲 本能それ  は

心に一番近い 身体の中心核神経   Core 

身体のバランスを取るその腹部に 溜め始める





腹黒い とは、よく言ったもんだ・・・





=                               天

心を陰らせた その中の影

                                                 と

人は影を 黒 だと・・・・                         そ

                                     
                                       コ
                                 で   


     は?



同じ




YO U  せい

夢は   欲で

欲を   仕う

幻は        脳が

創った        現へ

陶酔に       貶める

司る  中核


それは人間なら誰しもが 元に一順し回り戻す


自己防衛への帰還を 本能が喉と背の2つから


声と 鼓動の 人間に出せる2つの音源箇所で


産出している



























頭から1つ下 意識で生み出せる 声という音に擬製させ

脳から2つ下 自動的に動を強る 鼓動の音は調子をとり

その下の核へ

人が欲を腹に溜めて影の中に隠そうという心意感じるなら

欲は膨張を続けても 満腹になるものではない 何故なら


 You          +        せいよく

夢は欲で 欲を仕う 幻は脳が 創った現へ 陶酔に貶める


それを 司る中核 には


幻は創った陶酔に 夢は欲を司る 欲で仕う中核 脳が現へ貶める

 

=


影は常に + 光が無いと

不可能な 自然現象である


=


影とは 幻の中にも 夢の中にも

存在無き 現実の現象のみである





性欲の強い人間は、意欲に長け向かうべき 人生の時期だと生物的に言える 

科学的根拠の無いものを、正解とするとすれば、文学や芸術におく受感にはボーダー無く

答えが一つしかない数値に正解を求む性質には、見えない程の狭いコンマボーダーとに

視界には捕らえられない不可能な最小値であったとしても、でもそのボーダーが存在する

心の中とは・・・  

   

誰もが見る事のできないものだ    
気持ちは・・・  

自分だけの 己に見せる夢幻 むげんの欲である



  性欲で仕う脳が現へ貶める中核 その 司る陶酔に創った幻は欲を 夢 這う様だと


  思うのは・・・


  YOU 彼方の夢は欲を 幻で創った陶酔に司る中核が貶める現へ その 脳が仕う欲


  =  人欲である   





夢の中で・・・  




真夏の夜世 



12の真夜中に 



代わる代わる 1人ずつ



6人の妖精が 現れる



同じ妖精が2回・・・  



裏と表の心情を 夢に見せ



たった一人の女の子の 夢の中・・・・



右から  左から  同じ妖精でも



恐怖に止まった 6回の真夜中



恋に落ちた 6回の真夜中    
                     でも
 

両方とも 


消えてしまった


13夜には・・・


妖精に強くされた 心が


寂しくなる  


13夜 満月の一り



その時
















Minus

マイナス 満光の中に瞬ける強さ



そ は
れ =






   『 は?・・・ 』





父がポンペイで選んだカメオ。 どうして2つも買ったんだろう?・・・・



なんだかの疑問。


私の捨魔性。 この性格は、父親譲りだって事。 マジで自分の父の行動を見ちゃうと、この私が驚くほどのスーパー捨魔王。

大魔法を使う。 

埃の積もった電気の傘とか、油ギトギトの換気扇なんかは、100%
錯覚の様に同じものを購入してきて、即取り替える。

冬の大掃除はそんな家電を1年ごとに。 梅雨明けの夏の大掃除は水洗いすりゃいいのに、全ての雨戸や網戸やら。
そんな父に育てられ、受け継いだDNAもそのまんま。

必要ないものは捨てたくなる 要らない物は貰わない。


2つ あったら、どう思うの?・・・・


ピアスの様に左右にするわけにいかないって。
 


 『 2つ?・・・ 』



画像を見てて、父親の性格を我が身に染み入る程、よ~く存じているのに、この父がどうして2つ買ったんだろう?
私の疑問でも、どうしても私に見せたかった物なのかと・・・
佛眼お見通しの父と、母の変な勘を信じている、そんな娘の差し出した、どーぞ勝手に行って来て誕生日旅行。 


一つはとても有名な専門店のもの。

真綿に何重にも厳重に包んでくれる、一流宝石店並み以上かも。
ブランド・プレタポルテのお決まりみたいなのじゃなく、美術館の様に飾られたりしている様な、1点もののオートクチュールの感じ。

たとえこのお店で買っても、この様に真綿で包み、綿のフエルトにさらに包まれて、シルクの小さな袋に入ってて、さらにまた真綿がきれいに敷かれている箱、んでその箱の外箱・・・ マトリョーシカ状


カメオの匠  


世界で数本の指に数えられる技師の方のものは、宝石並みに扱われていた。


おぉ~~!

真珠とかと同じ様に、カメオも一生もの。
ど~んなバーさんになったところで身につけられるものだし、フォーマルな場所に見合うもんっていったら、このぐらい出しておいたほうが、デパートなんかでもちろん買えないし、もし来日とかってのに売り出したとしても、アホみたいな金額になんじゃね~のか?
父が清水の舞台から飛び降りる覚悟って言うより、パラシュートなしでスカイダイブか?

いいえ~、パラシュートじゃなくバンジーゴムをつけましょう。

ぶら~~ん。


気楽な母が私のカードを半分使う。



ん~~・・・

なんか~~・・・


父はなんかスッキリしなかったらしい。

ポンペイではカメオの露店が並ぶところにいたらしい。
ふら~~ っと一人で見ていて、母は倖くんと通訳の私の友達のほうにと、1:3で別々にいた。

父はだな~ 
マジでどこでも一人で勝手に行ってしまう。 捨性格も同じなクーみたい。
団体行動がまったくできないタイプ。 


母は全く知らなかった


   あれ? いつ買ったの?


父がヨーロッパにいる間に私に送れとホテルで差し出した、フエルトの布で包まれ、白い小さな紙袋に入れられたもう一つのカメオ。 お年玉袋サイズ。

柄はなき。 笑点3色思い出し笑い。 


父が歩いてて、見習い技師が並ぶ露店で目を引いた・・・



   あれ? この人
   行珠じゃんっ!


   だろ! だろ!


父の目を引いたそのカメオは、私に似ていると両親がマジで思った!
その技師の方は、20代前半の私と同じぐらいらしかった。

たくさん板上に並ぶ他の技師たちの中で、たった5個しか並んでない人のところで立ち止まった。
そのそばでギュィーンと彫っていたその職人の前に、ン~コ座りで、たどたどしく、ぐっちゃらべっちゃら会話をしてたらしい。



この技師、彼は右向きも左向きも彫る。

それに風景もカメオに彫る。

正面向きも、全身も彫る。



このタイプが一つずつあったらしい。  

父がじっくり細かいところまで それもガン見して視線が離れなかったという、私に似ているこのカメオの人物について尋ねていたが、
全て技師の想像だって言ってたらしき~? 

だってポンペイの訛りありゃ、ミラノ風イタリア語もままならんのに、きっと父の想像かって言葉に思うけどね。


でもその貝の色は、見たことのない、オレンジ色

オパールピンクで薄っすら輝く1流の匠のカメオを見た後、露店行ってみます?って倖くんに誘われて、市場好きなのはもちろん、観光で行かないところに行きたくて、それでも観光客もいるそんな場所にいった。

美術館の様なきらめきは

人間の手と脳と心が生み出した、鍛錬された技術。
芸術家であり、彫刻を施すものが、時間を経過して己でそだった海の生物の外殻

生命体の外殻 その両方なのかな?・・・

貝の外殻に、人間の外殻である体その顔、どう時を経過した ‘心’ が映し出され成型される顔を描き
見目を引き立てる物を創り出す って思うんだ。

原石を磨いて成型し、最大限の美しき光の保蓄率と反射率の統合を創る

宝石も同じでも・・・



秀くんのお母様がNYで出会ったダイヤモンドも、秀くんが初めて一目 運命だって思ったダイヤも


なんかのインスピレーションを感じてるんだよね・・・



私が海外に出る後ろ盾を作ってくれた お祖父ちゃん
私が留学したいってお祖父ちゃんにだけは、隠さない本音を言え、いつもいつも何事にも応援してくれていた。

たくさんの孫達に囲まれた中で、たった一人の孫が向けた夢の先は、遠い地の故何処国



   継承の永に 迎春の故国 心惜しむ程に寄せる

   想いを故国の旅に向 け・・・・ 


だな。

自分が小学にあがる時には感じてた、心に残っている様な想いはインスピレーションか?


 継承の永栄から逃れるみたい

 
それでも想いは故国に必ずあるのは、倖くんが空でのお守りにしている、彼の家称とその指輪

妻の証か・・・

そんなことを考えていて、クーが数字で選んで頭を捻くったインスピレーション?・・

ふ~ん・・・

きらめきが想像の現。ほぉぉ! おっ、おっお~~の、その後

・・・どれをみても同じに見える。

飽きてしら~っとしてた、そんな後の出会い。 たった一つだけ色の濃いこのカメオに目が行った父。




 _ どう思う?



  
私にとっての、この2つ

物にインスピレーションとかってうのは私に起こらない方が多く、物には過去を経過したら 残る時がふっと脳の中に入ってくる方で、未来に関しては、動いている生命体の行方が過去を経て今に至ったとの現状を考慮してもないが参考ってわけでもなきゃーー・・・
あ~~ なんなんだ~? 急にその見えない時先が、ふっと脳に触れて心臓がドキドキしだす。
私の母と父とは、ちょっと違う。

父のインスピレーションには、子供の頃から、時が来てほらねって自分でも思えるほど慕ってた。

予感?・・・

インスピレーションの無い私。 
どう思う?って聞かないで。 ∃... お父さんお母さん。

エンゲージリングの煌きに、見飽きちゃった~ぁ? 父と同じだったのかもね。
ダイヤじゃない、歴史が刻まれた継承の指輪だけが、目に残ってる私。

何百年の時の中に誰が、そして何人がしたんだろう・・・ 

想いがFall 遥か永時の浪漫に翔んだ。
  

貝がどれだけの時間かかって育ったのかと、一番印象強かったこれと同じ思いはあるけれど

私には
 
  右を向いている横顔と、左を向いている横顔で違う。  ・・・そんなぐらい。


私のセンスは両親からのDNA? 以外におしゃれな父親ゆずり、昔から思うけれど父と趣味がバッチリ同じ。
私が父にあげる物も、父が私にくれる物も、絶対気に入るものな~


_ 右の時と左の時に、使い分けたいだろ?
 

 だって !
 お父さんからのメッセで~す !     って母のメールに書かれてたけどね。




佛眼?...




若い技師見習いの方が想像した、この私に似ているって横顔

 何々国の、公爵夫人

代々続く~~ からの~ぉ~ そのイメージっす! って言ってたって!






姫の様で皇室ではない姫・・・・・   本当にそんな格が、ほんのりとした笑顔の頭上に



でも私には・・・  






さびしげな笑顔を隠した笑顔が、横顔の反対側、彫られていないサイドに隠れていそうだって・・・  

鏡に映して反転した 横顔

自分が身に着けて、鏡に映した姿を想像した。




この想像上の人物と同じ表情を自分がしたら、反対側には・・・




私はきっと、左を向いている右横顔の姫の未来を見ている姿に

鏡に写った左右対称の自分のクローンには、過去を見る方向に

自分自身、何を感じるのか・・・







_ クーちゃんにも、さんきゅ~って伝えてね !





・・・。


『 遅っそ・・・ 』



最後のベニスを発つ前に、小包をゆうクンに頼んで、送ってもらいました! 

と・・・ ビックリマークをよく使う母のメールに書かれてた、これらの旅行の報告メール。

2月28日

二月最後のこの日じゃね・・・


ロンドンに来る時に挨拶をした倖くんの話は、直接ロンドンで聞いてたけれどね。

両親がパリにいた時に送ってきたメールは、尚ちゃんと私を真似た写真を撮ったの~ ってのに、カナちゃんへのお土産をね~ だったりの2行ほど。
きっととりあえず使っている金額を確かめただけかいな・・・。父母のカードは上限無しに設定してあるんで、心配いらず。どーでもいい。

次の日にクーのお友達に出会った時は、バージに乗って、メールが送れない状況下だったのか?

クーは勝手に何でも、何も知らない間に支払いしている。 って私、自分で知っているし。

どれだけクーが出したんだか?・・・ 
アホ金額の冬のBarge気ままに数日間、んでオリエンタル急行かよ。
それも1年で一番高いバレンタインウィークだったんじゃん?

実は自分のカードに履歴がない交通費に、そんな愉快な旅をしたって話はこのまとめ旅記で初めて知って驚いてた。
ベニスのお決まり運河のボートに乗りたいっ!  一番これがしたかったと両親が言って選んだこのツアー。 
カップルかよ・・・。  ラブラブな両親に最初は思っていたけれど、期待しすぎてた、らしい。

私のお友達も倖くんも、・・え? あ~~・・・ どうでしょう? 乗らんでいいとズバッと言われた。 
らしい。 

 _ ってさ~~~  当ってた!


・・・だろーよ。
母のメールには、がっかり~・・・ と追伸されたのは、倖くんが陸の上で撮影してくれた写真が付いていた。

ベニスへいらっしゃいませ。 観光客向けの衣装を着けた、そんな運河ボート。

こぎ手が・・・
ロンドンでタイラに初めて会った時着てた、アメリカンレストランのウェイターのコスチューム。

・・・・。

ロンドンで何が食べたい?って聞いたとき、タイラがバイトしてたってところに行きたいとリクエストされて行ったもんだ。
日本でタイラが両親に作ったレストランメニューの中にあるっていう、名物のアレ が食べたい。

タイラちゃんが作ってくれた方が美味しかった・・・。

バイバイ。そんな別れだった親と娘。
その前学校を案内に行き友達に会って、その後4人でお茶した時、尚ちゃんとタイラの二人を知っているこの友達は遠慮して、二股だって事を隠してくれたけれど・・・ 両親は6股の求婚者がいるってのも隠してたな。

パリ?これから? あ~・・・ 

尚ちゃんからのプロポーズを知ってた友達はモゴモゴしてた。 
遠慮? それは私の恋愛事情のみに。
だってこの友達は地方から新幹線で土曜の夜にやってきて、1泊して日曜日のお稽古に来てた小学生の頃から両親も知ってる子。うちに泊まったり~は常で、尚ちゃんとこに一緒に泊まったり~ などなど。 
お泊り大会だった小学生の頃は毎週末。 両親は私が小学生だった頃には海外公演も一緒に来てて、彼女の両親とも一緒にいたりしてた。
そうだな、秀くんが見に来てたNYでは、この子も一緒に出演してた。 
いろいろあったな~~

ロンドンで尚ちゃんに会ったとき、マジ!かっこよくなった!驚いてたな。
この時はタイラと私が付き合ってるって思ってたって・・・ 尚ちゃんの前でタイラに言い・・・
タイラと尚ちゃんと変な空気が流れ通過しま~~~~・・・・・・・・・ 反省。 ごめん。


 パリ?
 
タイラも着てたコスチュームのお店は、パリのモンマルトル駅側にもあるさ~。 
そんな情報でゴマ化します。 

そのパリでファーストクラスのセレブトラベル、バージに貸切で乗ってきたんなら・・・ 
そりゃ、どうよ?・・・って 倖くんだって思うよ。

ま、タイプが違う。 た~だ・・・ 運河が臭い ξのなんの、 なだけです。 我慢 p(・・)q


そのバージ旅、気球にも乗せてもらった! 
あとね~ 倖くんが~・・・ クーちゃんが~・・・


あぁ~~

どこ行く~のぉ?  折 縁 足る 急行電車の中でも書けはできても、パルスないよな・・・


ノイシュバンシュタイン城で、電話線貸してくださ~い!


・・・なんて、どこに言うんだろ? 

変な想像でも、実際できるのか確かめてみたい。 
電話貸してくださーい じゃなく、電話 ‘線’ 貸してくださ~ぁぃ・・・    どうよ?


ふ不っ・・・  本意。

でも、もう遅い。


私の誕生日前に送ってくれたら、2月13日に言えたのに・・・





『 ごめん、クー・・・ 』



私、バレンタインの朝  倖くんと結婚したいのが自分の心の核で

両親から何気なく聞かされた秀くんの家の事情が、心の外殻を包んでいる感じだって

お兄ちゃんへ  本音を素直にさらけ出して話した・・ この覚悟





 ‘ 決意 ’ か・・・







 
幻として現れた姿に、私には・・・

7つの即時判定限界ブロックは常人のもの

それ以上の可能性の形はパズルの様に嵌るピースではなく

む 夢 霧 無 の形

私の頭の中にたくさんのピースがおぼろげに浮かぶ・・・



無限のInfinity 8 その向こう・・・

可能性 そのPossivirity

限界を2つ超えた数字 9に安心を人は覚える

2枚合せた貝合わせと、古来の遊びから 

100人1首の 色ハ に想う




ボーダーを歳月の過程に微々超越を繰り返し、人は生きる糧と目標に

前である、一線上の未来未知を想像する

破壊と創造を繰り返す、想像は妄想で終われば 夢のまま

あと1つ そして そのまた1つ先に掛かる永遠の魔法に

無意識に期待を膨らませ、人が目指しだすのは・・・・





Far away beyond most beautiful in the BLUE MARBLE -r



the time is Alway passing
Reverse

in this Universe...

RE: birth
N O

no... R

Reversibles 2 ways



1/
2

Midnight Mare
Z * Ð  to the Right in the Light


右は 過去 光の

蒼い魔法の星の中で いちばん美しい... U+me の彼方より



re birth





生れ変れ



37






12の魔法が解けた後の現実は 0 zero

鏡の様だと自分を見た自分を思い出せば

そこから 一まる




夢幻は醒め 現実に無限の可能性が残る

‘ 間方 ’ 

彼方に永久に その先は as all as Always

その一り 







12と13  時の25

12と19  月の31

24と23  期の47  


2      5
3      1
4      7


無いのは・・・



           

           

            



対にされているのは








6 と 9



逆さなのは上下じゃなく


左回りと右回り

左利きに書かせたら・・・
















これは





= + I X




必要なのは





・ ・    ・ ・
・ ・    ・ ・



hard eight 4&4







6                9
し へ 
ん か

しんか へ           へんしへか









alter of death





変 死 
換 NO





死の変換





霧幻





alternatives






蒼靄の向こうに 




the WHITENIGHTMARE

REMEDY

½





見てみたい夢がある




with Fairy F & E




想い MAX 遙てなく















妊娠したかもしれないこの3月・・・



1日、ローマから帰国した倖くん。 空港に迎えに来れる?ってメールがあった。
Newarkの方って珍しく一般の国際空港を書いてきたから、レイノでもいいかって思い、レイノに打ち合わせの間行けるかって聞いた。

お迎えに行ってたら・・ 私、知れてたんだって思う。


 すごいよね~ マジで。


私・・・  

自分のボスである、レイノに頭がマジで下がる。 
人として、人間として、男として、上司として、恋人として・・・ もう、書ききれません! 

思いついちゃっただけ~  何の気なしに何気なく~   E ・・・それ

人としてどうよ!  やっちまったな。 反省。 考えるべき。 
                 なのは、思考の働く人間同士間では、心も感情もあるっての!
忘れる無かれ!  誰に対しても、それは世界中。 
                 言葉が合わないなんびとでも、人間には、だ!
戒めろ。自分。 自分でよ。                           っての・・・


倖くんは私が迎えに来てくれると思ってた。
空港では国際線の出口で待ってたレイノに、倖くんはすぐわかったみたい。

タクシーなら、別にお迎え要らなくね?  ・・・ってのが、実際私の最大のポイントだった。

なんで迎えにこれる?なんて聞いたのかってのは、車で迎えに来て欲しいって事かって思ってた私。
レイノに頼んだのは、副社長なのでいつもの黒塗りシールド張りのドライバー付きがいいんじゃ?

だって私、車持ってないし!

タイラのロンドンからの愛車ミニは右ハンドルだし、秀くんのフェラーリなんて運転できないし。
倖くんの車の鍵も無ければ、立体駐車場に入るリモコンすら無し。 ってかポチ、私がポチと呼ぶポるッち運転しづらいし。
メルがいい。 メルとテスは運転しやすいんだよ~~~ クーの気持ちがよくわかる。
憧れの911に乗ってみたら運転しづらいとブツブツ言うな。お前があこがれて買ったんだろ~が! 

ボルボがあるよ。 はい。  レイノに差し出されたけれど、
私にとってボルボって霊柩車なイメージしかなく、どーもこれの運転って・・ 白手+棺桶運び。

そんなの言ったら、運転しないでいいとなる。 

タクシー感、どーも満載。
レイノの社用車みたいのは、子供の頃から... だろうな。 尚お坊ちゃまのお迎えに見慣れてるし。

ハイヤーな感じの副社長。

イエローキャブ。  色は違えど、それにするなら、じゃ... 行かなくてもいいんじゃ?  だろ?


ん~~~・・・

 『 俺が行く。 』


自分の監督としての仕事には、レイノは関係なかったけれど、時間が無いから代わりになんて、副社長に言う私もどうかね?・・・
彼の方が忙しかろう。
ってか、一人で来れないかね?
そう思ってたけど、愛彼、 元って付けちゃう。 
けど、母からの前日のメールに旅の係員みたいなので、お礼を言おうとも、どうお礼をするべきか、お礼なら結婚しようになるのは誰もがいつもだし・・・
彼の場合、一番に考えているって事を素直に言ってしまうかもって思うぐらい、愛彼の軽いジャブなザ・WAGAMAMA、お迎えぐらいお答えしたい気持ちは満帆満タン満員御礼の心の中です。


レイノのお迎えに、ドン風。 倖くん驚き!

高貴なお家の彼でもドン引き、ドギマギ&ギクシャクするよ、だって子供の頃しか運転手付きには乗ってなかったんだろうけど、どーもボスっ的なんじゃなく、メルヘン調。  人生解せないゲー無のパレード風味コマ車。あらココも?
馬車?乗ったことあるよ。 すりゃっとそっちが真顔なら、ドン風come onには子我家紋、怖カモン、固破過悶。

ブッ!                         ←私って、シンデレラになれない。

    びびビックリしたぁぁ~・・・          ←ワイルドな男社会に生息なのに。

 
黒塗りの中にどうぞと先に促され、その間も電話で仕事に対応してたレイノは忙しそうだった.. みたいね。
黒革の手袋愛着しているレイノは、別に私とクーの様に電磁波でも出して、家電を壊すことは無いけれど。

手袋取れば?

いや、聞かないのは、数種の仕事にいろいろと、手袋慣れのパイロットくん。  ずーっとレイノを見て、ちらっと見られると見慣れた外でも見るしかない。

何も聞かなくてもレイノは、倖くん's ところに真っ直ぐ行く。

ドアマンのいるマンションの前、ベルの子にチップを渡して、トランクから荷物を出させたレイノ。
その間話してたらしいけどね・・・

教えてあげないよ △ じゃん  

Truthはなんだろ?・・・ でも聞かない知りたくない、知らなくて幸せな方がいい。
その私を知ってる6人でも、そういう “ 教えられない事 ” それがお互いありましたと主張をする。
気にしろ! って意味よね。

私がもう1つの仕事があるので、何時に終わるって伝えといたと、ボスからの・・・  デス。
副社長が会長以上にDeathへのDesteny Destination、 その人生リアルにFear。  未来の妻は怖い恐い。
昔上司だった今の私のマネージャー、私も怖いがゆえにレイノにお電話してしまう。 レイノも社長以上に怖いその ‘元’ 上司、会長3番、社長は4番・・・? じゃぁ、1番怖い人生の未知エンジェル上司へは、社長に報告以上の腰の低さ、ミッション・コンプリート報告の様にへへ~っと頭を下げた?
天使なんて事実に居ない、頭を下げたも見えないイメージ、そんな会話も彼氏彼女 あははは はっは~電話で了。

でも、でもね

夜10時以降はSubwayに乗らない。 そんな治安の悪くなりかけるMid Townもセントラルパーク側さ。
ビルの横から出てきたら、そこにホームレスが居ないか確かめる癖、きょろきょろしていたらレイノの車が見えていた。

ドアがすぐに開いてレイノが手袋を取りながら側に歩いてきて、素手を伸ばし手を握ると、やわらかい肌と温かさで冷たい私の手を温めた。 


 Reno Thanks for everything.

 My Pleasure Angue.


実際こんなたわいも無い会話だけどね・・・ 別にどーってことないお礼を、上から目線で言う。 
私のお迎えにまで来てくれた車の中では、父と母がロンドンに来て、あれもこれも喜んでたって話した。

顔を隠して笑ってた仕草は、女形じゃなく・・・ ん~~~ Renそのもの。

夜、ネオンのあるブロードウェイでも、ラスベガスのストリップ並みに思い浮かぶんだろうけど、Ave.of Americaは街灯が明るいのみ。
外のオレンジ色のライトがシールド越しに広がって、周りがピンク交じりの緑っぽい色に変わって見えた。


カメオの色みたい・・・ 


母のメールを思い出しながら、オレンジ色の窓の上の方ばかり見てた。
緑っぽくひろがっている光の輪の中に、レイノの影があって、やさしく聞き上手に子供をあやしているみたいに微笑んでた。

 それでね・・・ 両親に捨てる?なら頂戴ってもらったの~ 

みたいな、そんなどーでもいい界・和。
外の風景が、秀くんのところを過ぎる時、信号でサンルーフの窓から見上げた SkyScraper

ビルのライトアップで古風な柱に下から当てられている、その最上階は、私も秀くんも居ない時の間接照明だけの薄明かりが、バルコニーの向こうに漏れているだけだった。

カナダに今頃いるのかな・・・
ボーダーの都市にいるヒデと会うって言ってたな・・・ なんて、秀くんの事を考えてた。 


私と倖くん


空を見上げると、大きな闇の空間を、真っ直ぐ遠くを見つめてしまう

広さより、高さが肌に急に触れ、おでこのあたりがムズムズし、恐怖を額から感じるから

お互い、でこ&でこを付けて でこちゅ。

見詰め合ってお互い、ここに居るって確認し合い、空を見ないようにしている


おでこを手のひらで押さえて、ぺちぺち。 飛んで毛~~  間違った、飛んで気~~  
だって飛んでいって欲しい、気 なので。 

そんなみょーな癖にも慣れたマネージャー・・・・

レイノとは、でこでこチュはしないけど、本物のデコちゅ優しくマイルドタッチ。
ペチペチしだすとその手をどかし、唇の感触でおでこに出来るであろうニキビの元を探し、ここと指をさす。

どーーー・・ なの?  それ変人。 


ペチペチしてたけど、秀くんなら頭突きしてくる正反対、マイルドデコちゅが欲しいわけでもない。
この時はレイノは無言で、背もたれに寄りかかったまま私を見つめてただけだった。

胸のポケットから携帯を出して、ページャーで呼び出し音だけ鳴らしている様だった。
耳に当てないまま携帯を見てて、数回鳴らしたら携帯電話を閉じた。

車が止まって歩道側のレイノが先に出ると、車内では開けてたアルパカのロングコートの前あわせを閉じベルトを締め直してた。


 寒いからきちんと温かいものを飲みなさい
 お風呂にゆっくり浸かってからだよ・・・  いいね。


車の中に頭だけを入れて、私に手を伸ばしてた。

素肌のレイノの手に乗せると、温かかった。 
冷たすぎる って乗せた手を両手で挟まれて、車から降りた。 
 

 Thank you... Ren


私が見ていた先の正面ドアから寄ってきた倖くんが、後ろ向きのレイノに声を掛けてた。
手をさっと離して私の背中に手を回すと、寒そうにニットのガウンの襟を立てて、ポケットに手を入れてた倖くんの方に背中を押した。


 じゅじゅ、お帰り


ポケットから出した片手を伸ばし、私も何気なく伸ばした手で、私たち手をつないでいた。



 ________ カチ

後ろに聞こえたライターの音に、振り返った。
レイノは口にタバコを銜えたまま、手袋をしだしていた。


 お休み 


口に挟んだままのタバコを片手に、反対の手で私たちに手を上げていた。

12時を過ぎるとロビーの中で待機している、ドアボーイの子が中から開けてくれるのを待っていた。 
視界の横に見えるレイノは、上を向いてタバコの煙を吐き、道路の方に目を向けていた。

エレベーターのカードキーを手に持ったままメガネを少し上げた倖くんに頭を抱かれたら、左耳のピアスがニットのロングガウンに引っかかった。


仕方ない。このまま。

綻びちゃうので私は頭を胸に寄せたまま、進行方向だけを見て歩いてた。
大きな正面のドアの両側がガラスで、中からも外からも見える1階は、コンシェルジュの受付とポストが壁面に並ぶだけの廊下。

突き当たりの右側と左側に、1機ずつエレベーターがある。 開閉のボタンは1階に無く、カードキーを入れる。 
倖くんが乗ってきたエレベーターは、待つことも無くすぐに開いた。

顔が横向きのまま動かせなかったから、エレベーターの方を向いたとき、外にまだレイノが立っているのが見えたまま、エレベーターに乗った。


レイノはいつも部屋に着くまで、外で私を待っている。


見えないのに・・・・ 
 
  何かあったら直ぐに行くからね

初めてマネージャーの仕事をしてくれたその日から、ずっとずっといつもこう。



倖くんが着てたニットだって、私が今までで一番大変だった大きさに長さに、トータル全身編みこみエンボス加工みたいな波打ち表面よ。 編み目数は表面積に対して倍倍々、マジで1番大変だった。
私が編んだものだって、分かってるよね・・・


 Bye bye...


倖くんの胸の中で、レイノに思ってた・・・


洗えます。  これが好き、けっぺのモットー。 細い混合フリース毛、洗濯機OKのでも大丈夫? 
洗ってよっれよれに成るほど、王子がそんなの愛用。
ドライクリーニングも専門に。 そーんな万ドルのコートばかりを普段に着てる、今は副社長でも
一般家庭の元リーマン。

ちょー・・・・・・・・、 この世の中、どこか狂ってる?
 


部屋でピアスごと外して頭をどけた。

倖くんの胸に引っかかっていたのは、尚ちゃんと片方ずつに分けたピアスだった。




そうだな・・・

尚ちゃんとだけは、この人 まだ直接話したことが無いって、思ってた。
 




でもそれは、タイラと出会った時にあけた3番目のピアス穴に通していた。

ソウルに行った時に買った ラピスラズリは、タイラのお誕生石・・・ 

Good Luck Charm 幸運をもたらす

私はたぶん、ウェイターのタイラに出会わなかったら、助けられる事もなかっただろうし

この穴をあけても無かったって思ってた。  





クーとの時も、尚ちゃんとの時も、秀くんとの時も、タイラとの時も

ボスとしてきちんと私を送り届けて、部屋に着いたか確認するのは

私にじゃなく・・・

顔と名前が売れている、彼ら4人の方へのパパラッチに気を使っているって思ってた。





芸能人じゃない倖くんには、必要ないよ・・・ ってエレベーターに乗る前思ってた。

寒いから早く温かい車に乗ればいいのに・・・ って禁煙じゃない車内を考えてた。



 『 Renに、申し訳ない事をした。 』

 『 私もそう思ってた・・・ 』



思いつきで手助けを何気なく求めたのは、人として自分を考え直した。

ボスの心

恋人の心

でも両方とも・・・ いつも、いつも、見えるようで見えなくて

何を考えているの? 直接聞くと、仕事の事しか返ってこない





 『 俺なんかにも、マネージャーみたいな事
   何も言わずにしてくれたけど・・・      』


 『 あれ?車が必要だったんじゃ・・・ 』

  

Nono.... I just thought


倖くんはただ、両親に会ったっていう興奮で、私に来て欲しかっただけ・・・

この我が侭は、衝動的に何も考えず言い出した って言った。
私の仕事の都合も時間も、考えず・・・ それに部下かマネージャーが付いてくるとも、自分の身にはない感覚をも忘れていたって


人の時間を拘束へ強要での利用に、何をおもうより先に

自分の方が優先で、自分勝手なペットの様で、自分勝手な飼い主の様で

どちらなのか... とも、自分の思考にはなかった





私の独り暮らしの部屋もレイノの部屋とも正反対の場所、ここ・・・

何も言わず、他の求婚者のところに真っ直ぐ送ってくれたレイノ







ごめんね

      ・・・って


言うべきだったのかな



私は外から帰ってきてまだ寒く、ロンドンに留学したばかりの時に買った黒いボアのコートをまだ着たままだった。
フレアーに広がるお気に入りのこのコート。
前を重ねて腕を組んだまま、何も無い左下の床の辺りを見ていた。






 街灯の光の輪の中、横顔の輪郭・・・


私にはどうしても脳裏に浮かび 頭から追い出そうとしても消えない 幻想光景に触れていた。
目を向けた SkyScraper...

秀くんとの場所を、窓と違うサンルーフから見上げ思い出した事と重ねてた


秀くんと出会った16の時に、瞬時にふっと頭に浮かんだイメージは、秀くんとの去時の中にそれは
一も・・・

ロンドンに遊びに来てウィンザー城の帰り、秀くんの頬下口元の横上あたりに付いた1粒のラメ

あの時もずっと脳裏に浮かび触れて已まなかった________. . .


  草木なんてどこにも生えない、水の無い砂漠

  砂漠の砂の中に埋まった、満開に開いた無傷のバラの花の頭だけ      生きている  

  天日に24時間さらされる様な白夜はありえない、その乾燥砂漠地帯は    無現にも

  この周囲辺り一面は砂以外に何もなく、砂の表面は水も蒸発する程熱い   過酷な死界   
 
  陽炎が揺らめくでもなく、空気は程よい肌に優しい温度・・・     その   幻想相対



  砂を掘ると、手が凍るように冷たくなる、その砂の中に埋もれた バラ

  ペトリファイドする草木の様に、化石宝石化したバラは、対照的に柔らかいままで 

  その花の色は、サーモンピンクでグレーな金で、 輝きの色が深緑で影に光る  
                     


 光の輪が・・・



色が重なってしまった。 

って、父からのインスピレーションの横顔も、人生の中尊敬して止まない人の横顔も、不可思議な幻想イメージがある人のラメが1粒ついてた横顔を思い出して混乱しだす自分が見上げた闇の空は、永安の来時が流れてて欲しいと、未知を思って願い幾重に総想添う、そう・・・

だったら、急に遠い距離に思考が吸い込まれそうになって、脳を失いたくない! なんてね。

思ったらぞわぞわしてきて、ぺちぺちしてた。

頭突き Welcome  

そんで、PleeeaZっ!



レイノの事を考えていたのもつかの間・・・



それよりも・・・



私はクーに、バレンタインの朝、倖くんと結婚したいかもって言っちゃった



何も知らないで




私の両親を喜ばせたいって思い、手配してくれたのに・・・・



何も知らないで




心に出来た本音をぶつけちゃった



何も知らないで




何も知らないで・・・



                                申し訳ない・・・・
  






   『 レンがね・・・ 

                                キッチンでコーヒーを入れて
                                差し出してくれた倖くん・・・

    あまりに威厳を持って変わってて

    自信に溢れている様で・・・

    会わないって決めた1年は彼にとって

    全て君の為なのかって・・・ 考えてた 』



はい、これ。

母の達筆な英語の宛先が書かれている箱を差し出して、ベニスから送るより持っていった方がいいかとと付け足された。
私は・・・
                                 タイラに初めて誘われたデート
                                 その時にタイラが選んだ
                                 このコートを倖くんが、脱がした
                                 
                                 
                                 

                                   何も知らないで・・・

  『 いや、ゆう君だけじゃないよ。

    あのね、レイノ、すごいよね~マジで! 

    だって言ってた。でもその意味も
 
    両親がロンドンに来た時の話も

    私・・・ なんで?どうして?って思ってた。 』

                                 

いつの間にそうなったの?・・・ って聞こうと思ってたけど、ゆう君もレイノと同じだよって言いそうで躊躇った。




人が目標として自分で定め向かった、人生なら

自分の意思で栄光も夢も掴んで輝く、 それが

自分の自信 見えない勲章に胸を張り誇る姿は

誰もがどう見ても・・・



 
今はまだ・・・
                             『 何も知らないで、下さい。 じゅじゅ・・・ 』




そうだね・・・


                             何も知らないで欲しい・・・




父の何気ない、インスピレーション

お土産の詰まった箱の中には、母しか知らないカメオが入っている。

見せないままにしたいと思って、私は倖くんのガウンを脱がし始めて、唇を重ねた。



                                    
                                 フランスにタイラと遊びに行った時
                                 その時もこのコートを着てた
                                 バスに乗った瞬間、両腕が伸びてきて
                                 ずっと、タイラに後から抱きしめられてた
 my Lucky Teddy...  You........


 ね  ドキドキしたまま眠って                   






知らないままでいた方が

幸せ  だって事も時に


                                  思い出が・・・・ 

 
でも 知らなかった は・・・

人を自動的に不幸に落とし


                                  頭の中に・・・

 
不幸にした  この咎めは

自分の罪 心に残刻永久

墓まで 持っていった方が

きっと


                                  色とりどりに・・・
 
不幸にしてしまった人には

知らなかった  これを・・・

知らないまま  このままが

幸せに   出来なくても 

悪化は、させないのか・・・

                               


                                  降って落ちる・・・




『 レンが、君の身体はいつも冷たいから、全身で温めてあげてって 』




                                  尚ちゃんも

                                  秀くんも

                                  クーも    
                                          大好きだって
                                  言う      

                                  俺の横に  似合ってるって・・・
 『 何も知らないで・・・ 』

                                  皆・・・

 

 



冷たくなった屍を見て、死に性的興奮を感じ、マスターベーションの様に殺人がしたくて堪らなくなる

犯罪者の精神は・・・  単純だ。




性的興奮はレイプでの反抗に感じ、暴行をプレイの一部として罪とは思わなく、死に至った最高潮が

エクスタシー      

この犯罪者であるなら・・・
 
自分の射精と同時に死を迎えなかった屍に当り散らし、暴行を続け崩れた体顔に再度射精を試みる 

この精神は・・・  死を理解できない            これの方が私には、単純だと思う



本来はDNA交配行為に興味は向く 子孫存続の産出

一般的に明るい方位の ‘ 産む ’ 射精には

死 一般的には終りの暗い方位が 犯罪者にとって+  それだけ・・・

向き合うのは、鏡の様に対称ではなく

            その向こうに居る            超えた前を見続けているだけ




犯罪者の美学 文学化された左脳の中に流れる 物語

美的センスは 狂った芸術家に劣らない 右脳の中に・・・ 左を見て未来未知を思い描く




                                   テトリスのピースの様に想い型成り
 
上 から落ちる・・・

 
一般的な真正面画面   Easy                右からの 過去は 
                                         欲の満足度に左右され
精神的に安心の中に思考する目線



想像上に思い描く目線では Difficult             左からの 未来は
                                          心の満足感を影響しだす 
誰もが違う思考の中は己の精神安定・・・



                             
 では



空の真上から 地上の真下で受け止める
                                            I 





SO...  


そう





                                            waS



『 セフレは、彼女じゃない。 そうでしょ?

  私が 勘違いさせたのなら

  いかされたいか? いかせたいか? 今の気分で、いいよ・・・ 』 


                                            NOt



どちらの心理傾向が強いか  
なんて

時に人は知らない方が

幸せな愛に より幸せに 
 



                                             to...



そのまま、流されて結婚したりしたら、人生捨てたって笑ってやる



                                             think

  Sorry ...  


『 お互いの中に、今は必要ない 』
 
  Neither






                                             Either







 おでこを付け合い、見詰め合う・・・

                                            こそ 未来

 キスで探し出した吹き出物を、指でさす

                                            その 未知
  
 手の平を付けて、思考読み取り試みる       

                                            あの 永久
                                            
 おでこをぶつけて、正気に戻す・・・                                             

                                            いく 永遠

 デコぴんした後、撫でて記憶消去と言う

                                            しへの 時

 ペチペチ叩く手に、唇を付け見詰め

                                            て ・・・                                            










    A    B    C...     D





  Twinkle twinkle................           きら きら 輝く 4人への




      E    F    G...



         Little     Star
                                       ひかる   

                                          お空の   星は





                       天離の 永果に 遠すぎて


                       その漆闇に 瞬く界中 世の今時と

                        
             去時の世から 次世への時が 異次元に巻く
 
すごいよね~  


         渦巻き

私のボス  


       影の中の影と

 
                光の中の光が


                                    その蒼空間に   恐怖 


マジで人として・・・







きっと 切ない ♡ 心憾だったのは 想い幾重でも 見えない透明


  この 空の心    きっと 3人ともだった


でも 再確認

  






右見て 左見て

*‘ー^)  (^▽’*)   





尊敬 その
この


強き


(^^)

強気・・・

HEART 









     DUAL   同じ日に生まれた  


双子じゃない    他人                                  

こころのなかに

           この世界中にはどれだけいるのだろう・・・・

    ふたり   
いるんだよ・・・
 

                                  







          IiiiiII

今でもこのコートを着ると、たくさんの思い出が降ってくる

舞い落ちて遅く・ ・ ・ ・

重く真っ直ぐに・ ・ ・ ・



Remedy. . . . . .

   of  xxx







XXX with Love - BLUE MARBLE 1/2-2 *30






De joux vu


#V with Fairy F to D







Re: me dAy

. . . . . . to my Dear 







私が流産したDualを妊娠したって思える3時間

その F'cKING !

 D こらっ言葉を慎め、相変わらず。                   Sucker...   反省 S
 G  さっかーっっ! お前もな。

 DON’T んと Su'k ME  WHぁTっと?     
 Never Suc'.. YOU  がぁぁ~!   ほheN?       


DO どーんと、いってみよー=っーー

                 ==== Q  ぎゅぃ~いん  

しゃーーー っと向かったLA。


だって人の時間を約束する Appointment のはずっ!
なのに、Reservation Pleaaaaase meee めぇぇ! 

がぁぁ~! なんそれ~~!っっ! 相変わらず頭にくる怪奇兄の、場所をお取り置き扱いで向かうところ。 

月の頭は以上の事があって、その~ぉ、この~ぉ次の日実は3人で♥ Pーーっ  反則っ! 

です。

ふ~ぇ・・・ つかの間。 驚き・・・。 
Nextっ! 
いろいろあるの、くだらけジン所為
I I アイ 愛 も 合い 
安易じゃないお仕事状況。 振り付けオファーのあったその仕込みに3日。その間、自分のカンパニーの方は丸ごと構成監督仕事、全員集合っ! じゃないとマジで私が他国に多々他仕事多々でどこかに行っちゃうので。 
インストラクターや副監督方も含め、リハーサルのスケジュールやこう教えておいてとか、教える方の仕方も塩もみ仕込み。
NYとジュネーブ行ったり来たり、その後ロンドンに講師に通勤。
それでまた仕事の為にNYに帰ったけれど、西海岸に向かったのは、その夜は空いていて、次の日は日本に行く予定だった。

自分の24歳の誕生日を境に、自分が表に出る仕事を極力減らしていった私。 
でもその他の仕事には、私じゃなくても出来るんだろ?ん~なオファーは、勇気を持って高飛車に突っぱねてみよう~。

8 時だよ~ぉ。 えんやーこらや、∞の時来たる、だよぉ~

・・・ってのは、私を頼る部下に私代わりができないと、いつまでたっても一人立ち出来ないからさ。


こんな風に考えられる様になれたのも、結婚しようと思う気持ちがナノ%沸いた切欠をくれたクーのお陰かも。
人間的な気持ちにはバレンタインの朝、生物的には女性機能を復活させてくれた、他のセフレとの違いも。

なんかね~~
気持ちがイラッと喧嘩ばかりにどうしても成るけど

なんかね~~~
大爆笑の夢を見て、実際に笑って寝るのもクーだけだし

なんかね~~~・・・
私に適切な方向をきちんと考えての助言は言葉を変えて、己で気づけ・・・ 


『 なんだよ! 』


お互いが感情を素直にぶつけても、自分たち2人以外に迷惑を掛けないって安心感 100パーI
まん。


自分で勝手に死んでもいい。

暗くなってからの単独ダイブだって、二人で空に飛んでいってタンデムしようでも
両方ともいつでも、勝手に死ねるし、勝手に死んでも、別に親の身の回りに迷惑はかけない

 普通

・・・?   ってところ?


ちょ~~ 満載                               我まん無し。
 
ガンマン攻撃。それは、電話がマシンガン。
バレンタインの後、気持ちはどう? 二人にとって言わなくてもお互いが、服装まで揃うほど同じ思考回路の基盤なのでわかると、お互いに思ってた。  って・・・

電話で同時に話し出して同じ事を、同じ言葉に、同じ速さで、私たち言ってたね。
そして・・・



私はこの期間中、ちょっと忙しくて、この夜しかないよ。
                                 ・・・別に怒りも喜びもない
                                        まっ平ら
俺は仕事で迎えに行くのが遅れるぐらいで、予定は無いよ。
                                 ・・・いつも通りの感情線
                                        ぶれてない

  兄へ  妹へ


その感情種の会話は、目に見えない声だけの世界に、お互い感じているって思えてた。


それに別に自分にとって、NYから帰ろうが、LAから帰ろうがどうでもいい。
体調は気合のみで、神経をいつもピリピリさせる事で、自分を支えていた状況だったから

クーには・・・


 マジ、死んじゃうよ


クーだって1日のうち20時間働いて居る時が続く週もあるのに、時々落ち着いて冷静に言われると、私は・・・

本当に沈着目視してくれているのは、この人だけかも

そう思う時が、来てた________...                     一(いつ)のまに



そうね


誰にも言えるわけがない

人体、摩訶神秘。 ではなく・・・ 人体の限界が生物的にあるって事


ふっと気が抜けるというか、30分寝れると思う時、寝しなの一服に火をつけたら、煙草を挟んだ指すら動かなくなった。

あれ?それほど気が抜けてる?・・・ それでも頭の中で


あぁ私・・・ 
 身体が動かないんだ


それが解かっているから、脳と心臓と肺だけは動いていのを意識する。
でも

瞬きが出来なくて、口元の手が動かなくなったまま持っている煙草の煙が目に入る。

涙が勝手に溢れそうになり、目から零れる手前で涙が乾燥して消える。

煙草の煙が目の前で、自分の呼吸に揺れるさまも、香ばしい匂いも、舌に残る苦めの味も、指に挟んだ温度も感じている。
でも体が全く動かなくなる時・・・

 あぁ・・ 気が抜けてる

自分の頭でそう考え、喉の奥でごろっとした腫瘍の感触を、気合の一声をその部分でフンっ!って、独り声を出せば、呪縛が解けたように抜けた気合を入れ直す。

呪縛?

情ぉ断 I じゃないよ~~ 
100グラムの体重減の変動で、息切れするほど、自分の体重が重いって体中に感じる。

ウラハラ? ん~ん Nono 

100グラム 減る そうなると
全身を動かすための血中酸素が、カロリー不足と血糖値低下に起り
脂肪率4%を下回った合図・・・ 私にはココが限度。  身体を動かすカロリーの素、脂肪燃焼、燃やすものがない。

体重が減ると軽くならない 
28.3kgの自分限界の重さは、動かなくなった身体にとても重い。 

頭を支える首にかかる荷重、重過ぎて、下を向くとリンパ混合オレンジ色のナゾなる鼻血が滴り出たり。
なにもしてないのに、止まったバッテリー切れ。
体温の低下だけが心配で、熱を自発してなく、夏でも末端がしもやけになる。

まだ夏の外気温が高い方が、保温できていい。

大きな筋肉のある前太ももにも背中にも、体温が低いとしもやけができる。
西海岸の気温は結構好き。 
どこかの常夏アイランドならいいけどさ~・・ 湿気? 無理っす。 じじばばの如し、リウマチじゃないけど、多々の骨折箇所がギシギシして痛み止めが必要に。
それにもまして仕事的に大都市なので、へろれ~いひ~飛んで抜けてる、明日があるさ~~~ そ~んなその日暮し、外でぼへ~~っと日が暮れるのを待ってる様な発展しない国は、絶対無理。

私、都市じゃないと生きれない。 放牧民にもなれない都会っ子。

孤高の山腹まん中らへん~  草木が生えるぎりぎり高度なら、草木の生えない雲の上で餓死がいい。

クーにも言われるけどね。 
Youの大好物って、空気と水だろ。  うん、そう。
風味が出てる? ゆで汁。  蕩ける? ビールの泡か、スフレの上のみ。
バーで頼むビールの泡率、80% 注文するの? 疑問のクー。

尚ちゃんと秀くんと私、都会生まれ都会育ち。 田植え?畑耕し? 虫も花粉も無理。
 
オーガニック? 虫の穴がある葉っぱより、農薬まみれの方がいい。
泥パックの粘土ぐらいは我慢する? いや、我慢するならしなきゃいい。
リゾートアイランドにバカンスには行きたいけど、住めないとは、クーも言う、都内ど真ん中育ち。 

アメリカのイメージって、広大な国土の広さに何種類か人によって違うもんだ。

NYの様な Skyscraper 摩天楼を思い浮かべたり、豪華絢爛ネオンの街をって人もいれば
LAの様なパームツリーに横広がりとか、国立公園のワイルドは、乾燥地帯のサボテンから湿地のワニに、オーロラ見えるぎりちょんに、ドバドバ豪快な滝の場所とか、万年雪のスキー聖地な山脈だったり、はたまた な~んもないド真ん中の田舎町の竜巻とかさ。 

私と秀くんのイメージは東の方 尚ちゃんとクーのイメージは西の方

両方のゲート都市に用事ってか仕事があって、どちらにも自分の家がある倖くんには、どちらで会うかTPOが違うんだけど、そんな普段着の種類でも嗜好は同じ1センス、それ以上に制服3種のと普段着との見た目のギャップ。

人って着てるものにより、性格が開かれたり内向的であったりと影響を受けるもん。

倖くんのピリピリ度は、ハバネロ以上だし。
ハラペーニョぉ~・・ 赤とうがらしよりはピリピリだけど、そんな芸能人の役で仕事を持つやつらより、何種類も普段リアルに変わるリアル本物の彼の方が俳優以上だって思っちゃう ♥ 

Yes !      ・・・そんなに、LOVE xxx  本物なの。


西に用はあまり無い。  東のピリピリに、心の余裕を西でユルめろ。    ・・・それ本心 ?

そんな日が増えていた時、クーに言われたのは、気持ちの中に安著を与えてくるものだった。



 どうして?・・・

 なんだか、全部こなして全うして

 全部にA+満点を取らねばいけない

 そんな、生き方しか・・・

 
   出来ないの? 



じゃぁ、クー。 逆に聞いていい? 



  NO and YES。 じゃぁ逆にジュリに聞く。
 
  My NO mean,そうして自己満足に陶酔している君は、満足だろうね。

  それに評価が他人から付けられて、優劣を垣間見うる結果?・・・

  そんな生き方しか出来ない人間だとは、俺には思えないけど?

  My YES means, Bestを目指す。 常人となんら変わらない、目標。

  それ・・・

  ねぇ、目標とは・・ 価値か?



価値っていうのは、人それぞれの相違が脳と気持ちの差に

その時々によっても違う

価値 それは世情の中になら、外側から自分を認めてくれるもの

でも 価値 それを自分の中で自分一人が、自分に認めを与える  

自信は人を強くする その為の自分への確証とその努力への意欲

それは、人が生きる為に必要じゃない?



  俺には
  価値観の違う他人には、目標などという見えない未知予測に、妄想と思う。



想像?・・・

想像が価値を得るのは、計画と名を変えた時だと私には思えても



結婚生活の妄想をしている、他の男の子に比べて、私にはクーただ一人が

“ 目標なく ”

自分に1番素直に生きていると思う。



妄想が無い。 そんなクーだけが、私をしっかり見ててくれてたと思えていた。

このただ一人だけ、この時 私に逢いたいと言っていたその予定の為に、LAXへJFKから飛んだ。






Positive + 

Negative -


鏡の様に、脳裏に写る 


現実と幻想


願う幻夢の未来像

想像上の未知の己

実際には見えない
1
一 多次元の中心


でも


現実起浮の鏡の様

光と影の対称の己



実際に 起こった

+1線上の中心


その時





LAXでばったり


国際線のパイロットになっていた倖くんに遇った。 



『 It was you. My Girl . . . 』

やっぱ、じゅじゅだった・・・


も~、何度も呼んでたのに、俺って解かんなかった?

見たこと無かったこの制服姿に、きゃぁぁ~~っ!って走りより抱きついた。
それも、ピョンっ みみちゃん生まれ。 だけどカエルの様に腰まで飛んで両足も。

お~~ 制服4種になったぁぁぁ~~~・・・・

なんだかにフェチっ気 LOVE な私。

ウサちゃんにミミちゃんって名前は、普通。 No1の見目インパクトでの名チョイスだろ。 
もちろんそんな普通のボーダーしか思いつかない時もある。


 いやぁぁ~~ん

『 ゆう君。カッコよすぎる~・・・』


もうメロメロに溶かされる感覚が下半身に襲うのは、やりすぎか?
足まで絡めて抱きついたコアラの様だからか?
求めるものが、どこか違うのか?    ・・なんも履いてなかったら、この体位もあるからか?

それらも自分的に、ネイサンの空ミミあわ~よりも、ナゾ部分だけど・・・


やばい!何 What's? 
どうしてあんなに細いのに、おっぱいがきちんと程よくいい山プリッと。

ん?豊胸か?いや、自然の最大限か?

位置的に▲黒か△白か、ずばり。 ほ~あれなら・・・



ふう~~~ん。



思わず振り返る男にまぎれて、んな事を考えつつ、自分も見ていたと言っていた。

だって・・・


もうすでに、4人に AA 揉まれてますから。


・・とは、言っても公認だろうが、余計なインフォは与えず。


体の線を見ていたもんだから、顔を見たのが最後だったらしい。
ひとまず、誰もが足から見てはウエストとバストで行ったり来たりの目線、その差を確認後は太ももと尻に行き、足の先まで見たら縦長の足の長さに胴との比率に時間を取られ、やっと上に来て・・・ 

そういや顔は?と、忘れかけた顔確認に・・・


おろっ!? なんだ、俺の彼女!    だろ、だろ。  いぃぇ~い!


・・・って、やっと気づいたらしい。

Wanted。 I を探していまーす。 
愛もかもしれないけれど、出てくると思ってた全員が流れる方で待ってみたが、なかなか来ない。
私をさがしてま~す。 ってか、乗ってないの? 
予定が変わったのかもと心配になり、人の流れに逆らって発着終了ゲートの方に見に来たところ。

Yeaaaah! みっけ。

見せびらかしたいっ!っとも思ってくれたらしく勇んで、ずんずん来てくれた。

精神的にどーなんだか? 

 宇宙人が人波に逆らい浮遊。 なにあれ?

精神に余計な歪みをわざわざ自分で曲げなくてもいい。
だってコーヒー目指してた! なので人目におかしな行動も、自分的には正論だ。

精神的には・・・ ですね・・・

欲情残ったまま。
なんだかひとりHも機内トイレでなら出来そうだったけれど、プードル全部、マニアのジョーのあそこまで見ちゃったが、御ん歳89明日90に興味は0。
そんな感触が残された、秀くんのメガじゅ~体感には流されず、冷静に冷静に、冷静に冷静に・・・ 言い聞かしてやみませぬ反省は深くしてるっての。 


でも精神的にはですね・・・


実は、Joeお爺ちゃんのお背中を叩いてマッサージしてる時 

 とってもきもちいい~~

転寝を始めてしまったお爺ちゃんの背中、壊れそうなほどガリガリが指に触ってた。
プロ。損所そこらよりマジで上手。 だって週2以上であらゆるマッサージに行くクーが賞賛を言うんだもん。

お話していたお爺ちゃんだったけれど、言葉が消えてきて、無言で揉んであげながら考えてた。



 満光の輝き その中で瞬ける強さ・・・


SkyScraper 摩天楼の明るい中は空をオレンジ色の夜にする。 13夜の月はより明るい夜空を造ってた。

星なんて見えないはずの夜

見えてたのは Venus  地球に近い惑星かって・・・



額の辺りがゾワゾワした、その距離を思い出し、指に骨の感触を感じていた。
 

瞬きは、光と影のウィンク 影になる瞬間は無く、惑星は鏡表面と同じ用に太陽の光を地上に見せている。

屈折がそこに無いのは球状の惑星は、どの角度も光を受けた方角なら、同じ強さだ。

地球の地上表面と、金星の表面の距離の中に、地球に存在する大気の揺らめきが目に瞬きを残す・・・


がだ




  ・   ・   ・   ・   ・   ・ 




秀くんに感じるイメージが頭に浮かぶ 

オレンジ色の闇夜は私には・・・




  自己過信    か



満月より明るい十三日目の月光、 己の意思、その強さ、それは自信として身につき自信の強さは・・・

― マイナスポイントだ。 

自分を過信している中に、自画自賛で自分を盛り上げて自分に暗示をかけ、抑揚させようと試みる自分。
一種の単純な欲望その1段階だけどさ。

過信と自讃が強いほど、距離と同じ様に、底辺が見えたときの深い下への恐怖は比例する
どん底は・・・

天も闇なら 底も闇。 


自分を過信して周りが見えなくなるほど・・・  光るなって!   だろな。



そこまで光ってないぜ、お前。


・・・尚ちゃんの声が聞こえた気がする。


でも尚ちゃんも秀くんも、お爺ちゃんになってこ~んな努力の賜物みたく、生ける屍になるじじいになるんだよな。ま、何時か。

All Poodles
プードル全部。   すげ~~

おじいちゃんのワンちゃんの写真。
名の知れたプロのトレーナーがマネージャーの様に1匹ずつついて、全匹ドッグショーのチャンピオンだった。
飼いたいな。 なんて夢を言ってたクーもだけど、秀くんの場合・・・
見目とうらはら、意外に凶暴な性格のプードルよりも、凶暴に見えるがほんわかしてるドーベルマン、いっぱい飼って全匹Johnなんだろな。


ん~~~  John。  その思いつき、秀くんの限界を知りたい。


なんてさ見上げてた時考えてたのと、空色と街灯と骨骨になるほど創業者の孫で社長は会長へは、責任の重さを
今の、輝け自分!がんば それ以上に大変な人生を背負ってるんなら

お手伝いに母が行くより、私が嫁に行く方がいいのか・・・



それに残る・・ 今。


思いもだけど、体内は秀くん。 もぉ~~~・・・・

もこもこ全部。

なんて、もこもこしてるものが大好ちゅきなクーでも、けっぺだからそんなことは言わないか?いや、衝動爆ガイ。あほの様に子犬のまとめ買いもするんだろか?

秀くんからクーへ。
お付き合いと同じ。 頭を入れ替えたくっ! 
要・即効性! なので緊急に! カフェインでしゃきっ!イチモクサンのネイサン~~

が、なんだか待ち切れず?  何を?  私じゃないよ、ブラ確認。

ブラ大ちゅきっ。
 
サイズが無いほどアンダーが細い人の、おっきなカップのブラは特注品。
どうせオーダーなので。デザインも申し分ないが、シンプルなのでも形はスタイリッシュ。

初めて私のブラを見たとき、思わず手に取りホックをし胴の太さを上からの輪で見たら、半分に折ってカップの中身の大きさを
ブラを見つつおっぱい触って確認した倖くん。

  ん~~、初めて。 
 
今まで別にこれといって おっぱいに興味は無かったが、初めてブラ&おっぱいフェチに26でなった。
自分からブラに手を伸ばして、見ちゃってた。 そんな自分の初行動にも驚いた。

  俺、Youが妊娠しても、赤ちゃんに渡したくない。
 
そんな初めて自分のフェチっ気方向が、アラサーに入り知れたYOUくん。

空港ビル外、徒歩の人がほぼ来ない場所で、胸元が大きく開いたカットソーをずりっと下ろされて、胸に寄せられた顔を両腕で抱きしめていた。


『 カメラ、映ってない?
  ゆう、仕事、失うよ・・・ 』


やっぱり。          そ、やっぱり。       ん? やっぱり?の ‘?つき’

思ったとおり、黒だった。 でも濃蒼の縁内レースは想像外、蒼円弧を思い描く。
なんて想像してたブラ答えあわせの感想を、ちゅっちゅしながら言ってたけど、なんも気にしてなさそう。

恥ずかしい。         は?いまさら?      公に肌全開の方は・・・


服とブラ、色を同じにする性格は~・・・         どんなの着けてるか想像できる。


『 最近、じゅじゅに言われてみて
  服にラインも色も出てるの見ると、さっと冷める。 』

ってか、服に対してアプリシエーションがない。 そう思わない?

どんな既製服にもデザイナーがいるし。 こう着て欲しいと思ってるそれをぶち壊す着方に下着でなるなら、着けない。
パンツも履かな~い。 
対処している色々メガⅩ種なシークレット用品は言えないけれど、モデルの子ならそれ普通。
ノーパンに慣れている、ダンサーさ~。
それにはノーパン・ノーブラでのお稽古も衣装の下もそれ普通、そんなの慣れている秀くんとタイラには、ノーにもヌーにも興味はなく下着が衣装みたいな感覚にズレてると、このように起きる興奮度は下着にない。
ぽい。 投げ捨て、中身が大事。  

  けど・・・こら。

お胸は不感症。 無念。その感想のE&F。 今はFのみ、胸の中に抱いてたFの後頭部をぺちっとする。

付き合い始めた頃にはすでに、国際線パイロットになる為に走り出していた彼。
自己紹介にと話してくれたのは、二度目に会って直ぐに寝た後のベッドの中、クーとの電話を切った後だった。

足フェチ。 カニも鳥も足が好き。

赤ちゃんタイプじゃない! 自分で言い切るが私の胸不感症はこいつのみ治療可。フェ乳でなくフェ治。足場は違えど、私はカニの足が1本もげたお買い得品は絶対買う。
足フェチにとっては、その1本が勿体な~ぃ・・・
どーもクーは、ベーリング海峡でカニ漁をするのが男のロマンだと、 いつか。 なんて、その夢も語るが・・・

いってらっしゃ~~い。


国際線のパイロットに成りたかったのは、子供の頃からの夢だったと話してくれた彼。

その夢、叶ったり・・・

いや、願いは、自己努力の結果。 

当たり前だよ。

私たちは皆、夢? 幻ではなく目標の対象姿だから


その結果の為に、飛行時間を何千時間と費やしてきたものが、こんな・・・
人前でのワイセツ行為、赤ちゃんタイプで失ってもいいのか?

授乳ならいいだろ。 

でも出ませんし、YOUはパパになる方。
でも出せませんし、YOUをママにする方法はここでしたら・・・ 
くだらないこんな単なる 性欲でっ、人生かけ叶った夢道、失うんじゃない!と私は思って言った事だったけれど


『 ・・どうだろう?
  じゅじゅが結婚してくれるなら
  同じ場所にずっと居たいかも・・・ 』



今すぐ辞めれる。
領地のどこか、一山どこか、自給自足暮らしをしてみてもいい。

いや。

家庭菜園という規模じゃない、それ。  それに、“ 嫌 ”

土は歩くのも恐怖症。コンクリートじゃないなら、玉砂利枯山水の似非海風景。
ぬかるみで麦や米? イナゴの足だけ から揚げにして、クーに送ってもいいかも。

解剖用クランケ。 その虫ならば大歓迎。 
だけど自然に生きる動くのは無理。

ゲテモノ料理屋での初ちゅーのメモリーは、カエルの足が自動的にアウトプット。

おっぱいを触らないと落ち着かない。 そんな幼馴染のフェチ。
お前のだからだ! それ以外はどーでもいい。
ブラをみながら白飯が食え、ブラの香りで食パンが食えると言う、尚ちゃんの私のブラへの穀物2種の例えはフェ稚フェ値度、食欲と性欲は同じ神経系の働きなので、尚ちゃんのルーラー、それ普通。

よし。 普通の男の子。

ちゅ~って胸にキスマークを残されたら、ブラもカットソーも慣れた手で戻しつつ、ちょっとだけ見えるぎりちょんにキスマークを上手い具合に付けられたのを見て満足っぽい。

それもそのはず。

初めてのブラへの興味。 そしてエロ本もない思春期の自宅教育。 
14で年をごまかしレースクイーンの写真やら、ヌード写真を見る?と見せたが、下着モデルのその方が断然ガン見。

おー Angel。

これどうなってんの? 

細さにサイズは横で縫って補正され~ とか、高さに対して乳房の大きさが小さいからギャザー入れて~ とか、デコルテ正面は盛り上げないけど、デコルテ三角の外、男の子なら動く胸筋ぶぶんのその横は脂肪が無いからレースを丸め入れ足されたり~ とか。 中がごろごろ。 あ~でも~~
モデルをそう呼ぶメーカーじゃないよ。 

確かに。

男の子のイメージだと、Angelと PlayGirlと Hootersの3大セクシー。 アメリカ人の男の子だったら誰もが思い浮かびます。 

これがコレクションのランウェイので、ブランドは・・ こっちのは~・・・ とかいろいろなブランドの下着モデルを見せたりした。
ブランドかっ! なる~~。 メーカーとちょっと違う。
プレタ販売の方も全くエロいもんじゃない。 オートクチュールのお見本なんて、もぉ~アーティスティックな映画の一部分の様な、女の子ですら憧れの、 はぁ~・・ぁ ってため息が出る綺麗さは、きっとウェディングの時には付けてみたい、でも夢かも。
もしもオーダーして買うとしたら、一生に1度みたいな豪華で綺麗な憧れなの。

ガーターなんて。  
太もものまん中で、レースとリボンのお飾りか。  マジでしない。 これ本音。

いやぁ~ん、セクシープリンセス。 女の子が見る為のこれらの方で・・・

俺、ここに付けたい!とあれこれの写真に指をさし、キスマークを付けたい位置を、全ての写真に。
ガーター? 俺はブラ。 足フェチにはたまらん2品おかずより、メインの丼ものがいい様だ。
全ての写真を脳裏にインプットして言った王子。

そんなフェチ その2もね。


腰に腕を回され抱かれ、背中を手で支えられたら、膝を掬われて座っている膝にふわっと乗せられた。
その間、ずっと見詰めていた。

ちゅっと唇にキスをされる。




夢が変わったって、事か・・・




“ 夢現 ”  その むげん と私は思うけれど

目標である単なる願希、目指す未来姿に、私と一緒に同じ場所に毎日同じ生活があったほうが、幸せなのかと思い始めていると、真っ直ぐ見詰められる瞳に考えていた。

家を飛び出してきた人。

私の6人の彼氏は、皆、家を自分の意思で出てきている。
その意味は、秀くんと尚ちゃんも同じかもしれない。

引き継ぐものが家系にある2人と、歴史を繋ぐ経過だけだと本人は言う倖くんでも、継承し続ける血統に産まれた
決められた人生に反発して、自分の思うままに突き進んだ彼らとしたら

私とって、 “ 霧幻 ”   

知らないセレブの世界に、社交事情は・・・ は?馬車? んなボーダー先、分からんチン。


倖くんにとっての夢現、成ってみて・・・

何か垣間見たのか 何か裏を感じたのか
辞めて、家を継いでもいいかと思っているのか
それとも成就して、その次の目標対象をもう見ている・・・

私たち、夢が現実になる前に次の目標対象を見るのは、誰も同じだと感じられる同じ人種だろう。
誰もが目標を達成したら・・・




夢は夢のまま

幻の中に置いて

見る想像を膨肥に

思う想像に忙飛を

その方が幸せなのか



真夏の世の夢


一人の欲望像



夢は・・・

夢のまま

空想の中だけで 一人楽しめ



誰もが思う

夢を叶え現実化したら

人としてのギャップに苦しむなら

人としてのギャップに心痛むなら


夢なんて

夢の侭が 


現実にリアルの生活になると、夢の成就これが幸せだったかと、ふと思う事があるのも同じだと、とてもよく気持ちがわかる。

年齢的に私たちは、結婚という未知に想いを馳せる事で

現実逃避の夢に向かっているのかと・・・


『 じゅじゅの彼氏・・・
  全員、格好いいよね。 』


そうぉ?


自分では、かっこいいと思えた人は、この倖くん。 なんだけれど・・・

尚ちゃんが私の好みのタイプのBestかも知れないけれど、いろんな事が子供の頃からあると、どうでもいいだろ?って思えるチンケな事まで、お互いに事細かにズバズバ遠慮なく口を出していたら、びっみょ~にカッコいいのか判らなくなってくる。

性格って顔表情筋に癖が出て、顔で性格分かる。
生活って皮膚と骨格に出て、立ち姿に人生への自信&満足度が分かる。

じゃ、俺。優れてる。

そんな即答してくる尚ちゃんの・・・ ん? 性格って? 


毎日お手入れ。それをそんじょそこらの女の子&男の子以上に努力と、努力の工夫。
毎日筋トレ、有酸素と無酸素運動、酸素と水素の補給はカプセル、タンはサロンOnly普段は日焼け止め、歯磨きには歯ブラシも数種分け、フロスとマウスウォッシュは子供の頃からの習慣、マウスピースはホワイトニング用。
マッサージ、マッサージ、ストレッチ、メディテイション、マッサージ、サウナ、ヨガ、メディテイション
寝る。

お疲れ。

以上、表に出る顔を整えるのも、もちろんだし。


同棲用のマンションに二人でいると、ひげもぼ~ぼ~ 寝起きぼ~ぼ~で・・・


 あんじゅ~~ 


抱きしめられたまま、家中付いて廻る家の中でも、ストーカー。

何してんの? ナニしてんの? なぁにしてんの~? なになになに? ・・・この状況は、仕事に行くまで止め処なく続く。
気持ち悪くなって顔も見たくなくなる時も、マジである。

トイレにいても居場所の確認に来る。 ものの30秒すら居なくなったら探しに来るので、トイレのドアは閉めない派のままで。
クーと私、クーは家の中で全くストーキングしないけど、基本トイレも風呂もってか、どこでもドアは閉めない派。

4Dポッケからの どこでもドア じゃなく、どんなドアでも閉めないのは・・・

どこでもドアが開けっぱだったら、世界中の検疫 Out Break。 虫が入ってきて大変だろうな。
もしも?
・・・なんて、ドリフのもしものコーナーを、5タイプカミナリで衝撃的に妄想してみたり。
 
そんな妄想して、トイレにいつも座るよ家の中。

家の中でもストーカーは、尚ちゃん以外いないけれど、同級生たちは全員表の顔を整えるお仕事ゆえ・・・ か?・・・


クーも寝起き眼鏡すら掛けずに、ぶっこけてるし
 Give me めがね~~ 
メガネを持って叫ばれてる方へ。 使わない開け放したドア裏に隠れて・・・

 ________ ギィィーーー・・・ 

  だぁ~~・・・  

  ぎゃぁぁ~~・・っ~・・・    ちゅ~~ぅ     


なんだか判らんだろうが、ホラー風味。 
いつも使わぬドアの閉める音は、かえって恐怖。 ドキドキは、愛のドキドキと同じ感情を奮わせるが、そうでもなき甘い

はちみちゅ。 ぐっもーに~ん、ちゅ。  



秀くんは寝起きが悪いため、寝起き腹筋さぼるの? いや、とりあえず・・・・
 一日の始まり
低血圧の頭に、ベッドに座ったまま煙草に火をつけて、ぼぼ~~~っとしてから始まる。
基本無言・・・ 

じーっと見つめる熱いまなざしが、ロックオン。  ちゅぅぅぅ・・・

 

タイラはね~~~
カリスマモデルのベア雰囲気だけど、毛深いので、本物?のクマみたいになっちゃうし。

 がぁぁ~~  噛み付いて、朝からいただきます。



ま、表の・・・


写真とかの顔を作ったクールな姿しか見てなければ、一般受けだろうか?

夢幻の人物像を魅せられている

こう言った方がいいんだろう?・・・・   な。

 
ゆう君っ!


幻です


サーフ中に、ずるっと鼻水とか垂れちゃうクーもいるし。 花粉症の時は、鼻くそが自分に出るのがありえないと言い、鼻うがい中はエイリアン。
ヨダレたらして寝るときもありゃ・・・

・・・お疲れねの尚ちゃんだっているしね。
デスクでいつの間にか転寝し、転倒しない社長イス、背もたれにふんぞり返って脱力しちゃった尚ちゃんの口から、どどめ色のヨダレが出てきた時は・・・

なんか・・ 産んでる・・・

スライミーな物体もおまけに出てきてくれて、のど飴舐めながら寝ちゃったエイリアン2 もあるよ。
喉に詰まらなくてよかったけど。 
会長のお下がりの社長イスは、寝心地いいのかしら?



彼だけっ!


ゆう君が気を抜いた、ホッとした顔を見るのは、私の大好物の時間だった。

ぼ~っとしている時の顔も丹精。

彼が私には1番TOP、気が抜けるその顔・・・


空から舞い降りてきて


そう表現したい・・・ 着陸して安心した時に見せる顔。

だって、命を預かってますので。

空港でも見るその顔は、私を乗せてくれている時には、必ず見せる安著の表情。
ほんっと~に、ホッ。 その笑顔はやわらかい。 

命の危機無いお部屋で、ぼ~っとしている時も変わらず優しく柔らかい。

そうそう。表現的に困ってたけど、額の全体特にこめかみの上が脱力、目元の印象がやわらかい。
人間味があるといったら、レイノ以外は人間味溢れてるんだけど、同級生やろう達ドモには、恋ももちろん0℃以下になる。その甘え放題、わがまま遠慮なく~に私をイラッと、こめかみの上辺りを ぴきっとさせていた。


『 誰と婚約するの? 』


『 ん~~・・そうかな? かっこいい?
  Aren't they cool, are they?
  I can't say it's sure bet      ・・・さぁ?どうだろう? 』



だって・・・    I hate them like them

 でも・・・

I thought it might be should I wasn't




G




| 





『 な~に、姫。
  Heeey, there here my princess 』


6人中6位って気持ち・・・


そんな事を言う彼だけど




Foebie. . .か




Phoebie 月の人間と Foe 敵の両方を掛けてるか
Ph と Fの発音の違いに、芸能関係の5人に敵視されているのを、何気なく感じてしまった。



ハァン? あいつら、隠れて余計な事してんのか?

私が考える事じゃないの? 間中心の本人は、0%全く必要ないと声を揃えて言われりゃ聞けない。
ってか、知らないまま幸せな方がいいんだろ! だったら介入も心配も必要なし。

男同士のそんなところは、唯一少し離れた年上の・・・

彼には彼なりの社会の中にあるかも知れないけれど、実際問題、芸能関係内にある裏側慣れしている彼らから、同じ様なきったね~ブラック裏攻撃、モドキだろうが、されたら、5人にとっちゃ、日常範囲内、なのかもしれないけれどっ!
世界の違うただ一人、倖くんには驚きだろう。


『 クーの・・・ 
  お迎え待ち、なんだよね 』


少し切なげに、自分には選んで貰える自信がないなんて、そう言われたら、心がちょいと痛むかは・・・  
                 
 I   痛む様なら6股セフレに成りません。    チン。

私の心には、6人に同じ様に刹那を感じ痛む。が・・・
   
 だが、そのそれっ。  G


男の切ない恋心を強調されると、逆に、ムカっとする私。

 
 だったら、結婚しなくていい 


・・・って私から言われ切り捨てられるのを、誰もが怖がっていそうだったが、そうしてもらいたいホド。
自分に自信があるわけじゃないが、はっきり言わせて貰えるなら

全員、コホンっっ

 “ 元 ” 彼 ですから。

現在進行形で彼女が居る彼らに、言わせて頂くぞい。

  私は、ボーダー線をきちんと引いています!

どうして?元彼女に、今の彼女を放置して、プロポーズするの?
私の事を本命だと思ってくれているのも、一番だと思ってくれるのも、カッコイイ彼らから ってところはとても嬉しい。だけど・・・

私は結婚に対して、今のところやっぱり半々の気持ち。
誰がいいとか、誰にしようとか、その他に、どうしてもクリエイティブな仕事の方に、未練が残っているのが本音だった。

誰かれ・・・
皆が独自の順位を最下位に考えているのも、聞かされて
だれ彼・・・
皆、誰が1番有利かと考えて順位付けているのも、分かっているけれど
私にとってのNo.1は


世の夢 

 

そう、なのね。 “ 世 ” よ なのよ。

“ よ ” よ。 ・・・イワユル “ 私 ” の意味。


世は・・・

クレオパトラ女王を愛し

世は皇帝である。


↑それ。 シーザー閣下の自分を呼ぶ呼び方であり、私はの意味に真夏の世の夢 私の欲望6つの感欲とは、恋愛はそのうちの1つなだけ。性欲もその1つ。

深心Heart、実夢Dream、傷心Sympathy、恋愛Love、精神Sensitivity、天性の第6感Infinityのまま、無限の自己可能性を信じ世の中で地位の確立、自己の表現、そんな社会にでる仕事をしたい欲だって、己の勘の中に自分を動かす糧であり、そうでなければ、自分の体が動かなくなるほど身体は怪我に万病にアレルギーでボロボロだ。



極夜 

1日の全てが闇に包まれる

永寒の夜中

Mid Nihgt も Noonも

同じ




見えない




霧の向こうに見えない それと


闇に包れて見えない のと・・・


心核には 根の様に貼り廻った


焦心と傷刹の Sympathy 感傷


紫 赤と青の中間は虹の1ばん内側




 でも、地上に一番近き・・・・





『 時間、どのぐらいある? 』


が・・・

そう聞かれたら、仕方ない。

だって、セフレの為。 人に一番近い側の紫なオーラの彼は、高貴な色そのものでも、体の関係はIN=マイナス距離。

陰。  (-(エ) -°lll 

セフレで居よう とは、自分から言い出した事。
彼女だと思っててもいい とも、自分から言い出した事。

なので、抱かれたくなくとも、ソレをお断りだけは許されないとも、自分で絶対だと思っている私。


う~~ん

『 そうだな・・・
  1時間はもう無いけど 』


ちらっと倖くんの腕時計を見て言った。


あぁ、じゃぁ・・・

倖くんもそう言っていた。 瞬時になんか考えて、すっと私を放して立ち上がったけど、私の手は握り締めていた。
私の小さいスーツケースを、彼が自分のスーツケースの上に乗せ


『 じゃぁ、急いで行こう 』


Hurry Hurry!getta go ganna go!
ゴロゴロスーツケースを引きずりつつ、もたってヨロケタ私の肩を抱きしめて背中をぐいぐい押されはじめた。


『 どこに行くの? 
  私・・ 遅れたくない 』


そう言うのも、もちろん6股公認セフレの ‘規定’ ルールだから。


“ 人の恋路。 スケジュール、予約、約束、時間をOccupiedされてたら拘束不可 ”


恋路は意固地。 がんと変えない気持ちがありがた 迷惑 ・・い


思え~! あばずれが!


こんなに愛しているのに。 この気持ちは誰もが同じ。 どうもレベルをお互い認めているみたい。
これは守らないと、自分も他から掻っ攫われたらムカツク為。
その気持ちは重々みなさま、おりこうさんに承知してくれている。

彼らは、正義。悪者になりたくない、ちょ~~~曲がった事が大嫌いな、ちょ~~~正当な性格の持ち主。 
俺、Suuuper Heeeeeroooo~! 
ひゅ~ひゅ~


『 じゅじゅ・・・ 』


肩に回されていた腕が、背中にあった手が、ぴったりと抱き寄せられて頭を抱かれて


『 遅れなければ、いいよね 』


頭にちゅっとされつつ、彼の向かう方に自分も歩調を合わせて歩いていた。
よそから見たら、おかしく無い様にと、心が現れてセキュリティに誘拐みたいに思われないよう、笑顔のまま・・・

ちょっと、心配・・・。

だって、倖くんが向かっていたのは、駐車場だった。


________ ピッ


『 乗って 』


ドアを開けられたら乗るしかない。  誘拐じゃないけどYO。

エンジンをかけた彼に、マジ遅刻はダメ と言い聞かせていた。
真っ直ぐ前を向いたまま、何かを考えていたけれど、考えながらの表情はバックを確認して、車を出していた。


『 このまま、自分の部屋に連れて行くなら
  私は嫌。 
  クーには、自分で、卑怯者だと言って 』


イヤ だって・・・
嫌なのは  ↓
この性格     自分の予定を変えられる事 . G
他人から       責任をすり替えられる事 . A
見たら      判る誤解の根源にされる事 . I
自己        管理不可能に思われる事 . B
以心                      勘違いされる事 . U
中っ                          !


誰もが彼方との結婚を反対する

その貴方が

そんな人だと

私、思われたくないし。

でも
GAIBU  ガイ部
最強 21 !


お喋りクーが、他のGUYs 5人にもすりゃっと、あいつ卑怯!俺との別れだってよ~ なんて外部ヅラしぶっちゃけて衝動的に伝えるだろう。

ダッテ、アナタノ衝動ガ、ワタクシノセイジョウナ脳波ヲ、ショートサセ、ロボニ_... した。
心ないブリキ。
空っぽの心&冷たい感触。   ♥ -10℃ 

ちょ~~ 部外者で被害者だ。

自分の失態を言えないプライドが、別れてないと言い張るが、自分でも反省しやがれ~・・・っ!
この

  俺が傷つくだろ。    その口癖なに?

そんな衝動的に人の事をお構えない、自分主義の言い草は、アメリカ人だからか?

未知。  このAlien ありえん。  

この卑怯者とはまったく違う・・・  とも言い切れない。 よく考えりゃ。 

こっちもアメリカ人の未知な部分がある、自己中で強引な攻撃テロの倖くんでも、その理想の皇帝らしさ・・・



『 大丈夫。絶対、卑怯な事はしない。
  俺を誰だと思ってる?
  俺の事、そんな奴だと思った事ある? 』
  

ま、そう聞かれたら、思ったことは一度も無い。

絶対遅れないよ って安心の象徴 こめかみ緩んだ微笑んで言われたら、強引に威厳と威圧でおののいていたけれど、私も少し安心した。
出口に行くもんだと思っていた私は、曲がると思っていた方向じゃない反対に曲がられて、ガックってガクッと突如ではなく、ガックと角度大きいカックンよろけよるろるろうぴ ひぃ~・・・ シートベルトをしようとした。
けれど・・・


『 シートベルトしないでいい 』


左手に指を重ねて握られて、シートベルトに伸ばしかけていた私の手を下げた。
立体駐車場を降りると思っていたけれど、どんどんグルグルと上り、ほぼパーキングされてない屋上に出た。

なるほど~~~

カメラのびみょ~な位置があるって事か。


空港内の事をよ~く存じているのは、CAさん達ともうま~く美味しい事を、いつもしてるってワケだろな。

尚ちゃんとトイレで出来なかった悶々も残っている。

うふふ~~っ。

お外でするのが好み?
時には違う場所での倖くん。

自分の部屋に誰も連れて行ったことは無いというからに、あちらこちらでしてるんだろう。




この後、クーの部屋に行くことを考えた。



同じ香りに包まれた、密閉された狭い車内空間

同じ車の座り心地の助手席で

見慣れたLAの光景が、目を向けた窓の外に見えて・・・


あぁ、あそこで仕事をしている


その辺りを見たら、クーの部屋のある場所に、目を移し考えていた。


じゅじゅ・・・

『 こんなところで、ごめん。でも・・・ 』


ゆっくりと倒されたシート。
重なる唇の動きに合わせて、瞼を閉じ、上に乗ってきた倖くんの首に腕を回していた。

中は見えないと思う様な、ブラックスモーク・ティントの掛かったウィンドウ。
レイノのお迎え車の様には、真っ黒じゃないけれど、日差しの強い西海岸で乗る車の方は濃い目。

このブラックスモークが、カメオの色と、私珍人独特な秀くんのイメージが、脳裏に見えてたこの月の始め

結婚を考えだしていた、この2人に重なってしまった、人影の横顔・・・

この色の光を見ないように、スモークの違うサンルーフから見上げてた、闇の夜空。

Skyscraper 摩天楼の街中では、星なんて明るすぎていつも見えない・・・

この永遠の天体への距離が

星があるほうがまだ、判る様なだと・・・

突然、遥かな距離に、果てしなさが加わって、恐怖を額に感じた  自分・・・


ん? 感知。     天も底も、同じ、闇。  ちょ~~天。
ちょー天な、未知の未来時間が、想像以上、想像不可能ショート脳波。 んな自分の身分にまったく皆無な世界への見合わなさに心配が恐怖にさせられた。
だが・・・


I am not Gold Dugger



『 Hey... Aren't you having Sex in the car with Your Wife, are you? 』


ん~~・・・ 
この私の言い方が良くなかったんだよな。


 ねぇ、妻ともカーセックスするんだよね



My WILL? My Wife?.....


考えているのかどうなのか・・・ 

 

『  ・・ん、もちろん。 

  したい事は、したい時に攻撃的に。 俺、そんな男。 』  



俺の性格知ってるじゃん。 自信満々な感じに言いだした。

クーの好みは基本的に、ベッドの上。
始めるのは部屋の中でどこでもだけど、98%以上の確立でベッドに必ず連れ去られ、ゴロゴロand then そのまま寝る が好みなので、クーにとっちゃ2%のみのいろんな場所で経験したいタイプの私には・・・

こんなの・・・


・・~ん。 

『 I like . . . ゆうクン 』


とっても盛り上がる・・・。


『 I love you my . . . B J 』


  “ B J ”

はいでた。         履いてた。 腹巻の腰履きもだが、何枚 履いてる、3枚の御ズボン。 
                 
                       おふだ?   いや、封印?
 
BJとは、私のあだ名。
J は彼が呼んでいる、あんじゅのジュリ Jujuから
B は・・・
タイラの呼ぶ Black Bloody Bother 何でもいいけど、それらの汚い系BとAngelを続けるのとは違う。
倖くんにはSweetな意味らしき Balletrina Babe Bebe それに Beauty ? びゅ、びゅぅてぇ? それは好みで人それぞれ。 
でもいろんなBがあったりか。

Beutiful ビューてぇホー!  これ、彼の口癖。

男の子しか使わない、‘ 色男 ’ 文句。


その案いいね。 それも Beautiful で。

例えがたくさんあっても意味は1つ。 なんでも女の子に賛同した時は基本 Beautiful。
色男 自分に自信のあるアメリカ人の子が使いまわす言い方には


 賛同、そして 同意。


カーセックス、結構好き♡


 B J

こう呼ばれると、最強の数字 21 Black Jack を思い出す。

私とクーはギャンブラー。カジノに行けば、なんでもする。 二人でCrapsのだだっぴろ~いテーブルだって、誰も投げられない様にプライベートをボスに要求したり、BJは2ハンドが比較的勝ちやすいと二人で確立計算し。 
アメリカの大人年齢 21になる時、クーとは三昧。 んな付き合いしてたと思い出す。

初めての空 スカイダイビングの思い出は・・・

蒼い空が見えて、蒼い空間の空気の中は、とても澄んでいて透明で

・・・寒かった。

でも、強く抱きしめられた腕の中で、ささやかれた言葉の意味を知らないままでも
自分への呪文だと魔法大好きなクーに思う。

強引に頭をガクッと肩に引かれて、ちゅっとキスで降下の合図は・・・

男の力を初めてクーに感じた出来事。 



ガック・・・




    自由落下へ



  Fallin'...

    Falling...


  Falling Love への 準備・・・   



その心へ  
          と 

この心へ  
          の









なにを言っていたんだろう







尚ちゃんが言ってた・・・

クーの話す言葉は、古代語だって。

それも今では、どこの国か判らない、文明が崩壊し終末の頃の言葉だって。
考古学博士の尚ちゃんが、古代語や象形文字に詳しくても

歴史を信じないクーが自分だけに使う呪文は、なんだろう・・・ って


 お前、呪われんなよ


クーと付き合ってるって報告した21歳。 尚ちゃんごめん、春分の最強日。 
尚ちゃんはそれでも、私を離さなくて Friend Forever なら、一生続くだろって・・・
なるほど、クーからも聞いてるんだって、それで解った。

ま・・・いい。


何枚履いてる、相変わらず。 なんて思ってても冷えとアレルギー浮腫み+骨が皮膚に刺さる痣防止。
そんなの知ってる、わが6セフレ。 
下だけお互い脱がしあって、お互いシャツやカットソーの中に手だけ滑り込ませていたけれど、思い出していたのは、クーからのエンゲージ牢屋の鍵が5つの21だったとも、尚ちゃんのエンゲージ牢獄の鎖は、2.1カラット
21に ちなんでいたのではなく、2・10の私の誕生日にちなんでたな、なんて思い出すじゃないか。
それに尚ちゃんの誕生日は21日。 



倖くんからのエンゲージリングは、歴史の中に継承し続く大事なもの。

そのリングに刻まれていた言葉は・・・


あぁ・・・・ 

もしかして・・・
 




新しいダイヤの指輪は、サイズ直しが出来ない継承の家称が、この血を分かち合う指から抜けない様に。

きっと結婚したら、マリッジリングになるのかな?・・・・




車は、Christmas やThanksgivingの様に空港が最高潮に混む時期じゃなきゃ、こ~んな遠い場所、誰っれも駐車しない様な屋上、しかも端っこよりちょい中より。
誰かもしも来ても、端っこ過ぎたら怪しげな為。ってな理由でも、端から見たら・・・

なんであの車、ビート掛けて揺れてる?

きっとそう思われるであろう。

だって、ロデオ乗りで私がいかせてあげる って言ったところで、だ~め、愛したいの って、幼児しか乗れんだろ!と思える後部座席の狭いポっの中で・・・ ま・・・いろんな体制で。いや、体系 ん~体育会系 う~ん体勢、あっ!体位か・・・

やっと出た・・・


『 今日のランジェリー、大人っぽい・・・ 』


彼とクーの好みは似ている。
自分で買ったけれど、クーが選んでおいてたTランジェリーを着けていた私。

中身の体感しつつ見るランジェリーフェチ。

モデル系の秀くんやタイラにクーに、モデルを見慣れたレイノも入れて、彼らはランジェリーにそんなに執着は無いけれど、どんな場所でもOKタイプの尚ちゃんと倖くんは、好みのランジェリーで盛り上がる系。
小学生の時から私のTバックを見慣れている尚ちゃんは、高校生になるといろんなランジェリーでのプレイに、いろんな場所で嵌っていた。

色目も柄目もタイプもさ。 Tじゃないけど、下尻ゴムはない半ケツフレアー。

着・NUGASENAIMAMA or KORERA WA yabuku・裂・hikisaku yabuku YOKUBOUNOMAMA
キレツ? 堅固な愛の形はハートじゃないよ、スライミー。

倖くんには、普段からTヒモ!? とはこれが普段だと、最初っから勝負だと思われて違うと言って驚かれたが、そんなに世間の人には珍しいのだろうか?
お尻を丸ごと隠した事は衣装以外無い私には、 へぇっ~!えぇ~!・・・逆に驚き。 
だってCAさん達ってタイトスカートに線が見えない?って思う、これ。
私の方が疑問だったので、目が行かない?なんてその線を後姿に指して逆に聞いてしまった。

  線があったほうが、目が行くもんだ

T愛好家同士、私と同志持つ秀くんの、高校生の時の言葉である。
人生の線と、中途半端は関係ない。

パンツ 履いてまーす。

その線が証拠。 F ずばっ
それって、線だろうが色が透けたりしたほうが、どうよ? セクシーさよりいやらしくない? 
Tで見せない方が目が行かん。

ケツの中途半端なパンツ。  ・・・どこがいいのか、魅力は無い。

上質なセクシーは、男飢えとは違います。

私と同じ様にアートモデルもする、ダンサーのタイラ。
ふくらはぎのまん中。 ミモレ丈なる難易度MAXな古風丈、及び、そんな靴下。 
足に自信が無きゃはけない、そ・れ・ら。 それと同じ、お尻と太ももの境に相当自信が無けりゃ、半ケツ45° のパンツは・・・。
難易度 スーパーMAX。 
カリスマおしゃれモデルでも、下着は秀くんと同じ見せないピッタピタ、TからThong、ボクサーにトランクスにステテコ? いやノーパンでのズボン履きまで。
服に合わせて、仕事に合わせて、なんでも履く。 
タイラのソックスのはき方は、マジで人生のお手本だ!

タレントもアクティブな事もする、リズム音痴のクーは100種類位のタイプをアウターやアクションに合わせて、さらに色もカラフルにいつも変えてるけれど・・・

家じゃ、基本、同じの50枚ぐらいもっている、それ。
1日数度、お着替えするたび、下着も靴下もトータル全部、シャワーも2回、お風呂は1回、サウナは1回で2種交互。
どんだけ、けっぺ・・・。 洗濯物はすごい量。
ちなみにコーヒーおかわりでも、同じカップは絶対継ぎ足して使わないから、食器洗い機もフル活動。

洗濯機と食洗機、掃除機は1年毎に破壊王。

なんで? 頻繁すぎ?・・・

尚ちゃんパンツ事情は私が求めるタイプが自分も好きになるだ~ろ~とかで、常になんか言えとリクエストを逆志望され。
芸能人組はいろんな事情はあれ・・・
社会人の2名様は、な~る普通ってこうなのね。と学校を卒業して大人になってから、普通というパンツのボーダーを知ったもんだ。

すったもんだのクーが間に、この2名にはカラム。

男の人のアンダーウェアに対して興味ない私には、ランジェリーフェチの気持ちはイマイチ解らない為、平気で彼らのランドリーもするのは、うんうん、誰かさんもBJの洗濯物を平気で洗ってた?と今思い出して書いている。

どうでもいい下着情報に脱線。

線が見えない真っ直ぐじゃない話は、慣れっ子でしょう。


下着の字もT着って書いてもいいかもの私は、暑っつ・・って制服を脱いで、Tシャツになっていた倖くんの息が弾けかけた時、抱きしめられてマジで目の前にある、彼のしたままだった
さすが福機長、秒まで正確な腕時計を見た。

待っているのも、秒まで正確な生出演中のクー。


・・・やばい


自分がいくどころか、時間が気になって、彼をキスしながらウヤムヤにぐるっとひっくり返し、ロデオ乗りで秒カウント5秒前・・・

CMより短い。


CM明けま~す


なんて私が発するのは、クーとのセックス以外、尚ちゃんぐらいしか分からんが
ぶほっ!っと始めは噴き出して、いけなくなるからやめてと大爆笑で怒られ萎えさせたWILD SEX組の2名様との思い出は、いつもこれをする度 誰の上でも必ず思い出す。

MILD SEX組の社会人2名様には、小声で耳元カウントしてみたら、さすが監督と褒められた思い出もあり。


 7. . 6. . Five. . Four. . Three. . Two

  1. . .  GO~! 


それで、彼はFive5は日本語で ゴ と覚えた。


『 Nononono~ぉぉぉ・・・ 』


そう言われても時間が無い。

悪いけど10分は欲しい、空港内のトイレに行ったりしたいって、シールドに写る自分のボサボサな髪に10円ハゲが数10円ほど見えるって数える余裕ありでロデオ正座混合体勢、冷静に思ってしまってた。

何十円じゃ買えない 時間の価値は高額。
そんな風に感じるお値段の彼の絶対ぶれないロレッX を見つつ、ランジェリーフェチの心残り無い様に、カットソーの胸を下ろしブラ目前に いってる間じゅう抱きしめた。


そんなこんななセックスの後

直ぐに寝ちゃうクーと違い、立ち直りの早い元気な倖くんは、ターミナル前まで運転する。
ゲートに入るわけじゃないので、Loading Areaの端でも構わないが、知られたくないな~~ その気持ちは50%以上。
2%きのこUPしたLove度と同じぐらい。

駐車場から歩いて行くって言ったけれど、一緒に行くと言って聞かなかった。

頭ボサ子、頭中ボー男。 

思いっきり強い力で、肩を抱きしめられすぎて、歩きづらいほど。
歩きにくいと肩でアピール、斜めな全身をまっすぐしようとした、それは・・・ 手を繋ぐに変わった


『 じゅじゅ、エンゲージリング・・・ 』


________ R・・R・・ R・・R・・・
    
      R・・・・


クーからの電話があっても、私は電話に出なかった。

だって・・・

目の前に、ニット帽を目深に被り、携帯を耳に当てていたクーが見えたから。



『 指輪2つとも、車の中にあるから 』

安心して・・・


お迎え用の横付け縦列駐車パーキング、Loading Zoneの中ほど無理に、今乗っていた 倖くんと同じ車が斜めでギリ停まっている。
その後ろ来た時、視線を向けてナンバーを確認していた私


________ ・・R ・・・R


私のクー専用携帯の音が、クーの後ろで雑踏に紛れて聞こえない・・・
繋いでいる手を離して携帯に出ない様に、クーの背後で倖くんは手をもっと強く握って拘束した。

耳から携帯を放し、オフにした仕草を見てて、その瞬間クーが振り返った。


『 ごめん。お待たせ 』


振り返ったクーが見ていた視線は、私の左手に握っている
スーツケースではなく、私のスーツケースを持って、手を繋いでいた倖くんに移った。


『 Hey, I may wanna ask you 』

ねぇ、ちょっと聞いていい? 


倖くんがクーに話しかけると、クーは携帯をポケットにしまいながら、日本人の様なカラーコンタクトの瞳にかけた伊達眼鏡を外した。


『 What. . . Why are you here ? 』

 何の用. . . なんでここに居る?


ジュリ?・・・



クーの視線が急に私に向いたけれど、私は真っ直ぐクーを、強く見つめたままだった。

倖くんが


『 I . . . no as my felt. I do not I can do

渡したくない・・・ 


繋がれていた手を解かれたら、その右腕が肩に回され、後ろから抱き寄せられていた。


『 Well . . . 』

  そうだな・・・


クーは、私を見つめていた。


『 You may devote her decline from you.
  Can you devise me the time. . .
     』

彼女の時間・・・
今夜を、俺にくれないか? 


倖くんは早朝のフライトまでの6時間だけ欲しい、私の日本に帰るまでの午前中はクーの家に送ると言う。

 したい事は攻撃的に...  俺の性格知ってるじゃん

私は背中を倖くんの胸に付けられる様に後ろから強く抱き寄せられて、頭に彼の寄せた頬を感じていたけれど
私は視線をクーにずっと向けたままで・・・

クーがふっと視線を私から逸らし笑い


『 Let's me think 3Ds.
  You ‘Do’ want your 3Ds?  right?
 』

  そうだね、現実的に考えると・・・
  あぁ、立体。 実感、実体が欲しいんだろ?


クーは・・・


『 ジュリ 来て 』


私の方に日本語で、腕を伸ばした。               彼も同じ したい事はして試す
から・・・

                                           鏡の KooとCoo



心に  実感 

触れる 実体

でも実態・・・



私は・・・


倖くんに肩に抱きしめられてた腕をそのままに、正面のクーを見つめたまま、1歩踏み出して

クーのその伸ばされた手に手を繋いだ。 

繋いだ手は強く握られたから、その手を握り返したら、クーの胸の中にそのまま抱き寄せられた。

肩から首にクーの腕が回ると同時に、私は見つめたままだったクーの瞳の中に自分が映っていると
考えていた程・・・

私たちは、二人共が視線を外す事無く見つめ合っていた。


同じ・・・
2人とも 手が
熱い ・・・






きっと 同じ気持ちだよ 



For What?.....

今の状況に終りがくる 時



For When?......

その ‘時’ に思えるのは



For Where?.......

先 その先より ここ・・・



誰もがきっと平凡が幸せだって



Dull を終えようと思うと 



What for HOW ?............


たった一つのWay


A' marriage


だけなんだって全員が思ってる 





から ・ ・ ・ ・




結婚したら、終われる。


その勝利


自分に人生の自信と満足度を UP させたいだけ・・・・ 






                             なら・・・・・



 
Where is my   

the LIFE 





STOP


I






背後になった倖くんを感じていて、思い出すのは・・・


全く反対の出来事が、二人との間にあった事。


あの時クーが去るまで倖くんのキスに瞼を閉じていた私は、今・・・ STOPと手のひらを向けられて、同じ様にクーに重ねられる唇に目を閉じた。

まひらきなおり狂 であって、 まひかりきょう じゃない。


精神的に脅狂な猛牛モード。 真っ直ぐに猛突進の攻撃的なイノシシへのファイト。



思い出していたのは、きっと・・ 

私と2人、3人ともが同じ、鏡の様な正反対のシチュエーションがあったプライベート空港の、2股に別れたゲート前だろう。

あの時の倖くんと同じ様に私の顔を隠す様に、首に片腕を巻いたクーからの優しいキスが続いて
くると・・・

繋がれた手は 二人の間の胸の前で握られたまま

抱き寄せられた腕は、倖くんの様に首に回し二人のキスを隠す・・・

あれ? 


・・ってな・・ 事なく・・

なく、なくなく・・・

背中に回しっぱ? で・・・



で・・・


あれ?



長々とキスが来るかと思って唇を重ねられたら、即、それも 自分から舌 IN しちゃったのに

・・・んじゃ、なかった。



ちゅっと音を大きく残された、軽いキスに目を開けたら

目の前のクーは、視線を合わせたまま微笑んでいた。



『 To be continued. . . at my Room 』
  
  続きは、俺の部屋でね・・・



そっと私と頬を付ける様に、耳に言ったのが英語だったから

クーの視線は、倖くんに向いていただろう。


目力の強いクーの視線は、狙った獲物を逃がさない

ハスラーであり、距離も目測ピッタリに、動体視力ハンパ無い、動いていても次の足場の予知までできるのに、視力はスーパー近視のコンタクトガイ。 
それでも、0.02であって、0.01のやつよりは俺の方がまだいいと言う。 
人間限界 the極・見えない視力のくせに。

・・・。
  
 2.0の私にとっては、双方互角じゃないかね?

0.2+乱視の尚ちゃんのほうがまだ見える。 時に裸眼で音符がずれて、いい感じ~♪は逆に
あった。



私は、クーに胸に抱き寄せられて顔を隠されたら、今来た方、車が停まっている方に歩く足元しか見せてもらえなかった。



『 ジュリ・・・
  髪、どうした? 』


俯き具合に自分でしといたから、気になるのはボサ珠? 
肩に掛けバッグの取っ手に付けたままだった帽子を、クーが取ると、ふわっと被せられた。

きっと上から数Ⅹ円ハゲが見えたのかい? 

トイレに行く間もなく、バッタリ出会ってしまったクー。
緩んだままのポニーテールの上に被せられた、キャップのつばで、俯きはさらに下しか見えなくなった。

・・・って、尚ちゃんの香りが顔に充満する。

ふわっと漂ったのは、尚ちゃんの寝起きみたいな、いや、尚ちゃんの枕の香りだった。

私のお気に入り。 尚ちゃんの枕をもらってロンドンへ旅立った履歴は犯罪ではなく・・・
エレベーターの中でのディープキス。カメラを持った手だけの映像が、脳裏に蘇りハッとしていた。


________ ゴロゴロ・・ 

スーツケースを引きずる音が聞こえていたから、倖くんが持っていた私のスーツケースを
クーが取ったんだろうと思いながら・・・

 
『 ま、セフレ? 』

うぃあ~あ~んうぃ?


は?空耳アワ~?
なんか聞こえたような気がしたけど・・・

クーの言った We are, Aren't we?には 


   まぁな・・・  


って、俯いたまま胸の中で頷いた。


私に言ったのか、倖くんに言ったのか

尚ちゃんの帽子を被せられたその上から、クーの手の平で頭ごと胸に抱き寄せられて、ペチペチと軽く叩かれていた。


 
そうだね・・・

あの時は、クーとはもう



そう思いながら



    男と遊ぶって言い出さなきゃよかった・・・



実はこの時、そう心の中で切なくなった。      
人としての反省



初めて、6人全員に・・・


もし人生に影響を与えているのであれば とは・・・

恋愛対象として見てくれている “ 私 ” だけじゃなく

誰もが5人ずつ 

誰もが5人分+自分 

その6人分のそれぞれの男の生き方、彼らの人生を、肌に触れるほど垣間見て

己の進みたい方に向かう事を、他の5人分の人生より制御と抑圧と強引謀押され・・・

渦を作った本人・・・

            私は・・・


人生を焦らせて


ごめん・・・




ただ


+ か - かは・・・  
?



? 3つ 思った  己の人生への憾えた事を問いかけた



男の子の心が、甘く染められてるのは

ただ・・・ それぞれが持つ5人への闘争心だけだと思っていたけれど

男としての闘争心に火が点く様に、私はむやみに放火しまくったのかも



彼らは、誰一人として、他人の事を気にする性格じゃなかったと

それぞれと付き合っていた恋人同士の頃を思い出せば


変えちゃったかな・・・ 


って・・・・




『 はちみつ、俺、何にもまだ食べてないけど・・・ 』


仕事終わり着替えだけで、まっすぐ急いで向かって来た。
 
車のドアを閉めたとたんクーは、腹へった~って話しだした。 
車を出しながらシートベルトに手を伸ばしているクーと、同じようにシートベルトに手を伸ばした私
お互いに外側を向いていて、表情を見ることは無かった。

車の中で、スポーツバーでも寄っていい? と 聞かれた・・・

珍しい。

その言葉には、別にクーは仕事終わりに飲むのは常だが、セックスするときはアルコール無し、本気で愛してます誠意? なの・・・? その心は頂きましたが・・・

なんか入れたい気分?  だろうとは自分も泡80%以上のビールでも欲しいとは思う。


『 おそろ。 』


Cheers~!

元気っ! ‘ ちあ~す !’ この英語。 乾杯の音頭でもね・・・。


おそろ。と言ったのは、90%泡。 Oh my がーぁ! ちょ~理想の泡、 これ。 クーが頼むの恥ずかしいそのビール、クーの方は50%ちょい泡でアルコールハーフだと申す。
どうさ?・・・

スポーツバーでも、NBAの話に、友達の話に、MBAスプリングトレーニングの話に、友達の話に、終わったスーパーボールの話に、友達の話に、今日の仕事の話に、友達の話にで・・・

部屋でも・・・ 倖くんの事は一言も話さなかった。


ただ・・・

私の視線に入らなかった倖くんの通りすがりの言葉が

クーとのベッドの中で蘇る



 
 俺には冷たくても、君には温かい
 
 クーの優しさは・・・

 俺も見習おうと、これからに思う 






ただし・・・

マシンガンの様にしゃべり続けたクーの気持ち。
ずっと寝ずに何度も抱き合おうとするクーに、ベッドの中で・・・


 『 I Love you. . . 』


Me too. . .

 『 I Love you 』


私も一言だけ返していた。






クー・・・ 


『 でも、うるさいっ! 』


『 ん?そぉ?・・・ 』



クーが、部屋にガンガンに掛けて、ボソッともシャウトにも、波あり歌うカラオケ状態セックス。


・・・耳元で歌うな。

私の上で見詰めたまま、キスしながら、感じた喘ぎもあげながら

歌い続ける・・・




尚ちゃんの歌



バックにかかる、そのっ! 尚ちゃんの声が、ウルサイっ!


しかも、尚ちゃんが送ったに違いねぇ 

私の名入りに変えたやつ。
 

メドレーかよ・・・。


発売してない 私の歌なる 私の名前の歌は

尚ちゃんが、人生初 子供の頃に作った歌。
8歳の頃が蘇る・・・

尚ちゃんがカセットテープに録音してくれた、この歌・・・

そうだ。実家の私の部屋に置きっぱなし。         真っ赤なやつっ!




クー・・・



私は

今、貴方が歌う歌声

大人になった、その声しか知らない



私の歌・・・



声変わりして、大人の声になった尚ちゃんが歌い直した、その歌に

私には違和感がある・・・

私の記憶の深い場所には、声変わりする前の尚ちゃんの声が刻まれているから








『 いい歌だよね ジュリ 』


いや?

Angel
 『 あんじゅ・・・ 』


それに、時々

 

『 君のファーストネーム。

  誰かが、その名でジュリを呼んでいるとしても

  俺には・・・  君は君で、何も変わりない  』




中身が・・・

変わらないから



どう呼ぼうが


  the Rose is the Rose



魂が入っているだけの私の身体

禿げも、ガリガリも、不明な全身多種発疹に、精神異常に、たくさんのアレルギー反応に、多箇所の骨折後結合不良のまま

歩行も出来なくなるほどに精神が作用して起こす浮腫に、筋肉も血管も内側から潰されそうに締め付けられて、独り・・・ 
動けなくなるこのまま、死んでもいいと思える瞬間がある程でも

自分が突っ走り続けた人生に、後悔は無く

自分が全力疾走で、先の見えないまま、長距離を走り続けている20年

4歳からの20年の中に宿命かと

破壊と創造をくりかえしている運命は、濃厚なんだろうか

それともこの先、まだ、未知未来に続くのだろうか



欠陥品に自分がした このカラダ・・・

身体は、殻堕 カラダであるだけ・・・



 『 ねぇ クー 』

         『 なに? ジュリ 』



魂は・・・


  私には


  永遠に続く修行 輪廻の無限 

  夢幻と 無現の 羽硲はざまに

  戻り、出逢いを、この世で繰り返す・・・



        俺にはね


        たった一度だけの人生

        魂とは精神で思想感情基の素

        死んだら、俺という存在はこの世に戻らない





If... もしも



もう一度生まれ変わったとしても


君は君でなく


俺は俺でなく


又、未知に導れ


・・かとは



このたった一度の自分である人生に

後悔

することなくすごしたいだけ







『 尚の たった1つだけの永遠 か・・・ 』


クーが、尚ちゃんの歌詞に、独り言を漏らしていた。


『 ね。ジュリ・・・ 』


ベッドの上で重なったまま、頬にキスを残したら、腕を伸ばし体温が胸から離れた。


『 休憩 』


影しか見えないぐらいの薄暗い部屋の明かりの中、萎えちゃった?って聞く私に
いや? 実はもう たっぷりいってる って言うクー。

こっそり勝手にいってても、続けて中で復活するクーは、1回だと私に思わせて何度も実はいってる時もある。
たった一つの永遠輪廻。
セックスに関してのコレは、クーだけにしか出来ない芸当かもと、尚ちゃんの歌詞に違った意味を思う。


ベッドサイドのお水のボトルを取ったクーが、私の上に座ったままゴクゴク飲みながら、顔が見える明るさに部屋を戻していた。


抱き起こされて、抱き寄せられて

微笑まれたら・・・



        『 もしも、俺 以外のやつらが

          君との永遠を、死んでもと思うなら

          俺に・・・・

          このたった一度の、俺のこの人生に

          君の人生を、下さい。      


      だって、生まれ変わっても永遠に出会う

           秀も尚も、タイラも、そう運命と思うなら

           レイノも倖一も、そう運命と願うなら・・・



    たった一度、 一度だと思える、この俺に

           君の人生、残りの時間を全部貰っても

            さ・・・

           また、彼らには・・・ 君は・・・

           いつか、何瞬か・・・   巡り合うと思っているなら

           その時の遙か彼方の中に、出逢えるから  』



  
 

いいよね・・・

 俺には


人が生まれ変わる記憶は


科学的根拠の無いものは


信じない  この1 一 り





このいちひとり
この 位置一人

この一 独り・・・

じゃぁ




この位治 独り

          君の一番大切なもの

              人生
この位地 一り

か                   と

              命を


          俺に 下さい







『 今のこの君が、大好きなんだ・・・ 』


この不良品の殻堕。 魂の入っているだけの身体がいいと思ってくれるなら


 中身は何も変わらない、どんな私でも私は私


そういつも言ってくれるクーとは、確かに心に触れる琴線が自分にとても似ていると、クーと私は分けた双子の様に、同じ思考を同じ時にしているって思えていた事も・・・

クーも同じ様に感じてたって、話してくれた。



永遠という

Four D  

幻を夢みるなら


今 

この3D 実体を

生きようよ






なんども何度もプロポーズされて

マジプロポーズの後、もう一度された このプロポーズが・・・


私の心

核心と呼べる程の、とても深い中心に、一番触れていた。

この日・・・


3年前の21歳になった時、空から落ちる空中の感覚をくれた

初めてスカイダイビングに連れて行かれた、2月28日の約束    



その空からもしも、命が降りて生を受ける魂の輪廻があると思うなら





こうして・・・

タンデムの様に

一緒に蒼星に降りて





蒼惑星Blue Marbleの様な 贈り物・・・



クーが3年前にくれた、誕生日プレゼント

それは・・・

クーが子供の頃から持ってた宝物

結晶の集まった 蒼い石





自分にとって

とっても大事なものを

あげたい って思ったから 





タンデムの一体同身のまま、二人が地上に降りてきて

クーの胸に寄りかかって、空から見たら小さかった地上に座っていた。


『 Welcome Back real world. 』
 

後ろから聞こえる声に、そっか・・・ って考えた。

クーにとっても、そうか・・・

現実の時間に舞い降りて、リアルの現実が始まる


そうだ・・・


Re-Set
リセット


時間のリセット


心のリセット


今、自分の全てをリセットして、変えられない今までの自分の過去を
自分の新たな未来の時間の為に、自らが興す闘志に源動に喝を入れて


さぁ・・・ 

生きよう


きっと、その為の空からの 


Re-Born 生まれ替わり
・・・だろう
 


今日と同じ日は・・・・


 I After V weeks

5週間後の約束の日だったね。     ∞  Infinity 永久の日

閏年だった37日目は・・・ 24時間が余計だったって、甘い文句を言っても  I Love You は
言ってくれなかった 8日





 

What time is it NOW ?



The Show Time

?
The Magic Time


N O



R E
B i R
T H






reverse



Reversible ....


空での想いは・・・・



クーと繋がれていたハーネスを外しているのかと思っていた。

背中のクーがごそごそってしていたのを、彼の足の間に座る私は感じていた。

でも離れて、なかった・・・


地上にクーが寝そべったら、その上に私がくっついたまま引き寄せられて
クーの胸の上に仰向けに寝そべって、今降りてきた蒼い空が見えた。


飛び出したのと同じ様に、クーの両手が、あの空に伸びて

飛んでいた時よりも遠い、空の中に・・・



黒革の両手伸びてた空中



光の中の空色のブルーより

暗く深い海色の蒼が・・・      光って・・・


今は手袋をはずしたクーの手の中の蒼い光が、空に溶けて透明に輝いた



上に伸ばした両手で、包み隠した蒼い石の光が見えなくなって

空とクーの腕の輪だけ、私の視界に見えていた。



両手を結んだ腕の輪が、下りてきて・・・



Good Luck




会社を立ち上げる前の走り出した人生に、お守りとしてくれたクーからの遅れた誕生日プレゼント


『 とっても大事なものなんだ・・・

  俺にとって だけどね。 』


彼は自分の大事なものを、大事だと思う人にあげる。

思い出していた・・・

いつもクーは、自分の大切な物を私にくれていたって

初めて何かの大事なものを貰ったのは、この時で


『 今日は、A'marriageの香り しないね。 』


  ジュリ・・・

  Youの香りがする


腕の輪の中で私の首にキスをしたクーが、私の手を握った二人の手の中で、蒼い石をくれた。


Re-Set も

Re-Bornも・・・


そうだね、クー




Twinkle twinkle little star. . .

A B C D E F G





How I wonder what you are

H I J K L M N O P





Up above world still high. . .

Q R S T U V




like the Diamond in the sky

W X  and  Y Z







Re Setは・・・


Above little world little still
 

 遙か遠い宙は、小さな世界 見えない程、届かない果て  


で・・・
 

Re Bornは・・・


 Above little twinkle you are above what

 
 遠い宙に小さく煌く あなたは その中に輝くもの



心が、生まれ替わる リセットもリボーンも命が地上に降りて来るように

現実に生まれた自分を確認したら、またこの地上のリアル世情の中に新たな心で

新しい自分を想像し、創造に破壊の勇気を持って、自ら1歩を何も無い空中に飛び出せば

きっとその勇気を湛える様に、その者にしか見えない蒼い景色を見せてくれる


Blue marble

その景色を・・・


私に見せてくれた クーの心づもり


Blue marble

同じ色の大事な、お守りを見る度、私は思い出した。

その想い出を・・・




ジュリ・・・


『 Thank you 



My Heart

確認 

My Love

確信






My Pleasure

Hugo






『 兄じゃない 想いが変わるボーダーを超えたら・・・ 』





 また、来週
    今度は、魔法の11までの3始まる Infinity その日未来に

 その時・・・
     I love youって、君に言う・・ 


     か? は・・ まだ・・・        永久とわ とは~・・・・


 お楽しみに。  な。



頭を兄が叩くようだと、高校生の時のクラスの中と同じようだって感じてた。



『 その時は ダの頭文字で呼べ。 いいな妹。 』



Daring  呼ぶのは・・・    

“ ダ ” その頭文字で始まるのなら、なんでもいいんだろ?   な。 クー・・・




5週間後のその日だった・・・・

今日は予定を入れて 逢いたい と言ってくれたクーも、覚えていてくれていたのかな?




二人が双子になった様な

この思い出・・・


もしも、生まれ変りがあるとしたら

きっと、私達の前世生命は・・・


脳あって思想する事なき生物だったとしても

同じ核を分けて産まれた、多か 双の卵生児だと想創したい

想像に、創造に 重ねても

像を造る 見える様な過去ではなく

想いを創る 見えない感情を過ぎ去った時駿に、今現馳せ



寒くて 人が生きられない 孤高の空で

魂が死なない程度の0℃ 微冷凍保存される様に


空中は寒くても

抱き寄せられた貴方の鼓動打つ胸の中は 暖かく



光り陽たる表舞台で、+に流れ過す 

華やかな人生かと、世に思われても・・・


影に陰めた裏が心中にはいつも在り

-の溜滞りが、核心に積り埋め尽くされる


胸の中に秘めたまま、世に他に人に、その心たちに微罅与えず





光と 影と



+と -と



陽と 陰と



流と 留と



表と 裏と



暖と 冷と




Positive にNegative にも2waysに考えれば

鏡の様に、相反存在する 現実と幻想の境目で

不可能な生まれ変わりを 産まれ替わりと可能にし





I




自分





II


私達

Duce Aces

2つの自人





11の魔法が解けない 時間

12時に この世に生を受け

目覚めた私には 現世の一り

人生始動の酸素H 息一吸い






魔法じゃない 人生は現実リアル


現実は12時過ぎの アン Angelの名で始まった人生命体

この殻から抜けるまでの人生が始まった 運命の破壊と創造の2月10日


幻想世界に籍を置き表舞台に自分を晒し、幻思世界を創り自分を曝し
おとぎの国の姫の様に、王子たちに受ける華やかなリアルでも・・・

自分に触れる現実は、ただのオスとの交尾と伴侶決めなだけ



ただ・・・




 I 
ァィ



私は・・・







『 You are the Man Juli 』


君は一人の人間だよ ジュリ















そして













CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

+ 9 ½-√II BLUE MARBLE ∴ † Nothing = 6 

Dear. Julii Caesar...

you are
my hero

Eternally... for me




Eξ bEtwEEn D & F ≒ N & O

  Far away beyond...MOST beautiful sea in the BLUE MARBLE * INDEX
the time always go around

     『 No..... 』




Far away beyond most beautiful in the BLUE MARBLE -q



the time is Alway passing



1/
2

Midnight Mare
Z * Ð
  Q Q Q Q Q Q Q Q

Won't arrived 3 XII 6 IX

蒼い魔法の星の中で いちばん美しい... U. me の彼方より





永遠に讃麓



とわ



永久楚蔽いの



幾想



夢の彼方より



想い



蒼海と越空の



私の



My Hero



重想




There is someone who the special of THE ONE in only for me in my life
makes a difference in the lives of others has the power makes the best
which of whoever lifes on the hand and can lead the best way always not
scimitar
make the best of whatever life hands them and make everyone else on be
half
for the smile in your way of process


Dear my Super hero


I feel so blessed to have you in my life

You shall operate for the heart will open

You have openess that invites others in

and a warmth, a gracey and peacefulness

that makes all the others comfortable

And

For me Always, Always as all as always





SCIMmITED






HEART                                            心埋葬








So does My Boys








HEAT                                            理火想




 
xxx
x
6



yours                                             Angel



 

6 9




Dear                                             my dear





9 ≠q





Dears





了の時                                           では無ク





My super-above Hero





  私は自分の元彼6人をスーパー自慢に思う


  正義の味方  


  まさにこの言葉がぴったりとはまる


  You are the Men


スーパー・ヒーロー以上に超越した人間のスーパー・ヒーローの彼方だと 



それは、でも違う感覚になる


私にとって、尊敬する人とは・・・


携わった全ての人であると思う


   You are the Man


  人は個人個人誰もが自分より秀でている何かを持っている


  誰もにも、誰へへも その秀でているものに尊敬を向け


  自分は学び 自分にも同じ様にできるかの可能性を尽くそうと 我が心向けられる





Always 

2Ways



Side:男の子へ  

Side:女の子と 

中心の自分は 

心で憾える


think about it


NO


use the Brain


for the Y wanna knows









この蒼惑星でいちばん美しい 彼方より         36


誰もが 魔法を使える


それは ‘ 魔法は遣う ’


人間に秘めた可能性







           36 
    
     12x3  か  6x6 か
  
          じゃぁ

     2x2x2x2x2 + 2x2
     
 
                                  2つずつ  それの  5:2

                                       5を捨てて 

                                  2と2がくっ付いて1になる 4


                                                  し ・ ・ ・



                      だったら  その 1 に 両面同士

                           光 は  影 と 

                           + と   - に

                           陽 か  陰 か
                                            
                           流 く  留 く            
                                            
                           表 に  裏 も         
                                            
                           暖 い  冷 え                 
                                            
                       お     さ     な        じ    
                              
                             ん ~           み
                                            
                                           ?    

                                 で


                       に          ...       



                       ?     えっ    !


                             ? 
                                        ~ ~
                                       ん   ~
                                          ~
                                         ~
                                        ~
                                        ↓
                         ←  ・  ・  ・  ・  ・ 
                       7                  
                                        ? 


本音。 元彼は全員 魔法使いでもなんでもない。 工夫を思考に一瞬で廻らせる能力に長け、スーパーをつけたい程の秀でた人間だと、私が人生の中で尊敬する7人のうちの6人だと、Truth ! 本音で言える



I love the way to love makes shine by shine way I love and you love

Like the Light in the light is unvisible

Like the way the light hide in the light hideaway toach by the light.

I love you is under the Love by the love of the other Love of Love

is visible in the heart only  ...どう?








  the number Twelve 12 and 13 Thirteen


人間は5感を持つといわれている

心と脳の2つに精神と神経の2つ、感情に触れる精神と思想に携わる神経との繋がりは、きっと誰しもが生きている限り、実体験により理解できると思う。


HEART 心についての主5種の他に、秘めた力という第6感は誰しもが持っているもの

それは個々により相違する為、誰もがすんなりと表出せる5種感は言葉にできても、この6つ目のものは、秀でている才能であるが為に未知の力と種別できないが・・・

頭脳の中にも思想を行う主な5つに分けられるとは、心を読んで思い考えた?

頭脳の中には記憶という部分には過去をインプットし、勉強覚えることも習ったという過去のもので、想像という部分には未来を思い描いていること。
これらは、誰もが時間の流れにおける実体験や自己能力の限りに向ける意欲を、精神に伝達しようと試みている状態に、その先に心がかかわってくると、不安と期待の2つが人には現れ始めても、もう1つが心の中に生まれる。

これ

もう1つとは現状維持のままでいいと思う、2つへの放棄

けれど3つには、+1の余りである余地が必要なのは、人間 我自身を崩壊させない為の防衛本能が働く。
2つの単純分類の記憶と想像は、時間経過が必要であるものと必要ではないものと思想によりあり、想像を現実化させる創造への思考が働いても、放棄という部分はいつもその意欲の背中合わせに防衛しようとして影にある。

時間経過が必要な過去の記憶には、思い出っていったら、誰もが生きた過去を持っているならある

忘れられない強いインパクトでインプットされた思い出は、その時に働いた5感にインプットされやすく
例えば香りを嗅ぐと関係ない過去でも思い出したり、音を聞くと思い出して感情があふれたり、味覚で懐かしさを感じたりするといったら経験はあるだろう。

この時間には、12で分けた太陽暦というものと、13で分けた月陰暦と国や文化により過去では違う。


“ 時 ” と同じ様に、人には・・・ 

心の中に 5感+1=6つ
頭の中に 5考+1=6つ 

個人的にそれぞれ違うものを持っている+1を足すと、人間の中には12という大まかな構造がある。

12と13

何がもう1つ あるのかと、12+1の部分には、人間の想像上である、神話を例えに出してみると

太陽の神というのは、異違の個国文化発達でも、男を象徴していて
月の神とは、女神である女を象徴している。

この光と影に、反射の光という3つの異次元、1つの空間の中に光源の関係性をモチーフにしている。


12の太陽暦は 正確 それを感知しするとは人間誰しもが持っている本納に順応しやすい時の数え方で、バイオリズムに沿っているというより、社会適応のためのバイオリズムに順応しようと自らを動かす + のもので

13の陰暦では、天然のバイオリズム本能にそって、無理なく人を動かす暦一種は - ではない

心感6 頭脳6

もう一つの+1を人体で持つ分類の人間が、この世の中に大勢いるが

女に限定される、出産 または 妊娠 母体となった自分に起こるもう一つが増えると
それまでと違う感情と思考を、体感より育まれる
  

男が12の可能性の中に、正確さを単一脳で働かせられるが

女には13というもう一つが産まれる可能性を秘めているが

女性機能を失った人間には・・・・





                         さて?




では





13を持った後、失った人間には・・・







                        はて?











永遠に讃麓



とわ



永久の幾想




私の想い



My super-above Hero



Side : Dear,HERO






 G 私の永遠の理想の男






 ジュリ シーザー さま ♥



世界中に広がる貴方の名は、多呼に・・・

ジュリアスの名をもって、その本名を隠した Caez She's さま




  意味がわからね~~

  どうしてそんなに結婚したいんだ?

 

 マジで結婚したくない。結婚自体が時間拘束だと、わが道を行きたい自分には
 
 仕事Only 集中していたいと願ってすがりたい程、振り回されるのが嫌・・・

 時間が、マジで勿体無いっ!




彼女・・・


たった一人の女の子は

貴方の名の下に、蒼惑星の廻る時の数を人は数えて生きています。

地球を母として

月を女神として

太陽に神と・・・ ただ一人の男として





 その反面。 半分の気持ちはどうにかしてあげたい って思う私が心に居る

 でも・・・ ‘ 結婚 ’   これだけには・・・

 一人に決めないといけない法則には、誰もの気持ちを受け入れるのは不可能だ

 ヒーローを独り占めして拘束するのも・・・  嫌だ。

 


彼女は・・・



貴方のその名の通り、女は男の周りを廻る生き物

一人だけの男の存在に、公転の自心の苦悩を一人回り

己の心痛に翔ける時は、一人の神に仕えたもう・・・





 半分ね・・・

 女の子の気持ちに100%させてくれる、レディって思ってくれる レンと

 本物の女性機能を復活させた、私にとって奇跡の兆しをくれた クーと

 交互に過ごした年月を思い出して・・・

 その時に、心が恋に素直に落ちた人は・・・     倖一 くんなの





その一年



31の変わらぬ光、太陽を数えて

陰の月の廻りにならぬ、その一月と 12陽を13陰に




   あぁ・・・・



我が心 愛にさらわれた

7人のうちの No.1

シーザー様・・・

どうして12の時に分けたのでしょう






陽歴 12


太陽、神の灯明りの訪れに

一日の時の流れ12の昼日刻と12夜暗刻



陰暦 13


月、女神の満ち欠ける麗姿に

28の姿を自発光ならぬ女神を映す反射光

神の永遠なる光を映した姿は、母 蒼惑星の影


その影が翳らぬ日

満月の夜は、12に分けた一年の中に・・・ 18夜


12の時に

13の一つ多い 魔術と人は忌戒めを感じ

11の一つ少ない 魔法と人は奇跡を感じ


13の翳らぬ夜の訪れに、15夜と人が呼ぶ

13夜からの満月を15夜までの間、翳らぬ3夜



その時を、古代の人が目印として数えてきた月一三暦に

どうして一二の太陽暦を 月と名を残したままに・・・





7の月


8の月




人類の数える限界の時に、同じ31を数えさせる 二月(ふたつき)が並ぶ



その夏



12の夜




真夏の夜の夢は、初夏の十二夜続く 悪夢


熱に犯され浮かれた 狂気の始まる初夏の12夜



Die erste Walpurgisnacht



死へのワルツ 

Die Waltz と読まれる9楽章の名に想う


6人の妖精は・・・

一人の女の子の我侭だろう

その心に潜む 6感情の侭欲に姿を映して



破壊欲の妖精に


自愛欲の妖精に


独占欲の妖精に


逃亡欲の妖精に


内向欲の妖精に


. 外撃欲の妖精・・・





一人の女の子の心の中に、静かに潜んだ侭の夢の中での 開放 だろう




・・・幻



そうであったら・・・




その幻想の6人の妖精たち


Heart

心思に


Dream

想願に


Sympathy

心象に


Love

愛傷に


Sensitivity

感受に



一人の女の子の中で・・・




女の子が見る幻想は、5つのその先 第6感に触れる幻


幻と思えるなら・・・


どんなにいいだろう 




女の子の気持ちを誘い導きだす 天性秀でた My Hero

失った女性機能を 持ち合わせた天然で復活させてくれた My Hero

この狭間で・・・

恋に心が落ちた   私の本真  永遠の理想の... My Hero




幻として現れた姿に、一二の夜を数えて


満月の日に翳りなく消え失せる


その一三夜の時








光と影


+と-


陽と陰


流と留


表と裏


暖と冷




Positive + Negative -

鏡の様に、存在する 現実と幻想



願いは・・・

見えない マイナスの中に


成就に叶う現実 見える プラスの中に追求する闘争心は男だけのものではなくて


十二夜は・・・


プラス +



イコール =




現実に等しい・・・ 


それは、陰りの中


見えない闇夜の中


蒼惑星の影に隠蔽された新月の様に


その後ろ・・・


見える現実に向き合う時


その背後に隠す幻想の時





私のシーザー様たちは・・・


俺が神


神の見詰める想幻未来の背後に映る、現実






鏡の様な出来事





E と Ξ 似ているね




深く Deep 永遠の下 Dに・・・


煌く White 永遠の日 Eに・・・


9 と q も
癒く Polar 永遠の闇 Aに・・・


暗く Black 永遠の上 Bに・・・


涼く Icy 永遠の渇凍 Cに・・・




男の子の心中に、瞬く様な光と影 

素直に影りをみせ、率直さは攻撃的

攻撃的でも、番になろうとしている・・・  私が望む未来遂行に向け
 
                         心に隠し秘め無いそれは

                         生活時間共存の同棲 そのままの・・・  

                         

                         


_____ Twinkle Twinkle. . .


A B C D  




きらきら・・・

 



きらきらの輝きに・・・


小さな星の煌く、金銀砂子にも・・・

その空に浮かぶ ダイヤモンドのようですね



_____ Little Star . . .


  E F G
 


ひかる・・・




お星さまからの王子を想い・・・

5しき 5式の願い事は私の書いた心



キラキラだけの5つの評価の下は、F 小さな 

F=Failed 落第の

Friends Forever

2つの Fに




ダイヤモンドはまだ欲しくない




 
好きだからこそ・・・

 何をぶちまけてもいいは違う

好きだからこそ・・・

 全てを委ねるは重過ぎる

好きだからこそ・・・

 自分を構って欲しいは我儘

好きだからこそ・・・

 その為の、これ以上 心が壊れない様・・・ 



わかる?

貴方に人生があって、私を必要とすると私に説得する  ・・それ

私にも私の人生がある事を、好きなら心に刻んで欲しい


 
a marriage.... engage を経てってそうじゃないのかな?






D=1
E=5
A=3
B=1
C=2

1+5+3+1+2=12
1-5-3-1-2= -8
1x5x3x1x2=30
1/5/3/1/2=0.03

Fue nacido10/05
2:13 numero1&5 + Duce 0
Doble nada 00 de

F=∞ 
as Infinity




_____ How I . . . wonder


    H  I . . .



どう私は、思い描く・・・


この5式の未知を、己の未来を6人の 

よ う せ い 


に・・・











光と影


+と-


陽と陰


流と留


表と裏


暖と冷




Positive + Negative -

鏡の様に、存在する 現実と幻想



願いは・・・

見えない マイナスの中に



ただ1つだけのNegativeを

十二の真夏の夜に



6つのようせい Positive 陽性は

+ =

夜翳にその姿を隠して



心の中に潜む6感情は、ただ一人の女の子の我侭だろうか




“ 俺が神 ” 



自分自身が神と思う、行動力を誇り名誉を世間の栄冠に保つ為に、また自ら動く

現実は - の中に

理想の + を心に


それには・・・

私も、同じ・・・


ひと ひとり ひとり のうある シコウ だれもが おなじ 



それには・・・


私と、同じ


己が神と崇める自分の世界

現実は 神にとって ネガティブな命勢時流

人として生きる為の社会への融解

己が神と自分自身への崇拝精神

未来未知構想の理想郷が神の望む世界だろう



誰もが・・・



己が神と念ずる心に進捗する1人ひとり

プラスを心に潜めた影

闇夜に隠れた月は、神と崇める太陽に映された 蒼惑星の全ての影

自らの背後に見えない ポジティブ

背後に感じ信念を貫続する強念は、強靭な狂気原動力と同じ震撼を

このただ1つの心の中に持てば、理想幻想を現実に引き出すパワー



誰もが・・・


マイナス - 現実ヒト生活の中に


誰もが


プラス + 神々の理想世界に没逃考亡

とうぼう 逃亡とは・・・

とうぼう 逃望だろう




6 Emotions = 6 Fairies
Destroy=Doodle

ただ一人の、女の子の我侭な6感情種
Destiny=Dabbler
Daddy=Daffy
Derdor=Deride

いや・・・

Dude=Daredevil
Duch=Distant

一人歩きしだした、1になる前

Developed Dreams


彼らこそ、自分が主役主義




願希


『 NO 』


理想


夢そ
『 Hahaha. . . 』 膨み


願望



『 Yeah 』


眺望


惹見可能な
現実の


続膨ゆ往く実現力




破壊欲の心侭は 陽気の裏に潜めた心情


自愛欲の心侭は 道楽の裏に潜めた耶髄


独占欲の心侭は 慎愚の裏に潜めた闇真


逃亡欲の心侭は 嘲笑の裏に潜めた遙離


内向欲の心侭は 挑戦の裏に潜めた霧無


外撃欲の心侭は 光輝の裏に潜めた遠貴




_____ How I Wonder. . .


   H  I  J  K





親愛なる

Dear Julii Caeser



貴方のJ に・・・ 

どれだけ、I may have to WONDER 想い描くおぼろげな後ろ



_____ What you are . . .


  彼方は・・・




JULII


貴方の本呼 2つのI の重なる本当の名に

貴方の愛呼 Julius  US 私たちと姿を代えて・・・





JULII


1 始めが重なる偶然に 掛かる魔法のその時

11の魔法に

Mid Nightに解けない魔法は、望幻夢未来の実現




JULII

ジュリ・・・






ジュリ


じゅっち


あんじゅ


Angel


Angie


Juju






『 WILL YOU MARRY ME  』


結婚して




So strongly ... in the ♥

その HEART

strong-minded

意思表示は・・・


頑固に強く





アイ・・・




        ・・・ 私





    あい


会い で・・・




『 ジュリ 会った時から好きだった 』


Destroy=Doodle
破壊欲を陽気の影牢に


遇い で・・・


『 じゅっち 運命を感じる遇い 』


Destiny=Dabbler 
自愛欲を霧耶の影牢に


逢い で・・・


『 あんじゅ 人生に逢えてよかった 』


Daddy=Daffy
独占欲を愚望の影牢に


遭い で・・・


『 Angel 街中での遭遇を喜ばしく 』 


Derdor=Deride
逃亡欲を嘲笑の影牢に


合い で・・・


『 Angue 君のスケジュールに合わせて 』


Dude=Daredevil
内向欲を挑戦の影牢に


哀い で・・・


『 じゅじゅ 哀れ思うなら一緒に死んで 』  


Duch=Distant
外撃欲を光貴の影牢に



・・・曖



Developed Dreams

ぼんやりと広がり行く幻想を



その曖昧な 蒼と藍の境目

海と空の蒼の境目の様・・・






あんじゅ・・・

一生一緒に居て



Angel・・・

妻って言わせて



じゅっち・・・

永遠になりたい



ジュリ・・・

一生分の愛を



Angue・・・

ずっと一緒だよ



Juju・・・


どうか俺の側で






俺と手を繋いだだろ
俺とは運命なんだよ
俺にはお前だけだろ
俺が離れないからな
俺は逃れば追う性質
俺は死を覚悟できる



それは俺が神だから ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 







愛か・・・


『 わからない 』



5式の+ Positive

6感に足りない1つの-Negative

6人の妖精に十二の夜と一三月夜


魔術の13に

魔法の11に

魔法が解けるはずのMidnight12

その時・・・



My eternally ∞ super Hero




私のJULⅡ 

憧れのシーザー様





2つの アイ か・・・

How I 重なる I の私

Infinity 永久の空への広がりと

Forever 永遠の時への永さに


                     I  F 
                    も し も ・ ・ ・ ・ 


I 自分 


己同士、神と思想し独訴する固体生命の魂中に、翳り潜める姿


I 2つのIが重なる 鏡の様に・・・・ 




あい・・・

JUL
7月 7/19


それへ ・


2日の 時 

 
こうえいに 

17の月
10:05 を 


おもう・・・




会い  その後影

遇い  その公影

逢い  その高影

遭い  その鋼影

合い  その香影

哀い  その攻影





Dull 面白くもなんともない

おぼろげな・・・


Duel 向き合い睨み合い

決闘する・・・


Deal 手を打つ厳取引はいつも

+と-の2ways







I LOVE YOU


結婚して





正しい事しか許せない彼らの性格は、正義感以外の何でもないと思う




その心の透明感に
 



正論を貫きたい意志の強さに、彼らの本質を思う。


true

pure




純粋な心のまま大人になって、擦れたり捻くれたり反発したりして、生まれてきた状況下に向けた反抗を抱いていた。

私が出会った時にはすでに始まっている・・・

反抗期の静かな反抗は、無言で家を飛び出す 

一人で実社会に揉まれる事の方が、温々と安定した家庭環境よりもよく見えるのは、享有個性格の中にある正義感から湧き熾るその、生理的に受け付けないと一般的な言葉にすると違う。

背負ったものが自己の思い描く夢未来には離れた岐路先の風景に、目を奪われるような絶景でも興味が向かないだけ。

誰もが向かいたくなる様な絶景の彼方に、足元を見ずその絶景だけを見て進むのは怖き事だと気づける。

それでも正義感の塊を精神に持って産まれた性格には、反する事に罪悪感を抱く・・・




   ごめん・・・




心の中の謝罪はいつも密か




I 2つの ‘ I ’が重なる 鏡の向こう・・・ 
. I



それへ

光栄に

おもう







Dull 面白くもなんともない

おぼろげな・・・


Duel 向き合い睨み合い

決闘する・・・


Deal 手を打つ厳取引はいつも

+と-の2ways








『 I LOVE YOU 』




結婚して





『 ありがとう嬉しい 』




俺が神




神々の彼ら

彼方の1番





『 とても、こうえい です 』




マジ?・・・


・・・マジか?




さぁ?




unvisiblly


わ 
 ら 
な い  
は 
 え な 
い  



unknown



my ♡   空へと


      だ 
        か ら 
          ?


からだを重ねても、虚しさも愛しさも何も感じない 

快感だけを お互い同時に楽し愉し 時を共有しているって感じるだけの  心中は・・・


             



・・うふふ 

こうえいは・・・

マジ本心

この言葉の影






I ・・・


私・・・


誰と・・・


US ・・・


私達と・・・


I I アイを重ね






私・・・

誰とも幻想未来を想像できない





愛が・・・





I LOVE YOU





解らないよ



2つの|が重なる ‘ 時 ’


1st_friend_will2.jpg 1st_friend_nick2.jpg1st_friend_mick2.jpg


Side : from BOYS


1st_friend_alex2.jpg 1st_friend_eddie2.jpg 1st_friend_zack2.jpg




11は魔法の数字 

一り 2waysの始り







LOVE in HEART


heart ON love








愛を、している人へ












あ い そ れ へ こ う え い に お も う











 

- Like in Polar Night -


極夜の様に、24時永に明けない闇
それは                           実世界
光が入らぬだけの昼間であって
確実な                           状況下                          
永久の夜だけではない、日昼の存在

D ark cleidoic night




奥深 は 正面




闇に封鎖された世界には

瞬く反射は 永遠に 時 続く




LOVE in HEART

この愛 心のなかに









鏡の様に熾る同じ様な出来事が それぞれに重なる

幻として現れた姿に、一二の夜を数えて

満月の日に翳りなく消え失せる

その一三夜の大きく煌々と照らす影の無い姿・・・

表に見せる 麗しい姿 背を向けた裏側に感じても




光と影   +と-   陽と陰   流と留   表と裏   暖と冷



Positive + Negative -

鏡の様に、存在する 現実と幻想




I 私の

II 私達へ


12の魔法が解けた後の現実へ


願いは・・・

見えない マイナスの幻



きっと もうギリ

限界・・・





あいが わたし わからないよ





頭の中に浮かぶたくさんの事は

頭の中にすごい速さで廻り出し

頭の中を混乱させるだけ・・・






幻が見えたとしても、幻想未来を現実には

確定して誰とも、思い浮かばない





鏡の向こうに 違う世界が広がっていると・・・




思い描いた私生の一は、幽体離脱した後の2つの時



鏡の世界は・・・

無きにしろ在らず



それから22年経った24に、その感覚が胸の中でジンジンと震え沸く

自分の脳の輪切りCT画像を見た幼い頃、自分の頭の中がどうなっているか

ただの、 標準  ・・・その生命体である人間のもの。

標準見本である私の生れた時のサイズ。

私が生まれた運命の破壊と創造の日は、全てを蒼影に隠した新月のMidnight真夜中

私が産まれる筈だった3/12の新月よりも、1つ少ない月齢の12夜時間





Lunarage 12.1=13th night
13夜の月輝は、15夜の満月よりも眩しく



自らの意思に、一月ひとつき前を選んで産まれた自分か

標準サイズで生まれた自分の成長速度も

標準のその部分を中心基準値として定める平均ならば

標準以上 それ以上ではなく・・・

測定不能 その無限の可能性を自分に




数字 いらない・・・

数字 出ない・・・・




答えのある数学は、無限の可能性の広がりを制限して

まっとうな答えとして人に伝えれば、狂人に思われないから



知能や体力

年齢に適した標準と定められたボーダー数字に

どれだけヒトとしての生命生物価値を決められているかの様

数字で表して目に見える個人評価に

数字で現して目で感じる才間経過に



生きる為の時間の幅を・・・

数字の感覚に人生限界の時間を感覚に植えつけられている。



その時間基準

定めた我が愛しの・・・ JULII Caeser



私と同じ日に産まれる筈だった、Dから始まる愛呼の一人

月齢8.8

昼と夜と同じ12時間ずつの日

春の訪れと・・・ Die Waltz 真夏の夜の夢

死へのワルツ9楽章 

9日遅れで、自ら生まれた ただ一人の年下との8歳での出逢い 一(はじま)り




『 煙草?そうだな・・・
  気づいたら吸ってたな・・・
  9歳には自販機で普通に自分で買ってたか 』



  普通・・・

                                            そうか・・・


 標準・・・

                                            そうか・・・




中心は、2次元の線状と、人は物事を捉え決める

そのボーダーの呼び名が 標準 で・・・



中心は、3次元の空間核として、広がりを馳せる

その真中心に自己を置く 普通 で・・・




誰しもがこの感覚を持つ

1本線を思い描いたら、縦横どちらか個人差はある
その線の真中、そこが標準値と定める定規

どれだけ長い定規かは、個人個人それぞれだろう。

己を中心として、個人脳内に他人優劣を自分で測る。


では・・・

縦横無尽放射線状に、中心から光を放つ様に思い描いたら
空間の核中心、その己の存在

広がる空間の中に感じ触れる距離と、触れない距離に
普通か、理想か、想像か、目標か、夢偶かと

現実と幻想に、広がりを感じるだろう。




普通?・・・




無限のInfinity 8 その向こうに・・・


限界を2つ超えた数字 9に安心を人は覚える


もう、その時は過ぎたと・・・


あと1つ そして そのまた1つ先に掛かる永遠の魔法に


無意識に期待を膨らませ、人が目指しだす




頭の中に浮かぶたくさんの事は

頭の中にすごい速さで廻り出し

頭の中を混乱させる要因だけだ


数字 要らない・・・

数字 出ない方がいい

数字に色が染いて廻る




9がつね・・・

September 9





わたしのあたまのなかとこころ


  アイ が・・・

  わからないよ



きっと もうギリ限界・・・

自愛主義者の自分には・・・

他人を構う 義理だとしたら


罪を犯した者が、法に裁かれぬ様な罪であっても

心の中に残り続ける 記憶 その事が処罰

一生涯 頭の脳中に記憶として言葉に出来る感覚に

心 第二の脳である心毛に想記憶の感覚に震え出す

一生涯その事について、十字架を背負って生きる消えない傷跡



反省して二度としないと自分の中で、浄化させられる気持ちが興るものであれば
軽犯罪と、軽いものだと頭も心も認知して

反省は・・・ 自分への 刑罰の執行

執行猶予は、それぞれだろう・・・



SO LONG


さようなら



その時が来たのか・・・・



『 結婚して 』


俺と   俺と   俺と


俺と   俺と


俺と







Please Will You Marry Me


 



The time goes as never stopped by own decision as of own judges or by the another

時は刻々と死に向かい動いている中、線上の二次元の人生経過時間に想う

自己判決の決断か それとも他に・・・

For Owning owe

自分で作った罪ならば、処罰されるのは自分の心中で償いを向け



Blue Marble

自己を中心とした3次元の空間

普通に基準はない 自らが0地点



地について居れば・・・ 自分の普通に居られれば

何も心に波風立たず、穏便な時間が線上に流れ行く



地についていれば生命は生きていられる

空間の中心に自分を置いていられれば、私侭生きていられる


地についていれば幻想の瞬きに目を向けて

果てしなく広がる空の彼方に、綺麗だねと想いを馳せて憧幻を 


_____ Like the Diamond in the sky. . .

   おそらに浮かぶダイヤモンドのようですね



永久と時を永さに無限空間に広げて

永遠と絆を永さに引力で内に引き寄せ

魂の入っただけの殻であると思う私の核心に

核心である魂との出逢いに心撼したと言われ



では・・・

この抜け殻に入るだけの魂であるなら

魂の入っただけの私の抜け殻のDnA

どうしてこの遺伝子との繋りが必要か




てん に近い場所に自らを置け・・・




A I が・・・



真夏の夜の夢のなか 6人の妖精が巡る

満月を待たずに消える夢に・・・

影の晴れる月齢に、9楽章の全てのタイトルに思う



_____ Twinkle Twinkle Little. . .
 

きら きら ひか る

A B C D E F


6人 の・・・ 





ジュリ    あんじゅ   じゅっち


Juju     Angel     Angie





君の中で俺が1番

だって・・・

俺の中で君が1番

だから・・・





ぼんやりと広がりゆく 幻想・・・   
いく とは・・・

性感に重なる

目前に目指し 往く か
死を心に感じ 逝く か

生物にとって死と引き換えの行為


空と海の蒼い境目の様に、判らないもので

きらきら輝く光の1本の水平線を、真ん中と捉え

水平線を中心点とした、頭上高き空に、足元以下の海に

広がる空間は、未知の 死へ・・・




『 あんじゅ、いっしょういっしょだよ 』


一生、俺と一緒にいて

心から愛していると言える




尚ちゃん・・・

大好きだよ


My A  初めての恋人

永遠の極夜の影に姿をお互い潜めて付き合って
3.3
3/21=12CEH6:28

心の傷は、一生癒えない感傷だろう


天とは、Heaven天国に近い 心の居場所


Heaven 1ばん近い 孤高の山頂に、貴方の人生を思う・・・




『 Angel 妻って言わせて 』


My bloody Angel
くそったれの天使

My Love so long




タイラ・・・

大好きだよ


My B  2ばん目の恋人

光源の届かない漆黒夜に姿をお互い潜めて付き合って
4.1
12/25=7YAXKIN3:41

心朋と、一瞬で惹かれ合った心感を刻まれた


天とは、Heaven天国に近い 心の居場所


Heaven 1ばん近い 暗闇の洞窟に、貴方の人生を思う・・・




『 じゅっち 永遠になりたい 』


運命だとしか思えない

2度の同じに 2度と離れたくない




秀くん・・・

大好きだよ


My C 3ばん目の恋人

灼乾と凍結に繋りをお互い潜めて付き合って
5.2
11/11=5TZEC2:31

心の慣性は、同じ感性を陥穽お互い閉じ込めて


天とは、Heaven天国に近い 心の居場所


Heaven 1ばん近い 飢湿の砂漠に、貴方の人生を思う・・・




『 ジュリ 一生分の愛を・・・ 』


何度でも言う

I Love You




クー・・・

大好きだよ


My D 4ばん目の恋人

深々と新進の狭間へ、心身をお互い潜めて付き合って
1.1
10/5=4ZOIZ2:13

心の中に、底なく落ちる不安だろう


天とは、Heaven天国に近い 心の居場所


Heaven 1ばん近い 深寒の海底に、貴方の人生を思う・・・




『 Angue ずっと一緒だよ 』


君に仕える

この愛と共に




レイノ・・・

大好きだよ


My E 5ばん目の恋人

煌輝の表と支柱の裏に、お互い潜めて付き合って
2.5
10/5=4ZOIZ2:13

甘く麗しい世界に閉じ込められる、恐怖すらも共に


天とは、Heaven天国に近い 心の居場所


Heaven 1ばん近い 優美な島陸に、貴方の人生を思う・・・


同じ生れの二人に

鏡の様だといつも

照らし合わせされ




『 Juju どうか俺の側で 』


蒼い惑星線を二人の思い出の中に

Angel of Hue is Blue of my bloods
憂いの蒼は心に痣として残るほど




倖くん・・・

大好きだよ


My F 6ばん目の恋人

『 俺を、君の最後の男に 』


付き合いを陰に隠さなくても、何も影響ない安心感と
∞1
9/9=2UO12:21

Unvisible Unknown . . . Phoebe 
異世界の未知未来に、想像したら幻かと不安が渦巻く


o P q r s t U . . ._______

what. . .
YOU ARE. up above sky is HIGH


You are High 彼方はとても高い場所に

3次元の中心から煌きが見えるだけで

手に届かない存在の様で・・・


永久 Infinity  永遠 Forever に、未知数の限界を超える

想像 Imaging’e

幻想 Fantasy Figment だと私の脳核が出す答えを脳裏に映写機のように映し出す



もしも IF ・・・


苦しく悩み胸を痛めることが事実なら、現実として永久に残る歴史の中に

心が感知出来るまでの覚悟か・・・


天とは、Heaven天国に近い 心の居場所

Heaven 1ばん近い、貴方の人生を思う・・・



隠し通す念頭が働く事も事実なら、現実として実刑執行の捕囚牢人生かと

頭が認知出来るまでの限界を・・・



覚悟して





・・・曖



Developed Dreams

ぼんやりと広がり行く幻想を



その曖昧な 蒼と藍の境目

海と空の蒼の境目の様・・・




                 .... my Super Above my hero
                                      of mine









『 あんじゅ、一生一緒に居て 』


尚ちゃん 

No.1 friend for sho
俺にはお前だけだろ







『 Angel.妻って言わせて 』


タイラ 

No.1 friend for Tayler
俺は逃れば追う性質








『 じゅっち、永遠になりたい 』


秀くん 

No.1 friend for Hide
俺とは運命なんだよ







『 ジュリ、一生分の愛を 』


クー  

No.1 friend for Coo
俺と手を繋いだだろ








『 Angie.ずっと一緒だよ 』


レイノ 

No.1 friend for Reno
俺が離れないからな







『 Juju.どうか俺の側で 』


倖くん 

No.1 friend for You
俺は死を覚悟できる







結婚は、飛び込み自殺の様だと

彼方のそれぞれのリアル世界に想う

彼等のリアルに飛び込んで、自己欲侭を消す生で

自ら墓に潜り込み、じわじわ息絶るのを待つ死了


= イコール・・・



それは俺が神だから



毎日が満月に照らされている 12の夜

Bloody に一まって Pinkyに愛らしく Greeney に変わる
Blackyな影は幻現の様に Whiteyが常でも EcripseyにSexyな対照が

13夜目には・・・


そう・・・

こうえい だよ





一人ぼっちで自分を考える


そこで生きるか


死ぬ覚悟があるなら、考えないだろう


もしも・・・


自殺を考えるなら、死に生る その意を心志と核心に換殖を臨もう


心 

闇に包む底核は Cleidoic   まだ外殻に包まれた孵化前の卵志



愛か・・・


どうしても 私
 


『 わからない 』





5式の+ Positive

6感に足りない1つの-Negative

6人の妖精に十二の夜と一三月夜



きらきら・・・
 
ひかる・・・


A B C D E F



お星さまからの王子を想い・・・

5しき 5式の願情は私の心に描かれる未知

数字に色を感じる 5色の願いに、もう1つ

第6感の未知世実は、透き通って見えなくて

キラキラだけの5つの先に 無色透明の未知を想う 



_____ How I . . . wonder



    H  I . . .



どう私は、思い描く・・・


この5式の未知を、己の未来を6人の 

よ う せ い 

に・・・











光と影




+と-




陽と陰




流と留




表と裏




暖と冷




Positive + Negative -

鏡の様に、存在する 現実と幻想



願いは・・・

見えない マイナスの中に



ただ1つだけのNegativeを

十二の真夏の夜に



6つのようせい Positive 陽性は

+ =

夜翳にその姿を隠して



心の中に潜む6感情は、ただ一人の女の子の我侭だろうか




“ 俺が神 ” 



自分自身が神と思う、行動力を誇り名誉を世間の栄冠に保つ為に、また自ら動く

現実は - の中に

理想の + を心に



彼らの表と裏の本心に 光と影のリアルに +と-の人生永間に

 

頭の中に浮かぶたくさんの事は

頭の中にすごい速さで廻り出し

頭の中を混乱させる精神の渦嵐

頭の中の混雑は心感情乱入の如



真夏の世の夢


真夏の夜の・・・ 悪夢 だろう

私の出会った運命だったと思うより、運命として神生に定められていた永自暦に

人生の線上を流れているだけだろう


妖精に恋をする女の子が見た幻、その夜の夢は・・・

自分に潜む侭欲と意識と感性の数

妖精の数はそれぞれの感性種

鏡のように浮かび見える、心の中

闇と見えなく包み隠して、大人になる・・・

鏡のように浮かび見える反対側に 反対の夢幻を重ね

真夏から始まった運命に、千歳永久の千日一日に千夜一夜

真夏の始まりは月陰暦閏一千日と1000の太陽を数え 2年213日目の始まり

12Midnight を中心とした線上に、カレンダーが存在する23:55から24:06

魔法の解けない5分と魔法の解けた6分の11分の中に、日が変わる


 

その日が満月の影の映らない 年


わたしが18歳のときにおもう


22ねんのさいげつに こごえでつたえたWぴーす


まなつのはじまり 8がつ1にちの満月が・・・


新月の運命の破壊と創造産まれの私に鏡の様に頭に巡る


未来の未知に 血塗られたスーパームーンの訪れを4歳の私は感じていたのか






鏡を見て、鏡の向こうの自分に問いかけた





真夏の夜の世は・・・ 夢 霧 無 かと


幻であったらいい


5式の第6感に・・・




千日夜一の命歳

過ぎた自時を数え、私の人生千日目




_____ きらきらひかる

    お空の星よ・・・



Twinkle twinkle little star

            A B C D E F
                        ... G

How I wonder. . .
  

H I J K . . .   What you are



誰?・・・





空に輝く数億個の数え切れない瞬きに


光と影が交互に見える


6にんの現れた妖精は、夢ではなく

この夢の続きだったのか・・・



初めて自分の抜け殻姿を空中から見て

魂だけが抜けたのか

おとぎの王の召使に追われ、上った階段の途中

雲の下で呼ばれて立ち止まった自分




『 Angel 』




母が呼んだ自分の名前に、私は空から また・・・ 戻った

その時、78/9/10 

7 8 9 10 この自分 1千日目 半月夜


6の先の・・・ 11まで・・・



蒼いお目目のお祖父ちゃんのお家で見た、生後7日の私

鍵を挿して、止まった時が動き出した 数字の6

大きな振り子時計が直ぐに、2つの時を鳴らし始めた

あの音・・・




私、生きてる




命がまた始まった


時を刻む時計の音に、1秒1秒刻々と進む音に思った 産まれて7日目

新月に産まれた自分は、闇夜の真夜中に・・・

蒼惑星の影に包まれた時から始まった命生時瞬間



_____ How I wonder. . .


H I J K 

  8 9 10 11



生死の境から・・・ 


もう一度


瞬き始めた自分の人生


きらきらひかる・・・





光           影
+           -
陽           陰
流           留
表           裏
暖           冷



Positive + Negative -


鏡の様に、存在する 現実と幻想




人生に興り得る未知の可能性は、2ways

良くも 悪くも 

その地点が中心として考えたら、その中心地点は考えるべき地点でなく

その地点よりも先に見通す未来自時事を、多方向Multi-Waysに考え、枝葉を広げなければ対処できない・・・

不安が湧き上がる




よくも   わるくも


どちらが自分にとっていいかとは、己の好みによるもので

人が見て、いいかわるいか判断を下されるものではない、自人生

自分の頭が乱雑に掻き乱されるのを嫌う精神の中

ショックに死を引き起こす 術を自分に得る事が出来た 私




 そうだ・・・


 自殺なんて 簡単




自分を抜け殻から外す幽体離脱の術が、自分を殺す手筈の1つ

逝きたいと願う

生きたいと願う

2つの境目は、空の天辺と海の底辺の境目の様に、見分けがつかなくて

境目に輝く光の細線が、ただ1つの人生を渉るようかと



“ 自分が神 ” 



自分自身が神と思う、行動力を誇り名誉を世間の栄冠に保つ為に、また自ら動く

現実は - の中に

理想の + を心に



自分の表と裏の本心に 光と影のリアルに +と-の人生永間に

 

頭の中に浮かぶたくさんの事は

頭の中にすごい速さで廻り出し

頭の中を混乱させる精神の渦嵐

頭の中の混雑は心感情乱入の如

頭の中に巡るマルチウェイ方向

3次元の空間を思い浮かべたら

中心核の自分は光源核が為に動




真夏の世の夢


真夏の夜の悪夢 



6人の妖精が夢に現れる 12夜は・・・

愛しさに幻の夢無限の陽炎をかぶせた霧現の幻覚か

いやただの錯覚・・・   悪夢以外の何でもない

我侭欲を自分に戒める 反対の影にその自分が顰闇から這い上がってくるだけ


誰もがその時を 理性形成への反抗時に起こす




私の出会った運命だったと思うより、運命として神生に定められていた永自暦に

人生の線上を流れているだけだろう



その夜の夢は・・・

自分に潜む侭欲と意識と感性の数



鏡のように浮かび見える、心の中

闇と見えなく包み隠して、死を選んだ私の千一夜



鏡のように浮かび見える反対側に 反対の夢幻を重ね

真夏から始まった運命に、千歳永久の千日一日に千夜一夜

真夏の始まりは月陰暦閏一千日と1000の太陽を数え 2年213日目の始まり

12Midnight を中心とした線上に、カレンダーが存在する23:55から24:06

魔法の解けない5分と魔法の解けた6分の11分の中に、日が変わる


 
その日が満月の影の映らない 年

わたしが18歳のときにおもう



鏡を見て、鏡の向こうの自分に問いかけた 幼き自分




鏡の世界は・・・


あるだろう









お母さん





生んでくれて





ありがとう




Dear Mom. . .




ダブルピースの 2つの11

魔法は鏡の様だと感じる出来事が、18以降に重なった



この世に私を産んでくれた母へ


この愛情は、貴女だけに贈る感謝のもの

恋愛のそれと違う愛は、永遠に・・・



もっともっと永久の彼方

手を伸ばしても処すら判らない時空の先で

目を向けても瞬きすら見えない時空の何処か



宿命と名を代えた、魂の命生歳の始まり

運命と未知を決められた様な、自創作の生き様を



人は生まれると死に向かって時が流れる

刻々と死へ向かう人生に、命尊く幸に笑み

死の間際に思い出す思い出に、微笑が浮かぶよう 



そう願う事は、奇人の考え方なのか


きっと もうギリ限界・・・

頭の中にMulti Waysの思想が

多種多様に浮き転り廻り落ち

形も色も音も質も素も温度も

頭が割れそうな痛みを伴う様で

心を吹き荒らす竜巻が上る様で






破自独逃内外
壊愛占亡向撃
しぬとおもう

程に・・・

こわれそうだ




お母さん・・・

私を生んでくれて

ありがとう



きっと、誰もがそうだとは

大切にお腹の中で育てられた時に

この容姿と共に、心もお腹の中で創育された



Blooming started depart without bloomer

生時の一りは、花咲くように開き始め

I have confidence to be tough

自ら死を選ぶ思想はない強人の自信まで

Because I am yours and your loved one’s

貴女と貴女の愛した人との間の子である自信があるなら


My journey home is never get doest-ending

迎春の祖帰 心惜しむほどに寄せる想い 心を旅向け

咲き誇る人生に終わりなく 世界で咲き続けられる様に



Dear Mom

この心を創った貴女




おかあさん・・・

わたしをこの世にうんでくれて

どうも ありがとうございます





止まり無き 人生の刻時に

生後7日目の私が見たこの世の光景

ほぼ白黒の、色の無い空の風景

風に揺れた柿の枯葉が、葉のない枝から落ちていた

時の止まった大きな時計が、時を刻みだした鍵の音

2つ鳴った時計の音と、カチカチと聞こえた秒針に



あぁ・・・ 

命が始まった



そう思った自分が、止まりなき 生命 処とは

処刑に処罰に場所の執行処

流れ廻り続ける この人生の時こそが

魂核心への処罰であると、千代千歳に思う

もっともっと永久の彼方・・・

手を伸ばしても処すら判らない時空の先で

目を向けても瞬きすら見えない時空の何処か

宿命と名を代えた、魂の命生歳の始まり

運命と未知を決められた様な、自創作の生き様か・・・




鏡の中の自分を見つめ

向こう側に何が起きているのか

考えた幼き自分


抜け殻だと自分の姿に、鼻を触り手を見詰め

鏡中の自分を見てはなく、視界に見える鼻先に舌先に、体を見て

手をお腹を足を、つま先を動かして

冷たい鏡に両手を突いて・・・

大きな姿見を、倒して割った私



父も母も鏡の下敷きになった私を見て、血まみれになった私に駆け寄った。

私は、泣かなかった

私は、笑った・・・



薄っぺら

 

鏡の中が、薄っぺらなものであったのか

一瞬にして、世界が異次元に移ったのか

ただ、思ったのは・・・



現実社会は

空間の存在 



裏の社会は

薄っぺらだ
 
 


命の始まりは、魂核心の処罰場で刑執行所

人生自体・・・ 



思いこそ、心の中に忘れえぬ





なぁ・・・ 
思想家って どうやって成る



・・思想の中



私の想いは・・・

心の中に 永久に残って欲しいと願う 思いに

心の中の 永遠に消えない罪からの釈放が欲しい 願い



2つの想いは・・・

混ざる様で交ざらない



空と海の蒼の境目が見えずとも、混じる事ない水と気に

境目に輝く線上の人生のようで、深下の惑星核も 遙上の外宙空も死の永世界





空 と 海 

蒼 の 境


見せてくれた2人



色々な事が頭の中を廻り出し

思想の燃え続けた煙の果ては

濃煙の向こうに見得無く様に

それを未知と一言葉で片付け

それは自己思想からの逃亡也

頭の混乱は精神を脅かす恐怖

恐怖に不安を感じ心閉ざした



アイが・・・・

・・私 


 I  には


解らない    





How I Wonder 

おそらの・・・






Heart IN my Grave

           心を残し 昇帰 消えるか・・・

                   この心臓を抉り取って、石棺上に差し出す 生贄か



My heart ON my grave

           生物の生動 命の源を自ら入る石棺の上に置く覚悟・・・

                    心想憾を墓石に残して立ち去った

My heart as my Gracey....




So do I


I am not creed 信じる要素をその場に置いて来たこの精神

神を信じる暇なんて何処にもない この人生は SO Creepyぃぃ・・・・






  『 What's ? JULI  』

  


鏡のように重なる様な、出来事がある。



二人ずつ



それは


クーと尚ちゃんに同じ時にプロポーズを受けた・・・ ‘時’ から始まったわけではなく















- L ike on White Night -




白夜の様に、24時久、陰りなく

背後に影を落とす光中では

動き続ける傾きは円く、長短影を地上に移す

常に見えるだけで真夜中の時間は存在する

the LIGHT




heart ON love


心の上に愛を包み










鏡のように重なる様な、出来事がある。



二人ずつに・・・





クーと尚ちゃんに同じ時にプロポーズを受けた、観光客もたくさんいるコンコルドの側、パリ。
次の日は日本に帰り、空港から直接リハーサルに向かい、次の日には日本を発った。
NYに帰ってきてけっこう直ぐの数日後、自分のマネージャーであるレイノに事務所を1年以内に辞めたい旨を伝えた。

その後講師の為にロンドンに帰り、タイラと同棲している自分の部屋での滞在時間は、1時間もなかった。

学校帰りのその足で飛び乗ったNYに帰る飛行機の中で、数日の移動三昧の忙しさからちょっと間を空けられると思った。
座ったとたんフッと一瞬安心したか・・・
短いため息を吐いたら考えたまま固まった様に止まり、ずっと構成に振り付けにと頭の中に面白い具合に浮かんできていた。
書いたりしなくてもインプットできるほど、多多々種の積み重なった美術仕事が思い浮かぶ。
それも音楽まで多重に聞こえてくる。 これはいつも、ものすごい速いテンポで気が狂いそうだったのに、この時は振り付けと構成が同時に思いつき続き、とても精神は落ち着いていて動かないままフライトの半分以上の時を過ごしていたと気づくのに・・・
目的地に着く2時間前に灯される、室内ライトが点いて気づいた。

頭の中に尚ちゃんの曲が流れる時もある。

そうすると、結婚についても、尚ちゃんのうつ病についても、クーの気持ちも考えた。

でも結婚を考えた事は、できちゃった17歳の時以来なく

は? 結婚!? マジ? 
そういえば、そんな人生模様イベント、人間にはあったな・・・。  そんな風に思い出すほど。

全くもって甚だしい。 この今 “ 夢を夢のままで終わらせないのが夢だ ” 人生が破壊王と自愛王に狂わされラー・・・


  ぶるぶる

  SOOOO FEAR   おぉ~・・ my GODDess !  後っDeath! だからっ!


そんな未来の先 “ 後 ” を一瞬過ぎりそうでも、全く通過もしない。

通過した?・・・

してないだろ。  

その前の線路は面白い具合にたくさんの路線が到着して見えないし。
仕事の方が7個ぐらい面白いように見えていた自分。


ロンドンで目にしたタイラとの生活痕に、NYに帰ったらタイラと秀くんとの仕事も有ると考えていて、クーと尚ちゃんからの同時プロポーズの事を考えたら、秀くんに舞台上でされた事も思い出す。

その秀くんが直ぐに知った、尚ちゃんからのマジのプロポーズに、クーもだって気持ちも・・・
それでも、彼らと友達関係が崩れる事はなかった。


秀くんには、運命だと、自信があったのだろうか・・・



様々な事が1年の中にあり、尚ちゃんのマネージャーから言われた事もあり、尚ちゃんのうつ病に安心を与える為に、日本滞在中は尚ちゃんとの同棲&療養 この2Waysに時と共になったマンションに帰る事にしていた。

実家に足を運ぶのは、用入りの時のみ。

  それだけは許す。

尚ちゃんが皇帝法令をシーザー好きの私のつぼをついて出す。 それもなんか男らしい。


でも、覚悟は・・・


人生を変える 転機


それ私だけではなく


男の子たちにも


だって元彼。

友達として仕事仲間としてって感覚。
子供のころから男の子の友達が多かった私にしたら、男の子にない子宮ヒステリー的な衝動長引き続くネっチネチ、女の子にあるそれがない すりゃっとした友達関係に育成された。

元って付けちゃう! この立場だけに、復縁を戻したい要望を切実にストレートにぶつけてきた。

これも男の、自分のプライドを捨てて、チャレンジ覚悟。 だって・・ その気持ちが治まらないという部分

それも、出産後に人体として1つ増えたHEARTの中身を携えたまま、女性機能を失ってオス化した精神のぐっちゃぐちゃな私には、なんか判るんだけど・・・

そのもう1つ増えた、母性からのマジ母心愛が、動き出す・・・・



男の子たちの部屋に行くというより

すでにセフレ関係になっていた私には、クーと倖くん以外の男の子たちとは、この頃に同棲用の部屋があった。

私たちには、自分だけの一人暮らしの部屋が他にそれぞれにあって、ここには誰もがそれぞれ思える同じ感覚がある。
それにはもちろん私も男の子にも、自分の居場所に帰るという感覚より、自分ものを置いているという事実、二人の物が在る+共有している家具や物があるという目に見える形で欲しかったのかと、男の子たちの精神安定に茶々を入れる事も遮る必要も無いと思う。



私が地頭念複にそうと思えばいい



セフレ関係になってからの私は、レイノとHした後、全くMILD過ぎて深々と愛を語られたが悶々だった時、セスナの免許取ったとピースなクーがLAの空港に現れて、その夜たった1回を長々と徹夜で抱かれて、初めての声も出ないほどのエクスタシーを感じた。

あれは、愛していたのかと言われたら・・・

心の中まで震えた感覚に囚われた事は事実で、瞼を閉じて感じたのは快感だけでなかったと思う事も事実だと思える。

それまで尚ちゃんや秀くんと様々なエクスタシーを感じても、身体が満たされている最中
瞼を閉じて聞こえる、普段は聞かない高めの喘ぎ声に変わったら・・・

ごろっと


 KO


・・カーン。



よっし。終わった。仕事に行こう。時間が出来た。   ・・・とまで思うほど。

ごろっと転がしたのは私の方。
上に乗って、瞼を思いっきり閉じている表情を見て締め上げると、腰を両腕で力いっぱい制御に試みる行動に

もう少しこのまま、感じさせて欲しい 

その捕虜 男の子への征服感が欲しくなる・・・


 鳴かぬなら殺してしまえ


ぼへ~~・・・ としているそのゴロゴロ体勢を放置して、ベッドから、あらよ!っと起き上がり、即シャワー。
時に、エクスタシー中、違う振り付けや構成なんかの仕事を考えて頭の中にムード漂う曲を流してみたり、違う男の子とのセックスを思い浮かべて、濡れてないと文句を垂れれられば、想像で自分を盛り上げたりもした。

ま、間違って名前を呼ぶことは無い。

目を瞑っていても肌触りと香りとやらで、自分の中では確定認識してからか。

そんな、セフレとの情事のごとし。

クーに抱かれる事も、別になんとも思ってなかったけれど、自分に一生懸命に成ってくれている間中の彼と何時間も共にしていたら、頭や心だけの内側だけでなく、骨の髄まで染み渡る様な感覚に到達させられたのは、何かを超越したのかと思えなくもなかった。



鏡の様に起こる出来事は、セフレ関係になる前から起きている。

まだ、健康だった20までの私を知っている5人と、精神不安定に薬漬けのような内面ボロボロ でも見た目気にして必死一生懸命な私を愛してくれた・・・


 俺を君の最後の男にして・・・


そう言ってくれた倖くんとは、5人と違うと自分の未来に思っていた。



幼き時、鏡の向こうの世界が薄っぺらなものだと、確かめた自分。
鏡の中のクローンであろうと、自分の映った姿を見て、冷たい鏡の表面に両手を当て

  だれ?・・・

  あっちの同じひと


でも・・・


  同じことをしている

  同じときがうごいている



同じ?・・・


   じゃぁまた、鏡のあるところで、会おうね



にんまりと笑い、鏡の表面を両手で押しても割れなくて

鏡のある処が別世界との境目だと思ったら・・・



  私が本物だ



そう思い出して、押した姿見をこちら側に引き寄せた。
大きな鏡が自分に倒れてきて、鏡の中に入る感覚に捕らわれたら、制裁を受けた様に感じた出来事。

私は笑ったまま、血まみれになり、頭の打ち所で死ぬところだった


 “ 死ぬところだった ”


母が私を叩き起こしたあの言葉が思い出すたびシンクロして蘇る。

幽体離脱があるならそうだと、魂の抜けた自分の頭上に引っ張られたり、すぽっと戻ったりした感覚を思い出す。




あの時は

頭上に制裁が下された様に、その痛みよりも

   入った

そんな感覚に、あぁ・・・そう・・・ そう聡い思う。




   もうこの入り口は、この世から消えた



そんな1歳の私が思った事。





初体験の時、なかなか入らなかった。
尚ちゃんの上にロデオ乗りで、やっと

あっ! 入ったっ。 あぁ~~・・

この感覚も思い出す。
精神と身体、心と情事、似たり寄たり




鏡のように対照・・・


Simitar Moon

それは半月ではなく

満月が地上に姿を隠してる

その光景の様だ・・・ 




空と海の空間に蒼い境目を、見せてくれた2人。

アメリカには国際国内旅行者向け一般空港のほかに、プライベート空港の方が多々多種にある。
そんな一般空港ではない商用空港や、軍事に医療だけではなく、もちろん一般開放されたプライベートフライト専用が多くある。

私が居たその商用空港は、軍事や医療関係も使用する空港だった。

どうしてその空港にいたのかは、自分の仕事場所に合わせて飛んできてくれる、その頃の彼
倖くんに会う為。

飛行機の開発本社が隣接している、空港が2つ繋がっている大きな空港。
いわゆる旅客機の製作をしている会社と繋がっているのと、軍事関係の空港と繋がっている為、2つの空港に分かれる前のゲートもある。

一番はじめのゲートチェックから、何重にも身元や用事をチェックするゲートが続く、とても管理厳しい空港にいた。

敷地に入る前の道路で、車からチェックも入る、その厳しい空港。
駐車場までも2つゲートがある。そんな空港は彼と付き合うまである事すら知らなかった。
ゲート前の駐車場に仮パーキングできるまでにも一時間弱掛かり、空港内のパーキングに入るにはそこから係員が迎えに来てくれるか、本人に伝えて出てきてもらうのを待つかのどちらか。


空港内敷地ゲートの前・・・

ここに来るまでに見せていた、要2つ以上のIDは奥まで持っていかれ、それを待っているだけで45分かかるのが常なら無有為の奥山消ふ越えて~~ を返してもらう為に、その係員をゲート前で待っていた時だった。



ふわっと、優しく後ろから抱きしめられて

香った・・・


Au the Blancの香りに包まれたまま瞼を閉じて、頬にされたやわらかく優しい唇の感触に、首元に顔を埋めた背の高い人の肩を抱きしめる強い力の腕に手を当てた。



 『 俺、どうしたらいい? 』


偶然・・・

そう思う以外、全くの偶然の全く一般の人が入れないし用もない空港内。
それも二つに分かれる前の最後のゲート。

仕事で来ていた人に抱きしめられた。 でも時間は、お昼休憩と云うわけでもない2時過ぎ。

工学関係で協力に来ていた、元彼・クーと偶々出会った。


私は、瞼を閉じてクーに抱きしめられるその腕をそっと撫でた。
返す言葉は、全く無い。
どうして別れたのかは、自分の我侭な言動に自らの心に聞いてくれと、私に聞くなと言い返したかった。


『 すごいね。
  マジ、偶然・・・ 』


クーの言う事もマジ本当。
こんな違う州の、マジ一般の人が入れない敷地内で、みょ~な時間にばったり遇えたもんだ。

腕をそっと撫でただけで、手を下ろしたら

クーが・・・


『 俺・・・ 自分でも・・・
  後悔なのかも、分からない 』


後ろから抱きしめられたまま瞼を開けて、正面に見える一番最後の砦、自分には用のあるゲートに目を向けた。

そこに、ゆう君が立って見ていた。

彼を無表情でずっと見詰めていた私。
同じ香りを好むこの二人との関係が、熱があって夢現つつ 間違って馴れ馴れしくした事からの始まりでもあった。

同じ香りの腕の中に抱かれていると、時々 瞼を閉じて思い出す事もある。


でも、私が好きで付き合っているのは・・・



『 Sorry for your wait Juju 』

  じゅじゅ、お待たせ。



________ コツっ・・・


微笑んで伸ばされた両腕に向かい、真っ直ぐ見詰めたまま歩き出した。


伸ばしてくれた両腕の中に包まれると、同じ香りに包まれた。
同じ様に首に両腕を巻かれたら、直ぐに近づく顔に瞼を閉じて、されるキスに唇を重ねた。

柔らかく優しくされる唇の動きに、腕の中に顔を隠されたまま、両手が抱きしめる私の頭


『 I love you. . .
  Sweet heart of mine 』


小声で唇にささやかれる言葉にも、瞼を閉じたまま

され続けるキスに、キスで返事を返していた。
私も倖くんの腰に手を回し、クーへの未練も後悔も、躊躇いなく。

その時・・・


 居たっ! ねぇ、一人?

 貴方の休憩待ってたっ!
 
 私とよかったら。

 

自分の背後にあるもう1つのゲートから、聞こえる・・・ 

私たちの横を多人数の知らない女の子の声が過ぎた。  その時・・・


          そうか 


キスの間でも、そう心に少し思った自分がいた。



お互い、違う人と新しい未来が始まったと思っていた。
その時はただの一度も姿を見る事無く、後ろに聞こえる雑踏も消えた。


この同じ香りと、クーの腕だけを見ただけで、どんな表情をクーがしていたのかも知らない。


クーの姿を見せられない様にされていたのかな?・・・

長いキスは優しくて、ふんわり抱きしめられていた両腕の中でも、両腕の拘束も頭を抱く大きな手の力も強く、キスを離さないでって言われているようだと思った。

ただ・・・

キスの間中、考えていた。



『 日が暮れたら、スカイダイブしたいなって・・・ 』



クーの声が、多くの人たちと遠さかる中に聞こえていた。 それを・・・

仕事で来ているだけの都市。その夜景を見たいと言っているクーの声に



 ダメ。
 
日が暮れた後のダイブは・・・

  自殺と同じだよ





言いたくても、言わせて貰えない。

唇を振りほどき、振り返って声を出そうと、思・・・




か ・・?


いや・・・

友達として言うならいいって思うのに、きっとクーが私の視界に入らない様に、その姿が消えるまで
優しく腕を回されていても、背中に移り体ごと押さえる開いた両手は強くて、柔らかくゆっくりと感じさせる貴方の気持ちが心に届くキスが、私の思考を陶酔させようとしている様で・・・
 
クーに言い寄る女の子が多いのは、元ルームメイトの彼氏が居た親友アキちゃんからも聞いている。

画面に出るようになって、普段触れる事の無い芸能人が、違う仕事で自分の仕事場に現れたらねぇぇ?
どうよ?

確かに・・・ そんな色男と接する機会の無い研究所勤めだったら、ビックリするよな。

まぁまぁ知られてきたクーに、本物?なんで?って思うのも・・・
高校時代から知っているが、この奇人頭の賢さはNASAも欲しい人だしの実態に驚きまくりだろう。


なのにな・・・
オツムの優れ度ハンパない。

天文数列思考。計算は得意なはずなのにねぇ・・・

心算は~? 算数なみサーファーかぁぁ?


頭良過ぎて、回路が壊れとる。
回転が先走りすぎる。 誰も君を理解できないほど、早すぎてショートしまくり。

・・・ いや、性格。

だ~れもコヤツへの理解ができず、クーの彼女すら私を呼び、私がコヤツのThinking を説明する。

どうしたらいいって言われても、自分が仕出かしたワガママからだ。
いつも、私が戻ってくるのか、そうじゃないのかなんて私の責任じゃない。
期待しないで欲しいと、私の気持ちだって・・・

私に愛は心に空っぽで、愛がなくとも、その心は有ると言いたい。

自分の気持ちがここに存在する。 それを、自分の心にある自体触感に習え。 アホ。


私を、一生涯、頼るな!


ただ、死ぬ覚悟が出来るほど、死にたい希望にどん底のクーだと


  “ 暗くなってからのスカイダイブに行きたい気分 ”


この言葉が・・・

これだけは、マジでされたら、いくらアクションOK!アクティビティ危険度MAX気分最高~!危機感が堪らないぃ~! スタント無し当たり前の気合に自信があっても・・・


絶対っ!ダメっっ!


人生が変わるとは・・・

クーの親友のコーンを思い出せと、マジで思うよ。






時が経って・・・

プロポーズを6人から受けた





はじめの同時プロポーズの時には、彼氏である倖くんにも伝えたし

その後は衝動的?突飛もなく はち切れる私だって事は、まぁまぁ時間が経って解ってくれていると思えるけど
 セフレが出来たとは、メールでずばっとストレートに伝えた・・・

慈悲

マジで慈悲。 同級生である彼らには友達という過去の時間がある。
でも付き合っているとい状況の頃、きっぱりと別れを告げる私は、これでもお前らの我侭を友達としてのサイドからの2Waysに2倍に我慢したんだ! この噴火。 でも別れを切り出された事実を、振られる?この俺が? はぁ? なめんじゃねぇ! 受け入れられない事実 その精神上心情は、自分が悪いという反省は0%
100% お前がおかしい。 そう言われりゃ、狂った元彼の心に私への愛は、今までと同じでもなく、愛があるのかどうかさえ疑うだろね。 きっと、誰だって。

また、私には、追いかける男の気持ちがわからないでもない。
臨床精神的に男の方がプライドは高く、社会生活の時間経過に生まれてくるもので、女を卑下するものではなくとも、プライドを傷つけられる事を拒む皺寄せのストレスが掛かり、男の方が強い事も知っているけどね・・・。
別にエストロゲンホルモンの本能違いを利用しているワケじゃない。

そんな時、現実逃避に向かう、尚ちゃんやタイラの切羽詰った行動に
秀くんやレイノの様に、自分に起こる社会的立場への転換に気を向けたりと、男は自己精神の調和を違う場に求め始めたりもする。

それが自分で解っていたけれど、男は逃げるものを追いかける行動に移す時もある。
直結脳の動物本能そのまんま。

が・・・・

人として私自身が尊敬する、自分が神って言っちゃうほど強い彼らには、オス生物としての野生理精神を閉ざす忍耐が出来ると思っていた。

のに・・・


 _ セフレができました。

遊び? 遊べるオス的なこの心精神のメスじゃないオス化した私。

自分の男並な衝動に任せた反省。 大好きな彼には、こんな女と居ないで欲しいと思う。
そうメールで伝え、一時期離れた彼。

動物的本能は、大事に可愛がられているワンちゃんには、食糧危機を感じることなくムダに追う悪戯。
食べよ~っと。 
飼い主をそう思うはずないだろ~よ、食べものに向けるんではなく、お楽しみの遊びにね。

私だって。

別に、嫉妬させるほど本気になって欲しいと仕向けるアホ・メスがやる常行動じゃない。
マジで私は、そんな私が嫌いなら自分からどうぞ遠ざかって下さい、よろぴこ精神正直者未練無し子。
自退心を確信させた方が、プライド高い人にはいいかとな。

私と同じ様に、自分にもセフレを作ってみせようとチャレンジまでした彼。

一緒に死んで欲しいと言われた時って・・・



 ・・・死ぬ?



死ぬことは怖くない。

マジ、普段から余命宣告も出来なく、突然死をするかもしれない私。

余命宣告を自分で もしもするなら・・・


 余命1秒前


毎秒ごとに、刻々と時が過ぎる中に思う。

幽体離脱して自分を見て、戻れる自信もある。
死なないという自信があるのは、死にそうな自分の抜け殻を表から見て・・・


 鏡の落ちてきた血塗れよりマシ


それを、割れたたくさんの 鏡の破片の中に、この目ではっきりと見た自分の姿を思い出す。
この抜け殻が機能しなくなれば、魂が戻る事は出来ないと諦めるだけ。

その覚悟が出来ている私に、心を試すような事をしても・・・

尚ちゃんが鏡を素手でぶち壊したのは、現実のお前はここ だって
私の存在を、どこか想い逃避行していくのを遮ってたって

幼馴染の私には思ってた。


ね、もし自殺をするなら、なんびとたりともに迷惑被る事を仕出かすなとだけが希み。


  どう?・・・


ゆう君にそう思うのは、私 自分自身にだけじゃない。

誰が貴方の亡骸にすがり付き啜り泣くのでしょうと思ったこと。


でも私は・・・



空で死にたくないよ 





もしも貴方も、死んだ魂想念が雲の上にいると思うなら

私は、私の息子に見られている、雲の境目で・・・

本当にこの世を去ってしまった永久の愛に、永遠の愛を死の中に願うとは望めないから。



魂の輪廻転生は、魂核心の修行と刑罰執行と私は思う。

人生と名を変えた、執行猶予期間は 無期懲役。

核心の中心は、愛か・・・

雲の上に死んだ者の魂が護という想い。

想いは、魂の刑執行の記憶。

魂想念と、個々の刑執行記憶だけが、独立して残る、剥がれ落ちた外側の核心殻だと

見えない想い出記憶を落とし、永遠の永久に魂が戻り浄化され

また生まれ変わって新たな人生という処刑の場に戻る



そう思う私には・・・


だから、雲の上に


死んだものの記憶魂想念殻が残る 



自分の意思と関係なく、消えた命に死を見せるのは


13個目の心感 幾違の愛から自然に沸く気持ち・・・ 





そのロマンを思想する幻想界

妄想フェチな私のクリエーター脳

その雲上界で自殺を見せる様な弱者なら

弱肉強食の野生本能のままに 成就した強死者に喰貪れ

囚われたまま新しい人生を厚愛むなら、そんな運命は要らない



 一緒に死んで


その永遠の愛をロマンと取るような、普通の女じゃない



ま。確かに、綺麗ピュアな愛かと心に触れるのは確か。

そんなんで、騙される様な単純じゃない、捩じり捻くれた脳がないと職業柄ムリ。



ただし、仕事の中に見せない思想志念懲恋 

心の付いた感情に近いこの言葉たちの連立に、方程式で答えを1つ出すとしたら



思 想 志 念 懲 恋 


    = 愛 


核心の中心に心が入った

記殻の外側の心を落としたものだ。



雲の上に残す、これらの心種


蒼惑星 生命として・・ 


 田 地上の大地に育成し

 相 他命との触れ合いがあり

 士 戦士、武士 その闘争精神の如く

 今 この人生に流れる一線上の時距離
 
 徴 毎秒の微細刻を刑執行に費やす

 亦・・・ 


 “ また 命が始まった ”



核心の中に 心が1つ残る言葉に



 ・・・愛は




親への愛と同じ様に、子に向ける愛は・・・

彼らに向ける わからない愛と違うもの

はっきりと解る、愛心情には偽り無い。



伴侶に向ける愛は、いつしか時を経て

本物であれば、生物皮膚の革や、化石に石油となる骨や、そこからの化合により地砂石を宝石に

この様に味が出るものだと、心の中の愛に思う。が・・・


いまいち、今 愛自体の感情の矛先は自分の未来。

アイが わからぬって、マジ思う。


製作者側の脳みそだから、6人中5人は製作者サイドでも、一人のみ観客サイドの受け入れ態勢でいる彼へ・・・

騙されないで

流されないで

・・・そんな思いは在る。



 God ! 騙流 Dumnn!

ガッデム んな漢字が思い浮かぶんだけど・・・


お~~~いっっっ


“ 自分が神 ” ヤロウどもっ!




                     ねぇ、じゅじゅ  
                             一緒に死んで・・・



                     ねぇ、ジュリ      
                            俺の側で生きて・・・



この反対の言葉に、この2人には



 墜落での心中にてダメージを5人に与えたい

 どうよ、俺には一緒に生まれ変われる自信アリっ

 そこまで運命だと思えてるんですけど?



・・・で


夜のダイブで自殺も出来る、自殺したい気分


 どうよ、俺に反省の心が湧きましてございます

 それでも死ぬより生きた方が、この人生に楽しみを見出せそう



何かに切羽詰って物申したその時の彼は、仲直りしたカナダからのフライトの時と違っていた様だった。
現実に何が彼に起こっていたのかなんて、聞いても私が対処できるものではない。
関与したくない部分は、話されるまで待てばいい・・・

それもきっと彼らには、自分を想ってくれていないのではと、闘争心を燃やしてしまったのだろうか?


私が浅はかだったのか、無防備過ぎたのか、オープン過ぎたのか・・・
チャットIDを6人1グループに纏めていた私。 チャットから、6人に漏れた全員のアドレス。

でも 隠し事厳禁! これは6人が6人とも賛成して、勝手に作られたルール。


・・・じゃ、いいんじゃんか。 


 _ セフレって、恋人じゃないよね


そんな感じの文章が、6人の間のやり取り中の何処か、実は所々に見えてしまった。

色々な闘争心の言葉が、普通の人には見えないかもしれないけれど
脳科学に裏心理が見える私に、数字に色が付いて見える変な勘もある私には、気づかなかった事にしようと放置した事も多々だったが、誰がどうかと心の裏本心を覚ってしまった。


なる~~~


全員がやはり 野性的なヒト生物オス種根本はあると、強さレベルにゲームのレベルをも当てはめる私。

そうだな、きっと倖一くんは

私を想ってくれる人が、別れたと思っていない残念な奴だと、一時卑下していたかもしれない。
私から別れを告げられたのは、どうにも納得いかない理由だろう。

だって、きっと世間的におかしいもの。


 ・・ん?

  元彼が、プロポーズ?
  それも、5人も居るの?  ・・・はい?  元のくせに ?

 なんだろ・・・・・

  勝手すぎじゃない? 
  だって付き合っているのは誰だ? 
  あれ? 
  ・・・俺じゃん?  俺の勘違い? 

 いや・・・

  俺、本彼氏がするべきプロポーズってのが、普通だよな。


・・・とは、思っただろう。

この時点でボスのレイノにはまだされてなかったプロポーズでも、どうして倖くんが 5人 って言ったのかは
彼らが通じあって、倖くんにはレイノがプロポーズの為に自分の人生の身の回りを整えようと1年かけて、準備しだしたってしってたからだって、気づくべきだったのか

勝手すぎる芸能人組の元彼たちは、女の子の数が違いすぎるから、ちょっと頭の構造もおかしいですとは、言っても分かるかどうか・・・
アホアホ紙一重。スライドマルチタスク画面Ways 国立記念図書館並み広さWaysなんだぁ~~

たくさんの自分に集る女の子の中から、君を選んだと思わせたい我侭もある。

こんなにもてる俺が一人に心を残していると、脅迫の如し訴える
確かに学生時代からの長い付き合いの慣れなれ感に、遠慮は無いのも事実だった。


ちょっと世間様とズレテイル・・・
いわゆる、普通 ってのがあんのかどうか?

だって・・・

私もクーも尚ちゃんも秀くんも行ってた学校、卒業した全生徒・・・


  普通 って・・・ なに?


ちーん。  なむ~~~ 

理解不能は自分の脳に必要ない、世情の一般的っての、だってズレっズレにぶれ歪みズレってんのが、この学校生徒の平均ボーダー。

こんな、あら?・・・ ん?はい?・・・っってな関係に、奪われたくないと真っ当な考えを持った唯一リーマンで高貴な血筋の一筋君、大学にこんな人種が居なかったんなら、家庭教師ONLYで育った友達なし子の彼には、マジ理解できなくなりそうだと思う。

時間をのばして、自分も結婚について、まじめに考えたいと思う彼。

きっと倖くんも悩んでの、時間を掛けたいかものプロポーズだったって、考えてくれた事にあなたの心を思うよ。


彼が打ち明けてくれた事がある。

倖くんには彼女空席待ちの見えない列があるぐらい、女の子と何十人もお付き合いしてみたという・・・
この過去。
その数、きっとクーや尚ちゃん達より、勝っているかもしれない。 はっきり言って。

でも一度も、 結婚? んなの・・・考えた事は無かった。


はっ!そっか・・・
  結婚って・・・ しなきゃいけないもの?なんだかな?


いまいち、結婚願望も0にのっとり、それ自体未知の不明Phoebeだった。
未確認飛行物体 Unknown Frying Object UFOとおんなじ、ふわっふわ~~
見える?いや? うそだろ? ・・・が、=イコール 結婚。

でも、私の元彼が マジ? なんで?   そんな私と・・・

Oh my whatta Strongest silly!  ほわっつ!?

プロポーズだってっ!?

はぁっ? ・・・結婚か~、俺、考えたこと?・・・・・・・・・ 


ん~~・・・~~・・・・・ 


  自分の家系の事を考えたら、とても重苦しいかも?

“ 結婚 ” これ自体について、今まで一度も脳裏を過ぎった事は無い。


ん~~~って、思いっきり唸るわ、頭を捻るわ、胸に手を当てて遠くを見ての停止姿。

 
どこ見てんの?

 『 Where are you whooohhh 』

一応密かに声をかけてガン見した、視線が合う筈なきそっぽの彼を見ていた。

上の空の右斜め上 天井角あたり だろう・・ んなとこを手を当てて見たまま止まっている顔に、ピースで両目つぶしに向けても動かない。


 Something anything other thing you've rocked on?
 
 同じ箇所を見てみるも、何も無いのは承知の上。



うん、そうか。 なるほど~・・・

 右斜め上ね・・・。


同じとこを顔を揃えて、私も見る。
窓の上にある天窓にブラインドはなく、お星様がきらきら見える、新月の夜だった。


そっか・・・・


ホロスコープなんか、単純なもんだと思える。 そのホロスコープでは、Libra のクーとレイノと Aqariusの私は相性がいいんだよな。
Virgoである彼の一番のEnemyか? 相対関係、見えるものと見えないものの対照に、共存する 空気と地球の一体性。

なるなる。

なんだかこの3人が纏まって現れるのも、バイオリズムに関係あるかもしれない。
生まれた瞬間の時間から始まる、独自の生物理学リズムにおいて、占いは以外にこの波長に基づいて重なりなどを用いているけれど、生態自体は個々それぞれ。

クーとレイノが反対にいつも見える私には

彼らは、同年 同じ誕生日の・・・ 朝産まれ と 夜産まれ。 これに関係するかも。

朝産まれのレイノは、十数時間だけクーより年上。


なるほどな・・・  プラスの陽はレイノの方か。


真夜中、0時 0分41秒に産まれた私には、朝生まれより夜生まれの、陰 -の方がリズムが合う。


ま、きらきらの星を見ているわけじゃない倖くんだ。


パイロットなので、地上にチラホラ見える点々とした小さな町や村の灯りと、夜空の星空との境がない
360° きらきらの世界は彼にとって現実の何物でもなく
地上で足をついている時は、遠き空の星だけを見ると・・・  だね・・・・・

私にもちょっとその感覚が、生れつき沸き起こる

 足元が何もないほうが自由だと、想像して
 無重力に浮いていたいと、足が小刻みに震えたりする。

遠く感じる星が、さえぎる雲のない夜空だと、この大きな空間に不安定を感じる

彼にも私にも・・・


空を見るのは、昼の空。 でも雲がない晴天には、高さも高度も頭の中で想定が出来なくて 

ちょっと、Fear 恐怖。



空を見ているわけじゃない。 ってのは、お互いがこの感覚になる事を、空の空間で話したから解るけどね。

どうって言われりゃ、白い菊の誕生花 “ 誠実 ” で、高貴
誕生日石は、菊華石 とまぁ・・・ 日本にしたら希少天然記念物。

血筋に高貴なことも含めて、正にこの人王子サマだと思う。


ふ~~ん。


その横顔にちゅっとキスをしたら、Love you. . .って小声で返ってくるも、左上に視線が緩やかな弧を描いて移った。


東から西へ・・・

フムフム・・・・。


左に動いた。


人が思い出す行動。 過去を思い出すは右。
右を見るのは、左脳に記憶されたものを思い描いているからで

人が想像する行動。 未来を思い描くは左。
左は右脳を働かせているからと、特徴的にそうだと単純に考えるなら・・・


“ 今まで一度も、結婚自体を考えた事が無い ”


彼が言ったこの事に、嘘は無い行動と誠実な白菊さまに思う。


 『 Well. . . 』

  あのね・・・


彼が私を急に見て、言ったのは、この家系に対する責任感みたいなものを、私に与えたくない。
自由に人生を謳歌している人に、責任を向けたくないと思う事は、一度だけ確かにあったと言った。

ただ、今までに付き合った女の子の中で、唯一結婚について想像した事がある一人。

本当に本当、口説き文句でもなんでもない、マジ本当のことっ!

ってぶっちゃけ付きの夜明け、Mid Night 付近から逆転はセフレが正解。

前日の Outer World へ行きませう プロポーズに追加、おまけの自分の心 ‘鏡’ 向こうを見せてくれた告白。


 お誕生日のプレゼント? 欲しいものがある。

 『 忙しい君の時間を丸ごと欲しい。 』 

1日丸々一緒にいたいと希望して、一緒に24時間以上を片時も離れず過ごした、彼のお誕生日だった。



が・・・

こんな感じに、いろいろな事が、その他にも他の人との間にあったけれど

セフレになってからの倖くんは、セックスを楽しんでいた。

もともとエロリーマン。やばい位楽し過ぎて、気持ちが分かったとか、女に解らないだろう男の同じ気持ちに、元彼を卑下してごめんとも・・・ あれ? 卑下して欲しい。

私を頭に、房につながる彼らを・・・


  ごめん。 

  君が自分と別れを何度も切り出してきて

  それでも諦め切れなかった自分は、皆と同じかと・・・



何度も何度も、私たち くっついて戻って、別れて、また戻って、別れて、くっつき戻って、心が強くなったって倖くんも感じてた。




自分を映す鏡の向こう

鏡の様に正反対に対称世界

自分を鏡に映して見たくなくて、その世界を確かめたかった幼き自分。




血まみれになっても笑っていた。




なんだ・・・ 


ただのモノじゃんか・・・



2/10=Red tiger’s eye
運命の破壊と創造
10/5=Cat’s eye
黙静
11/11=1ct.Diamond
甘い幸せ
12/25=Holy cross
聖なる誓約
9/9=Phantom star
長寿幸福
3/21=Iron
強靭なパワー




この日・・・

セフレ6人と同時被りの、流産した子供を妊娠した可能性の一番高い日。



なんでこの日かと、自分で断定に思えるのは、この日の前後数日ずつ誰ともしていないから。
だけど・・・

この6妖精被りの2日前に、尚ちゃんとしているのは確かな事で、この日の3日後は秀くんだった。
だけど・・・

生理が来るのはクーとした後だけだから、どちらかというと・・・

きちんと“ 逢いたい ”って言ってくれて、予定を考えていた期間中にホルモン変動があったと思う。
それと・・・

自分で信じたい自分の思枠。


私は、子供が出来る瞬間とは、授かるべき時

“ 愛し合って ”

身体を重ねても心も重ね合う、エクスタシーだけじゃない満たされるセックスにおいて。


これは、どうも譲れない自分の考え。

ロシアン・ルーレット方式のDNA鑑定したいパパ。

ロシアンはもう、自分的に 路思案とか賂私案とか漉紙案とか露試案とかって、思い浮かぶほど・・・

“ 試す ” だったり “ 賭け ” って言葉を使ったら男の子たちに悪いと思うけれど、自分の思惑を信じたい自分の精神には、パパであったその人を、私は・・・

愛している のではないか?

そんな自分の無意識下の、心影に潜んだ想感情を、自分で知りたいと思っていた。


生まれてくれたら、顔がわかるも何も、人種だって私たちは、混ぜ混ぜ混血種の雑種の集い。
ん~~~ 瞳の色も髪の色も皮膚の色も成長と供に変化する、雑種には難しい判断だ。


Destroy 破壊心(神)の何でもござれ、嫌いになってくれ心情も
Destiny 自愛心(神)の何でもござれ、自運命が大切っす心情も
Derdory 逃亡心(神)の何でもござれ、願望夢叶成就にまっしぐら心情も
Dudley 内向心(神)の何でもござれ、ひた隠し外づら装っちゃえ心情も
Duchey 外撃心(神)の何でもござれ、気高くプライド高く心情も
Duddy 独占心(神)の・・・

自分の伴侶は、何でもござれと、やけっぱちに出来ないって
それだけは、一人で勝手わがままには、二人の人生になると未来を思うから出来ない。

6妖精に見事っ!当てはまる彼らでも、私の中の6侭心に自分で自分の心中を思う。
 

6被りH-Day


______ How I wonder. . .

H I J K 


どう私は想像したら


    what you are. . .

    だれなんだろう・・・



セックスに伴う あい を くれているのかって




きらきら ひかる お空のほし・・・



捕士たち

私欲を満たしてくれる

自欲を満たしてあげる


補う関係の、きらきらの男の子たち


アイが・・・


愛なのか

哀なのか

曖 なんだ・・・


愛の境目は曖昧で、空と海の蒼い境目の様に曖昧で

心の中が、Marriage- Blue マリッジブルーの不安

結婚する事への未来の転機に、不安の色であふれさせられて



光と影に

裏と表に


鏡の様にいつも心の中が、きらきら瞬く様に、煌輝と鎮静のくり返し






この日、私の目の前に現れたのは

成田で 尚ちゃんとエレベーターの中でのキスを撮られて

JFKに着いたら レイノがお迎えに来てくれてて

レイノの部屋を出たら 同じビルのタイラに遇って

そのまま事務所に出向き 秀くんと一緒になって・・・



LAXでばったり


国際線のパイロットになっていた倖くんに遇った。


『 It was you. My Girl . . . 』

やっぱ、じゅじゅだった・・・


見たこと無かった彼の制服姿に、きゃぁぁ~~っ!って走りより抱きついた
なんだかにフェチっ気 LOVE な私。


『 ゆう君。カッコよすぎるぅぅ~っ・・ 』


もうメロメロに溶かされる感覚が下半身に襲うのは、やりすぎか?
求めるものが、どこか違うのか?

それらも自分的にナゾ部分だけど・・・

彼が国際線パイロットに成るのを、急いでくれたのかどうかも、謎の一部分だった。



なんで? 
       ?
      ? ?
      ?  ?
        ?
        ?
        ?
        ?

       


実際にハテナばっかり浮かんだぞ。


だってプロポーズしてくれた9月8日には、Outer Worldへ行くのがお先にしてもよいという感じだったと記憶に刻まれて、違うといっても、それが違うと断言できる記憶力の私は、防犯カメラ以上の録画高画質で脳に刻印 焼き記憶されている。

それというのも、彼のお誕生日の1日前、このプロポーズ予告プロポーズ。 

ん? クーと同じ?・・・・ プロポーズ前のプロポーズかな?

プロポーズします、その予告告知プロポーズです。と、同じ様にされたこの時、父からの留守電メッセージが携帯に残っていた。
耳を付けて聞いてたのは、日本語の音を頭の中に電子信号 SOSみたいに聞いてたんだろうか?

聞き分けられんの?・・・ なんて、未知の見せてくれない特技に思う。



1月に両親が ついでのお小遣いGetにロンドンにちょい寄り旅行。
いや・・ほぼフランス&イタリア旅行の日にちを決めてとは、次の日の朝、私から父へ電話を掛けていたのを知っていた。

倖くんのお誕生日だったその9月9日。

彼は、誕生日プレゼント下さい。って素直に言った、それ・・・ 私の一日マネージャーしたいと言い、有休の誕生日は一日中ずっと離れず側に居た。


普段と違う姿になろうかな?って・・・

いつもは仕事上もコンタクトしている彼だけれど、眼鏡フェチな私にとって
眼鏡&スーツみたいな、まさに ブランドアパレルに携わるレイノの真似だった。


 ふふっ。
『 レンと俺 どっちがいい男? 』


そんな事を聞く倖一くんに、ガタイのよさは正にSP。

マジっ!  もぉぉぉ~・・・

       かっこいい・・・

朝、つるつる頭をセットする事もなく、チクチク加減もほんのりと、ちょっと濃い目の焦げ茶の髪が、ツルっとジョリっとを生まれながらに見慣れている家庭の私にとって、ひょろろ坊主っぽくないガッチリBody Guardを胸板の厚さで盛り上げてる。


 そうだな・・・
 『 タイしないほうがいい 』


胸板の厚さと腕ガッチリに、縦長ラインになるネクタイを締めると、ますます胸を張っているみたい。
だってタイがまっすぐじゃなく、胸で上に盛り上がるからさ。
 
バリバリのクーや秀くんにタイラだと、ふわっと胸のいい位置でさせたりをわざとするけどね。

ちょっと太って見えちゃうので私が外して、白いシャツの胸元を3つボタンを開け、背中の方を少し後ろに引っ張って、横にタックをつくり、襟をジャケットの外にエアリーに出してみたら・・・

 これ掛けてみて

フライト時に掛けていた、グラデーションの入ったドロップのサングラスを掛けさせた。


 やば・・・
 
『 俺、俳優もできそう・・・ 』


自ら鏡を見て言った言葉。

シャツの袖はきちんとボタンして、ジャケットの袖も手首の位置にきちんとしてね~
シャツは手首から1/3インチだけ手の方で動かない位置にボタンをさせたりね~。

悪役が主役みたいな、悪い奴なのに警察から逃げろ~!って応援したくなる役みたい。

うんうん、アクション出来たら、バリバリスタイルのクーに負けないかも。
秀くんやタイラの様に、愛を語りつくし、メロメロにさせるような王子やら色男系の感じと程遠いけど。ここら辺がタイプの違い・・・

・・・なんだろうな。

自分の好みのタイプは、ちょっと暗黒がかったチョイ悪タイプでも、悪が主役で正義に見える感じかもと、自分で思うシュール幻想好き。

別にマッチョが好みじゃないが、6人中4人はスタイル気にする芸能人だし、全員が体資本の仕事にある。
そうだな、見慣れてるけど、お腹の6パックは当たり前。
脂肪がついていると違和感を感じる私は、テレビでメタボ満載のお腹には、絶対ぜったい目を逸らす。
私と早朝寝起き 腹筋100回も、どちらが早いか全員が競争するわ、5バリエーションずつあるコア腹横背筋キープもどちらが長いか競争するほど。
尚ちゃんにいたっては、肺機能アップを見込んだ、深呼吸バージョン腹筋上下波うちまで、息を止めてどちらが長いかしたりする。

尚ちゃんは、ダイビングやアクションなどで水中で1分以上普通に居られるクーに、何がしか対抗心を燃やしている。 んじゃないか?

レイノにクーに対抗心を燃やす、倖くん。
背の高さはレン=レイノの方が少し高いけど・・・


  守り感ハンパない~!


・・・って、私の周りのスタッフにも言われ照れ照れしていたり
お一人様・・・ カマってるメイクさんに惚れられていたり

マジ・・・ ビシッとSPの様。

ちょっとちらっと私が見られただけなのに、ジロッとクールに睨んだらビクッとした通りすがりの人もいたり。

だって誰もが見るよ。 よく生きてるね!? そんな細さの私。
スーパー縦長。 その横でのガタイは、一般人なんか比じゃない細身でバリバリの5人でも大きく見えるし。


でもこの頼もしさ。

まさに、SP、 初めての守られている感。


これは、クーベルトに45°ぐらいに近いけれど、同じ守られ感じゃなく~
本物のSPみたいな威厳が、重厚で~・・・・

きっとな~にを言いたいのか判んないだろうけど、大丈夫。 SPって感じだと思って。
それにできる、社会人っ!

室内ではサングラスを外し、いつもの癖でIDタグのチェーンに引っ掛けようとしたりして、無いから胸にかけたら空けているボタンの多さに下過ぎて、後ろ襟に引っ掛けたりして。 も・・・、事実。 

 見えないので私の大好きなメガネをかけます。 

ちょ~~~ できる社会人、シュッと統一。

・・でも、敬礼はいりませんよ。



黒ぶちがNo.1に大好きだ~~~

でも倖一くんには、細いシルバーのフレームが一番はまってオトナの男なのぉぉ~~


はぁ~~


ため息出ちゃうほど、彼の強面・はげメガネ・変態風味が100%消えた出来るマネ。
真似 じゃなくて、マネージャーの雰囲気。 マネーは飛び切り持っているわけじゃない、俺ただのリーマン。

給料制は、一人で生きてきた証だと誇る。

ハンパ無い血筋で不自由なく育ち、不自由だったのは友達・・・
一人で自活して、夢を追いかけられる。 この幸せは、リーマンでよかったと誇る、わけ解らんチン。


その時は、国際線パイロットに成る。この自分の夢を後まわしにと言っていたけれど、内緒で密かに飛行時間を確保したのだろう。

見るのも初めて、サプライズの国際線パイロット。おめでとう~!

両親が私のお誕生日旅行と称する、私からの “ 産んでくれてありがとう ” 感謝旅行は、パッケージツアーを両親は申し込み、飛行機&ホテルは絶対確保との安心も兼ね備えたチョイスだった。

ロンドンは乗り換えついで。

そんなパッケージ・・・

ロンドン観光&ウェルカムヨーロッパ・ディナーのあったパッケージでも、行った事のある主要観光スポット廻りも両親はキャンセルし私に会いにきた。

ま、坊主めくりゲームのような、お見合い写真に、百人一首の中に・・・

あんじゅドノ~・・ 愛しています~ 草書にあるか?書いて有る様な気がしてならなくなった、いろはにほへと 色は匂えど散りぬるを 我が世 誰ぞ~~~


きらきら ひかる~ What you are. . .


誰・・・

色は香えど  


見かけの花の香りは甘く 
思考も緻密明晰勘定済み



諸行無常 是生滅法  


常ならん(む)・・・


生滅滅已 寂滅為楽

有為の奥山 今日越えて

存為に人生を 有為(才能)の或る限り
転変の迷い・・ 今日 乗り越える日願

浅き夢見じ 酔いもせず



いつも それだけじゃない


浅く 儚い夢に 無になれと

常成らん想いの長を、感情でぶつけてみても

現象の仮あい かり相に互い 
結婚したらの未来世界幻想で、自分に酔いしれるんじゃね~~!

儚い夢さ!

真夏の“ 世 ” の夢ってとこ

む む む

“ む ” だってば!

ん~~? じゃねぇ!  夢 霧 無



我が世 

ダレゾ

What you are 

Twinkle 瞬きして

みんなを見ています

その心に影と隠した心算まで

IQ高き 

社会的立場多種多高な男たち


このわが心の影は、きちんと聞かれりゃ、話してまっせ。


輪のような輪廻の運命に囲われた腕の中

自分を守ってくれるシートベルトの様に感じた

Au the Blanc

同じ香りに包まれた 腕の中

飛行機に乗る前に、心に響かせてくれた 光と影 鏡中はこの我が胸中に

飛行機の中、熱が下がるまで看てくれた 暖と冷 鏡の世界の様に


坊主頭のセフレで元彼

坊主めくり お見合い写真を持って来てる両親がロンドンに来る1月。
その予定もフライトナンバーも、倖くんは知っていた。

ロンドンに両親が来る時、パッケージツアーなのに、両親だけアップグレードしてくれたそうね。

席でどれが私の両親だかを、認識したかったのか?

成田でチェックインを自分でし、現地に着いたら迎えがいる、日本では旗を持つ人は居ないタイプ。
なんで?
ゲートに行って、きっとツアーの皆様か? 
そんな熟年定年退職記念旅行みたいな、ドキドキしつつベンチに座り、登場案内があるのに知らないから乗りくれたら困ると、ゲートから一歩も離れない様なご夫婦が、カレーをキオスクで買って食べてたらしき。

何々ツアーですか? なんて話から、娘に会いに行くんです~って話しは仲良く伸びて

隣の席だといいですね~・・・ なんて、機内での英語にドキドキしてた熟年夫婦に言われ


 あれ?・・・


搭乗順と、席番号。そんで、今まで見たことの無い・・・  そんな単語に初めて気づく。


なんで? だまされてるんじゃ?・・・・

逆にドキドキしちゃって、搭乗の時に、まがい物です! なんて捕まるんじゃないかってさ。


席移動を頻繁にするエコノミーじゃ、名前で席を確認しても違う場合もあり。
それに、パイロットがカーテンの仕切りより後ろの方に行くに、それとなく通りすがりましたって雰囲気じゃない。

初の・・・
なんと、ビジネス経験もない両親のファースト体験。

初めて見たっ! First Class という単語の入ったチケットは、手のひらサイズに切られる前に写真に撮ったりしてたりして。



その理由は・・・



倖くんが、飛行機の中で、初めて会う、 私の両親に挨拶する為だったのだろう。

通訳が必要なので、日本陣担当のCAさんに通訳を頼んでいたんだけれど・・・

そのCAさんは、だね~~ 

 3ヶ国語を話す台湾人、東京育ちの ‘ 私のお友達 ’ だった。


パイロットの夫がいる香港に住む彼女。
今現在は離婚して、ハワイ日系人の彼氏と西海岸、それもちょぉぉ~私の近所に移り住んできた。

ジ~ちゃんとこの近所にしよ~っと。 家を購入する際に私の居場所を確認したる、無二の親友なんだけれど、私が彼女と知り合ったのはクーからだった。

クーの友達でオアフ出身のプロダイバー&プロサーファーという男の子がいる。

そのクーのお友達である彼。
10代で勢いよく結婚したものの、即離婚間近のウヤムヤ状態の中、バーテンダーのバイトをしていたクーと意気投合し、仕事後毎晩のように飲み歩く様な仲になった。

その彼と、CAをしている友達の関係は・・・

そのクーのお友達の男の子の方は、ものすごい大手企業世界・・・ん~~~5本の指に入る国際企業コーポレーションの重役をおおせつかったのだけれど、金遣いの荒い若い妻、若くして本社重役に抜擢された彼の仕事はハンパないが、自分の事を放置してまで買い物や食べ歩きにパーティと、家に居ない妻にバンクアカウントもクレジットカードも止めての強行作戦付きで、結婚して即豹変した妻に離婚を申し出た。

俺の秘書10人、直部下20人。 でも半分以上はインド人。

インドはアメリカの反対なのでアメリカにはこのケースはよくあるけどね。 
そんな男の子がインドの出張に行ってる間に、カードがリミットぎりぎりで使えず発覚。

そんで離婚調停中
移動の飛行機の中で、離婚するしないって話を実は、夫婦らしきパイロットとCAさんが話しているのをキャビンそばで聞いてしまった。

あ、ここも同じ? 

お互い同じかもしれないのは、相手が結婚後、豹変したってとこ。
でも、客前では、素直にスマイルって、担当だったCAの彼女にこそっと、彼が話しかけたのが切欠で、彼らは同じ様に話し合う仲になった。
が・・・ 

結婚は親戚とか絡むから、面倒くさい。
結婚は二度としたくない!

親戚づきあいがめんどくせ~~~ 
いろいろ金銭が絡むなら、自分のもんは自分のもんでいい。

日本育ちと、日系人。 日本にもちょっとはいる遠縁とかめんどくせ~~~・・・

この二人は同じ信念になるほど、結婚にトラウマができた。それにアメリカじゃ別に珍しくないが、夫婦共働きは、生活費をいくらずつと出し合って、口座もカードもバラバラのまま。
重役とチーフな彼ら2人にとっては、お互いに仕事で使う金額は減らしたくもないし、今までの相手に素直に見せて結婚したら、勝手にどんどこ使いやがるのは~・・・・

いくら夫婦でも許せないってのが人間よね!


んだ。 んだ。

そんな話を、クーといた時に4人で飲みに行って、私も仲良くなった彼ら。

リーマンのサラリーでお小遣いが足りん。 元夫に浮気を疑うよ。

リーマンの倖くんは、自慢のサラリー。 
でも倖くんの方が少ないさ~・・・ 
一人って気まま~~ 

  俺、結婚自体を考えてない。

彼女空席待ち見えない列が出来るほど人気者の倖くんとは、国際線パイロットになるまで知り合ってなかった私のお友達。

ふ~ん、噂に聞いていたけれど、どんないい男だ?

パイロットってもてる。それは元夫に知ってたけれど、彼女空席待ちって状態の現状をCA仲間に聞かされて、初めての同乗に楽しみにしていた彼女だった。
一番上のチーフなのでファースト担当。 このフライトでキャビン準備にいたところ、倖くんがやってきて、実は・・・と、打ち明けられた通訳申し込みに、ほぉほぉ~っと思ったらしい。

結婚したいって意志がある倖くん。 それまで聞かされていた、取っ替え引っ変え状況はお終いが見えているとは、誰も知らない情報を本人から聞かされて、ご両親への挨拶を快く密かに応援~。

クーと私と思っていた彼女。

倖くんにとってパイロットになる時、上司の方に、妻がいるというステータス 社会的価値観に信頼度が上がると言われた事があった。

家族を持つ=彼には守るべきものがある

これ。乗客にとって、しっかりした印象の中に・・・

“ 絶対死なない ”

絶対死ねない理由が、大方の一般の人なら安心に繋がるだろう。
私にとっては、空で一緒に死んで って、言われたけどね。

クーがハワイ人の子と知り合う前の事。
CAの彼女は、元夫がこんな風に上司に言われて、彼女と社内結婚をしていた。

このパイロットへの状況は、とてもよくわかるらしい・・・。


 離婚のゴタゴタは、マジっ!めんど~。
 マジ気をつけろ!
 上司の言う事はどうでもいいので聞き流せ!


そう倖くんに厳しくアドバイスをしたが、プロポーズをした彼女は違う職種のモデルで、バレリーナもしてて、NYにLondonに東京にと忙しい子で・・・

ってな話をCAの私の友達が聞けば、なんだか知っているカップルみたいじゃん?って私とクーが、即効思い浮かんだらしい。


 へぇ~!
 私の友達と似てるっ!


しらっとさらっと言っても、それでね~、国際線パイロットになったら~、妻と~ぉ、ふふっ、移動も一緒に居れそうだし~、1日2日の滞在が多いから~、俺と同じになれるし~。って倖くんの理想像を楽しげに話してくれていたらしく、左上見たまま全く聞いちゃいなかったらしい。


 めっちゃ、妄想中だった。


色男の想像の顔は、蕩けてた。  そう言う、友達。


・・・まぁな。

クーも倖くんも、6股セフレな関係+全員マジ求婚中って・・・

誰にもこの6D DullもDealも・・・
ぼんや~~とした私との関係Dullでさ、誰かと愛し合っても相手を罵る様な事も出来ない、自分も同じ様に黙秘の取引な関係のDealで~す!なんて・・・

言えないよね。

付き合う女の子に自分が困らないのに。


プライド高き 妖精皇帝王神たち

自分の恋愛事情が甘(うま)いとは


なんぴとの世衆に思わせたいよね



ロンドンまでのフライト中に私の両親にそれとなく、通訳のできるCAさんを通して、ご挨拶をしていた倖くん。

よ~く、都合よくそのフライトになったもんだと自分でも思うけどね。
ま、聞かないでもいい。一生懸命なんかに努力してくれる 誠実さの方が私の中に上回る。

制服フェチか?

そんな母の心は、どぎゅるっと射抜かれた彼の姿。
芸能人の男の子達に、母には自分の父親であるモデルのお祖父ちゃんやら、母には夫である私の父の親友たち息子がJ事務所所属やら・・・

かっこいいのは見慣れている カッコよさ?ってか、万人受けの綺麗さ麗煌さ?
そんな男ばかりに、坊さまがたに囲まれた母は、制服=安定した社会人にガッチリ心囚われている。


 なんだあれ~っ!
 かっこよすぎるだろ~っ!


もう~~・・・ あんじゅっ!
いいな~~って母も言うが、高貴なお生まれの男爵家の彼には、天は二物以上を人に与えるもんだ。

って・・・
実は、私の他の5人にも感じていたらしい。

両親にとっちゃ、どうでもいいロンドンで12時間だけ滞在したが、私の部屋に来た時、日本で実家に泊まったことのあるタイラとの同棲生活痕も垣間見りゃ・・・

たいらちゃ~ん、来ましたよ!

そうそうっ、あいさつしよ~ってな母は、タイラのフォトフレームとか覗いて、元バレリーナの母はタイラの舞台写真やパネルやらにキス、たいらちゃ~ん、順番ねっ!って全部にする。 
し・・・



パリに行って・・・

 オペラ座?見学しないでいい。

娘が子供の頃から何度も行ってる、楽屋も知ってる、私達はシャネルにいるので終わったら呼んで。ってなガイド付きパッケージは必要なのかどうかもわからない。


 あぁ、コンコルド広場っ~~

 尚くんね~・・・ 


・・・なんて、父と母の路ちゅ~写真は、きっと私と尚ちゃんを真似たのか?

 クーちゃんからね~
 電話があったらしぃのよ~・・・

なんて、プロポーズの前に受けた電話のことも知ってるさ。
要・小物っ! 
携帯までガイドさんに借りて、手の中に握ったまままで真似マネ師。

うん、違う。 

ん~~・・・ 両親の想像で撮った写真、間違いです。 それが解るのは、本人の私だけだろう。

父と同じ本名の尚ちゃんだけに、母子手帳に書かれた
もしかして、初体験? お相手はOO君だよね。
躊躇う事無く母は記述しただろう、だって、父と同じ漢字も同じ名前の尚ちゃんの名だもの。

路ちゅ~の両親だけれど、淋しげな曇り空のバックは、色の薄い白黒の様で
プロが撮ったのかと思える様。

もしもポストカードで雑貨ショップに ほろっと落ちてても嵌るほど。


以外におしゃれな坊さんの父。

グレーのベレー帽に、黒に近い濃紺のケープ付きのトレンチコート。
レンガ色のチューリップ裾、スタイルまだキープ元バレリーナの母のコートはオーダーメイド。支払いは私。ってな私の誕生日感謝プレゼントとよく似合っていた。

緩めに巻いたカシミアのストールで、母の顔を半分隠しているのもなんか解る。
だって・・・ ベレー帽とったら、つるりっちなんだもの


そんな両親がガイド付きパリ観光?最後尾で自由勝手気まま行動している時、ノートルダム浮かぶセーヌ河で、クーの友達に出逢った。

Bargeを持っている 1週間2万ドルより。とかっていうセレブ相手のファーストOnly観光業を営む社長ご夫婦。
セーヌ河下りって言っても気ままに20m位しか進まなかったりする、貸しきりボート高級ホテル。
我侭、何でも聞きます。 叶えます。

そんなBarge。 気球に乗りたいぞ~~ ははーっ!  あのお店貸しきっといて。ははーっ!
んなご夫婦は 猫ちゃんの為だけの家も数個ある。

 写真撮って下さ~ぁい・・・

えっ!あっ!クーちゃんのお友達~なんですかぁ~? えぇ~!

クーに仰せつかったと時間を見計らってノートルダム島に停泊。
日本人の団体を見て、社長も同じつるつる頭のわが父とちゃらいハーフ顔は、即、解ったらしき。


意気投合すりゃ、パリ滞在中の予定を全部キャンセルして、Barge旅行に招待されるも、英語もフランス語もままならぬが、度胸はいいうちの父ちゃん ペコペコするガリガリ君は世界中一人で行ってしまう人生修行人類皆兄弟なので楽しかったらしい。


 クーさんに感謝だな。


いや・・・? 娘に感謝したらどうかね?


フランスはいろいろ周ったことがある両親。

乗ってみたかった~ そんな父の夢。

オリエンタル急行に乗りたいと勝手にパッケージから外れてドイツ行っちゃったり。 
ドイツからの帰りは、パッケージ様たちと合流の為、飛行機で向かうミラノのその飛行機の中、秀くんのお父さまと合流してミラノの秀が仕事に行っていると聞き、両親は飛行機の中で嫁が欲しいと口説かれていた。

ミラノの空港でパッケージのお仲間さん達を待っている間にて。

フランスで買ったの。
将来は、あんた行きだし?って考えて、あんじゅのカードで買いましたっ!
ってな、シャネル本店しか付いてない、革の房つきバッグ3つの画像がemailで届く。

_ これはね~。カナちゃんに~!

母のメールはまだ続く。

_ お祖母ちゃんが選んだ、叔母さんからってことで。

そんな、婿に行ってアジア数国コーポレーションの副社長になった兄の子
初じゃないのが事実。 死別した初孫は密葬、生きている初孫のカナエちゃんにマリア母は、たんまりお土産を私払いで買ったブランド物に香水や、金属アレルギー持ちの母お見立てなので本物のジュエリー類の画像も送られてきた。

そんなメールを書いていたらしき、空港で・・・

ふと見上げたら、父が誰かと話していたらしい。

そう・・・


倖くんと。


CAの通訳付きで、耳がよく聞こえない母は気づいてなかった。
秀くんのお父様と話しているもんだと、横目で思っていたらしい。


 あぁ~、こないだは~どうも~~っ!


立ち上がって急にでかい声で言ったとしても、日本語はイマイチわからないだろう。
ロンドンからローマに行く途中。

 ローマ観光?

 もうね~~、何度も行ってます~。

なんて、行った事ありゃ別に・・・ってパッケージで回る主要観光地の面白くなさを、通訳をしてくれた友達に打ち明けていたらしい。

じゃぁ・・・ って、フライト間近の倖くんだったけれど、ローマからどこか行くか?って聞かれていたらしい。
そんなこんなで話が纏まりかけて、ツアーのローマ観光は全部キャンセルさせて欲しいとグループに申し込み、バチカンまでとりあえずガイド付きのツアーバスにはひょっこり同乗して、そこで倖くんと次の日落ち合い・・・

行きたかった所?

行った事無いのはね、ポンペイとかナポリとか~って、打ち明けて倖くんの案内で観光すること3日間。
飛行機代は全部彼持ちか?最後はベニスにまで送ってもらい、グループと合流したらしい。


_ ゆう君が選んでくれたのぉ!

母からのメールは、とっても楽しそうだった。


本眼って云うんだろうか・・・



代々伝わる様な由緒ある本物に囲まれた中で育ってきた彼にとって、勝手知らず何気なく選ぶものが価値高く評価されたものなのかもしれない。

しら~~ っとそんな事を書いていた母からのメール。

_ あんたからも、ゆう君にお礼して。

どんな高貴な高飛車か?って思ってたらしけれど、エロリーマンは砕け度普通の男子である。
どはは~!とバカウケもすりゃ、スラングのオンパレード会話もする、アメリカの男の子。

楽しそうであった旅行だけど、私が頼んだわけでなく、彼の方が勝手にした事。


実は・・・

この勝手な行動は、ちょっと私の気に障っていた。



母にとって、娘の配偶者になるかもと思うなら、彼のお眼鏡に引っかかった私を 誇りに思う と書いてくれていた。
けれど・・・


本眼っていうのか


ポンペイに行った時、佛眼のある父が選んでくれた、私へのお土産のカメオ。

なぜだか・・・ 2つ。

1つは、これにしよっ!とのインスピレーション。
もう1つは、色がキー。

この2つ・・・


_ どう?



判定?・・・・

両親の生んでくれて感謝旅行に、私の結婚の行方が見えていたかは

ひょんちくりんな勘を持つ、私より霊感の強い母に何か見えただろうか?



倖くんと初めて会ったその旅行。

に・・・

・・・ね・・・・



2つ


2つ


蒼惑星海の底辺に沈む色



カメオの貝の色は一つ一つ全て違う、世界中に同じものが

2つとして無い ほど様々・・・



深い場所の心の色を

美しい海、その海底に埋もれ、固く閉じた内側

ピンク色の深心が・・・



鏡の様に左右対称に

2枚貝を開き、左右対称であるかと言われたら・・・





勝手な行動で、両親をサプライズに楽しませてくれた クーと倖くん


だって

Angelのバースディ旅行。



Thanks Mom and Dad

お父様、お母様、彼女を生んで下さってありがとうございます。



俺からのお礼の気持ちは、この世の誰よりも深く
 





その外側を内側に程近く薄く磨いたら

歳月をかけ 育ってきた過程の折り重なる多重層表殻に

人の育つ過程に似ていると思うのは
・・・ 私だけだろうか


人は・・・ 盲目にされる

目に見えるものだけに思考を奪われて

心に響くものへと感情を制御する、心の防御

精神が勝手に起こす衝動反応行動は、心情遮断で



一度、そのボーダーを頭の中で無意識に引いていたら

心の中に、違和感に険悪を覚える動きに、胸を苦しめる。

胸・・ そう、命を動かす 鼓動と呼吸

動機息切れに、体温調節を狂わせる冷めた汗



歳月をかけ 積み重なりゆく 様々なボーダーは

命年齢の輪  

“ 年輪 ” である輪を一つ一つ剥いて視えたものは・・・


人の育つ過程に似ていると思うのは
・・・ 私だけだろうか


誤魔化したり 嘘を吐いたり

正直に成って素直に受罰するより

自分を防御する殻を重ねると







プライド高き 妖精皇帝王神たち

自分の恋愛事情が甘(うま)いとは


なんぴとの世衆に思わせたいよね


I LOVE YOU

だいすきだよ


Positive + Negative -

鏡の様に、存在する 現実と幻想



願いは・・・

見えない マイナスの影の 幻想夢のなか


時生は・・・

肌に感じ目に見える プラスの光のリアル




神に近き、そらの距離から舞い降りた

授かりものの精神を受け継いだままの

ようせいのおうさま・・・ タチ  







目に見えない黙知 冷戦の様で

心中に寡黙秘隠す 鏡反の感情

共鳴するように

叫鳴するように

鏡鳴するように

 妖精皇帝王神たちへ・・・


妖精  性質

皇帝  太刀

王様  質智

世神  立ち・・・
その 君たち

だいすきです



Julli

Caesar






ふふっ

My Heart Courage


継接ぎな様でも、テトリスの様にその形は7種類の様で

重なって統一する 1せんじょう
線上でもあり、戦場でもあり、選情でもあり、千乗の可能性が潜む7未知に



■■■

光と影

破壊
しん 心

私Julli’s Heartへ


■■
■■

+と-

自愛
しん 新

私のJulli’s Dreamへ


■■
■■

陽と陰

独占
しん 芯

私のJulli’s Sympathyへ



■■


流と留

逃亡
しん 身 

私のJulli’s Loveへ



■■■

表と裏

内向
しん 慎 

私のJulli’s Sensitivityへ




■■

暖と冷

外撃
しん 臣 

私のJulli’s Infinityへ



真夏の夜 世の夢を見た私の幽体離脱

■■■■

鏡の様に熾る同じ様な出来事が それぞれに重なる




Positive + Negative -

鏡の様に、存在する 現実と幻想


私の
神 芯 へ・・・



幻として現れた姿に、私には・・・

7つの即時判定限界ブロックは常人のもの

それ以上の可能性の形はパズルの様に嵌るピースではなく

む 夢 霧 無 の形

私の頭の中にたくさんのピースがおぼろげに浮かぶ・・・



無限のInfinity 8 その向こう・・・

可能性 そのPossivirity

限界を2つ超えた数字 9に安心を人は覚える

2枚合せた貝合わせと、古来の遊びから 

100人1首の 色ハ に想う




ボーダーを歳月の過程に微々超越を繰り返し、人は生きる糧と目標に

前である、一線上の未来未知を想像する

破壊と創造を繰り返す、想像は妄想で終われば 夢のまま

あと1つ そして そのまた1つ先に掛かる永遠の魔法に

無意識に期待を膨らませ、人が目指しだすのは・・・・




頭の中に浮かぶたくさんの事は

頭の中にすごい速さで廻り出し

頭の中を混乱させる要因だけだ



・・・・のは、本能だろう。



では・・・

正しいと解答をそこに見出せると仮定したら



たった一つの答えより、多重種の回答の可能性。その方が・・・


楽しい


・・よね





12の魔法が解けた後の現実は

鏡の様だと自分を見た自分を思い出す





妊娠したかもしれないこの日









CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

+ 9 ½-√II BLUE MARBLE ∴ † V after FOR 



  Far away beyond...MOST beautiful sea in the BLUE MARBLE * INDEX

    Then....

         After For





  そうそう、偶然出合ったのよ

  偶々だって言ってたな・・・



たった12時間だけ娘のところに遊びに来た両親が 言ってたっけ・・・・




私が潜在に埋め込まれたと憾える 一記憶

でも それは Remembrace



Far away beyond . . .most beautiful in the BLUE MARBLE
.            1 / 2
.            -P

Midnight Mare Z*
between
PushPullDull≦♥

  

 D E A 


        I

                                              ア イ 

        I

                                              会い・・

        I

                                              遇い・・

        I

                                              逢い・・

        I    

 
                                              遭い・・

        I
 
                                              合い
    
        I



愛か ・ ・ ・ ・






Giving Birth その Due Date

英語にするとよくわかる。

“ 誕生を与える ”  この出産という言葉も “ 期限日 ” この出産予定日という言葉にも

一生命を産むその日とは、母体にとって



胎児にとってのその日は・・・

 一生命が ‘ 熟む ’         その期限の時だと私は思う _________...




き げ ん

‡ ゲ ン




起源

起原


新命

芯冥








母にとって体の芯が蝕まれた体芯の自己再生を

                        

瞬間

誕生を試みた新生児は愛しい母への感謝を込め

                        

選ぶ









私という人間を 作ってくれた、親に感謝。

魂の入る為の外殻を形成してくれた期間は、私自身にとって残り1ヶ月弱は必要ないほど早く
50cm 3000gの標準見本に到達し、母のお腹の中で出たいと、母の中を抓った記憶がある。

おなかとつながる管状のチューブをぐにゅっと握り、もう片手で子宮内を手で探ろうとした。
その時の背中と手に触れた感触を思いだせる。 自分で寝返りを始めたのは、ヌルヌルしてさらさらしていた液体に、簡単だと思った。
でも狭くなった気がしたのも確かに覚えているのだけれど・・・
成長時 自由に中で動かせていた手が急に、片手だけ4本の指先がくっ付いた様になって開こうとしていた。
なにかが纏わりついているという感覚を思い出せる。

  これ以上育ったら、出るのが困難。

難産で脳や殻体へのダメージを受けたくないと自分で思ったのか・・・

  出たい 出たい 早く出して

たった1度だけ、指が開かない手を ブンとして触れた覚えがある。


お産がとても楽だったって言ってくれる母、自分から出たいと思った私の記憶。

母はおなかの中が一度だけくすぐったくて、そこは痒くないですよ~ と痛みの中にウケた思い出を今でも語る。

お風呂大好きな母は、出産後の風呂禁止令と出産中は綺麗で清潔な方がいいかと考えて、出産に向かう前にお風呂に入った時には始まった陣痛が治まったと言う。
お風呂で休憩?・・・

  あんたも休憩したのよ。 私と共に。




自分の誕生日

自分がこの地上に、生まれてきた時

自分が生まれてから、息を初めて吸い込んだ時

                                  この2つの時間は異なる
 

胎児は母親の胎内から、自ら出ようとする。
その胎児としての成熟を自ら感じ取り、胎動を起し始める時も異なる。


                                  この3つの誕生の異時間


羊水の中に浮かぶ胎児は、両生類と同じと譬えられたりするが、
呼吸を必要としない生命維持装置のチューブ、液体中の酸素供給で賄える。

胎盤と繋がるその生命維持パイプを外し、呼吸を始めたくなる

自らの初めての意思と

母体への感謝なき反抗と

胎児としての 死を ・・・                     この地上に・・・




その時とは

第一段階 自らの一り 一人の我誕


                                   地に返る とは  

                                   
                                   死を例えはしないか?・・・



 
逝時と産時は 同じである
 




この世で1ばん美しい


それに

蒼惑星の彼・方より


逝地と産地も 同じである


ANGEL 's S belieVe


3
*      5
...   S





もしも、子供が出来るなら・・・

快感を

本能のまっとうの絶頂を

お互いに求め合う、行為ではなく



愛を向けてくれ・・・

愛を感じて・・・




『 I Love you. . . 』





愛を育みたいと願う心と共に、その瞬間に、生まれてくれると思う



愛し合った 


その証


2人の同じ・・・ 一つ       愛                だといいな。





私の誕生日の後の、妊娠した日・・・


尚ちゃんとあって

レイノにあって

タイラにあって

秀くんにあって

ただ一人、逢いに行く為に向かった先で

ゆう君にあって・・・・




2人には 2つの同じ 鏡の様な出来事がある ___________. . . .






How do you think about your own future ・ ・ ・ ・ 

 ・ ・ ・ ・ The time goes as never stoped by own decision

By the another TWO of ONE           as of own Judges

in your mind...    ・ ・ ・ ・ 








- If you are like this person -





Good Luck to My.... BOYS

And

Good Luck to ME ... from Mom too












こんなひとがせかいのどこかにいる




さよなら  そうおもうときには ・ ・ ・ ・ 

ではなく・・・

 ・ ・ ・ ・ このいくえいえんの 彼方さき





Good Bye              ・ ・ ・ ・ 

心残りを残している 良楽な思い出を

 ・ ・ ・ ・ ありがとうと その時に別れを告げる 言





So Long                ・ ・ ・ ・ 


未来の先に出逢える想意を心に感じ

 ・ ・ ・ ・  永久 来たる時が待ちどうしい

永遠 何処かで未地の距離に ・ ・ ・ ・ 

 ・ ・ ・ ・    その確信を感じている意を表した 追言 






私には一も、2つの思いがある




HEART

こころがひかれあう このひと一との



 ・ 心が向かう様に感じる罪への償いは

 ・ ・ ・ ・           時に 祈りを守護救助に求め向ける

反面 祈りは側に行きたい 要望だ        ・ ・ ・ ・ 





Dear.
   my dear... my Twins

双子の息子へ




決意までの時間は、止め処なく流れゆく

この人生には 2 岐路Reraodの存在

ふたつにひとつ その わかれ みち は

自分の意志で決め違う みち に進むか

想記刻まれ残った罪に従示運命なのかと





彼方への導きは倖運と祈り ・ ・ ・ ・ 

 ・ ・ ・ ・ 私の先も幸運であります様に・・・

美しい 蒼惑星の彼方       にて 









一生命を創る行為を 遊びに変えた 私たち

神の嘲笑う 神に  自神が笑いを天に向けた



運命 自我 時間は・・・


きっと人間には永久に判らない未知次元の歪捻に

存在していると幾永遠の彼方の瞬きに願いを向け






My heart on my grave 心臓を自ら入る石棺の上に置いた

心想憾を墓石に残して立ち去った My heart on my Grace 

I am not creed 信じる要素をその場に置いて来たこの精神も

神を信じる暇なんて何処にもない この人生に I am not ..... CreePPPPPPPPPPPP




Creepy

So.... Weird





クーがプロポーズをしてくれた。  私の誕生日のその後、私は妊娠したその日・・・

尚ちゃんとエレベーターの中を写真に撮られた後

レイノに遇って

タイラに遇って

秀くんに遇って

ただ一人、逢いに来てと素直に向けてくれた クー

クーに逢いに行く為に向かった先で

倖くんに遇って・・・・




 
この話に続けようと思ってたけど、記憶に忘れられない出来事に、先に触れておきたいと思う。







WARNING

y

privete area trespassing







X






the Dream of White Night Mare
case #7 Decoy

with Fairies
A to F













彼ら6人ともに、2人ずつの2つの同じ、鏡の様な対称の出来事が稀に起きている。

クーと尚ちゃんが同じ様であったり、尚ちゃんと秀くんであったり、秀くんとクーであったり
同じようにタイラと尚ちゃん、タイラと秀くん、タイラとクー
レイノのタイラ、レイノとクー、レイノと秀くん、レイノと尚ちゃん
倖くんとレイノ 倖くんと尚ちゃん 倖くんと秀くん 倖くんとタイラ

倖くんとクー・・・ 

この二人には特に、彼ら自身も、前にあった状況がすぐ脳裏に蘇るほど起きている。


私は、彼ら全員が大好きです。  いくら私の後を追う様に、突然現れたりしたってね。

なぜ?・・ 

私たちには信頼という、年月という過去を過ごしてきて、お互いの心に出来たものが強くある。

それに私にだけではなく、彼らは皆に優しく、とても正義感あふれる人です。
危険を顧みず飛び出して、他人を救助し怪我をした事も多々・・・
私も人を助ける事は、人が知らん振りしていても、周りを気にせず助けますし。

見て判るような身障者なら、突然声を掛けられるのが怖いとか、その状態も把握して声と同時に軽く触れ、その先は工事中とかね盲目の人にはきちんと目になって行ける所までエスコートしたりとかね。
母が難聴者なのもあり、耳が聞こえない人は手話での会話も、他国語でも書いて教えちゃう。

力が必要な老人の転倒とか、事故の瞬間とか、この6人は自分が持っているものも手放し私も押して、一目散に走って行ったり。
私も多タ多々多々タ々っ 幾度と助けてもらった事があるか・・・ 複他っ

ストーカーかよ。 そう思える私のスケジュールまで把握するように、突然現れたりしていた彼らだけど、私は疑問を返すも何も・・・

これ。
 



それが先に触れておきたいと考えた部分です。 




どうして?・・・・


そう皆から、言われた。     Factor ... X っ!




 私は............







 S vs S 


the Fear ⇔ S sweat 
S Tear ⇒ ' A ' swear


?


In there won't be Magic. Only can do believeness by the wish
 ・ ・ ・ ・ the Hope will turn in the wish from believenesses

the real is with non-magical a drop of liquid  ・  ・ 
the real would with non-magical fairy can be would be by...



6 fairies is real human being as My super Hero

Always...       ・ ・ ・ ・ 

 ・ ・ ・ ・      ...Always

Always they are Super Hero






そこには 恐怖と汗との 涙と信懇との 緩和を試みる自分

魔法なんて この世に存在は皆無で ただ愚者の行う 愚行

祈りを向け・・・    その祈りを信じる事しか できなかった



祈りは希望行思に懇願と変わる その自分の懇祈願は

汗と涙の対称な精神状関を大きく膨相させられる中に・・・

現れてくれる           妖精は6示現

6人の妖精は          魔法なんてない

人間

私の         

いつも                いつも  

Super Hero











私は、小学生の時は、変質者に数度遭った事があった。

当時はやっていたのか?夏の暑い日にコートを着ている人に、前を開かれる意味の解らない謎の行動や
バスの一番後ろの列に居たとき、目の前でひとりHを披露されたこともある。
すごい冷静に見ちゃった私。
思わずこの6年生の時尚ちゃんに、ひとりHって どうしてするの?って、次の日聞いてしまった。
気持ちいいからじゃん?って教えてくれたけど・・・

中学になり尚ちゃんが寮生活に入り、私もほろほろ微々たるギャラを貰い始める様になった。
尚ちゃんと会うことは寮に入ってからほとんどなかった。
でも夏休みに入る頃、仕事に行った先の廊下で、一度ばったり久々に出会った。
寮生活、マジ、監獄かっての・・・、はぁぁぁ~~。
ってか、中学どう? お前、もてるだろ?と突然聞かれた事があった。

  うん、まぁ。 

何気なく言ったこの言葉が、尚ちゃんにとって忘れられない、なにかの引き金のような言葉だったらしい。

ウソじゃ無い。 そもそも自信があった私。でもそれがウソじゃない確信を、尚ちゃんは幼馴染ながらに自信をもって言えたりする。

私の初恋は、実は幼稚園の時。
幼稚園に入る時、とある私立大学付属の幼稚部に合格した。
この学校は、後に尚ちゃんも秀くんも小学部に通った付属の学校。

知能テストの様なものがあった事も覚えているし、面接もお母さんと受けた思い出もある。
母は学校側からゼヒ!と言われたらしいのは、すご~い1番だって~!と手を叩いて大喜びだったけれど、1年違いの兄と同じ場所にしたら?と、送り迎えを考えた祖母や父が入学を反対した。

確かに私に付き添って毎日、朝と午後に地下鉄数駅乗って1回乗り換えをしなければならない。
乗り換えのその駅はJRの駅でも、たぶん日本で一番人がいると思う駅。3、4歳が一人で行けるわけもないし、心配なのは当たり前よね。
兄の通う幼稚園バスの集合場所は我が寺前。送り迎えなんて門前に行くだけで、ごみ捨て場より歩かない。

その面接に行ったとき、廊下で待っていた同じ歳の男の子に初めて一目惚れをした。
横に座ってお話した、その男の子の名前も覚えているよ。
でも・・・
私は兄と同じ幼稚園に通う事になり、その後もその学校との縁はなかった。

こう考えてみると、この学校に行ってても私、秀くんと尚ちゃんには出会う運命だったのかな?・・・

8歳の時、校庭で出会った尚ちゃんとは、それ1回以外に小学校では一緒になったことがない。
男の子を好きだと思ったのは、一目惚れしたその子以外、小学校に上がってもこの8歳まではなかった。


小学生の頃、数人の男の子から告白される事があったのは、転校した尚ちゃんも知っていた。

 違うクラスでも有名だったぞ、お前。 

私とすれ違った事があった時、尚ちゃんのお友達が私の名前まで知っていて、あの子と同じクラスがよかった~と言っていたらしい。へ~~・・ 素直で真っ直ぐそうって思ったぐらい。
それが私への第一印象の尚ちゃんは、半年後、私とブランコで出会い話を初めてした。

私は尚ちゃんと出会ったその時、尚ちゃんに恋をしたわけではなく ‘ 同類の人間 ’ 仲間がここにいたと感じた。

尚ちゃんは初恋をした事がまだこの時点では経験がなく、異性を好きという恋愛感情を心に感じた事は1度もなかったらしい。
私と同じで、同類の仲間だと友達とも違う感覚に触れた。

小1のあの時も、男友達が戯集れて必ずいたな。


  あんじゅ。
   お前もてるだろ?・・・

その尚ちゃんからの質問には、中学になってすぐにあった事を話した。

入学して1週間が経とうとしてた。
1年生の教室の廊下の先は、音楽室や美術室とかに続いていた校舎で、学年の違う兄も私のクラスの前を通る。

休憩時間に友達といる兄に廊下に呼ばれて、兄のその友達に告白をされた・・・ それ。
同じクラスの子達も、その並びのクラスの子達も、たくさんの子がお昼休みで廊下に居た。
とても多くの子がいた中で、返事をするかというのには何も触れず、2歩ぐらい離れたところにいた兄には何も言わなかった。
私はその日舞台リハーサルの為、そのままお昼を食べずに早引き下校をして急いでいたのもあった。

歳が1、2才なら、それまでもジュニアの子とかで、年齢を意識する事はなかった。
小学生の時から一人でお稽古に通う様になっているうち、お稽古事のお友達の方が学校の友達より仲がよくて、男の子も女の子も同じ様に夢を追う意識高い仲間と思えてた。 
何期生という世界の中には年齢なんて関係なかった。 よく男の子たちから個人個人誘われて、同じ数の女の子と男の子で、遊園地や街ぶら的なグループ交際をお稽古のない日にしたりしてた。
でも同じ学校で学年が1つ違うと、なんか大人びて見える先輩という感じだなとは、兄の友達に思ってただけだった。

その次の日、3時間目になったら、隣の席の男の子が換わっていた。

一番後ろだった私。 
それまでの机を付けた隣の子とその前と、通路側の隣とその前から、 俺な、おれな、オレな、俺な と猛烈自己紹介を受けていた。
アピール?
でも、存在の。 ってか、自分がここに居るという事を、運命の中に存在しているという事も含めての。

私、頭いいの。そんなに何度も言わなくても、顔も名前も一致とっくにしてるって思ってたけど、私の前の席の女の子とお友達になりたいと明るくなるべく声をかけていたのは、きっと虐めの対象だったかな?と思えてならない女の子だった。
慈悲?ではなく、私は彼女となんか心の奥で通じるものがある気がしていた。

まだ出席番号順に並んでいた席だったけれど、机を並べた隣の男の子と通路を挟んだ隣の両方とも、違う男の子が座っていた。
2時間目の男女別の体育の授業で、何か競争したらしい。

3時間目から変わった男の子4人は、俺が1位、オレ2位だった、俺は3位、おれは4位。よろしく。 そう挟まれて紹介されて知った・・・
クラスのほぼ全員の男の子が何かで競った4つの席だった。

体育の授業ごとに数回、男の子が4人ずつ、その4人がもともと座っていたところに、それまでの4人が入れ替わる。
あれ? 間違い探し? 計8人が勝手に入れ替わりをしたため、くじ引き席替え と担任の先生が決めた・・・ が、
恋を応援~ 高校の同級生とめでたく恋愛結婚したばかりだった担任の先生は、隔週月曜日ごとのくじ引き席替えなら公平じゃん?って事にしたのには理由があった。
小学校と中学の違いかなぁ? 私がいた小学校は、ほぼ全科目の授業を担任の先生が見ていた学校で、高齢の担任の先生だった高学年の時に体育の授業だけがヤングマンな先生に代わってたけどね。
中学は科目により教科ごとに先生がかわる。 きっと公立校はみんなそうだと思うけれど・・・ 

たくさんの受け持ちクラスもある科目ごとの先生方は、まだ1週間の新入生には出席を取る出席番号順でないと、顔と名前が一致してない状態だったので困ったと担任の先生に言ってきたらしき。

でも担任の先生は、恋愛賛成派。 公平に。
生徒の中も公平に担任としてしたいし、先生と生徒の間も公平にしたい。そう考えて、先生方の意見だけを生徒に押し付けないように計らってくれたらしい。

でもそれも、教師が生徒に社交を教えるには沿っているし、教師が刑務官の様に図に乗らないようにともね。

自分が先生になった時には、この先生の対処が講師として取るべき、自己尊重の重要性に最もな事だと私は思った。
ちょっと脱線するけど

‘ 自己尊重をしてあげる ’  これには

アメリカンスクールでは自分で行わなければ何も待っているだけでは、先生が先立って誘導し何かをしてくれるわけではない。
日本の学校と一番大きく違う点かと思う。
自己尊重には生徒の自己発揮の可能性を引き出すには必要だし、その自分で自らを引き出し導く力に信頼を置いてみているか、それとも自発的な力が本質に備わってないか、及び自主的に行動を起こさない性格上の問題かととる。
その時限爆弾の様に1週間という時間で十分だろと切り捨てる。のも、この1週間に理由がわかる。
現代の人間に備わったバイオリズムは、時をカウントする暦を、生れた時には日週年と親のリズムから自然と作られている、この社会順応基本バイオリズムの中で、一瞬でも輝き瞬兆の発揮を見せられなかったら、その兆しも能力もないという事かとね。

私はこの担任の先生の、個々の感情を尊重し、学力重視だけでなく人間に必要な人生中の事の方が人として大事だと教えられた。 こう思った事はその時に一瞬にして心に刻まれ、あらゆる分野の先生や講師や師範になっても、アメリカンスクールの方針とこの中一の時の担任の先生をお手本にした。


この多感に成り掛けはじめるお年頃。

それにこの頃、私は、中学と小学の境目に感じた、人生の節目みたいなの・・・
中学を期に、お稽古事やジュニアのレッスンをやめる切欠になる子もいる。
会わなくなったジュニアの子も多くなったけれど、学校の男の子に興味が薄かった私。

でも頻繁な席替えを全員がして、誰もが直ぐに友達が増えていった。
もちろんその私が初めに友達になりたいと思っていた、ちょっとネガティブで直ぐにドーンと独り世界にInしちゃう女の子も、急に明るい性格になって交友関係は3年の先輩にまで広がるほどになり、私たち2人の周りは男の子がいつもいて楽しく過ごした。
ってか・・・
早っ! 入った部活の3年生の先輩、生徒会長をしているスーパー人気のある男の子に告白されて、いつの間にか付き合ってたので、学校中の男の子が彼女にだけはドンっ的存在の彼に恐れる様になってたけどね。


  それにね、
  学年の違う子や違うクラスの子からも
  名前を呼ばれたり話しかけられたりしてるよ。


  そうだな~・・・  多分俺が思うに、
  お前の名前を知らないやつは、学校の中にいないんじゃん?


ん~・・・ 目立っているとは思うけど・・・
マンモスな1000人以上の学校なのでそれは信じなくとも、尚ちゃんは小学1年の時もそうだったと言った。
尚ちゃんは1年生の時には、学年が上の子に目を付けられてなんだか知らん因縁を向けられ、言葉巧みに言いくるめ高学年を子分にしていた。 その中でも、私の名前は知られていたと言う。

そんな話を尚ちゃんとして、3年生の年末まで会わなかった。

私が普通高校に受験する時、同じ学校を受けようと必死に勉強したって男の子も多数居た・・・が、それはそれで、めちゃめちゃ勉強しだし先生や親は喜んでいたようだった。
逆志望校、学校からのご要望の高校は・・・ かなり難しいし。

受かった子もいたけれど、成績順のクラス分けに同じクラスになる事はなかった。 その中の1人は、中1の同じクラスの時、出席番号順で通路を挟んだ隣の男の子だったけどね。
成績順っての。この高校はクラスが違っても、成績で同じクラスに確実になれると次年生の目標に、廊下で会った時に意気揚々だった。
でも即転校。 ごめん。 
それに中3のお正月、尚ちゃんと再会して初めて身体を重ねました。以降、尚ちゃんが常に頭の中に居て、同じクラスの男の子と付き合ってもね・・・ どうも私には学校の子より、どうしても習い事やジュニアの男の子の方に。
まぁ、色気なのかな?・・・ 
部活の埃と汗より、ダンスやらの汗に香りも混じる方は、モテ技術&美男子磨きに自意識高く、いい男に成りたいと一生懸命だからなのかなぁ?

でもな~んか、そんなのと違う。

私が学校の子と違うと感じていた大部分には、夢を追っているという目標の芯が揺るがなく強いものだと感じてた。
部活動に真剣でも、例えば中学になって始めた野球じゃリトルリーグで子供の頃からビシビシ受けてきている子がプロ野球選手やメジャーの選手になりたいと夢に向かうのでは、レベルが違うと思うこと。どんな分野のアスリートを目指すのと同じよね。

同じ様に夢を追うという道の部分に私が同感できるのは、すでに社会の中に適応しているという意識に、大人と同じに順応したいという意欲が誰もにもあって、ギャラに出演料やお祝いなんか貰ったりすると、社会の中で働いているという認識を自分の中でしている。それらが、こちら側の友達にはあった。
それにお歳暮やお中元、プレゼントに、楽屋へのお見舞いや、お花を送ったり、何かあれば絶対お礼なんかもね。
このコネを創りたい世界では、すでにそれらの受け渡しに幼少期から慣れていて、ギャラと共にお祝いと称して頂いたりすると大人と同じ扱いを自分が受けていると思えた。
ギャラを貰っている身分には、プロと同等の厳しい扱いを、監督やインストラクターや先生から受けたりと、いろいろ誰もがまだ未熟な精神に揉み込まれているのもあるからかもしれないけどね。

小6で書道とペン習字の師範になって、中2でバレエクラスを持たされて、自分より年上に何かを教える様になった子供。
その人生模様中でプロを目指す、自分の人生の夢にも向かう。 先生とプロフェッショナルは違う区別で、私には教える側と教わる側の両方の考えと気持ちが解るところから、学校の友達とこちら側の友達とは、同じ年齢でもちょっと違う感じだった。

私が唯一、それまでの人生の中で、自分に似ている奇人変人だと思えたたった一人
そこで、奇人・尚ちゃんと同じ高校生になった。

同じ学校は働いている子が多くて、これまでの学校の友達と仕事の友達と分かれていた感覚が、まさに一緒になった感じの同類仲間、そんで奇人驚人変人類。そんなキテレツ同類な友達たちができて、このアメリカンスクール生活は、勉強もマジでしないと追いつかないレベルに競争心は盛りもりと沸き何から何までとても楽しかった。
だって先生の頭も、その回路は未知∞。おかしいもの。

尚ちゃんは徒歩圏内に寮があったので、駅までわざわざ送ってくれていた。
朝の登校時は、いつも同じ車両の同じ場所に、クーの友達がいた。
電車の中で直ぐに手を繋がれたアメリカ人のクリス。 それに同じ電車の秀くんやヒデくんとか、地下鉄から上に出ると違う路線のアキちゃんとかヒデの彼女とか尚ちゃんの友達とかと、シャノ輪ーるとかMックとかミスど朝ごはんに待ち合わせしたり。
その他にも、行きがてらのコンビニとかで、友達にあったりとかして、いつも結構な団体で登校をしていた。


でもそれは・・・

直接的なストーカーや変質者が増えたからだった。






Good Luck to My BOYS

And

Good Luck to ME ...






Level : 0 Nothing







  何で、お前ばかり?





尚ちゃんもクーも秀くんも、いつも頭を捻る事が本当にずっと続いていた。

尚ちゃんや秀くんが、私を真ん中にして真横に並んで、駅まで下校したりしていても、私は突然 背中や太もも裏をふわっと撫で触られたりした。
尚ちゃんが抱き寄せて、道や駅の大勢の中、怒鳴ることもあった。


 あんじゅ、スカートだめ。
 足を隠せ


え?制服だけど・・・ 
そう思うが、小学生の思い出とともに、ブルマは? マジでマジ顔で冗談なしに言われた。

転校した小学は、女の子も短パンだったらしいが、女の子っぽくないと自分の彼女にあるまじき尚ちゃんのボーダー。

じゃせめて、アレ! アイドル雛の尚ちゃんが思いついたのは、テニスウェアにきるフリフリのアンダー。
Tバックしか穿けない私。  

・・・だよな。

それからのあだ名に森高ちゃんがあった。 それに尚ちゃんから下着をたくさん貰う様になった。


なのは・・・

駅のエスカレーターにある時、尚ちゃんが突然後ろに乗る様になった。

一段下のエスカレーターは、横向きになると、背の高い尚ちゃんの顔が、目の前にあってドキッとしていたけれど
それが尚ちゃんのねらいではなく、スカート下の盗撮を何回か尚ちゃんだけじゃなく、秀くんも見たからだった。

 お前、カメラよこせ。

交番に連れられていくのとどっちがいいか? と秀くんが胸倉つかんで脅した事もあった。

そう私ね・・・ バレリーナだからか、足は外向き開いてモデル立ちが多く、気づくと足を開いていつも立っている。
足を閉じろ。
母にもよ~く言われるこの言葉は、尚ちゃんの子供の頃からの口癖でもあったり。

尚ちゃんが仕事で居ない時、下校友達の中に秀くんがいつも居て、秀くんが家まで送ってくれた。
彼氏代わり そう言って尚ちゃんとの仲も、きちんと弁えていた人だった。 

でもある時、角好きの秀くんが電車の中で端に座り、その隣に座っていて、私の横に座り腕を組んでいたオジサンに、胸を指先で触られて虫か何かと初めは思ってた。
立ち上がってジャケットを脱いだサラリーマンのオジサン。
自分の肩から前にジャケットを毛布の様に掛けた動作に、暑いなら何で掛ける?着ている方がクーラー冷えしなくね?と疑問だったけれど、座った時私の太ももの上に乗るかと思うほど寄って座り、 狭いな~・・ そう思ってたら、胸を揉まれていた。

その時秀くんに急に寄り添って、しゃべりまくる秀くんを見つめて無言で居た私。
おじさんに背を向けようと必死。 秀くんの片腕に両腕を回す振りして、秀くんの方に斜め向いていた。
どんどん座位をぐいぐい寄せて、手が横乳だけではなく全部に届く範囲に来るおじさん・・・
夏服だった制服は、ブレザー無しでYシャツのみ。
ぱちっと背中を引っ張られ、ブラの留め金を服の上から外されて
直ぐに気づいた秀くんが、オジサンの手と私の体を離すように腕を間に入れ、私を背中から抱き寄せ
オジサン? 狭いからもっと離れてくれますか?  そうにっこり話しかけてくれた。

 じゅっち、ブラは寄せて上げないもの。
 胸をぺたんこに

ボタンも留めてネクタイしてるし、制服なのに?・・・ 
そんな私に、 いや?制服だからエロいのか?ロリの気持ちは理解できない。 

そんな秀くんは家までよく送ってくれたり、一緒に行動する事が多かった。


満員電車の中の痴漢は、制服だろうがジャージだろうが、結構あったりとはいっても、別に毎日あるわけじゃない。 のに・・・


 知らねぇ気持ち悪い奴に、俺の彼女を触られたくない。
 見境い失った奴に、運命の俺より先に触られたくない。

・・ってか、同じ男として最低だと思う!

気持ちわりぃっ!
Sooo ぐGろぉossっ!

秀くんや尚ちゃんが、絶対離れないで ってサンドウィッチ状に二人に挟み込まれてた。
前の秀くん後ろの尚ちゃん。

あんじゅ、前からだけ見てろ。 事務所が近い尚ちゃんだけの時は、後ろから抱き締めてくれていた。

ん?
なぜかと言うと・・・

また別の違う時、ドア横の角に居て、その角に痴漢に押しやられた事がある。
どうも誰かが膝で足を触っているような気がしていたが、満員なのでそうも言えない。
体の角度をぐるぐる変えて体制を変えていたが、その人の腕が椅子の手すりとドア横の手すりにつかまっていた。

両腕の中の囲い。 真横にいる尚ちゃんの胸の前に伸ばす腕が、離して少しでも遠避け様とシートの手すりに捕まっていて、それでも私は尚ちゃんの顔をずっと向いて話していた。
なんで回ってんだ?お前? 尚ちゃんも気にしてくれていて、その人の腕の下をくぐっても、ゆれる度に持ち変えられた。

ドアが開いて、尚ちゃんと私の間で手すりをつかまっていたその手で、腕を引っ張られて止まった駅に連れ去られそうになり、手すりにつかまってた尚ちゃんの腕を私が咄嗟につかんだ。
その時は、一つだけらっき~に空いた角、そこに座っていた秀くんと3人だった。 尚ちゃんの腕を思いっきり握り締めて、人の流れに押し出されないようにして、尚ちゃんも私の腕をがしっと掴んで離れない様に引き寄せていた。
座っていた秀くんが気づいて おらぁ~!って怒鳴り散らしてくれた。

そんな珍事件より、学んだ。  満員電車はつかまる所の無いど真ん中。
人波に流されても3人丸ごと。

こうして二人のサンドウィッチが始まった。

いつも秀くんの顔を、満員電車の下から見上げてしゃべってた。
いつも尚ちゃんが肩越しに喋ってて、横を向くたび話している唇が頬に触れてた。




でも尚ちゃんも怖くなった事があった。








Good Luck to My BOYS

And

Good Luck to ME ...






Level : 1 Light









マジな方の、ストーカー第1号。


  絶対、ストーカー。


学校で尚ちゃんがそんな話を向けたのは、原チャ通学のお友達、日本人だと思ってたクー。

背中や肩を急に触られる事はあっても、クー曰く・・・ 

  ナイフとか持ってないの?         だった。

日本人的に思う事か?とは、この時クーが外人だとは気づかなかったので、考えたことも無かった事を言われハッとしたけどね。
だってコヤツ日本の名前もあれば、飛護なんて漢字もあるし。
飛護 偽兄の話は現実的。

 対象に目を向けている、その好きなジュリを殺傷よりも
 その女の子を抱き寄せている、尚や秀の方に嫉妬が向かない?

危ないよだったのもあり、確かに背後から俺らも刺されたくないと言っていたが・・・


下校時、スクランブルな交差点、人が大勢の信号待ちをしている中で急に手を握られて、真横にいる尚ちゃんだと思って握り返した。
手をつないだまま2,3歩あるき出したら、尚ちゃんは鞄を持ってない手で、髪をかき上げた。

誰?・・・ 

思わず、尚ちゃんを見て止まって手を振り払い、尚ちゃんのその腕を組んだ。

手をつないだ人は、多分尚ちゃんの隣か真後ろの人だと思うけれど、向いた時にはすでに方向を変えて消えた。
でもいつも居るソイツか? 
きょろきょろど真ん中で背の高い尚ちゃんが確認をしたけれど、今までソイツには何をされるわけでもない毎日だった。
背中を触られたり、手を繋いできたりもないし・・・
そーいや・・・
一人でお稽古の帰り、急に後ろから腰に腕を回されて、2歩ほどカップル歩きに歩いたら腕が消えた事もあったけど、そんな事はソイツにはされた事は無かった。

私はこの頃にはすでにヌード写真もあるし、尚ちゃんの方も肌蹴た写真なんかもある。
尚ちゃんが痴女にあうこともある。 私だと思ってダメなんて耳元に小声で間近で見つめて言ってたけれど、何? なんのこっちゃ分からなかった私。
後ろから尚ちゃんが私の腰に両腕を回している満員電車の中、私のお腹にある尚ちゃんのその両手を両手で握ると、え?って尚ちゃんも驚くし、なんだよ又かよ・・ とも。


交差点で毎日同じ人が、下校時毎回違う時間でも居る。  
何気なく尚ちゃんが、そう気づいた事があった。 




 忘れない、忘れられない顔・・・


 




尚ちゃんと学校のスキーに行った時、初めてのスノボーで左利きになった理由がある。

Goofyの尚ちゃんだったから、私は初めRegularにした。
リフトに乗るのに、初めてだから端が良くても、尚ちゃんは左利きなのでマナーとして端に座る。
4人乗りだと右利き初心者の私とは離れて乗る。

真ん中にスキーヤーの人に入って貰ったりしていたのだけれど・・・

3回4回、同じウェアの人が私の隣に居ると尚ちゃんが気づいた。
確かに・・・。
数回思った事がある。 初心者の私はリフトを降りるとき、どーしても誰もが離れてほしいのに、座ると真横にぴったりくっついてくる人がいた。
あんじゅ、左で教えてやる。初めからなら右も左もまだ何も関係ねぇし。 そうやって午後になる頃に急に変えられたのだけれど、両方ともすぐ滑れてもやっぱりリフトを降りる時が怖かった。
プロ並みの尚ちゃんは、マナー違反だけど俺に後ろから抱き付いて、一緒に滑って降りたら? と私を端に乗せた。

尚ちゃんの教えてくれた降りる時の、ひざをリフトで押されるだけで自分で動かないとかの感覚に、あ~と気づき、ちょっと慣れてきたら、今度は尚ちゃんが逆に抱きつき、リフト前の小雪山にワザと突っ込まれたりして楽しんで遊んでいた。

友達だけでリフトに乗って4人まとまって雪に突っ込んで遊んだり。 
英語交じりだし他国の肌色の子もいるので、確かに目立っているとは思うかも。

その後、リフトを降りて片足のバインダーを付けている途中の尚ちゃんに、ぶつかってきた人が居た。

立ったまま少し離れようとしていた、片足の私に尚ちゃんが突っ込んで落ちてきた。

結構滑落。 ってか、ゆるい斜面なので怪我は無い。 
30mぐらい背中で落ちてったけど、尚ちゃんにぶつかった人は、ごめんね~って深雪の林中に入っちゃった私に手を伸ばしてくれた。
片足しかついてないボードが雪に刺さってて、足が変な方を向いたので止まった。そんな足まで抜いてくれたが、腕を引っ張って背中に腕を回して起こしてくれて・・・

が・・・

 ちゃらちゃら いちゃついてんじゃねぇよ 

 ぶつかった時そう言われた。

って・・・ 一応学校行事参加なので 2 Queenのホテルのお部屋にて。
暴れるセックス用にと二人でベッドをくっ付けた状態のお部屋に改造し、広くなったその1ベッドでずいぶん激しく私を数回抱いた尚ちゃんが、数回目のセックス中、ちょっと萎えた時言っていた。

マナー違反も反省しての・・・ 次の日。
スキーヤーの来ないボードパークのみ。
ハーフパイプ行きたかった~って、確かにノタノタした1日に付き合ってくれた尚ちゃんに感謝。 
運動量が足りねぇ~ だったのか? 私の腰はガクガクデス・・。


東京に帰ってきて、数日。 それが交差点で・・・ 

いつもと同じ人がまた居るって、尚ちゃんが・・・  凍り付いて手で口元を隠した。


  スキー焼けしてる。


口元を隠したまま尚ちゃんが、私の反対横に居たクーに ぼそっと漏らした。
ゴーグル焼けしているその人は、クーの傍斜め1歩後ろにいた。 スノボーに行ってないクーは、マジ?うそだろ?って、思いっきりその人に振り返った。

  リーマンって暇? 
  俺、バイト三昧。全く暇がない。

クーがその人に声をかけていた間、私は尚ちゃんに引っ張られて、交番に向かった。



 
                   尚ちゃん、私ね・・・



                   その人が抱き起こしてくれた時・・・



                   あのホテルに泊まってるでしょ? って・・・
   
     
                 
                   東京から来てるよね? って・・・

                 

        どうして・・・    学校の名前を知っているんだろうって・・・



                  ・・・課外授業だし、英語だからだし って・・・    



                                  ・・・思ってた





シンボル・制服じゃないのに




                                   方言はない 北の離島地・・・






それは、クーともある






Good Luck to My BOYS

And

Good Luck to ME ...






Level : 2 Mild






                                   英語も話す 南の離島で・・・




    Far away beyond...MOST beautiful sea in the BLUE MARBLE * INDEX

  クーは何を見たんだろう・・・




沖縄での事だった。
サーフィンはいいけれど、私は ‘ 渦 ’ 恐怖症らしい。

アンモナイトやサザエにカタツムリ、ゆでたタコの足など、とにかく自然のぐるぐる巻きに恐怖を感じる。
ロールケーキやぐるぐるキャンディ、銀歯が取れる事がある不二家のぐるぐるキャラメルなんかは別に平気だけど。

波の自然滞留渦を想像する。 だけど台風や竜巻の航空写真も大丈夫。
太陽のプロミネンスの波渦なんて、見ているとワクワクワンダーランド。便意をもよおす程大好き分野。

自然というと違うんだけど、生き物のぐるぐるしているのが、ちょ~~~~ 苦手。

だって、ぐるぐる状で生きてる生物は、どーも生理的に受け付けないらしい。

そんな渦の生き物の宝庫、深海に沈んだ宝箱にも生息してそうなので、落ちているのをダイブで見つけても、多分触らず見なかったことにするだろう。

サザエさんは集めるほど好きでも、本物のサザエはぷりっと出した見目に、ぎゃー!と成る。
そんな私を尚ちゃんだけが、子供の頃から湘南に住んでいる叔父の家のバーベキューで知っている。

サーフショップとカフェを気ままに。そんな叔父は飛行機のプロペラや船のスクリュー設計士。
人工のぐるぐるやらジャイロばっかり考えてるサーファー。 

子供の頃から祖父や叔父に父に連れられて、海での遊びはよくした。
釣りが好きな父は、トローリング行ってくると言い残しただけで、サイパンまで行ってしまう。自分でボートも運転するボーズ。
ハワイに叔母が住んでいるので、叔父と祖父はハワイにサーフ。 
そんな血を引いた私。 
子供の頃はボディボードしかした事が無かったけれど、初めてのサーフィンは立てるようになって、一度都合よく、ひゅーーーっと波のままに、まっすぐ乗れてみたらとってもとっても楽しい。

お祖父ちゃんに教えてもらったボディボードのくるくる回るのも楽しいけれど、クーに教えてもらった真っ直ぐ進むサーフィンは大人感。
ウォーターパイプなんかに入れる様な綺麗な高い波でもなく、30cmぐらいの小さい渦が立つ波に、Toooo Smaaalllってアメリカ人の男の子たちは、ボードからダイブしつつ遊んでいた。

ビーチに皆でまぁまぁかためて置いていた、シャツやらサンダルやらの中、私のビーチサンダルが無くなっていた。

ボンキュッボンの女の子たちに混じり、周りを見ていると自分のスタイルも豊満な気分。 
もちろんビキニ。 だってそれ以外は紺色のスクール水着しか経験はなく、ビキニもTなのも平気~ んなのは子供の頃からビキニしか着たことが無い私、母も叔母らもビキニだし、母の選ぶ私の水着は幼児の初めての水着からビキニだった。
尚ちゃんはそんな私に子供の頃から慣れているので、かな~りずれている。 紐が女の子の基本にインプット。
なんで紐かというと、細すぎてサイズ調整が必要だからなのね。

ハワイで叔母と選んだビキニばかりなのは、日本ってビキニのくせに布が多い。
そーいや日本人以外の女の子には、ビキニ以外はウェットスーツのイメージで、ハワイでもアメリカでもワンピースを売っているのもあまり見たことが無いし。 

普通? 
ビキニも見慣れているアメリカ人の男の子たち。 私も舞台のそででの早替えに男女みんな まっ裸に慣れてるし、別に水着なんて恥ずかし範囲外にズレてる私。
モデルの仕事をしているアメリカ人の麗しい男の子達の中、意外に重いボードとかも、ひょいっと持ってくれる男の力の方が魅力的に感じてしまった。

一日中遊んでいるのは、北海道の課外授業と同じ様。 そういやスキーのはずなのに、誰もがスノボーしかしてなかったし。
同様。
遠泳いつするの?・・・ 真面目に考えていたのに、サーフィンを取得。

レンタルウェットを脱いでビキニになって、砂浜や波打ち際で皆で遊んでいた。
シャチ型の浮きを持っていた私に、直径2m近い地球儀型のビーチボールを持っていた私の友達。
友達であるクーの彼女とシャチを、ビーチバレーをしていた愛華ちゃんと地球儀ボールをと、シャチに乗るクーの彼女と2mのボールに乗れるかチャレンジしたいという愛華ちゃんと、二人が持っていた大きな浮き輪とそれぞれトレードして、浅瀬でクー達と遊んでいた。
潮に流されて沖に連れて行かれないよう、ライフセーバー並の男の子達と女の子が交互になって、隣の浮き輪に手をかけ一列になって押される波で遊んでいた。
隣のクーと喋っている間、カップル同士どんどん離れてクーと2人になった。
波のほぼ無いホテルのビーチ。

クーの方を向いて喧々囂々言いあっていた時、私の浮き輪横に見慣れない人が数人同じ様に流れてきた。

それが・・・

ぴたっとけんか口調が止まった私に、クーが気づき
私の浮き輪につかまっているクーの手に、私はその手首をぎゅ~~っと握って訴えた。

クーがちらっと私の後ろ側の水の中を見ていた。

そのとたん私の浮き輪隣りに勝手にくっついてきた見知らぬ人の浮き輪に、おもいっきり足を伸ばして、Get Out from Her~っ!と蹴りを入れた。


 大丈夫?信じらんない・・ ありえない


クーはぶつぶつ言いつつ、浮き輪に上げてた足を下ろしてみたら、上胸ぐらいの深さで足が底に届いた。
砂や土が嫌いな私。
海草が足に付く感覚も嫌なら、子供のとき、岩場の珊瑚で思いっきリ足を切った事があり、海底に足を下ろしたくなかった。

バレリーナとしてギャラを貰う私。
足の裏を切ったぐらいじゃ舞台に立つけれど、子供の時に切った記憶がよみがえる。

深い場所に突如あった大きな岩のさんご礁で急に盛り上がってて、突如の波に押されて打ち上げられた時、かなり深くグザグザに両足をえぐられる様に切り、その辺一体血まみれになった。
サメが来るかも? だってそんな国の海じゃなくとも肉食魚類はあつまるだろうし。
背の高いお祖父ちゃんに担がれてレスキューされていた間、サランラップのギザギザがいっぱいあった~~って、泣いていた2歳の私。
珊瑚やイソギンチャクに毒性のあるものだと大変だと、父が救急車を呼んでいる間、ぐざぐざの部分を海水で洗われて痛いのなんの+父が足に吸い付いて、血を吸い取りぺっの動作も足を取りたいほど痛かったトラウマがある。 

とにかく。

ここまでの痴漢行為を初めて受けたショックで、私は凍りついた様にフリーズしていた。
ぼーぜん。  この言葉意外、思いつかない。


 ジュリ?大丈夫?


クーに言われてハッとした。
私は浮き輪の淵に両足をかけたままの体勢だった。 その中心に足を上げて下ろしていたお尻から、そのままちゃぷっと全身潜って、上半身だけ浮き輪の中心に出した。

水着の上にサーフパンツを履いていたクーが、俺ので嫌かもしれないけど と海の中でサーフパンツを脱ぎ始め、ジュリ着て って浮き輪に浮く私に、クーは顔を水面から出したまま海中で履かせてくれた。

 コンタクト、流されたら見えなくなる。
 
初めてのかなりのショックにぼーぜん。
止まって直立状態にいた私を、はい右上げて、左も上げて、右下げる~ そんなゲーム口調で私を見つめていたけれど、無理に笑顔を作ろうとしているって真面目な顔に思っていた。

それに私の下半身を見ない様にしてくれている気遣いは、とてもとても嬉しかった。

腕を体に勝手に回し私を抱きしめて、泳げないだろ?とも解ってて、本体を担いで2つの浮き輪を引っ張った方が楽 と、泳ぎ始めたクーの首に両腕を巻いて呆然としていた。
クーの腰の深さまで来ても、表面が溶岩みたいにボコボコしている岩に被っている砂地で、足がぶら~っと成っている私を気遣って、足が届かないようにと、俺の頭持ってろ と、クーは私を肩車して砂になるところまで連れていってくれた。

クーに声を掛けた友達に浮き輪を渡し、クーが俺の彼女を呼びに言ってと言付けたのは、彼女に勘違いされたくないと言う事と、私とも友達だったからのひと悶着避けだけで、ただクーの彼女には紐が解けて水着が流されたって言っただけ。

 さぼてん。

組み立て体操の思い出は、こやつにもある。 肩車からサボテンをさせられて、愛華ちゃんやコーンにウケられたアホあほコンビ。
でもクーは誰にも、何を見たか見えたかは言ったりはしなかった。

私・・・
水着のリボンを解かれる前、水着の中に手を入れられただけではなく、指を入れられたら動かされずるっと一気にビキニ下を引っ張られた。

痴漢にあっても直に触られたことも無かったし、ましてやの感覚・・・

かなりショックでいたけれど、平静を装ってニコニコしようと心がけても、なんだかお尻を付くのも立つのも嫌で、ビーチに正座して友達と話す様にしていた。
そうやって気を紛らわせようと過ごしていたら、先生達と友達と帰ってきたクーの手には、私のビーチサンダルを持っていた。

  見つけたけど・・・
  どこにあったと思う?

絶対行かない所に落ちてたってリックやクリスも言っていた。
そこは、私も友達もクー達も、誰も生徒は泊まってない、先生達が泊まっていたこのプライベートビーチがあるちょい高級ホテル。
そのプールサイドの男子トイレの中にあった。

綺麗に洗ってくれていたサンダルに、想像付く。
一応、勝手に捨てたら拙いか?って言いつつ、4,5人で考えて持って来てくれたんだけれど・・・

 It was makes me sooo weird feeling.
 I never seen like. .Oh my Jesze.
 Jeezeey matter men Fucっ!   って怒る怒る男の子達から・・・

 
  履かない方を Recommend する。


とクーも言い、登校する時同じ電車に時たまなる、町田君風の友達がサンダルを貸してくれた。

タカもユージも居ないし、トミーも居ない。 ってか、秀くんもヒデも尚ちゃんも居ないと書いた方がいいんかのう。
尚ちゃんがこれない理由は仕事が重なっちゃったからだけど、尚ちゃんはコンタクトが流され無いように水中めがねをする顔は、アイドルにありえないと拒否していたのも理由のひとつ。
めがねでサーフは無理じゃん?・・・
めがねっ子はクーのみ。 クーは乱視の無い近眼なので、ぼやーっとでも見える波に乗るぐらいがサーフできる波の高さだと基準があるらしき。

海の中でお祖父ちゃんに助けられたのと、ドッペルの様な、私がジジィと呼ぶお兄ちゃんのクー。

東京に帰ってきて、彼氏だった尚ちゃんにすら私は言えなくて、クーも誰にも言わなかった。



このスベスベジジィひゅうごのクーが夫となってから、われら捨て捨て魔夫婦は、着ないや買ったけど1度しか着なかったものなんかは、即ポイか、又はお互い寄せ集めて寄付に出す。
シーズン終わりは特に。 
今シーズンに一度も着なかったものを、ウォークインクローゼットで仕分けしていた私を見ていたダーが、俺の要らないのは~ね・・ と。ハンガーをずらし始めて・・・

子供が入らないベッドルームのクローゼットに2人だけだったからかなぁ・・・

 
  そうそうあの時、実は水着も一緒にあったんだけど、見せない様に捨てたんだった。
  もぉぉ~ね・・・  マジで、同じ男としても、まったく理解できない。 


私に背を向けたまま、頭を横に振るご報告には・・・


  夫婦に成ってなかったら、墓場まで持っていくつもりだった。

  あの時は結婚すると思わなかった、俺の未来の妻が

  まだ付き合っても無い、未来の夫の真横で、レイプ未遂。 

  レイプ未遂現場に居合わせたのは、人生たったこれ1回だけだよ・・・



どうもソイツは自分の水着を下ろしていたらしい。


  いや~~ 誰にも言えない、ってか真っ白。
  俺だって、かなりのショック、かな~りダメージ脳破壊だった。


クーがこの事を私に言うこともなくこれまで23年封印して過ごしてきたけれど、今回の旅行もまだ計画も無い春に、ぼそっと言ってくれたのは
クーの中でもかなり色濃い記憶に刻まれた、この嫌な思い出を発散したかったんだろうと、今までも毎日ジムでの水着を見るたび思い出してしまうんだろうなと私は思えて成らなかった。

グアムでばったり会ったときも、足をつけられない私をおんぶしていた尚ちゃんに
この時の記憶が、フゥッっとザンっと急に現れたって言ってた。



日本人っぽくない顔立ちは、クーも忘れられない。


私よりも多人種の友達が世界中に多いクー。 

クーにとって、タイかミャンマー人っぽい感じのソイツ。 
クーはこの辺の国の人っぽい人に、ドキッっとする様に精神上にラインを引かれた。
きっと一生、クーはドキっとして生きてゆくんだろう・・・

クーの元ルームメイトで親友、B君がタイ人の子と結婚して、バンコクに移住すると言ってた時もドキッとしてた。



クーや、秀くんに尚ちゃん。
可愛い女の子がたくさんいた学生の頃、尚ちゃんだって他の女の子を助けてあげた事もある。

見て見ぬ振り?

そんな事思ったこともなければ、考えた事も無いだろう。
咄嗟に動いている彼らの正義感の強さは・・・

‘ 勇気 ’ って言葉も彼らには必要ないほどの度胸も、生まれつきハートの強い男の中の男であるべき男、その中のヒーローだと私は思う。
咄嗟に何も考えず飛び出して助ける。 この行動力は思考をシャットさせる自分の享有した力力だと思うよ。

男の中の男?・・・

いや? クー曰く、   

  人なら人として当たり前じゃん?   男も女も関係なくね?
  ジュリだって、物を投げて救助に走った時、俺が行くと止めるのも聞いてなかったし。

       
東京でのストーカー慣れなのか、尚ちゃんはロンドンでもストーカーに気づいてくれた。

けれど、私とタイラの出会いは・・・

“ 偶然 ” だろう

学校が同じタイラでも、その前に私たちには 忘れられない出遇いがあった。







Good Luck to My BOYS

And

Good Luck to ME ...






Level : 3 Medium









留学の初日、私がヒースローに着いて、迎えに来ていた学校からのコーディネーターが向かった先は寮だった。

教会が隣接する修道院の中は、数名の修道女がいて、女の子専用の寮を経営している。
特に未成年の子を預かる寮で、歴史ある3階建てのレンガ造りの建物が、中庭を囲む様に四角に建っている。

一番奥は、1部屋2畳半ぐらいの狭い牢屋の様な小さな個室が並ぶ塔・・・
一列に12部屋。廊下を挟んで向かい合わせに12部屋。 その塔に入った私は、真ん中の6だった。

1から12まで並ぶ中庭側、13と言う数字がなく、林の丘に面した向かいの列は、14からでも、一番端の25は数字がドアに無い。
24までの部屋番号が並ぶその階を担当する修道女の部屋が、この25番のお部屋だった。
私の向かい側は18だった。
中庭の向こうは螺旋階段状の建物で、階と呼べない段違いに大きな6人部屋が上に並んでいた。
こちらの塔の階下は2人部屋が並び、半分だけ地上の部屋は、位の高めのシスター方が居た。
教会以外コの字型に並ぶ建物中の部屋数に、昔はどれだけの修道女が居たのだろうと思う。

この寮は厳しくて、門限が年齢により決められていた。
でも用事や学校などで7時の夕食に遅れるなら、玄関のボードに何時に帰ってくるかを必ず書き入れる。
18歳以上個室の子が帰れる最終門限は、10時と決められていた。
ボードに書き忘れると、居るとみなし7時以降に閉まる門に鍵を厳重にかけられてしまう。
もしも10時以降の場合は、どこかに泊まるか、5時に門が開くまで待っての朝帰りになるけれど、それもシスター長に必ず報告を入れておかなければならなかった。

子供を預かっている意識が高いシスター方は、母親とは違う感じ。
今ならちょっと言える言葉、クーが言ってた・・・

 “ 神様から、お預かりしています ”

神から授かった母親ではなく、預かっていると言った言葉は、この時のシスター方の状況と同じだと今なら思える。

寮に着いてその日、向かい側の18に居た女の子に見覚えがあった。
フランスで出会った子だった。

同時にドアが開いた偶然に、あぁ~! F Jullia !   Gellie! E  
お互い驚いて、直ぐに寮の中でも仲良くなった。
ユリアちゃん。 
本来Jを発音しないので、ジュリアじゃないけど、シスター方はジュリと彼女を呼んでいて、イギリス英語にちょっと聞き取りにくい私が話すアメリカ英語もシスター方には?だったからか、彼女に寮の中の案内を言付けた。

次の日、隣に来た女の子は、昨日の飛行機の中で仲良くなった隣の人がいた。
ホテルに1泊して24時間ロンドンを満喫しよう。 結局荷物を部屋に置いただけで、部屋には1泊もせず朝まで彼と遊んでたらしい。
ロンドンは初めての私と、観光に行かない?って誘ってくれて、数度来たことがあるロンドンを案内してくれると一緒に出かけた。
4人列の端の私。その隣の彼女は私より9歳年上。 その彼女の隣にいてこの飛行機で仲良くなった彼女と同じ年代の夫婦が居た。

そのイギリス人の方とも、待ち合わせしてカフェで会った。
その人は、奥さんが日本人の、当時DJの神様と言われる人だった。

  クラブに来る?

週末おいでって言われても、一番人気のクラブ。 行列が出来て、入るだけで数時間待ち。
心配しないでいいよ。裏のドアにいるSPに俺のカード見せて、君の名前を伝えておくから。

おぉ~~・・・行く。

そう言いたいけれど、門限がある。
そんな話をしていて、奥さんがじゃぁ家に泊まれば?と言ってくれたんだけど、この時は、奥さんは妊娠初期で気分が優れないとは・・・ 実体験済み。だって私、出産して子供を失ったばかりだった。

修道院の教会で、牧師さんに修道院シスター長に、ついて直ぐ・・どんなに慰められたろう。
お坊さんの娘でありながら、罰当たりか・・・


 どんな神でも 2人が大事にされている

 だから心配するな。人生を楽しめ ANお姉ちゃん    とは、坊さんの妻、マリア母。

よくわからん家の事情だが、そんな母がいいならいいや、なんで両親が結婚したのかも良くわからないし…。
qpちゃんが姉だけど、母は私も姉と呼ぶ。どーも、まことによくわからない母。
私は末っ子でも、なんでおねぇちゃんと母が私を呼ぶのか? 6Dの頭についていけない、でも血を享引いた私。

でも、低血圧でなかなか起きれなかった高校生の時の私。
母は、起こしに来た時に、婦人体温計を口に入れたまま二度寝しちゃってるのを見た。

やっぱね・・・ なんて、妊娠していたのも気づきました。

淑女人生生涯神に尽くす、全員“処女”のお年を召されたシスター方。
申し訳ない・・・

懺悔: 一日10回出す!ってな尚ちゃんと、調子にのりゴム無しで周期を見計らいしてました。
    尚ちゃんの遺伝子はとても元気でした。それはそれは、思った以上に。外出しでも・・・

心の中で尚ちゃんより、遠くんと蓮くんに申し訳なさが募っていた。

 発散したら?

シスター長の言葉に、クラブ行って来るなら朝帰りOK 4時半には起きるから門を開けてあげるとの計らいに
お見送り付きで、行ってらっしゃ~い、あそこは楽しいっ! 私のズバッと懺悔への返答。

あれ? 重くとっていたら意外にシスター長は軽かった。  いや、心が無限に広かった。


そんな事で、フランス人の子ともクラブに行った。

なんでかってったら、フランス人の子は4つ年上だった。
パリ公演の後、NYに選ばれなかった。コンクールやオーディションにある年齢制限までと決め、それ以降はバレエ以外もダンスは全て辞めると決めていた。ので、21になる前に大学生になっていた。

行く~~~!

ちょ~~乗り気の男の子好きに成っていた。
それで行った初クラブ。おぉぉぉ~!踊りまくり飲みまくる。だって年齢制限低い国。

修道院寮では、‘ 未成年 ’ には違う塔で、廊下の横並び部屋ではなく、螺旋階段が廊下みたいなもので縦並びに部屋が並ぶ為、階段を下りなければどこにも行けず、出口のある1階にはシスター方が大勢住んでいるといった厳しい管理下においている。
15歳までのちょっと問題を起こして預けられている子の事だった。

 18だったら問題なしっっ!   なのか?

こちらの塔の私の居た階は、目標を持ったコのみ入れる優等生寮と言われていたので、シスター方も緩めだった。
別名、ホテル階。 数泊だけお客様なんかもお泊まりになる、ホテルのようにお部屋の掃除も、シーツの洗濯もしてくれた。
でもみんなきちんと自分でお洗濯。 それも手洗いしてから、この階専用の共同コインランドリーに持っていったり。

けっぺ。  はい出た。

自分のシーツを日本から持って行き、枕は尚ちゃんが高校生の時にシニア寮で使っていたのと、尚ちゃんのお部屋に置いていた自分の枕だったりして。

あまりの寒さに・・・  

建物も廊下ももちろん石造り。ちょ~底冷え。
用意してくれていた修道師用の麻のブランケット5枚じゃ寒かったので、布団が欲しいと出かけたお買い物は、お布団とスリッパなんて観光とまったく関係ない所だったけれどね。



クラブの閉まる時間に、時間つぶしとして入ったアメリカン・レストランがあった。
チャイナタウンも24時間やっているけれど、そっちに行った。

そこで出会った、くりっくりの瞳の、綺麗かわいい男の子のウェイター。

それが、タイラだった。


Oぉ~my how sweet! ちょ~~可愛いっ! 第一声。 お互い 声がそろって言い合っていた。
そのお店もクラブ帰りの人でかなり混んでいたので、バイバイを言う事無くお店を出た。

寮の隣部屋の子は、彼氏のところに泊まりにいくと行ってしまった。

レスタースクエアから、トラファルガースクエアに向かう坂道。
バスの発着場である5分ほどの道のりでも、もう既にほぼ白夜の季節は朝、明るい夜になっている。

フランス人の友達と居て、アラビック系の男の人2人に声をかけられた。

時間があったから、好奇心に楽しいままのHighで、少し話していた・・・ 

・・・その途端
逃げない様に、財布から何から入った鞄を持つ。

が、私の持っている取っ手を持つ。 泥棒?かと思っていて

そのまま逃げたらスリ窃盗だけで物的被害で済むけれど、手を繋がれて小さなバッグを反対の手に持ち代えられた。


人体に被害が及ぶ方と気づくのには、この “ 逃げない様に ” 手を解けば、腕や肩や首に巻きつける腕に
甘く囁かれる言葉の端々に、ただのナンパじゃないと気づく。

慣れないブリティッシュイングリッシュに、古いコックニーでの巧みな言葉には、アラビック独特の発音と、アフリカ英語も混じっていた。
解らないアラビック同士の2人の男の会話の中、フランス語を話す男のフランス語も、フランス人の友達は聞き取りにくいと私に言った。

どうしよう・・・

ポリスが街中に幾人もいるけれど、酔っ払いも多くそちらばかり。それにカップルには目を向けてないと気づいた。


タイラと出会ってものの1時間・・・ 

バイト帰りのタイラに、偶々出逢った。



 あぁ~~偶然っ!



何も知らないのか、イギリス人だから解ったのか、それとも・・・

声をかけてくれたタイラ


 ごめんね、バイト遅くなった。
 よかった、遇えて・・・


知り合いを装って近づき、直ぐに腕を伸ばして私の頭を胸に抱き寄せた時、
真横の人にも私にも


 後ろでポリス2人が見ています


ぼそっと囁いて、私とフランス人の友達を助けてくれた。
タイラは人を助けた経験がとても多く、怪しいと直ぐに解ったと教えてくれた。

その時、いつもレストラン前でバスに乗れるけれど、散歩したいと思い偶然下りて来たって聞いたのは・・・

同じ大学で、まだ授業選考時間割を考えていた、初日オリエンテーションでも同じ場所でばったりと・・・
通い始めたら、専攻違いでも中庭でばったり会い・・・
ダンスの学校で、スタジオも違えば階も違えば、男と女更衣室で会うことも無いのに、廊下でぶつかってもう一度、会い・・・
道で後ろから来たチャリの人が降りたので、振り返れば・・・
時に地下鉄で、電車で、バスで・・・ 何度もばったり毎日移動の度に数回ずつ出会っていた。
偶然を繰り返しているうち、パドドゥのパートナーも偶然、先生名指しで決められてから聞いた話しだった。

タイラの名前は名札を付けてたウェイターの時に私は知ってたけれど、タイラはこの時まで私の名前は知らなかった。

“ You ”

英語ってマルチに便利よね。


酔っ払いばかりのポリスに告げ後ろに居てもらったのは、もしやでも・・・

でもその ‘ もしや ’  もしも自分自身にも危険が及んだら、その想定も。

死んだ~ 誘拐~ 身代金~ 慰謝料は~ なんて、ゴシップ誌に載るのは・・・ 後に知れたが彼のご両親だし。
家出中の身には、息子は家出!? なんてまず載ったりなんてさ、そんな秘めたい事を関係なくゴシップ誌は面白がるだろうし。 どっちにしろ、家出息子はご両親に迷惑が掛かるから、気が気じゃなかったよね。

おーまい ゆー。 女神の様に言ってくれてた私へのYou。 Oh My もひっくるめてで1語

 ぶっとい1釘を胸に刺された、バンパイアの気分。

死なない恋愛感情を抱いてくれたらしい告白・・・ 
ん? Bloody Angelって呼び始めたのは、尚ちゃんがロンドンに遊びに来た直後のこの告白の時に付けられたな。 

一番最初のそんな偶然の時・・・

 本当は彼かと思って、Broken Heart。 

そうそう落ち込んで引き返そうと思ってたけど、私の顔が引きつった不自然さに気づいてくれた。



白夜。   本当に Thanksfully





NYに住み始めてから。レイノに、タイラに、秀くんが・・・

レイノは、彼氏とそうでないかの区別として、プライベートを知る必要があったと思う。


こんな時がある 

それを想定して、どちらかと言うと 同棲 に賛成派。
誰であろうと、男と住んだほうが安全 知らん奴からの傷物にならぬ って思っていたのだろうか・・・


 同棲っていうより、同居だろ


自分以外とは、単なるルームメイトと思う事にしているのか

元彼の部屋に自分の物を置いていく事が、嫌だと思っていた私の区別だろう。
同棲という呼び名に思うのは・・・

お互いがスケジュールの合わない仕事。どちらも居ない事が多い部屋。
それでも、同じ場所に居る時過ごす部屋には、自分の物を置いているという事が、私の同棲かどうかの区別だった。


同居かもしれないけれど、結婚するなら同居はしておくべきだと思う。

文化の違う国の人とだと、尚更だと思うのは、間違っていないと思う。

育った環境の違う国や、暮らした事の無い都市に住むのであれば試す。


私のオピニオンは間違ってないと、私も主張する。



南西部では、倖くんとクーが・・・






Good Luck to My BOYS

And

Good Luck to ME ...






Level : 4 Heavy



therefore the WISH forgiven to be in grave

won't to be in heaven from like retainer
...






I do not want to be

Beacuse... just because

I don't believe Death is death return to Nothing

I can not to believe pepole go to the heaven

because I just because

I don't believe whereever therenever be heaven...







There is just believeness in own HEART




me






Therein A only ONE wish for giveness to believe my HEART from my HEART for my HEART...


only for me







私は結婚する前に、LAの空港で2度、レイプ目的の誘拐になりかけた事があった。

空港に待ち伏せされていたそれらは、すごい怖いものだ。




映画の様にド派手に担がれてなんて、バレバレな事はする事無い。

セキュリティだってしっかりしている。


騒げ。


なんて・・・ 
      
普段、護身用にガンを持たない日本人の考えで、銃刀が直ぐに買えるアメリカでは


  気の狂っている常人ではない犯罪者の前では

  絶対に叫ぶな


  犯罪だと思っていない人。
  犯罪だと思える人は、こんな事しない普通の人。

  気に触れる事をすれば・・ その場で 殺されると思え。

  殺した後の覚悟ぐらい・・ 自殺に頭が行く奴ばかりだ。


アメリカに住んでるこの6人全員が言う事。


その事は自分でも実感する。
実体験からとではなく、そんな事が普通に起こるかと言われたら

物騒だ・・・

なんて、そんな悠長な事を言える日本。


それぐらい比でない程、日本以外の国、世界中の国で犯罪は多過ぎるほどある。

人が殺されたぐらいじゃニュースにならない。 クーもアメリカに移って日本って平和だといつも言う。
Missing 行方不明者の写真なんてどこのグロッサリーストアにも、コンビニにも何十人と貼ってある。

食生活に文化の違いは似て、国の発達や、国家資産や保障なども似ている様な、国土が大陸内で隣国と地続きや、連合国同士パスポートの必要性の無い渡航ができる、そんな国が世界のほぼだ。

国境を越えたら行方の足取りも、罪も消える。


 隔離された様に、日本は安全。

 日本しか話さない、日本語すら暗号の様に、外国人は引く。


そう感じる・・・ 

ニュースにもならない殺人やレイプに誘拐は凄い数だと、人口比率に比例なの?・・・
いやぁ? 比例なんてもんじゃない急上昇。


私の実感は、テレビの中ではなく、身の周りの事であり自分に起きる。


この様な状況にもしあったら、絶対する事とは・・・


 絶対に叫ぶな。


     ・・・ いや、そんな事言われても、もちろん声なんて出なかった。


 絶対に逆らうな。


     ・・・ いや、逆らう勇気どころか、歩くのが精一杯だ。


 平静を装って、静かにセキュリティに伝える。


     ・・・ いや、そう頭に思い浮かんでいても、どこを見ていいかすら解らない。



数度あって落ち着きが少しはできても、そのチャンスを伺う間、我慢して恐怖と戦って

大勢いる人ごみの中・・・ 

自分の勝手に溢れそうな冷や汗と涙と、勝手に反応している顔面や四肢に起こる痺れに、背を腰から走る震えにも我慢する。

いろんな事が頭の中を廻る。



誘拐だと思えた初めてのそれには・・・



どこに連れ去られ、 どこで何をされて、 どこで殺されて

どこに放置されるんだろう・・・



その自分を考える。
自分の殻の中で、固まった自分の魂が、体と魂は離れたくないと閉じこもる様に・・・


そして、思考が換わる・・・・



この世の中の誰が、私に気づいてくれるだろう

私の周りの誰が心配して、 誰にどれだけの時間、迷惑を掛けるだろう

私の生死なんて放置して、 自分の事だけに生きてもらいたい



そう自分の周りを心配した。




俯く事すらしたら、殺される恐怖に進行方向の真っ直ぐしか見れなくて、生理反応の涙も汗も集中して我慢しているのに、喉がカラカラでも唾を飲み込むどころか それすら出ない。

視界がファインダーを覗いた時の様に、丸く狭く見えていて周りがぼやけていた。
人影があるのは解るだけで、囲まれている集団の中で、ボス姉さん的な存在に偽り見える私を人は遠かる。


視界の正面に一人、 真っ向むかって歩いてくる人が一人



歩いていて目の前に、倖くんが居た・・・

セキュリティを数名、背後に連れて



  友達? 
   だったら・・・  挨拶してもいい?


腕っぷしの強い彼の身体は知っている。
安心に、ぽろっと涙が溢れた私に、両腕を伸ばして微笑んだ


  あえて嬉しい?
  俺もだよ・・・


その瞬間、だっと居なくなって、私もダッと彼に抱きついた。






パイロットの制服に、背後のセキュリティの制服に、人はどう感じるか・・・





重厚で威厳をかもし出した彼の姿は、威圧を与えた


私のヒーロー  


シーザー様は・・・ 


きっとその姿だけで戦士を怖がらせ、視線を向けられたら死を想像をさせ


自らの手を汚すことなく、撤退への誰も傷つかない諸方へと導く、最天崇だったんだろう・・・







クーに助けられるのは、学生時代からずっとだった。


  911コール
  もう、してあるから。


アメリカに来てからのクーは、日本と違い手に負えないので、直ぐに警察に掛ける様になっていた。

クーと居て。いや、クーと居るからだろうか・・・
誘拐未遂が、結婚前に3回あった。


911コールしてくれたのは・・・ あれ? クーよ、911コールに慣れちゃった?


実は・・・ 
私が離婚を言い出した One more Love を書いた後、Other Worldを書こうと思ってた時の事。

Myth. BLUE BELL も書いていたこの時は、かな~りハード。 心の中が実はぐっちゃらけ。
Love Dreamsも、ぶらぶらしないスペシャルの放送内容を書いたりとかね。

 お前ら、まだ結婚してたの? 長いね・・・

尚ちゃんからのクーへの言葉も、私に直接来た

 _ 俺、お前以外と結婚しないし。そろそろ俺の結婚予定の歳になるぜ
 
これもあり、離婚はしない事になっても、この長年のストーカーも怖いさ。
でも尚ちゃんを思い返すのに十分です。きらきらした尚ちゃんだけをモデルに思い出し、Other Worldのイメージも、ちょ~どね。


11月 Thanksgiving day の週末明け直後だった。

会社の真横にある銀行に行こうと1階を出て、徒歩で向かう途中とても怪しげな車がのろ~っと・・・
歩道を歩いている私の足取りに合っているような気がしてた。

ここで銀行に行って、お金を下ろしたら拙いだろう。

そう考えて忘れ物をしたフリをして、社内にUターンした。車はUターンできないからね。
クーに怪しい車が居るとまず伝え、社員にも伝えておいた。

私とクーにクーの部下だけは夜11時過ぎても残業していた。

私が先に会社を出て自分の車に歩いて乗り、エンジンを掛けようとキーを入れた。 ら・・・
駐車場には車がほぼ居ないし、居なくなってから来るお掃除ブロアーもバキュームお掃除カーも居ない時間。

私の車とクーの車しか止めない、社員とは違う場所がある。歩道や植木を挟んだ向こうの広い駐車場、縁石のエリアの向こうでも私の車から5台分離れたところに、さっきの車が止まってた。
正面から徒歩30歩ぐらいの距離でも、もう外に出たくなかった。

2シーターのペタン子メル。 シートがリクライニングできないので、ずるっと背中を極力下げ助手席に頭まで伏せて隠れたら、スマフォを取り出してクーに電話を掛けた。


「 どうしよう・・・ まだ居た。 」


_____ いい?もう911コールしてある。 

ダーの返答は、違う会社の前で車がいないはずなのに怪しい車がいるから、一応見に来て欲しいとポリスに伝えたものだった。
どうしよう、このまま車内に居た方がいいのか?それとも走ってクーの居る建物の中に戻るのがいいのか?
悩んでいた私に・・・
  
  
_____ もうね、きっと車に乗っているの知られてるから
   気づいてないふりしてエンジンを掛けて・・・  いつもの様に巻ける?


電話を切らないまま家と反対でもない変な斜めな方に走り出した。







                     それには、付き合い始めた時が蘇る 








空港よりも、怖かったのは近所のスーパー。


真横に並び卑猥な言葉を投げかけて去り、振り返ると顔を隠して買い物を続ける人。
違う売り場で今度は、金額の事を囁いて去り、髪に短く吐息を吹き掛けて去る・・・
違う人がいると、服の色に横目で気づく。

何人居るんだろう・・・

自分で周りを確認するほど余裕は無く、時間をかけて買い物を続け去るのを待つか、手を出してきたら店員に訴えるかと考える。

荷出しをしている力の強そうな店員さんを探し、物を尋ねる振りをしてそれとなく伝え、案内されるように付いていて貰う。
レジの側までついて来てもらい並んでいると、私の側にグループが来る。

レジの店員さんに普通に話をするように声をかけ、荷物を車に入れてと袋詰めしてくれる男の子に頼む。
気の利くレジのお姉さんがボスを呼んでくれる事も、カートを押してくれる男の子にトランシーバーを手渡す事もある。

手を出してこない限り、スーパーの中では警察を呼ぶ事は出来ないとは、私も知っているから。

ドアを開けてキーを回しながら座り、クーの車の中、海賊風にじゃらっとバサッと入れられた現金の入っているところからチップを渡す。

その時、ついてきている人の車を確認する。


走り出しまだ付いて来る車は、誘拐かレイプ目的かと気づく。
誘拐だとそのまま家に帰ったら、セキュリティが2重に掛かるクーの住むエリアでも、場所が分かってしまう為、真っ直ぐ帰っちゃいけないと考える。

何台いるか・・・

付いて来ているのは1台か2台か、車の大きさに後ろにも人が居るかもとバックミラーで確認し、こんな時はパトカーに逆に捕まりたいと願う。 私のこれからする、違反行為を見てほしいと態と心がけるほど。
スピード違反や右折禁止で違反を繰り返し、赤に変わる直前の黄色でアクセルを吹かし、引き離したら車の多い図書館やスーパーの駐車場を通り戻るように違う出口から出て、クーの居る現場に直行した。

正面玄関に車を投げ捨てるように止め、受付に走る。

顔見知りの受付のお姉さんが私の顔を見て、裏に走って行った。
クーのマネージャーが直ぐに走ってきて、外に見に行きついでに車をパーキングにと鍵を渡す。

 Are you Alright?

聞かれても声も出ない。 ガラス張りの受付で身を隠すように、衝立や大きな植木鉢の横で腰を下ろしたら、受付のお姉さんが数名お水を持ってきてくれたりして気遣ってくれた。

その直後クーが仕事を投げ出して走ってきてくれた時・・・

目の前に現れたクーの腰に抱きついて、怖かったと泣きながら訴えた。

私服ならまだしも、同じ様な事が白衣の時にもあった。
その時は、泣きメイクが白衣に付かない様に顔を横に向けていたら、ぎゅびっと胸に強く抱き寄せられて


  よかった。逢えた 
  
   Good Job  


“ よくできました ”



こんな風に褒められる・・・

恐怖と戦った自分に向けてくれる、元彼たちのいつもくれる、この言葉は

私とって、どんな場合でも起こった時に


 あと1時間以内に、聞けたらいい


そう思いながら、恐怖と不安を払拭に努力を向けさせ、冷静を保とうと考える。


魔法ではなく

勇気を出す その為の呪文・・・

よくできました ってその声で、この一言が聞きたいって繰り返す


私の中で沸くのは、 “ 褒められたい ”


1時間以内に褒められたい、1時間だけの我慢への1時間だけのクソ勇気は・・・


  自分の中にあるんだろ~!


学問でもなく、仕事でもなく、舞台でもなく、

人として生きたいって、命を守ろうと強く、これ以上強く思うこと無い位に思っている自分に 

願いでもなく、祈りでもなく、望みでもなく、

現実に流れているこの時間を、自分で受け止めて、自分を落ち着かせ最善を尽くそうと思った



いつも    


いつも


いつも・・・



死刑や病気で死ぬ方が、自分の骸体の居場所も身元も全て、私が死んだと確認されるこの方が数万倍マシだと思う。

自分で自分の死因も死方も理解して死したい・・・

今までの自分の自分に厳しく生きた過去が、知らない気の狂った輩に消されるなら



今のこの、ここまで

今ここまでの、この人生に

生きた全てに・・・

生まれてきた事すら・・・

両親が育ててくれた時間も費用も、私が今まで携わった全ての人の、私との全ての事    

全部みなにとって、個々の人生の中の、無駄な浪費にさせてしまう・・・




    させて... たまるか~~ぁぁっ!




マジで運転しつつ叫んだことがあったのは、誘拐発生 数度目のこの時。


一人で何かと戦っていた時は緊張が続き集中していたけれど、一人じゃないって安心と・・・


 Good Job. My Girl   

 
よくできました、俺の見込んだ彼女

って・・ この呪縛解放の言葉と、貴方のその胸の中に抱き寄せられたら、

なにか全部、全部、全部 自分でも全部が抜けて
それでも自分の魂だけが体から抜けない、毛細血管より体中を覆い回っている根っこでどんな力にも強く抜けない、生きてる自信が指先まで自分の全身に触れる。

褒められた  ただそれだけが、何にも変えられない生命への重要な評価。

それだけが聞きたかった。
この緊張に絞められていたのが、この緊張解けた言葉の瞬間に、このスタートを切った安著の時が続いていく時間が来たって思っていた。



それだけでいいのに・・・


  ダメ。 今は
  数時間、最低4時間は、クーに仕事をこなしてもらわないと困る。


クーがジュリの側に居たいと言い出して、家に帰るとわがままトライ。 ・・・マジ?
だけどマネージャーさんに言われるさ。

私だってクーには仕事を放って欲しくないし、少し裏に居させてと言った。

 待ってたら?・・・

一番偉いプロデューサーさんが奥から来て、日本食が大好きなこの人に、蕎麦でも食べる?と聞かれたのは、12/31大晦日。
私の仕事の事を考えてくれるクーも、時間が勿体無いって思ってくれていたけどね。
クーが突然消えた現場はいかに? 生なので、そのまま引き続いているんだろう。

あ~じゃ~、こーじゃー マネージャーさんがクーに言われた通り、クーの車で送り届けて戻ってくるから行ける?って聞かれても、仕事より立ち上がることすらちょっと時間を置きたいほど。

 だからちょっと待たせて・・・

いつも急いでいるクーは、さくさくしたい派。
せめて周囲が気にならないで自分で運転できると思えるまで、お蕎麦はいらないけれど、落ち着きを取り戻したく待たせて欲しい。

 なんでもいい。
 
クーが抱きしめたまま仕事のトークより、おもろトーク全快に慰めてくれると・・・
泣きながら・・ きゃははは~! エルモも全快へ。


 クー。 もうひとつのCM終わりまで、ここに居て構わない。


客が不振に思わない様にの対処へと戻っていった全員は、受付の方々もそれぞれの仕事に戻り、二人にさせたほうがいいって思ってくれていた。






My Good Girl



一人でよく 


がんばったね






クーからクー契約の携帯電話をプレゼントされて、使い始めたのは、これが切欠だった。



何が人生に大切かって?・・・・


きっとクーの人生にも、仕事より大切なのは、一人の人として、一人の男性としての、彼の人生方の未来だろうと

彼に必要なのはいつも、いつも・・・

一緒に居ても独りぼっちの感じがするって、自分から私に素直に訴えたね・・・
誰かと楽しく時を過ごしたがる社交的でも、独りじゃないって大勢に囲まれているのを確認しているようだって、私には感じる事が、高校生活中にもあったよ。
家出少年には。  なのかな?





思い出すだけで恐怖が戻る・・・・



結婚してからも3回目。この同じ様なシチュエーションは、しばらく忘れていた程10年以上無かったことだった。
私が車を出すと、ヘッドライトを点けた車がルームミラーに見えた。


    目的は

     私か・・・


家に帰るなんて絶対にしない。 

絶対ママもパパも無傷で帰るって、待っている娘に強く思う。


なんで車を出したかというのは、ついてこないかもしれないケースも過去にあった。
ターゲットは、金を持っていそう や、変態プレイ的レイプに反抗しなそう、そんな人なら誰でもいいという場合もある。

はっちゃめっちゃ~・・・ でも事故だけは起こさない様に気遣う。だってそれはどう考えても自己責任だもの。 
けれど、スピード違反もUターン禁止場所で違反して、私を捕まえて欲しいと望む。 携帯電話通話しているだけでも違反だ。

その違反が目に付くように、車内 Blue Tooth にも繋げず、耳に片手で当てての。


 _____ ね、はちみつ。GPS点けられる?


電話の向こうで聞こえても、フリーウェイをかなりのスピードで走行中。
私たち、トラッキング防止や自分たちの携帯情報を漏らさない様に、常にGPSは絶対オフ。
毎日勝手にされる使用記録自動転送ももちろんオフってる。から・・・

GPSで居場所が解ればってポリスが言っているらしかった。でも設定から変えるのは画面を見なきゃいけないし、手が離せないほどかなりのスピードだし、停まりたくも無いしスピードを落としたくもないし、くねくね走行の追越しに車と車の隙間を見て入るだけでも大変だし・・・
事故りたくない!と持ったままの違反携帯に叫んでた。 
どこの出口付近通過、西にそのまま進んでるとかって口で話していた。

運悪く?運良く? パトカーが1台もいなくて、ずっと走っていた。
でもクーの側のポリ様の指示もあり、違反は緊急の為関係ないとのこと。
違反車をターゲットに。 なんて・・・ ナンバーも車種も教えている私の車を目印に。

ふと後ろを見ると、その車が消えてた。

 
  「 居なくなった。 」


 _____ いや・・ 会社の前に戻ってきた


ターゲットをクーにしたのか?・・・ 会社に戻ると言う私に、他の仲間が違う車で居るケースが常だから、逆にのろのろ運転して、抜かさない車が居るかどうか確かめろと言われて、ポリスと通じているクーの方は任せるとした。

ガソリンあってよかった。 ほっ・・・。

その日の朝、ガソリンを入れたばかり。
会社と自宅が5分ほどの距離なので、いつもは給油ライトが点いても数日入れなくても平気。 
ライトは点いてなかったのに・・・、なんでかな~? 入れようと珍しく思った。

私を追うのをやめて、戻ってきた車。 

クーが呼び会社に来てくれたパトカーは私の方に向かってくれていた。けれど、社内に残ってくれていたポリスに、あれと窓からクーが教え、そこに他のパトカーもギャンっと着いて囲ませたよと状況を電話で言ってくれていた。


 _____ 家にそのまま戻っていいよ。
     とりあえず言ってる事は、単独らしい。

やばい・・・
 どうした? って思えるよ、犯人の顔。
 
ポリスに防衛囲まれてクーも一緒に。
なんで?・・ 人としてなら、自然にするもんじゃ?・・・ 何を言っているのかわからない。
実況中継がラジオだったらオファーも来ないぞと思えるほど、へたくそ。 とにかくいつも主語の無い夫の会話は、後できちんと聞こうと思う。
そんなクーにも慣れた、夫歴15年目、友達歴23年目。

私の方は犯人の共犯仲間への嘘かもしれないけれど、のろのろの私を抜かさない奴は、見当たらなかった。

私の顔も車も知られているので、絶対帰れ。 逆恨みに逆上させない様にとの夫とポリ様の仰せ。

これ以上、罪を重くさせない。 ってのも、解る。 うん。
人としての自分が、人に対しての慈悲感情だってあるのも確か。 
そいつが金に困っているのも確かだけど、加算される刑期は結局税金を使うことだし、税金を払っているこちら側として、はっきりいって、もっと腹が立つってのもあるし。

かな~りどきどきして、セキュリティの入っているエリアに入り、自宅のあるゲートのセキュリティ門も住居者用からはいり、家の側でもう一度誰もいないか確認していた。


単独は本当だったけれど、金が欲しい奴の気を行動に移させるのは、この ThanksGiving から Christmas の1ヶ月だって自分の体験に思ってた。


「 ただいま。遅くなってごめんね~ 」


何も無いフリして、パパはまだ遅くなるとだけ伝えた。でもまだ・・ もちろん?・・・・


ブルブル・・・・


男のクーの方にターゲットを変更して戻って来たという事が、レイプじゃなく身代金目的だと、性欲の発散ではなく金銭問題だって二人して思えてた。

犯人は見知らぬ人

なんでこうなった?  クーが言っていたのは、この人・・・ 
頭から血を流していたまま、垂れていた血が茶色に固まっても、拭きもせずそのままで、自分で唇を嚙む癖なのかなんなのか?
下唇が歯型で血まみれ & 一部が腐っているような膿んでいるような千切れているのか切ったのか毟ったのか・・・?

普通、血が出たらせめて拭くだろ?    だよ。痛くね?その前に・・・。


この世の中できっと・・・

  誘拐 

この言葉を聞いて思い浮かぶのは、数億もの身代金要求。 

そんな様な、ニュースになる大々的なものしか思い浮かばない人は、どれだけか・・・・

きっとそれしか知らない。




この世の中に、1日を送りたいが為に犯罪を起こす人

この世の中に、アルコールやドラッグ代が欲しくて犯罪に手を染める人

この世の中には・・・ 反抗で自分の存在を社会に認めさせたく犯罪を起こす人



この世界中には、微々たる金の誘拐がどれだけ起こっているか知らないなら


彼方の居るその周囲環境は・・・

きっと 平和  


その平和の中で勝手に自分の我侭も愚痴も言ってられる、生命の危機もない  

そんな 平和






俺?




私?


 




  「 私たちの命は、そんな格安なものじゃない! 」

  「 犯罪者に価値を見下されて、腹が立つっっ! 」




きっとすっと払える金額なだけ。 そんなもん。 

そんなもので、死の被害を受けたくない。

そんな小さな誘拐は、この世にどれだけあるか?       






知らないだろうね




普通







そういや・・・・

何も無くとも、重そうでなくとも、車に荷物運びを買って出る男の子もいる。
チップが欲しいのかな?そう思い、頼んでチップを渡そうととしても・・・

その店員の男の子に 


 お金じゃなくてキスがいい 


そう言われる事も度々・・・

ストーカー慣れしている私。
ストーカーに変わられたら、クーの周りで迷惑なので、無言で微笑んで自分から唇を重ねてあげる。

車のルームライトを点けっ放しで買い物に行き、バッテリーが上がってしまった時、やべ・・・クーに怒られると思うも、まずは帰りたい。
側に居た男の子が声を掛けてくれ、ジャンプアップでエンジンを掛けて貰ったけれど、この時も

 お礼なら、キスして・・・

そう言われて重ねたキスは、一体なんにん人生の中に居たか



かなりいろいろなパターンがある、こんな事をたくさん知っている元彼たち。

ストーカーの様な彼らの行動には

空港や街中に、迎えに来てくれている。そう感じる事が、実は多かった。


 “ キスぐらいしてあげなさい。 ”


まだセフレだった頃は、そんなものならマジなストーカーになる未知の方が不安。

誰もが自体験上に覚え、面倒だし怖いと思ってた。

気が触れている、理性を失った、見境いのボーダーを越えて、見えない陽炎幻を現実だと錯覚して、脳内の妄想がリアルだと思えてしまう精神は、嘘発見器にも引っかからないほど体温や心拍数も平常で、それらはアスリートに起こるランナーズハイと同じ状態で、平常の状態へと人間は境地超えた部分を保とうと行える生物の普段は眠っている能力部分を秘めている。

それは誰もが


リアルの中に、自分と付き合っている。 自分の夫だ。 自分は彼に大事にされている。 夫は結婚しても恋人関係を続けてくれる・・・

そんな妄想陽炎の幻想に、実相手が居るのを見たら、不倫だ浮気だと逆上を勝手にしたら

そこから始まる。 


嫉妬の根深い感情が、根の深さが奥深く

奥深さは、時間をどれだけ掛けて恋心を抱いていたか、自分の過去の想いを全て思い出す

その長き時間をかけた感情の深さに比例して、上に伸びる逆上・・・




受け付けない


大好きな対象者にそんな感情を抱かせる事が、解らないほどの その   深愛   は ・・・


自分の彼である彼らに私が向けるより、深く

自分の彼女である私に彼らが向けるより、深いって・・・  








Far away beyond most. . . beautiful in the BLUE MARBLE - Prologue * ONCE = 11  


   





 Far away beyond most. . .beautiful in the BLUE MARBLE - Prologue * Once Again = 12

          『 それらの対処法 』 





クーからのマジプロポーズ、 2/13の時大きなつづらの中心に入ってた。




 普段にしてもらいたいと考えたら
  
 大きなダイヤは邪魔じゃないかね?・・・




私の普段にもつけるパフュームの小箱の中、マトリョーシカかよ!
もちろん突っ込んだ妹。 大きなブルーの箱から出てきた、クリスタル。 この箱を模したクリスタルの海賊風箱。 その中に入っていたブルーの小箱。 小箱の中から出てきたダイヤの指輪。


やっぱりこのSimple is bestが私の好みだって、よくわかってる。

その貴方の想い

私たちの過去の思い出が、貴方の想いのお供に後ろからついてくる


ダイヤの指輪は、1.05キャラットずつ。 同棲者募集に返事したオープンカフェで説明してくれた。
外気のさわやかな空気は、寒くも暑くもなく、パームツリーの植樹が並ぶ庭の中
太陽の光に輝いて、雨なんか一粒も降ってないのに、頬を手首でこすって、私からかっぱらったBaby-Gがあたって痛って~って言ってた。

1.05ね・・・
夫の誕生日の数字に、二つのエンゲージリングを合わせると 私の誕生日になる事に気づいた。

なので、0.01違うだけで、ダメ!っと拘ったらしい。
ぐるっと一週回らない5つのダイヤが並ぶこれには、それぞれ 0.21ずつの大きさ。

21か・・・

なるほろ~~~・・・

21という数字は、アメリカ人にとってとても拘りある数字なのか、大人として認められ制限が全て無くなるこの歳数や、ブラックジャックの21。その他にもいろいろあるんだけれど・・・


“ 21=最強 ”


この最強の愛が・・・

いえ、愛ではなく、最強の心・・ だろう・・・


最強に感じた想いの欠片は5つ 
  
彼は、彼の中で5つの思い出が強く残っているのだろう


一生忘れない 5種類の・・・ 最強の想い



永遠に忘れないから、永遠に側にいて

話せるぐらい側にずっと一緒に居れる様になったら・・・

この最強の想い達を、笑って普段に話せる様にと

最強の想いが1つここに生まれ、それを強く願う

永久 Eternalに・・・



“ Very Happy Birthday. . . ”



 誕生日プレゼント。 

 ストーカーが少しでも減るといい?・・・

 なんて思うのは・・・  だめ? かな・・・・



人って婚約も結婚もしていると思うと、固定概念的に諦めがつくのが理性を正常にもった人間だよ。

婚約してる って思わせたらどうかな?

誕生日プレゼントであって、新しいお守りであって、プロポーズでもあって・・・


クーの言うそれに

でも深い意味が私には、入っていた。




  死なないで・・・



  だと・・・



永遠に誕生日を新たに迎えられますよう

自分と共に永遠に、笑って話せる普段の日々が訪れて欲しいと、願いを込めて止みません


なのかな・・・って・・・

彼の21を迎えた朝の写真を見て思ってた。



ね・・・

私たち、私の21の誕生日まであと11日だったね

5週間後の約束の前に、空に連れて行かれて・・・

空のブルーしか視界に広がらなかった瞬間

黒い手袋をした手で、私の頭を力で自分の肩に引き寄せて

目を開けたままだった私に、キスをしたその・・・ 

目を閉じたままだったその瞼を見ていた瞬間に、ふわっと浮く、落ちる感覚も

私を片腕で強く抱きしめていたその腕に・・・




 クーベルト



なんか安心。 命を守ってくれる安全装置 ・・・っ的。 死なない100%の保障はなくとも、可能性は高く増す。



『 これはただの衝動買い 』


ん?・・・

このバースディプレゼントがお守りなら、これとお揃いの・・・ 



ん~~~・・・・ 

 『 貰えない。 』



だって一粒ハートのダイヤの婚約指輪より、ピンクダイヤの涙3つとはる・・・ 
いや、一番高かったんだろう。 

ダイヤのブレスレットは、48個のダイヤ、全てが24のInfinity ∞ に収まっている。

24歳のBirthday永遠に二人の思い出に・・・ であるのか。

24時間の時を現しているのか?・・・


無遅刻キングは腹時計。 秒針の音が嫌いな病心症。

とても凝っていて、プラチナ台の裏側を見た時、驚いた。
一つ一つの表側がInfinityの形でも、裏は全部ハートの鍵24個 南京錠の形。
全てのパーツには細か~く... もちろん?・・・だろうね。 きちんとブランド刻印もされている。
いわゆる・・・ 


『 Return to じゃん。 』  


『 おっ!Yep。 やっぱ気づいた? 』

 じゃぁね・・・ 戻し先は、どこに戻すべきか?


このブランドを知ってたら、丸いタグよりハートの方が人気だし有名だろうと思うも、ハートの南京錠で掛けられたレアなオーダーメイドは冥土へようこそ。

24か~・・・・


『 だって、24歳じゃん。 』


それだけ?

ん~・・・・


微笑んで考えているクーは、同棲するのに家が欲しいとペラペラ不動産リストを見てた。

 プール、要る?

  要らない。 
  家の10mもないのじゃ入るかどうか分からないし。
  仕事スケジュール優先だし、生活重視。


 俺も要らない。
 俺ねボーリングレーンみたいな細いの、25m以上のなら欲しい。


がっしがっし泳ぎたい、ライフセーバーの元バイト君。
飛び込み大好き、びよ~んとする飛び込み台がせめて5mより上には欲しい私。

 あ~、クーは長い方?

 あ~、そっちは深い方か・・・

 
『 じゃ、造ろう。 』


どんなのがいい?俺が今思ってる設計構想案なら、3つから5つのアイディアが~・・・ 

屋根の方から滝が~こうしてこうして、プルーに注ぐぐらいじゃ、まだ低いなら~
俺ね~滝の音大好きなんだよね~だから、家の中にも水の音を~廊下に~ 
イオンイオン~~~・・・


『 どーでもいいけど、結婚するわけじゃないから。 』


『 解ってる。 でも別に家は売れるし。
  どーせするなら、自分好みがいいだろ。 』


俺の部屋は俺の部屋でキープ。 ここは2人での趣味も共有した家。 
知ってますっ! 

俺も同棲仲間入りなだけだよって笑んだ。
その泣いた痕を隠してカラコンを外してた、クーの裸眼に映った自分を私は見ていて、見るなと手のひらで目をクーに隠された。
 

『 おい。 バレンタインに俺を振りやがったショック。
  でも、妹・・・
 
  俺、ジュリは秀と結婚する気がする
  
  そうしたら、倖Kooには・・・  どうするつもり?・・・・ 』


 
 
『 でもまだ、考え中・・・ 』



メレダイヤのハートブレスも、11の魔法のハート数に・・・
もう一つ、間に増やせる同じハートのパーツが1つ。12と11の魔法の解けない間


アンクレットにもなる Open Heart & Return to ブレスは心の鍵

あっちゃ~~!

まさに、結婚の牢城へ・・・ のイメージがガッツリと沸いた私は、おかしいんだろうか。



 ね、クー。

 妹として聞く。


家の構想 言ってるクーは、設計して建てたいと言ってるけれど、最低2年は掛かるし~・・ それに見積もっても~・・・
なんての・・・・


 『  妹になったのも、残高が少なかったって事実。 』 


家を買うお金あんの?と直接ずばっと聞いた。

ん~~・・・


 『 レギュラー仕事がこれぐらい、それと副業がこれぐらい
   その証明でローンどうか~?いける~~?か?~・・・・・   微妙。 』


・・・。

 ・・・だよな。




私は会話しながらだったけれど、小さなつづらに入っていた、ハートの婚約指輪を見ていた。




Return to Open Heart か・・・




この心憾をぶち撒けられる様に、戻って欲しい   って、事なのかな




捕えられ 囚われ


牢獄は・・・ 


いやだ・・・




突如、ダーの言う5つのDも、本人Destroyerの6Dな未知世界が SOooooo

?ear...





 『 Destine  ジュリとは運命だって言う秀なら・・・   

   Duch 高貴な血筋の癖にDangerousな性格の倖より

   まだいいかって、妹の幸せを思えるよ。

   だから、自分で決めなさい。 とりあえず、これは

   お兄ちゃんからのお守り、誕生日プレゼント。 』




私...  Dor 

才能を生まれ持たされたタイラには Dangerously 危険と背中合わせて独り、クーと同じ様に家出してきた少年に重なってた。


ね・・・ 



    私の ダー・・・・ 










2度あることは3度ある


3度目の正直


日本で育った彼方でも


5つの同事が重なる 魔法の始まり


その1つの魔法は 現実上に起きた確証


自身には 対処能力が付いた


自分に自信を持て


アメリカ人にとっての 5 ・・・・・








If you are like this person, how you going to think about own future

SO LONG

The time goes as never stoped by own decision as of own Judgs or by the another

For owning owe





こんな人が世界の何処かに居る

彼方だったらどう未来を憾え

† の 時

と  め  タ イ で す か ?







運命って偶然起こる 

たまたまの偶然

本当にそう思いたい・・・










私の心の中に答えがある様で、この心の中に消えないまま

これからも時を過ごして行くだろうと、罪と罰の様に刻まれている



18 この数字は 2つの9終り

‡ を重ね向けた 故国への残想は記憶ではなく、感刻へ




運命って偶然なのか必然なのか

生命の未知の中、自由に無意識が止無処流廻のだろう



止まり無き

処 とは、処刑に処罰に場所の執行処

流れ廻り続ける

想いこそ、心の中に忘れえぬ思い出となる         のならきらきらした
                                      良き想い・・・




私の想いは・・・

心の中に 永久に残って欲しいと願う 思いに・・・

心の中の 永遠に消えない罪からの釈放が欲しいと願う

                                   のならきらきらした
                                      好き思い・・・


2つの気持ちはいつも 混ざる様で交ざらない


罪の意識の免除 
法で裁かれるのであれば、その期間を申し受け渡される

でも、この気持ちから釈放される想いが沸く時って・・・

どんな気持ちだろう

この気持ちから釈放される免除の時間とは・・・

どれだけの命時間だろう



永遠に・・・ 無期懲役のまま



そう思う 

                   ・・出あい




                あ               い 

                    会 い         で・・

                        遭                  D
                い     で・・

                             逢        い   で・・

                        遇       い  
                                 で・・

                    合           い         は・・・              
  




 
 愛で・・
  


















I













uno mas


D




G



Once Again







繰り返すもう 一ド




い           つ
つ も         い も



い つ








the between

Push ⇔ Pull < Dull ≦ ♥









この2間がこの世に常に存在する 3D世空界の中で




  

D  A R




        I

                                              ア イ 

        I

                                              会い・・

        I

                                              遇い・・

        I

                                              逢い・・

        I    

 
                                              遭い・・

        I
 
                                              合い
    
        I



愛  ∵ 
           ・ ・ ・ ・ か









Giving Birth その Due Date


誕生日は、親に感謝を向ける日だと


子供の頃から思ってた






自らのDNAにクローンを創る 交尾行為は生物にとって快感


心を伴った生物には 行為をしたい対象異性が限定してある

                               アイ

情事と言葉を変えられる 心を伴った人類には・・・


     それにも 
                                相
オスとメスのくせに 男と女と言葉を変換するなら


脳の中で 明るみの影と背中袷せのボーダーがある

                                間尚 








       だって私たち  

WE ARE the SEX MATE







   6人の男の子たちが共有する                 6人の妖精たちが享有する

   遊女に                               ∪汝に


                     

                        何が必要?                      


        肉体と                                心侭と        



                        相  性







『  ごめんね。  アイを向けて・・・ 』







ごめんなさい  Open Heart は、反省している心を素直に開いた証です

こんなに相性の合う人は、世界で一人だって、いつも一人になったら反省してる。



 『 俺にとってのそれは、ジュリが女の子じゃなくてもだよ。 』



それは・・・     
                Friends Forever


俺にとって・・・    
                永久に友達でいて欲しい、永遠に思い続けると思う


  My Wife になってもならなくても、何年も会うことなくても、気の合う友達のままで居たい

 
『 My Wishで、My Hope 俺のNo.1 わがまま・・・ 』 


 


私には・・・



11魔法の数字の手錠は、12時間の数字の足枷に 


エンゲージリングとお揃いで贈られて・・・


自分の設計する城牢獄への招待は・・・




心で考え 頭で感じ    心憾で感じ 脳働で慕う    2間の間に発生する相性



ならば・・・ 

 『 妹のままでいいじゃん・・・ 』             



 

Stop !  I




『 ごめん、迷惑でも、やっぱり俺もプロポーズ、もう一度きちんとする。 』





  





     
CM: --
TB: --

▲Page top