mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

+9 ½-√II BLUE MARBLE ∴ † F◎rEver Nin9  

T




as




TABOO






 G


ANgEL Determine to share...






 し―― ・ ・ ・ ・            



Angel's beLIEve of Memories with the Magic of the Drop of Tear © mimi's world-tear magic * HOPE and DESIRE / Far away beyond MOST... beautiful in the BLUE MARBLE * INDEX 目次へ



  Don't say anything to me....

  何も・・・  
                              君から



           My thoughts of Love you...        
   
  言わないで
                              欲しい
  


                        Just I think to my and yourself...


  でも聞いて・・・
                               なにも      

 

  聞かないで             
                       

Say Nothing to Outer World

  聞くだけでいい 
                              かも・・・

                                                口 出さないで





それは






t



as



I T is i t









何かに真剣

そして 集中











男の子がやりがち・・・。


何かに急に熱くなって突っ走りだし、周りを考えることなく、自分に一生懸命

これ、周りが迷惑する時もある。

周りが見えなくなるって、= 人のことを全く考えられない

すなわち・・・

一番ドつぼに陥り、結局の所、自分を第三者的に見えなくなれば

俺がこんなに一生懸命に成っている

それにあたる


           『 ・・のにっ! お前は 』 


 
=  自分を見失う     そう言葉を変えたほうがいい




自分を見失うのは・・・


            『 それでも、Youは・・ 』




恐怖の見えた 底    同立率の 天    超越した上を見上げている

今 付いている 足元は  さぁ・・・


もうどのぐらい、足場のある階段を昇ったのか

もうどのぐらい、空中に羽ばたけたのか・・・


            『 なんだよ... それ反抗? 』



羽ばたき?    人は羽を持たないが


走る?歩く?      人は足を動かす・・・       その指令を出す脳には長けている


飛べない・・・


            『 上から見下さないでくれる? 』 



・・・なら  跳ぶ




何よりも  どの生物よりも

熱く語るその中に・・・           

私を、巻き込まないでくれ



            『 どう見てるの? このを . . 』




でも・・・










だって   


自・分・主・義


それ 男の子だけじゃないよ


女の子だって見えなくなる程自分に一生懸命


その能力は同じ  脳を持ち長けた同生物だし


女の子の一生懸命を


ひげスンナ or... 


認めろ 








その認められる同等の視線を


女にも向けられる  その心向


それを支心柱に 持てない男は 


未来に自分の  夫となった時


亭主関白だろ  その私素質は 


すでにインプットされて生い来た


そのもの個体本質 促す本性か


いやDNAに組み込まれた 性格








知ってる?・・・


女の子はそれを嫌う って


少なくとも私は 無理  


だって 私も人として男の子と同じ様に自分の人生に生き熱くなれる


でも・・・






でもではなく、そうだ


男の子だけじゃない    自分の意思を貫こうとしている人間なら、誰もが熱くなれ

                自分のしている意を語りたい...   それ 自己満足 自分陶酔

                人に押し付けて 公に御開帳

                恥ずかしげもなく見せびらかす     その  マスターベーション
                

誰もが







I LOVE YOU

ANGEL






天使と妖精の婚姻って・・・
 






  はぁ?

    ふざけんな。 

 


ぁんだそりゃ?・・・・          夢中 すぎ。



思い出すよ。 My Friend の現在の言葉も、過去そのとき進行形だった時の言葉も。


 じゅぅ~ちゃん、結婚ってね、男の方が夢も希望もマジカルだから。

 
そ~か。 驚きのメルヘン横丁へいらっしゃいませ。 
この事だ・・・。

天使と妖精の婚姻はこの世に存在しない。 でも、あるとする。 それには思考の中可能バーチャル、ゲームの様な世界にメルヘン逃避工房。

仮想という想像上では存在するが、妄想ではない。 のには・・・ それは


このケース。 


男の子が 真剣にプロポーズをしてるという事実を含め、不動産を持ち、将来設計を企て、具体的にリアルを考えているから。
でもその時は


でも その ‘ 時 ’ とは・・・




新月の様に闇の中に

ズタズタに切り裂かれても

溢れる血飛沫の見事も不可能な程


12・・・


+=夜の真夏の夜

13日目の一番輝く月夜の夜を待たず終結する幻夢


そうだ・・・


その逆か


新月までの真夏の+=日は


Bloody Moon血月の30日だから


そうだ


18 から始まってる





運命だったのか?・・・・


18歳の私を思い出す




自分で思っといて、自問っ自答ぉぉぉぁぉぉ・・・・・・・


狂った私の、次来時間計も、狂いそうだよ



99999999 ね………




Far away beyond most beautiful in the Blue MaRble *t



     『 Whatta.....



1/
2
 


Midnight Mare Z * Ð
at 3:09pm


あまいほうのほおしなのか...                  a

あおいまほうのほしのなか で 最上級に美しい彼方 より


3x13 = 3/13x10

39


n% possivility






      HUCKっ! 』




一つの  11  Ace Duce


99/09/09

11 魔法が解けない時間


the Time Limit

0時に 世に生を受けた私


この期限が欲しいのは

目覚た12時が現世の一り


U  彼方と

人生始動の酸素H息一吸い


もう 一り...       






TO



Far away beyond....


I 'm here








『 What A small World....... 』









. . . ________ 成田に着いて・・・




帰国審査の際に、今まで一度も無かったのに、はい?って思う事ハプン。


 外国人の方~・・
 
・・もしもし~~~


 そこのお嬢さ~ぁん、貴女っ Youですよ~~~



何も考えずに、肩に掛けたバッグの中からパスポートを出そうと、覗きながら手を入れて歩いていた。


外国人?だったら・・・  英語で言わなきゃ分からね~だろ


御ばか?

通訳要です?なんて・・・ 考えてた。 一応、丁寧に ‘ 御 ’ をつけて。
ね・・・・・



G   し――っ・・・





Please welcome Angel's strong memories, Caution extreamely reqired to need quiet Time of the moment for these memories of Meets may shall be would into the sweet dreaming rest in peace







* Small World in A little planet star *





3x13 in 3D



I'm in...


the Door from far away beyond beautiful Real sea.







出逢い と 出遇い 


誰もが生きている限り、同じ種である人間に、必ず1人は、生まれて死ぬまでに出会うだろう。

第一に記憶がなくとも

この記憶がなくともという部分。 他人とのすれ違いは ‘ 出遇い ’ って私は使いたいし
記憶がなくともというのには、脳の発達が未熟であった生誕時には、誰もが母という人物と ‘ 出会い ’ がある。

母がその時命を落としても、母のお腹の中に触れていた温度の記憶は残り、誰もが何気ない癖や仕草にその名残を生涯終えるまで続ける、母のお腹にいた事実は第一のヒトとしての ‘ 出逢い ’ であると私は
創生したのは母と父で、育成したのは母本人でも、卵子と精子の結合に細胞分裂をしていった過程、その第一次最終工程は結構すぐ 心臓を作成された時点に私は、すでに一人のヒトとして母とは他人だと区別をしている。





私には、思い出になった出会いってたくさんある






 出逢い その中での 出遇い 







 通訳、要!


おぉぉ~ ぷりーぃず S


たどたどしくもバイリンガル。 そんな18の時には、英語も日本語も、時にフランス語もスペイン語も頭の中で訳さなくても、その言葉で思考し思想したらその言葉で返せるようになった。 時にというのは、英語や日本語の様に誰とでもというわけではなく、自分の脳に入りやすい喋り方や声のトーンが人により違い、頭の中にすんなり入る自分に合っている人の場合かと自分で話途中に思った。
基本的に英語と日本語は、言葉を2カ国間で直すことはいつの間にか頭でしなくなった。

だって・・・ 訳す っていっても

日本語と英語で過ごしちゃった。
脳を一番使う10代半ばから、ダムんアスな中途半端の両言語で、直訳?その方がわかんねぇし..YO。

私が基本的に住んでいるLondonやNYにTokyoといった大都市は、よく街中でも観光客らしきというか、おもいっきり観光客だろと思える方々をマジよく見かける都市だと思う。

日本に来た外国人観光客を見かけると、観光で自らが訪れる都市では、あ~、あ~いうふうに見られてるんだろな~ って思ってタドタドシさに微笑ましくなる。

外国暮らしが長い私にとってでも、パスポートは日本国民。 無住民票や選挙権放棄、年金義務無しの国民でもね。 これは日本に帰らないって意思の表れであるとみなされるけれど、外国のグリーンカード永住権を持つ人はこの様にできる。

 でも私、日本人。


まだ学生だった未成年のころ、アメリカやヨーロッパに遊びに観光にも行った。
住んでいた初めての外国暮らしであり、初めての一人暮らしだったロンドンにて。

毎日セントラルにいたら、本当にすごいたくさん観光客に一日中遭遇する。
そんな中通訳してあげる事も時にあったのは、その人のレジの後ろに並んでたりして。
自分でがんばりたいんだろうけれどね・・・
申し訳ないけど、普通に生活している後ろの並んだ人には、全員時間が無くて急いでますので。

観光で暇な時間がたくさんあるんだろうが~ぁぁ~~・・・

私には時間が無いので面倒だから、ひょいっとレジのお姉さんの方に声をかける。


  この人、観光で言葉がわからないから、私が通訳してもいい? 
  何が、この人が、わかってないのかを、教えて。


真後ろに並んでたりして聞いてたら・・・ あ~話しかけ・・
 あ~~~  ・・・だけどねぇ~・・・

この場合、2タイプ あるの!

1. アジア人は自分からは、話しかけるが苦手。 
   大体自分でどうにかしようとする。 でも無口。 訴えりゃいいものを。
   その結果がいまいちでも、自分が我慢すりゃいい。 ∵ 封鎖的 難しい国民性。

そう感じてたし、

2. アメリカ人ヨーロピアン、アフリカンは、助けてくれぇぇい・・ だれか・・
   思いっきり人に頼る結果になる。 が、その前は
   自分の話す母国語は世界どこでもオールマイティ共通と思ってるあほでもある。
   ∴ 壁にぶつかった時、YO~ 用 + 要。 とにかく人にすがりつく。


この部分が違ってて、観光客しか必要じゃない課税免除とかの話には・・ だね。
だって、私、外国住まいの外国人。 
私にも当てはまるケースもあれば、そうでない部分との両方を身の上の事で知っている。
だってジモッティでも、その国の国民の人には、逆に必要ないのでまったく知らないし。 そういうなんか他国の人には母国に帰ったときに必要ななんかってまったく分からない事なのね。 なんか。 なんかってのなのさ。

お店の中ではこうして話かける時もあるのはお店側からの承諾をまずとらねば、この観光の人とお店でなんかあっても、私は通訳しただけで何も責任は無い その為に通訳ってところを強調したりして。
知恵 from クー&コーンにリック。
彼らに言わせると、鎖国文化があった国民には寄せ付けない根性がDNAに入ってる ってさ。
たかだか200年の確実な歴史しかない、世界じゃNewでNeoな国民に言われたくねぇがよ~

そうじゃない街中での場合とか、いろいろあったりするんだけれど・・・

ん?・・・

そうそう、咄嗟に日本語で話しかけると、驚かれる事があった。   

ん~・・・  80%以上、ってとこ。 


いつもね、 ん?私、日本人に見えないの?って思う。 なので、何語を話すの?と英語でまず聞く癖がついた。
んぐっ。 あごを引いて英語に止まっちゃったりしたら、日本語に変え。

時に・・・

日本語上手いっすね~!なんて... 言われたりして。 日本生まれの日本人っすって笑うけど。
ね・・・

疑問、きっと私の永久の疑問。 

 “ なに人に見えんだ? 私。 ”    これからもずっとず~っと死ぬまで続くんだろ~な。  


Londonに留学に行った18才

初日、寮で直ぐダンサー友達が出来た。違うバレエ学校に行く予定のこの子は韓国人で、はじめは韓国語で話しかけられた。
でも韓国は英語か日本語のどちらかを外国語の授業では選択するみたいで、この子は英語を話せていた。
この子は韓国の国際コンクールで前年1位になった子で、近くの寮にはその年に1位になった友達と一緒にロンドンに来て、その子は日本語が話せるって教えてくれた。
その寮に遊びに行ったとき、もう一人の子が日本人のお友達ができたと紹介してくれた。
その日本人の方は20代後半の方で、彼女には、もう数年ロンドンに住んでいる元留学生というお友達がいた。

そのお姉さまとその数年住んでいるお友達とで、バレエアドバンスのオープンクラスに明日行かない?って誘ってくれた。
次の日、そのクラスで・・・
なんか、目立っちゃった。 
先生が惚れてくださり、Angel Angel 1番前っ! 50人ばかりのクラスで、プロの方々大勢の中、独り占めは・・・
このお姉さま方の気分を損ねさせた・・・。

まぁ、バーの場所を取るときに、いつもの癖さ。 と思うけど、自信? もち。 誰にも負けない。
目立つ場所にガンガン行け。 じゃないと意味が無いと、子供のころから元バレリーナの我が母に言われてた。
エリートの中で伸し上がるには、どんな手段でもまず目を引かせろ! これって芸能人を目指すものにとってもまったく同じで、子供の頃から自己主張の塊・根性を携えたジュニアの子達といたら、謙虚?んなのほぼ0%、この国民性常識部分もずれずれだ。

そのクラスの後、チャイナタウンで飲茶しよ~って3人で向かった。 が・・・友達の友達は友達。
みな友達は友達だ!

世界は・・・ What A small world ふぉーME 



私の友達は 世界中にいる 



アメリカンスクールの友達 ‘ 以外 ’ の方が実際 多く

でも友達 その友達たち 自分に似ている性格だから

友達になったというのが 正しいのかも

友達の羽ばたいた誉れ 誇り満タン栄光のその人生を

友達として すごい! ってマジ尊敬 深心より真っ直ぐ 

浮上っ!

 
I Love you and yours “ the LIFE ”







          

 やっほ~!

日本人の子、呼んどいたよ って言ってくれたロンドン住まいの長い友達の友達の方が呼んでくれた友達は、私の子供の頃からのバレエの友達だった。
それも続々と来た・・・  いやぁ~ マジっ!? 全員が、きゃぁぁ~!久々~! マジDE懐かしの友人。


 アンじゃん!?

 ぎゃほ~っ!うぃ~っす!


バレエを始めた4歳。
入ってすぐ、母が先生に言われて先生の所属するバレエ団と、日本を代表するバレエ法人のオーディションを受けた。
その法人団体の中でエリートを育てるための特別ジュニアクラスがあり、そのクラスの中でさらにオーディションがあり、トップクラスに入るとそのトップクラスの中のさらにトップエリート育成クラスがあり、そのエリートの中にいると、直接話が個人的に電話でされる、校長先生の直々のお偉い先生の個人レッスンを受けられる様になるが・・・ その先生からまた話が来る子と来ない子といて、そのプライベートお抱え中の個人レッスンの中から、校長先生のプライベートレッスンを受けられるさらなる上のオーディションという形だったんだろうな? たた1度一人でレッスンを受けていたときに、学校のど偉い日本を代表する先生方がスタジオにどやどや入ってきて、じーーーっとみられてた。それがオーディションをされている時だったんだろうな~
帰宅したら両親が、こういう電話があったと、嬉しそうな顔ではなしてくれた。

へー そんなレッスンがあるなんて、考えた事も思った事もなく、知れない世界があった事といい、そのレッスンを受けているとは口外禁止にされてた闇の時間。
トップエリートのクラスの中でも受けている子同士が話すことはなかったので、誰が闇レッスンを受けているかなんて、だれもお互いに知らない事だった。
こうしていろいろ4つ5つ6つ7つと重ねて入ったのは小学生のときだった。


私のこれまで

それは、私が地球上ならどこかに居る

私の友達はほぼ皆、私の事をそう思っている

でも私にとっても

私の友達は世界のどこかにいる って思ってる

これもほぼ全員だと、自分でも交友関係にそう思う



私の友達は、自分の意志で自分の人生道を、努力の塊を強く 強き その強気なHEARTに携えて自分で決めている。

とても大切な友達、心強く自分の生き様だけを貫いたら、自分に必要なその場所に行けばいい

自分と同じ、いえ それ以上・・・

私は自分の友達を尊敬してやまなく、こんな友達たちが私と友達で居てくれる事に嬉しく思う


この子供の頃から私と同じ一番上にいた子が、ロンドンに数人いた。
それと、もうひとつ違うバレエ団体に13のときに所属した私は、日本中のエリートの子とどこかの舞台で競演する機会が多々多多々、一人でオーディション受けても、行ったら誰かいるっしょ? そう思えるほど。

私の子供のころからの友達は、私の違う団体での友達と友達だったりしたりね。
つながりが面白い具合~。

ロンドンに住み始め1ヶ月、それまで週に何度も出会う日本人の女の子が居た。
行動が似ているらしく、バレエ学校に大学にと掛け持ちをしていた子。 バレエ学校は違うスタジオ制学校だったけどね。
住んでいたのも私の寮から1駅先なだけだった。
仲良くなって一緒にクラスを受けたりもしたし、寮から引っ越した後は、お互い一人暮らしの部屋にお泊りしたり。
学年がずれていたので、彼女とはロンドンで1年だけだった。が・・・

NYに住むかも?そんなことになった私。 
ミスが終わった直後、モデルエージェンシーに相談に行った。
次の日の大きなバレエ団のオーディションに向けて、その足でオープンクラスを2つ受けに行った。

今までもね、バレエのオープンクラスで、誰かいるっしょ? なんてね、世界どこでも。
ここでも別に日本人を期待してないけど、居た。

 あれ?  あ、やっほ~。 なっちゃ~ん。

 ぎゃぁぁ~ ひゅうたんっ! 

私の小学生の時の親友じゃ~ん。 
寮でであった子供の頃の友達と同じ様に、地方からでお泊りを共にしたりもした子なの。

そんで・・・ なっちゃんの住んでいるMid Town。知らなかった・・・ スーパー近所だった私。 
そんで・・・ 彼女の家でお茶してたとき、電話が鳴った。 
日本語で話してたので、日本と?と聞いた時、NYの日本人の友達と教えてくれけど・・・

えっ! その友達の友達は、ロンドンで出会った1年だけ友達だった しほりん。

ロンドンで出会ったこの、1年だけのお友達、作ってないよ、彼女のあだ名はちおりん。 
東京に週末お稽古を受けに来てたなっちゃんだけど 聞けば・・・ ロンドンで私と友達だったしほりんと、何と !地元の幼馴染、子供の頃から続いてた昔からの親友だった。

ぶっ! しほりん? 

“ ちおりん。 ” となっちゃんが呼んでた電話先に、驚く。      のは・・・ 

 

ね~~~

このNYで出会った親友なっちゃん。 ロンドンの寮であった地方出身のお友達と同じ、お泊りしたりして、尚ちゃんの事も知ってる~~

付き合ってんの? ん~~ 元だよ、今は。  ・・・なんて

なっちゃんの言う、ちおりん情報。
私にとってのしほりんね。
大学に行ってたのは、彼女は日本じゃバレリーナとして活躍出来てもね、なっちゃんみたいに世界に出たかった。
しほりんは、エリートばかりの子供のクラスには受からなかった。地元で頑張っていたらしい。
日本で女子大学に行き東京に出ては来たけど、なっちゃんがパリに行った後、交換留学生として申し込み、ロンドンに。
バレエの方にもと、スタジオ制のバレエ学校に入り、オーディションを受けたりしチャンスを掴もうとしていた。
けれど、Julliaみたいにすぱっと道を一つには心できず、半々。大学と掛け持ちしてた。
 
未来の不安。 私も分かる。

だって日本で大学に行っても、未来?・・・・どーーよ? 疑問も不安がかさばる二重構造。

NYで大学にいってるって ちおりん。

どーも・・・


 めっちゃめちゃ、かっこいい 
 日本人の大学院生がいるらしい。 また、その話だった。


あのね~ ダンサーもしてるし、スーパーモデルなのに~ 社長の息子で~ 医者も~ 
で・・ 学者めざしてんの~ぉ
も~ね、スーパーが付くっ! しほりんが憧れてる男の子。 

・・・が、いるって話。 


へ~~ 秀くんみたい。

なんて暢気に思う、自分の彼氏を思い出してたり。 毎日、憧れの男の子の話を聞いてあげてるという話でも、バレリーナのなっちゃんには、ダンサーや先生以外の男の子に出会う事がなかった。 出会っても監督とか年上ばかりで、ちおりんに男の子を紹介してと頼んでいるらしい。

ちおりんは大学だけになってた。大学が、、、、あっ、秀くんと同じ?・・・  なの。


  帰国子女らしい。

なっちゃんも、ちおりんも、ビザの残りは心配。

 
   結婚、してくれないかな~

 .... だって言ってんの。


あんたね~ 付き合ってもないのに、結婚を前提にって告白か。
一応ツッこんでみたけどね、マジ。

かな~り真剣なの。


  ほら、見て。


ちおりんが バイブル~と言いなっちゃんにも拝めと置いていったという、雑誌を数冊、なっちゃんに差し出され
しほりんらしい。
そう思っちゃったのは、もう一つ。 アルバムされた切り抜きファイル... の分厚いこと。

へらり

ファッション雑誌は表紙があるので見えないが、ペタッとページの上に付箋が貼ってあるんだけど、何なにときちんと書かれていた。
同じ大学生でも、日本の大学生っぽいって私が思ってた、ロンドンでの出会いのころのまま。
彼女らしいって思ったのは、ビニールファイルに入れたスクラップ。 

半透明のプラスチックファイルは、MUJ。I 日本の無印はNYにもロンドンにもあった、それ。

見覚えのある写真がもうすでに薄ボケ透けて見えてた。

氷 氷結されたよう
でも、その姿ははっきりと見えない


1ページ目に、しほりんがしてたのが・・・ 

 “ 俺、自分でこの写真好き ”

・・・・って言って、クーみたく大きく引き伸ばして、パネルにしたらどう?
なんての、言ってた。

それ。



ぅNNーーーっと......


  見て。
  でも、ちおりんの気持ち、ちょぉぉぉ解かる。  
  ちょぉぉぉ~~~ よ、ちょぉ~~~~ 
  ちょ~が長々と続くから、そーー・・・ぉ? と伸ばして叩かれた。けど・・・

   ちょーブロンズ像。人間はこうよ。こうあるべき。

パーフェクションってコレ。には、、、 なっちゃん、褒めてくれて... 大変さんきゅ~~。


  んでね、そこ、ウォるドのランウェイ
   ちおりんに拉致されて行ったけど・・・ やばい
   生身。生きてた! って思っちゃった。


始めはちおりんの妄想だと、このブロンズ像の素性に思ったらしい。

・・・出ちゃった。  秀くんの事も知ってた二人の友達。

しほりんは日本に帰るとロンドンを発つ時に言ってたこの頃、タイラと同棲を始めたばかりで、しほりんがロンドンを発つ日、タイラの運転で空港に送りに行った。
だけど1ヶ月で日本を出てNYにきてた ちおりん。 戻ったら日本の大学が、どーも合わなかったらしい。

タイラの事を知ってる そのちおりんが、秀くんも知ってて・・・
子供の頃から尚ちゃんの事を知ってる なっちゃんが、秀くんのことも知ってて・・・


え~と・・・

ちぉ・・ しほりんに、私の現在の彼だって~・・・  言ってもいいのか~~・・・


・・・。

 ん~~~ さすがに今は~~・・・
 この男の子に集中してバレエを止める決意をした ちおりんには・・・


え~~~ きっと~~  

 『 時が解決してくれると思う。 』


 同意。


寮でであったもう一人のお泊まり組だった友達から なっちゃんには

ハワイで尚ちゃんと待ち合わせで、ひゅ~はいないよ。
 ひゅーっとね~ ・・なんて。

親父か!と突っ込みたかったらしいが無言で聞いてて、尚ちゃんと付き合ってるって思ってたらしいけど。
たしかに、この18の時は出産したばっかで、尚ちゃんに会いたかったゆえ。
ロンドンとアメリカとの離れ離れは、会わなかった中学のころと違う寂しさ・・・ 怒りはあった浮気性だったけれど、尚ちゃんは毎日エアメールを日課の様に送ってくれて、時々尚ちゃんの香りの枕を抱き締めて寮の廊下に聞こえないように泣き声を押し殺した。

そんな留学してすぐの9月終わり、ハワイに行ってみたいという尚ちゃんと遊びに行って、帰りはLAに数泊した。 
その話は聞いてたみたいね・・・。

私・・・
なっちゃんに今どこに住んでるかと聞かれて、こことは、1ブロック曲がって曲がって半ブロックのとことは、言ったけど
どこに住むか場所を決めるまで、秀くんのところにいるとは言わなかった。

だって安心に日々落ち着いて暮らしているその居場所を、私がもしも教えたら、どーよ?
自分が自分の友達に教えるのはいいとして。
ちおりんが自分でお友達になって、秀くんが自分で教えるんならいい。  だよね。

秀くんにも、言わなかった。
でも子供の頃の友達が居たって話をした。

なっちゃんはパリに留学して行ったのは、高校生の時に私は知ってたけど、NYで出会うと思わなかった。
だって、フランス語と英語。 
彼女はフランス語は得意でも、イギリス人の先生のクラスでは何を言っているのか分からなかったって中学の時の思い出が私にはあった。

NYに公演に一度も来たことはなかったけど、Julliaみたいにパリだけコールドバレエで出てた、なっちゃん。
英語よりフレンチ。決めた。・・・んなだった高校生の時のなっちゃん。

秀くんが私を初めて見た時の公演には、寮でであった子供の頃の友達は出てた。

私のお友達は私よりももっと先に、世界のどこかに行く様になってた。


そうだな・・ 

例えると~   アメリカンスクールの友達は、逆にアメリカばっか。

このバレエの友達の方が、世界中に散らばって、友達は友達だったりと
日本人の中でも狭き門の中の世界に居たみんなだから、同じ様な狭き門って他にもたくさんあって、そんな場所からでてきた日本人同士で友達になったり。

私は狭き門も掛け持ちしていた10代で、違うエリートの友達もたくさん居た。 だから子供の頃からのお友達が、現地で出会い友達になった子も、友達だったりして、顔が広いと思われてたけど。

それにはバレエ関係の友達が、スタイル維持のエクササイズとしてモデルの子とオープンクラスで出会ったりして、話しかけたり話しかけられたり、バレエ?そうそう・・・ なんて、モデルの子から友達の中に一人いるという話は、高校の後輩私の事だったりしたりして、驚かれたりもした。



高校生からアメリカに留学した友達がアメリカンスクールにはいたり、先にアメリカに帰った先輩とかいろいろいたりもして

私にとってのアメリカ

その国に居るのは、バレリーナの友達ではなく、学校の友達が多いってイメージだった。


うん。私の中のイメージ。

   世界のどこか その友達はPhysicalで 身体資本の行動派
   アメリカのどこか その友達はScholar 頭脳明晰な特攻隊

この2タイプの友達サイドが私にはある____...

   


『 あ。やっほ~ 』


ちおりんに出会う前のロンドン。 海外住まい歴、まだ3日目~~~



  アンじゃん!

  いやっほ~。 
 


子供の頃から知ってる友達。
小学生10歳の時、バレエ団の公演で子役として選ばれて先生方に混じった。
その直後、NY公演の話が来た。 大人の先生方のウォーミングUPクラスに混じり、その後のリハーサルをうけたりして、帰宅は12時を毎日越えていた。
先生方しかいないクラスの中じゃ・・・  集中攻撃、全員が注意するさ。 大変ですっ! 

パリの先生の特別講習は、募集人数以上で、オーディションで抜擢された200人が講習会に出たが、それは所属団体とか関係なかった。なのでそこでも違う所属のエリートな子達と出逢い、張り合ういい友達関係ができたり。
その初め レベル分けで6つのクラスに分けられた。
その一番上のクラスで先生が気に入った子だけをもうひとつの特別グループとして8人だけ選んだ中・・・

国際コンクールに連れてかれ、パリ公演に借り出され、NY公演では主役3交代の3人、

その3人の内の、私と・・・ そう、この友達! 


ぎぇぇ~! マジ? 
そうそうJulliaにね寮で遇ったのっ!うっそ~、なの?会いたいっ! そんな話もしたり。 


 パリの先生のクラスではさ~
 アンだけ、先生がキスして褒めるの!

確かに・・・

私だけが頬ちゅ付きの褒められ方。
みな、嫉妬していた。私も有頂天になっていた。
本日も・・ 世界でトップ現役スターのダンサーな先生のクラス、ミーハーじゃない私は別に の冷え感情で、この色男にベタベタされてたけど。

みな、ほほちゅ。  この色男は唇ちゅ。 I will see you SOOON 会いたい。 
って言われたんだけどね・・・ 犯罪だろ18の子に。 いや、バレリーナとしてだと思えないかね?


有頂天&嫉妬も何のその、では先生に気に入られる様、どうぞやってみろ! ほくそえむ心の中。
 が・・・

この友達が、パリのコンクールで金賞を頂いた。


交際コンクールを総なめするように、この友達はがっしがし金賞に輝いていたそれまでの功績もあった。
私はパリのコンクールでは、3位ともう1つ賞を.. オマケだろ?って思うのを頂いた。

実質、1位です。 なんて、気休めのおまけ賞。 だったら金1個でいい。

じゃ、せめてなんで2位じゃない!だけど私にとって初めての国際コンクールで、上出来! ってねぇ..
一緒にいた日本人の子達にも先生方にも言われてもね・・・・
このたった1つ年上の金の友達に言われても。 ・・・ほくそえんだ?
まだ、君は数年可能性があるじゃん! なんての・・・・・・

集合写真は、この金の子をど真ん中。 スーパーにっこにこ。 その彼女の囲みは審査員長や主催者にスポンサー様々方。
その横・・・
2位のフランス人の子で、左右対称の反対が私。  あ~~~・・・ 2位。 もしかして歳を考えた? ずるいだろ。
可能性は、年々先の余裕がまだあろうがなかろうが、この時どれだけ自分を発揮できるかが最重要に大事じゃん?
そんで3位以下数名の各賞に受賞した後列といった写真撮影時に 最年少の癖になんて大勢にね。
撮影終わりにいろんな国の言葉だろうが、タドタドしい英語だろうが話しかけられても・・・

 あまりに、あまりに、悔しかった。

はっきり言ってこのコンクールの受賞者集合写真は、まだ営業スマイルなんかの決まった顔の筋肉固めができてなく、引きつった微笑みは、私・・・ 涙が出そうになるから、カメラを見てるだけ。
でも頭に着けてた Le Corsaire の・・・
海賊にさらわれた姫がその海賊とタブーな恋に落ちる話の姫の Forbidden Love 切なさのバリエーションなんだけどね、結構な大きさのカチューシャ型のティアラに合わせて着けてた、お気に入りのアクアマリンのTear Drop ピアスの光が写ってた。

自分の涙よ・・・ うぅっ。 そんな風にしか自分には見えないもん。  

切ない・・・ 

だって・・・・
見てはいけないものを 見せられた・・・ が正しい。 
全員がにっこにこの中、一人無表情の私を気遣った?・・・  だめだろ、大人としてよ!

あまりに気落ちしていた私。 でも審査員の一人は私をお稽古で見た事があったパリの先生のお友達がいた。
それはコネとか別に期待してない。 その逆っ!
本当は2位だったと・・・ 数表の消しゴムで書き直されたものをこそっと私の付き添いの先生に見せた。
私も、ちょ~ど・・ 実は楽屋から出てきてなになに?と・・ ちらっと横から紙を見ちゃった。
年齢に見合う実績を2位の子に渡せられれば、この19のフランス人の子も可能性が広がると。 私には来年があるってよ。

隠蔽して欲しかった.. 逆に。

知らないままの方でHappyな方がいい。 そんな人生を望んで・・・

私は子供のとき3回NY公演に行ってる。2回目の半年後、NYで違う国際コンクールをしり、受けることになったが、この友達が出れない国際コンクールだった。
そのコンクール、金賞を貰った者は二度と出てはいけない決まりというのがあって、これは ほぼどのコンクールにもあったり、または国際コンクールで金賞をとった履歴があるだけでも、出た事の無いコンクールであっても、出場できなかったり。
日本国内なんかじゃ、国際コンクールに出た事ある、ってだけで出れないのもあるし。

このNY A Sooo...そうよ銀。ここでは違う友達が金を取った。でも、男の子。 それに私は諦めはつく。
この男の子は自分でもスーパーだと、子供の頃から一目置いてたし。
翌年のパリで、それにジュネーブでも、そんな後の金賞は・・・ 私に納得いかないものだった。私のコンクール歴は全部、自分的に納得いかない。 

特に、パリとジュネーブ。 パリの前年もだけど、ジュネーブの前年は、もう一人のここ、ロンドンで出会った違う所属のエリートの友達だった。
ぜんぜん、なんか負け犬。

日本人は不利。  いや? 個人の努力。 関係ないぞ。 

私のエリート友達たくさん、国際コンクールで賞を取りまくってる。

この翌年は秀くんに出逢い、年齢で落とされた事を愚痴る仲間ができてた。
知らないままにできない、素直すぎる人がこの世にたくさんいる。 そう話してたお互いが感じていたのは

特にその道1本でしか集中してこなかったプロは、あまりに人間的にPureで常識にPoorだって、良いも悪いも半々でも、本人は気づけない思考の一方向しかできない性格に、幼少の英才スパルタに育まれて、そのまま大人になったとね。

この小学生のころからの友達は主役のための奨学生としてしゃらっとね・・・ 選んだ先がロンドンで、行ってきまーすとすりゃっと日本の団体なんか16で止めて即っ飛んでいった。 

バレエの友達の中では、彼女だけが私を アン と呼ぶ。

それは子供の頃、バレエ学校に私の母と尚ちゃんの母と、買い物ついでに寄ってみたって迎えに来た時、尚ちゃんも一緒にいた。
その時、あんじゅ と尚ちゃんに呼ばれ・・・


 呼ばれて飛び出てジャジャじゃじゃ~~ん!

 ・・・その妹になんか似てる。


小学校でも言われていたけど、このおもろい友達は振りまでつけて決めポーズ。 尚ちゃんが固まってた。
俺、あの子、苦手かも。

あんじゅで私が返事をしたことから、いつからアン? その疑問の方が私には謎の疑問、だって名前って・・・ 生まれた瞬間に皆つけられるもんじゃ?・・・


 アン、やっと来たか。
 
 遅くない?いくつになった?
 

『 18だよ 』

確かにバレエ留学にしたら、遅い才。
この友達も、その他の友達たちも世界中に散らばって羽ばたいたのは、高校なんて行かないか中途休学か自主退学で留学に出た事。


『 高校卒業した。 ってか、ん~~・・・ 
  アメリカンスクールのね、カレッジレベル 』

私が高校を卒業したかったのは、大学に行く為だった。

だって・・・
この友達たちを見ていたら、バレエを止めようかと思った時もあった。 自信喪失の捻挫、かな?
が・・・
母に先生方に、それは高校を転校したいと言ったあの瞬間に止められた。

それに私は、学歴が無い自分は許せなかった。 
エリートダンサーの皆を見ていると、中卒もいるし、高校休学のままで行ってないか中退ばかり。 
趣味? なにそれ?バレエ以外別に興味なし。 そんな子達はお稽古の無い時間も自分でレッスンにストレッチに励む以外、する事無し子。

勉強?できるのが当たり前。 そう思って時間をつぶし過ごした小中普通高。

私?・・・・  めちゃめちゃ、したい事が山盛りっ! 時間が1つしかないのにもどかしかった。

学校、行きたい。 絶対! 
新しく転校した学校は、ネオ珍奇変態エリート頭脳の溜まり場みたいでバカがつくほど楽しかった。
初! 

勉強? 勉強じゃなく、世の中に無いものを生む、追求だろ

その切欠を促す。それが授業。  ・・・この奇人たちは言葉も操る。


だって年齢がバレリーナの卵としては、高卒を待ってるだけで過ぎちゃう。
でも、アスリートなら自分がいつ怪我をして再起不能に成る可能性は、のほほ~んと惰性で生きてる人の数千倍じゃん?
心が折れて教えるのも嫌に成るかもしれないし~ そう考えると、高校も出てなければ、コンビニでバイトすら受け付けてもらえないし。
兄が店長代理で履歴書を見て考えてたのをみたし。 

でも踊るというプロには、10の時には微々たるギャラを頂いてきた8年でも、そんな自分が “ 出演 ” するよりも、構成振り付けしたり構成を考えたり “ 演出 ” の方に目覚めたが為。

自分で作品を作るのが楽しいと美術大学に行こうかと・・ 思ったのは・・・
映画や舞台監督になりたいと思ったこと。

その為のアメリカンスクールだったけれど、ここで、ひょんな切欠がもう1つ。


秀くんとアキちゃん

ダンサー同士の私たちには、それぞれ通うダンススタジオやバレエ学校や、プロのバックダンサーグループなどに所属している。
そんなとこからまた、友達に声をかけ、ダンスユニットを作って、、、 振り付けしたのが私。

なんで?

・・ってのは、とあるテレビ番組に出たかっただけ。

甲子園って名のつく、アレ。

高校生ってことで、1年生になってやっとこ出れるぞ! 
そ~・・だけど、高校生であっても、学歴的にカレッジは、日本で気にする部分なの?
どーーーーよ? さぁ?
秀くんとアキちゃんとそんな事まで気にしてた。

一応やりたい意思を盛り込んで、勇んで、たのも~!と書類を送ることかなりSoon。

ま、書類で落ちたか?そう話し合っていたのは、予選会の前日の学校にて。

次回に向け~!って3人で意気投合、それまでレッスンに励めばいいさ ってなった。
が・・・
その日の夜11時も過ぎて、帰宅した私。

ただいま~~ って玄関で靴を脱いでたら、玄関先の電話が鳴ったのでちょ~ど取った。

覚えてる。 玄関にあった家の電話の横、お祖父ちゃんの還暦祝いに作った、くるくる回る振り子時計が 11時22分だった。

テレビ番組の者ですが~ って、第一声の電話。
ぎゃぁぁ~!はいはいっ!ってな、テンション上がりまくりドキドキしっぱなし
オファーよりも嬉しい便り。

 _ 急ですが、明日来れますかぁ~?

そんな感じなのは、テレビ局でありがち。 今までのオファーで、雑誌とかと違うのは、よ~く尚ちゃんが話してくれて存じている。
出る出る、行くいく、絶対行きま~す!
すぐに秀くん達に電話を掛けまくり、次の日全部自分のスケジュールなんて放置して行ったもんだ。

指定されたスタジオ内で、待つ事数時間。 たっぷり人が溢れてた・・・ 中・・・

目立ってた。


よし!ぜったい合格!
いぇ~~い! ってなハイタッチ&ハグリまくりを廊下でバタバタしていた。

うるさかった?・・・ 

ドキッとしたのは、スタッフの人が近づいてきて、それで・・・
廊下途中で、ねぇ、こっち来て って手招きして呼ばれた。 


おぉぉっ!

みんなで向かうは会議室。 でも、そば・・・
が・・・


 別室で見てた方が痛く気に入って乗り気。

おいっ! ぎゃっと一瞬喜んだ。 それにはダンスもいいが他の突っ込みどころがあって したいという口論になった理由があった。
ど~も、目立ちたい仲間が集まった結果
私たちのグループ名なににする? その話し合いのときに、個人個人みな言い合った主張があって、それを英語と日本語とカタカナ語とまぜこぜに、つなげて全部にした。
なので、グループ名がアホに長い。 が・・・ 会社名に見立て 最後に(有)みたいの。 
それを画面いっぱいに文字で埋め、見えねぇじゃんか!と突込みが浮かんだらしき。

んだけど、だけど・・・

 ごめんね。
 話し合いの結果、君たち皆ギャラも貰っているプロだよね。


ん~~~ ・・・だな。


国際コンクールとか、NYでとか、パリでとか、しぇけなは~のバックとか、受けられるような経歴は、バラエティを超えててダメと・・・

栄光のわれらの経歴に納得できない理由で落とされた。

われらの誇る輝きだしてる自分では ‘まだ歴 ’ が、自分の未来の邪魔をした、ど~よ?・・ そんな帰宅路はどのようにがっかりすればいいかと、がっかりしているくせに思考悪あがき。

でもこの時から、裏方の監督や美術スタッフもいいが、振り付け構成も楽しいと目覚めた私。
才能あんの? 
そういや中学1年のときに先生公認で1日授業を休むが、出席した事になった事がある。
それは、体育の先生に連れられて関東創作ダンス講習会というのに、体育大のお姉さま方に混じって創作の勉強みたいなのに、なんでか連れて行かれたのだけど・・・ 合唱部とか入って無くても勝手にコンクールとか借り出されてた人なので、その時ナニナニ体育大アシスタントですと紹介を先生の母校名で紹介されても別に大して気にしてなかった。

バレエ以外のダンスの振りは、クラシックの決まりがなく、勝手に飛びぬけられて楽しさ
倍 X Wピース。

セクシーであり、エロではない。 が・・・ ほどほどに とは、この転校先頃から言われ始めたけど。

バレエの男の子には私はまったく興味がなく、恋愛感情が生まれる事はなかった。が、ジャズやタップにヒップホップが主で、バレエは基本程度という秀くんに・・・
実はダンサーの中という意味で、ダンサーの男の子を意識したのは初めてだった。

でもしたい事。

彼もダンサーだけじゃなく、動物生態研究がアフリカでしたいという、違う2Waysの夢がある事が、私の中で踊りだけに集中してる人と違うって思った。

私は子供の頃からの夢は、妖精になりたい バレリーナ。
 
でも歳を経て夢が変わり、入りたい会社がある アメリカのILM。  

現実的。

私にとってバレリーナのほうが現実的。 ILMに入りたいなんて、夢の中の夢想の方。
現実的な会社なのにね。 なら実現、バレリーナもできたんだし。 
ではその為に・・・
それなら、大学に行って監督業またはCGを目指すのほうがよろし。

え?バレリーナの寿命? ま、25がいいとこ

私のオババ年齢が、25がボーダー。       
そうね24はオバさん1歩手前ボーダーだっての、尚ちゃんは子供の頃から、耳タコ脳イボ
心に魚の目だったんだろうな。


ロンドンで久々に遇ったエリートな友達が、世界有名バレエ団ですでに踊ってたとしても、その自分の目標はゆるぎない為、バレリーナとして世界中で活躍する彼女たちより、年齢が遅いと思うが別に本腰ではない母や先生に押し出されてきたので気にしない。

小学生の頃の友達とは、エリートクラス集団レッスンが終わり、プライベートを待っていたお稽古の合間に、スリラーとか踊ってて入ってきた校長やお偉い先生方にドキッとしたり。

自分で選んだ大学の方がウキウキ。 それには卒業したら、ぜひアメリカの大学に本腰を入れ行きたいと願う。



世界で活躍する友達たちとの話は、アメリカンスクールの友達より、飛びぬけて超越に富゛っ跳んでいる


あの子はね~ベルギーにいる、
あぁ、その子と仲良かったあの子はね、モスクワだよ
へ~ぇ、そうそう、あの子はウィニペグ・・・  それと、NYに・・・ 
そんな話も普通に、世界中にこの頃から広がっていた友達たちと、チャイナタウンのT字路の突き当たりの飲茶有名店で丸いテーブルを囲んでいた。


お茶が無い・・・ 

汗をかいた後なのでお茶がどんどん無くなって、陶器のティポットを持って、振り返って店員を呼ぼうとした。ら・・・


 おねぇちゃん?
 どうした? お茶?


英語でこの様に話しかけられて、イギリス英語じゃなく中国語ナマリ入りの香港英語だったので、アメリカ発音混じるそれに、こちらの方が私にはブリティッシュより耳が慣れていた。 from 愛華ちゃんの真似より。

Ya ya...

って思わず同級生タメのノリで頷きつつ返事をしてしまった・・・ 振り返りざま
ふと視線を、その人と合わせ


  お茶だったら
  一緒にどぉ?・・・

 
  違う茶だっつ~の


隣のイケ面が、広東語上海訛り & 肘でツッコんでた。 
が・・・・・・・       
 ・・思わず、停止した私。


やべっっ. . . J.Cェン


アクションスーパースターのお出ましに、ぶっ!思わす本人に向かって噴出す。
やべっ・・ ロンドン すごっ!って思ってた。

  ちぇんちぇんクーだから? 

飲茶で有名なこの店の名前に、イギリス英語のみにどっぷりの友達は、アメリカンで言ってと促してきた。


『 この店のオーナーなの? 』

 だってさぁ~なまえが~?


なんて・・・・
Mrスーパースターに、アメリカンスクール慣れの私は、アメリカン西海岸訛りスラング混じり発音イングリッシュで言っちゃえば、中国語で話しかけてた香港いけMen君に北京語だけど広東風な薄辛い味の様なみょ~な中国語でも話しかけた。

 あははは~!
 
違うってって、気さくなアクション大スターは、私の肩もばしっと突っ込む。

そこまで痛くない。 なに拳?なんて、胸板を気軽に触る私も私。だってダンサーの体に触ってなれてるし、バリバリの秀くんにクーとかでも慣れてる。
その手を腹筋に当てて、パンチ思いっきりと言われながらだった・・・


 あれ?LA出身? 
  
 北京か上海?
 でも、日本語も分かるんだよね?


『 ん~ん、日本育ちの日本人だよ。 』


ここに居るのはみんなバレリーナ。
世界中に一応行ってて、私は英語とフランス語と日本語と中国語とか分かるんだけど・・・
それはね、アメリカンスクールにいたから~、スラング交じりのだらだら西海岸英語ばかりで話してたの~ だからさ~~イギリス英語に聞きづらくて~~ 耳にふと入った英語が聞きやすかった~~ さんきゅ~~~

ってな、説明もだらだらしてるまんまに、アメリカンスクールの頃の英語しか喋れない話し方で返す。

パンチしろっ! は、クーもするけど、尚ちゃんの肺活量増進腹筋の方で、よ~くセックスのロデオ途中も気ぬけた後にも、フェイントファイトでもう一度と要求したりして。

お綺麗な単語を連ねて香港英語でスーパーお星☆さまはお話しになるものの、活けメンは英語がわからないっぽい。


『 握手、あくしゅ~!』

こちらこそ~~

って、ハグに頬ちゅもしてくれる、ノリのいいJチん様。
イケMenくんは1歩後ろに引いて見守るのは、彼のお付だろうか?


でも私、このLA慣れのこの人が、人生で一番初めてだった


  “ アメリカ人と間違えられた ”


これ。 人生で初めて人種を、間違えられた。 

それも、名前を見ることなくっ!
海外公演のパンフとかでAngelと稀~に書かれたりすると、秀くんみたいになに人?って客席は思ってるんだろうけれどね。
会話の発音にアメリカ人だって思われた事は、ガッダムンなアメリカ人の子らより、仏陀むん訛りなく明日ホール Earth hole アナに仕上げられてたと気づく。

でも私って オウム返しが上手いって、自分で思う。

イギリス人のシスター方とお話してて、その発音と並びと使い方にしてたら、イギリスには何年ですか?と間違われもした初日の昨日だったけれど、ん?と突っかかってもいた中で・・・
この慣れた耳障りのスーパー☆英語は、な~んも考えずに、ぼふっと耳に入ってきてた。 


チェン様と出会った後、スリッパが欲しいが観光客の行くようなデパートじゃなく、どこか安いのない?と聞き、ぷらっと団体で買い物に出た。

なにこれ、ここっ!  一目ぼれしたカップが並ぶお店。 その奥はカフェになっていた。

ぞろぞろと入ってったら、またまた・・・


 もしかして日本人?     って、話しかけられた。

『 日本人だよ 』


日本人。 それと韓国人と~・・・ 


あぁ~~・・ 誰だっけ?
なっかのぉ~? なんとか~~~ 

カップを手に取ったまま説明しつつ、声を掛けられたその・・ 俳優のなんとかってその人の顔を見てた。

  お茶しない?一緒に。 

なに?君たち? 目立ってた! と声をかけられたのは、何?この団体?との疑問だったらしい。


  モデルみんな? 


いや、バレリーナ。 ロンドンで活躍してたり、いろいろ。 

モデルにしたらグラマラスはなく、私たちは細すぎる。
自分がモデルをしてみてレースクイーンをしてみて、すこし脂肪が欲しいと言われた経験もある。
ジュネーブで金賞になったお人形の様に真っ白で細い子は、子供の頃から週1回必ず、1日絶食 でも数時間入院して点滴での栄養補給を兼ねた筋肉休めを、8歳からお母さんに強いられて綺麗な体をクローンの様に保っている。 

 アキレス腱!?これ全部? 長いね~~!

なに? ほめてる? 褒め言葉の場所がそこかーい?
いや脂肪がなく、見える部分が多いだけで、一般比率です。筋肉は確かに、上の方にと幼少期からの努力の甲斐歴14年。
そんな話しかけだった。
トレンディドラマに出てた、この気さくなオジサン前の俳優さんに、ひょろりん縦長すぎグループとあだ名をつけられ、のりにのったか親父ギャグまくりに全員でバカウケしてた。

夏だけど寒い・・・

夏の服ばっか持ってきて、冬物は買うべ。 コートとかかさばるものは持ってきてなかった私。
何より大事なのはバレエ用品や勉強道具。 
シフォンのふりふりショートパンツで、上は寒いので薄物の重ね着。 足を冷やさないバレリーナのみんなの心構えは、子供の頃から日本の夏でももこもこだったけれどね。 
高校生の時にモデルをするようになったりして、可愛かったりスタイリッシュだったりセクシーだったりしたアメリカの女の子たちと過ごした高校生活に、本腰入ったお付き合いアイドル卵の尚ちゃんに似合うように成りたくて、色気の溢るるモデルの男の子たちに囲まれてさ・・・
足。出したほうが得。 だってその足もったいない。 学校で言われてからこの生活中に冷え対処は別に気にならなくと・・・ 
ババのすること、若いうちに足を出せっ! それに私の目標はバレリーナじゃ~ね~し。 

なんて意思をね、やっぱ心の中にくすぶってる思いを消去の如し強く願う。 とにかく足を出せ!

なので私の足を見て、なにそれ?人間?とも聞かれたら、ジーパンをたくし上げ、この足わっ っと? 英語が混じるへんな日本語で負けず嫌いの友達も披露宴。

そんなことしてた・・・
そこ! 
向かい側の歩道地べたに座ってた人がいて、え?観光客って大胆よね?海外で気が大きくなるんじゃん? なんて・・・
向かい側の混雑しているドラッグストア前、待ち人?なんてカフェに入る前に思ってた。

そのアジア人の女性が私たちの店頭での大声なゲラゲラに、ふと、振り返った。
その顔を見たら


・・あ、あれ?


 Hey っ!

~~あいつもこいつも・・ あの席を
ただ一つ狙っているんだよ~
このクラスで・1・は?・ 隣を~~~   Yeah!  


学園天国が頭を流れる。 Heyっ!とは実際には言ってません。


きょんx2んん~! うそぉ~!おぉぉ~!


サインしてっ!って追いかけたい。 
えっ!? って、なかの~?さんも驚いて振り返るのなんの。

しぃ~って振り返ってくれた可愛い~、思ったよりかなり ちっこかったキョンx2。 ・・すんまへん。  うるさかったです? 

『 なかの のせ~い。 』    

大声のまま指差して言っちゃったり。 え、俺のせい? このノリの良いサービス精神旺盛の俳優さんのせいにできるほど、気さくな出逢いでこの方の高感度はかなりUP。 
目深にニットキャップをかぶりなおした下の顔は、笑ってそう。 手を振ってくれて消えて行こうとしたKょんx2に
ありがと~! 投げキス返しなノリは、もうアメリカ人に等しくなりつつある私も、イギリス人になりつつある友達でも、子供の頃からのこのノリ 

俺、あの子、苦手。   尚ちゃんが私の嫌いな部分。


あなたに 逢えて

よかった

きっと 私




でもね・・・   


   同じ場所に、同じ時に居ても、出会わない人は、出会わないんだ


私たちが気づかなかったら、彼も気づかなかったんだろうし・・・ もう1っちょ。


 『 あ~さっきね、Jチェンに会ったよ。 』

 
 うそぉ?・・・

うそじゃないよ。 
行ってみたら ってか・・でももう1時間は余裕で過ぎてる。 そう付けたしたけど、チャイナタウンでご飯を食べたと返された。

へ~~~

本当、会わない人って会わないもんだ。な・・・・  

同じ時間じゃんって考えてた、同じ店内の入り口付近にいたなかのさんと、裏口付近の席に団体でいた私たち。


 へっ!

 入り口に居たの?...  


思い返しながら、ぐるっと視線を奥に向け見てた。 ただいまのこの店内奥、そこは数席の小さなカフェ。 
その1つに座ってこちらを見ていた女性の方に、このオジサンは覚えてないけどあちらに見覚えがあるって私思ってた。
チェンさまと会ったお店で、入り口入ってすぐのテーブルに居た事。 二人がけのそのテーブルに置かれた飲茶皿の数を覚えてる。

あれ? それ? なかの?

もぐもぐ中だった?  ざっくばらんな18は、おじさんに遠慮ない。 

窓際でサングラスしてたというけど、そんな不審者の方が覚えてるハズ。
私の日本人のお友達は皆・・・ 小学生の時はテレビを見る暇もなく、バレエに明け暮れて、アイドルもドラマも興味はない。
それに私が高校生の時には、彼女たちは日本にはもう2年前から住んでない。

このおじさん、俳優? なんだ~  さ~知らない。

その様な、日本人ももりっと居ます。
奥様?そう思うこのご婦人を私は覚えているし、ご婦人もスタイルがいいと見てた私たちに、後から来た同んなじひゅろろ友達たちが奥に行ったのを見ていたらしい。

なに食べるんだ? ん~ レタス1まいを蒸したレタスで包むってとこ。 

モデルさんがたくさんいるよ。と話してはいたらしいけど、香港☆さまはまったく知らず。 
きっと奥の奥どこかにある個室かな?とごった返す中国人ばっかの場所に混じってた私たちも思う。

トイレに行くのに奥には来たらしいけれど、中国人ばっかで引いてた。 らしい。
もったいない。 
そのスーパースターに会うことなくお店を出てた。

奥様っ!

私、日本人。 ロンドン産まれの中国人と韓国人のハーフ?  ・・・じゃないです。

韓国人の子に韓国語を習いつつだった英語で話し、店員さんに北京語で何人後から来るのと言ったのが勘違いの元?
韓国語と英語の中華あんかけ。外国語オンリー。 

日本人だと私は思わなかったんだけど・・・ この人は、日本人なんじゃない・・? いや~ 
イギリス人かも・・ でも~~~   みたい。 
 
う~~・・・ 言われりゃ・・・

確かに。 未知なる物体。 


だがそれは、未知なる生命体である人間自体を指すならば、私は人間種であるのだけは自分でも思う。

 
  なにそれ?


 『 人類は世界共通。 みな同種仲間って事。 』


その後日本人の観光客の人と、コベント・ガーデンの市場の中を通り過ぎる時も、バスに乗る道すがらにもすれ違った。

そっか・・・ 

この人たちも、きょんx2もなかのさんも居るの、そこに今まで居たの、知らないんだ・・・  って 
考えてた。

Julliaの事も、長い間お互い住んでても、友達は知らなかった。



 遇う。  その確率の方がやたら低いのは、自分でも思うよ・・・・・・・


 偶然に
 






稀という一瞬の Lapse gap

時元の重なりが 他人と 生命活動の波長に重なる

同じ場所へ同じ時に 範囲の広さは様々なのは

方程式と法則を用いれば・・・    実質   出せる


       が・・・・ 

人との素敵な出会いには  数式に当てはめる事のできない




 神懸り 神秘

 人は解明も理解もできない事際事実には、この言葉で逃げる

 それは思考 脳破壊から自己防衛している回路術

 心は・・・ それで That's IT !


IT is IT
  


 落ち着いて

閑ち静いて 



3D空間 流れる時間この次元の中に、ちっぽけな人間が考えても不可能な

天自然の中に流れている 永長の時の解明は必要ではなく、ただ生きている事が楽しいと思える

その自分自身が自分にとって、最重要じゃないかと・・・

友達やいろいろな方との波長があった事だけに、喜びを感じ向け、来予の栄遠を 彼方の the LIFE その未知に願い思う





感謝

 




そして 遇に 想を 糧と   人は朗楽かにthe LIFEを全うする得を自分なりに得れば良い


人徳  手助けは  己にも  自分で心へ向けたらいい
 





だから私は、全ての出愛いに感謝。














出遇いは 未来でも 出遇いなり 


でも この ‘ 今 ’ は  Seacret


G






        



まったく別の日の事。

タイラといて・・・

おっ!レッドカーペット敷いてる。 なになに? なんの映画? 話しながらだけど、劇場前のバリケードにはすごい人垣ができていて、その周りをさらに人だかりがどんどんよっていく。

この周りを避け、そこまでしなくていいだろ?ってほど、自分たちでも思ったけど。 ちょ~~~ 離れた場所を歩いてた。
この先通行止めとか面倒になってたら、時間が無いので裏道を行こうと劇場を過ぎたらあまり人の入らない裏道を入った。

そこから横丁に入ろうとした角で、

  Excuse me~!! おぉぉ~~い!

かなりでかい掛け声が聞こえ、タイラが振り返った。
知らないアメリカ人。 だって英語が違う。
でも、なんだか見慣れた感じに、マネージャーとか秘書でもしてる?ってその人に思った私たち。

ちょっと来てくれる?って話しかけられて・・・ 不振?でもなさそう・・・ その人にはタイラ的野生の勘は動かない。
大丈夫。 助けなれているタイラと腰を組んで手をつなぎあって、一緒について行った・・・

 アメリカ人?
 
その方になんか聞かれつつ、ほぼ真横に並んで手を丁寧にさしだされる方に進むけれど、タイラも私もなんでなのか理由もない

アメリカ人 ?  って私たちに聞く? その疑問が怪しくて怪訝な顔で、イギリス人と日本人って小声で返すこと・・ その途中・・・


 Hi~!


『 ・・は Hello. . . 』


手を笑顔で振っている、想像通りの身長の、整った顔立ちの男につられて手を振った。

やべっ・・・ 富む くる~ず


ぶっっ! なんで???



  さっき、その男の子。
  ファンにサインしてあげてたの見たよ。


何してる人?って聞かれるも、はいって手を出されるので私が握手してもらったけど、ぺちっと手の甲を叩かれた。
タイラが学校のノートを、バックパックの中から出してサインしてもらっていた。

 こちらの君は?
 
イギリス英語に慣れていたけれど、アメリカンを聞くとひゅるっと戻る。
へ~!日本人?アメリカ育ち? 違う・・ っな話しは、もっぱら右左。 彼はタイラに名前を聞いていた。

んと~・・・ 返しにモタモタしてたタイラが、緊張しているのかと思ってた。

 『 Tayler B..  
   T as Tom.  A's Apple... ん~ NO、Angel。  』 

サインの上に書く Dear の部分だと私は思い、タイラの名前と苗字を言ったりして、Aで自己紹介なんて、ずうずうしくも。
タイラと会話をしたそうなT☆Mさま。


  へ~~・・・ 芸名?


はいどうぞ。 タイラにノートを笑顔で返すけど、芸名は違うのかとサインをねだられた光景に思い出してくれているのかなって思ってた。
バイバイ ってそのまま消えようと・・・


・・・なんか、なんだったの?


謎の行動派。とむ様ぁ?
サインしてあげたかったのかしら?タイラに? 


  そのうち会うかも。 またね、Tayler バイバイ   


そんなお愛想もタイラの目をずっと外さず見つめて言ってたのが、私は目に焼き付き残っている。 
けど、まさか本当に運命って・・・。
なんだかの勘だったのか?

TOMさま???

・・・すごい。



なんだったんだ? あの5分もない時間。


タイラ、ごめんね・・・

もしも私がいなかったら、きっと素直に名前を言ってたんだろうな

そう思う・・・  

あの時もしも、月に一度しか使わないあのカードの名を素直に言えたなら、もっともっと早くに世界にでるチャンスが来てたのかもと思うとね


・・・どうなんだろう

どうなんだろうね・・・


自分の実力で道を切り開いた その過去がある今と

ご両親の名とコネクションの力からの 未知 知れる事永遠に無い  もしもの世界


どちらが 貴方が欲しかったものかと考えると 私には・・・  





出会い って奥の深い 

人と人との 今と今どうしが

‘ 時に ’ ではなく ‘ 時 ’に

人生はその時を  運命と

呼び名変えて 想い永生に

残りゆく ‘ 時が ’心内 常に

忘れたくない想いが思い出に変える

時 に






いろんな方とお茶のナンパやら、話しかけやら・・・
急な後ろからの肩ぽんぽんに、ドキッとしたこともあった。 ふりむきゃ、ぎゃ・・・

ドクなロイドさまに大通りの歩道にて、誰このおっさん? 一瞬思う。 マジ突然叩かれたので、かな~~りの恐怖にストーカーだと、一瞬たじろいだ。


 お茶しない?


ん?

・・・みんなイギリスにきたら、ティなのか?   


確実に have a cup of Tea  コーヒーじゃない指摘。
ナンパ? 俳優って以外にだれでも んなもん? なかのといい、チェンさまといい、トム様はタイラが標的だったけど。
 
コーヒーの方が好きな私は、ティ? どうして?なんでしかもアールグレーの旨さを語るかね?

紅茶好きの尚ちゃんは、Fortなむ~メイSONで育ってきた家庭だけど、一番好きなのは日東で、アメリカじゃリプトンだ。 
バラのお茶とか時にマジで飲み、ハーブやスパイスが喉によさそうで愛飲するのは世界中の紅茶かも。
そこまで旨くない。 基本のトワイニングから始めろ。
安いやつは、一般大衆の好みボーダー幅広い。だからどこでも売っれラー。
自分もオレンジペコ種が主流のアメリカや日本の紅茶、歯にたやすく付くステインも濃いめ味の紅茶がいいと、常々、味がしない紅茶のだーーっと並ぶスーパーでも探しまくり、紅茶専門店を見つければ、絶対中に入ってASKする。

コーヒー党は普段飲まない紅茶なら、きちんと味と香りが欲しい。 ・・・んだろ~が

未来に返る B to F。 科学者って頭部がハゲで回りが爆発 + なんでか白衣。
どーーー・・・ なの、世界中の人のほぼをしめる科学者のイメージ。
でも

・・・真っ黒。

黒好み?

 『 私も黒ばっか着るとこ同じ! 』


指をさしてしまった、失礼、そーりー、Excuse me。  プライベート姿。 

へーーー 思ってたより、小さい。
クーと同じぐらい?・・・ 
大きそうなイメージがとても強かったけれど、背の高くなった尚ちゃんや秀くんより小さい気がした。

とっても素敵な何ハット? ジュリーの黒バージョン。 たとえがジュリーしか思い浮かばす・・・

その頭に手を伸ばし、ぽんぽん・・・ と・・・・・  撫でた。

無意識にオッサンの頭をなでてはいけません、 これは誰もが思うところだろっ。
一緒にいた友達が、びくっと止まってた。


 Woops.. Excuse to the lady...
 
 ごめんね、レディに気遣いなく


帽子を胸に当て、あしながおじさん.. ってか、マジで足が長いオジサンが、とっても紳士にお辞儀をされた。

慣れとります。 私、バレリーナ。
舞台さながら、歩道でお辞儀。足は長くないが、腕は二重関節の肩を外し、伸ばすことも可能な技術。
 
とっても素敵な笑顔を間近で見せて頂いて、ほほにそのままキスをされた。

帽子を取らないと、失礼じゃん? 
そのつもりで頭をポンポンしたわけじゃなかった・・・ のに、ごめんなさい。


 行かない? 食事でもいいけど・・・
 友達とも全員で。

 
バレリーナじゃん?  それは、大正解です。
イギリスのバレリーナ、知り合いになりたいと、思います。 いかがかな?・・・

  はい、どうぞ。

それは私ではなく、黒い毒、ドクが手をだしたけど、私って・・・ あほの一つ覚えみたいな癖がある。

手を出されると、握手だろうが、手の平を下にして姫の様に手を出してしまう。
ちゅっと手の甲にキスをされることが、マジで多いが、この時はちゅっとされた手に握らされたものを落とさない様に、そのまま手を繋がれてた。

今日ってか、今はマジで移動に急いでいるので時間がないと私が断ったら、一緒にいた友達2人に え!断るか? って言いたそうだった。
後でって事にしなよ!

肘でつつく友達が、ほかにご一緒のアクターもいるのかと聞いたりして。


 あ~ だから・・・ はい、コレ受け取って。


ただ今その映画の初日でロンドンに来ていると言ったのと、私LAに年に数回は行くって言葉が重なってた。
それに、ご一緒の方がたが、爆笑しながらそこの影で見てた。

ぶっ!  あの人たち!?


 もういいか、出てきちゃったし・・・。
 そ。 オジサンだったら、警戒緩めかと。
  ってことですが... 


え~~~・・・・


だってマジで今急いでる。 このうだうだしてる時間がもったいない。 
ハイと出されたのは、明日初日を迎えるその招待席チケットらしき封筒、表は彼の承認サインが見えた。
関係者席だ。
オペラハウスなんかでも、関係者席に先生のサインで入れてもらえられたりするのと同じだと思ってた。


 じゃぁ・・・

止まって考えた博士じゃない博士と同じ顔でもなき、私のタイプのわけないけどやっぱり顔がかな~り整ってるその真顔で・・・

 ちょっと・・・

 ね・・・ 君の言う事信用する。
 だって話す英語が西海岸英語だから。

 本当にLAによく来るなら、ここに連絡して。 欲しいって。


サインペンでさらさら何か書きながら耳打ちでささやかれた言葉だった。

手渡された数枚の映画のポストカードはサインが入ってた。けど・・・


 はい、お友達にもどうぞ。


ありがとうございま~す。 サインの入ったポストカードを友達がもらって喜んでたけれど、私が手渡されたのは6枚。
表上は友達と同じだったけれど、こそっとバッグにそのまましまった。

サイン? 全員がそれぞれ一人ずつ多種なポストカード。
だけど劇場についてこそっと見たら、全員のサインがきちんとどれにも、それぞれしてあった。

それ。

来週LAに行くって言っちゃった。 ・・・ 行ったら、尚ちゃんに見せよ~~~ 

連絡先は尚ちゃんがいいって言ったら行くことにする。
が・・・
心の狭い男は、絶対ダメに決まってるだろ!  だったのもね・・・。 はいでた。


 絶対ダメ。お前やられるって。
 それ目的以外に何がある、言ってみろ。


・・・私も自分でそう思ってた。


たった一人に、明日LAに行くと連絡してしまった人がいた。
今じゃスーパーお星さま。
でもこの時はそうじゃなかった・・・ 


 _ Angel
     Angel... って何度も行くまでの1日の間にかかってきた電話は

着いた先・・・ 尚ちゃんの部屋にまで。


  勝手に教えるな!

怒りまくられたけれど、その番号は教えてはない。
私が教えたのは、ロンドンの家の電話番号だけなのに・・・  



 恐っえ~~~





未知との遭遇。

じゃなく、遭遇の偶然は未知。 想像外の出来事は、自分の意志では起こらない。

可能性は 0 でもなく、 可能性を思いつくかという可能性に 0 

二重先の 00   W-Zero


  だってよ! お前!
  秀とNYで待ち合わせて、ここに来たのか?


いや。違います。  

はっきりと言えます。 秀くんと出会ったのは 偶然まるごと How Much。
偶然にも、クーとも出会ったLAXにて、王子と一緒に人助け。時は金なり以上になる時もある。

Luckyなそのおじさんだって、偶然だったのか?・・・

偶然は 未知であり、想像しなかった物事の ハプニングなだけでも、それは
バイオリズムのタイミングで自らをその運命に導いていると、運命という言葉すら、嘘くさくなる。

∴ ゆえに、Destiny 秀くんが一番使う運命は、神が導いているという、うやむやでもなく

秀くんのいう運命、秀くんから感じている意味も私には、優等生が神秘を信じない事ぐらい分り切っているぞの頭脳に、


生物学者の確実、

信頼をおく生体リズムの確証を得て・・・

バイオリズムの一致に 一緒に生涯を共にしたい人間に出会えたと、考えている

そう私には彼の言う、運命の意味だって、思える。




こんな、遭遇って、人生の中にたくさんある。

いつも思う・・・

自分はなにも特別でもなければ、何かのパワーがあるわけでもなく、ただ・・・
同じ。 そのタイミングがあったという 鼓動とバイオリズムの波差幅が自分の精神状態を動かすそれが、たまたま合う人と、タイミングが同じなったというだけ。

運を連れてくるのではなく、自分が自分でその方に動かしていて

何かのバウンスである、物や人とその時触れると、それが Lucky Charm へと、錯覚させる。
この自分の起こした錯覚は、自分では信じてしまう、それも勘違いに疑わない脳の錯覚が起こす、錯覚への錯覚だと2重に錯覚ではないと錯誤ロックを脳がかける・・・

その中にキーとなったアイテム

それがそこに合ったら、人はそれを Lucky Charm そして、同じことの繰り返しとの出遭いハプニングがあったらを無意識に予防しようと自己防衛本能が働き始め、予感を感じる第6感がなくとも、脳が予期に備えたくなり、心を移行に向かわせる

お守り。 それは信用、心をその者や人に向けるかなだけで、本来自分の思考が動かしたこと。

例としてお守りをだしたけど、タイミングに遭遇した と言えて、何も別に特別な神秘パワーでもなんでもなく、遭遇したタイミングの運の良さとは、喜ばしいことにのみポジティブ思想に引っかかっただけで、陰嫌な出来事に遭遇したら不運




きっとこうした遭遇は特別だけど、別に例えるのは誰でもいい。 
私が言いたいのはですね・・・


ロンドンで、アメリカ人に  

  アメリカ育ちのアジア人だよね?   って99%言われる。

アメリカでは、90%に減るけれど、10%の内ほぼ

  イギリス産まれのアメリカ人?     ・・・に。   いえ、日本生まれ大和魂、お寺の子。

その他2% 

  ハワイ生まれ日系ハーフ?       あーなんか惜しいかも。 叔母はいる。


話す英語を合わせる前に、声を掛けられる時点のパッと見で、同じ様な流行りに走る日本人ではないと判断されることは意味が分かる。

こうも、もろもろアメリカ人にロンドンで、めちゃめちゃ話しかけられる私。

でもこれ。 
話し出す前の見た目の判断。 
話し出した後の私の話し方にアメリカ人かと思われるのとは関係ないのは、話しかけられるその瞬間。

観光客首都難民は、困っているというのが事実。 

話しかけにドキドキしないの? 
このアジア人に話しかけるその 英語でっての、それ、どうよ?

尚ちゃんに聞いてみたら返ってきたのは、凡人過ぎて話しかけやすそう、それに害がなさそうだからだと。

それ、イギリスに住んでいる以外にも、バルセロナやパリにミラノ、尚ちゃんと行ったベルギーやオランダやドイツとか韓国とかさ、日本でも。
この言葉の違う国は、要・通訳で理解できる。 お前の管轄、尚ちゃんはブリティッシュで尋ねられるとわからない。

でも、英語圏のイギリスで、なぜか英語が主のアメリカ人観光客に、本当~に、よ~~くアメリカ人だと思われて話しかけられた。


やった~! 英語が分かる人が現れた!
Yeah~~!!!
ちょ~、うれしぃぃぃ~~・・・


ハグに握手に、ブンブンと。 大変喜ばれるこの喜び様はなんだろう?
 
なんでか、英語圏な人ほどなんだろうか?

東と西と南と真ん中でアメリカの中では発音の仕方が違うけど、クーやコーンの英語と、秀くんとヒデの英語は私にも違う。
でもそれは、まだアメリカ人には別に平気な範囲。

国違いの種類の違う訛りかの、違う英語に困難みたい・・・。 
アメリカ人観光客には自分の話す英語を理解できると喜ばれる、英語Englishと米語EnglishのBetween通訳をしたりして。 でもスコットランドの訛りが入ると聞きにくい、それっ! ちょ~~わかる~~~
やっぴーっ! いぇぇ~い!

盛り上がっちゃうけど・・・さ。

なんで話しかけるのが、白人ではないアジアン・オリエンタル・エキセントリック・珍妙混交な私なのか?
それでも・・・
アメリカ人にアメリカ人と見られているのかと、マジ疑問だった。

オウム返し になっちゃう、バカでもある。このワタクシメ・・・

でも、ロンドン生まれっ子でしょ?と、ロンドン出身者以外でも、イギリス人に聞かれるのは、どういうわけか・・・?
イギリス人にもイギリス生まれと勘違いされていた。


言葉?・・・・


それ、‘ それを考える事 ’ それすらが 必要?


  
私の友達たちは



自分に何が必要

それが最々重要



自分がしたい 何か

それを叶えられる その場所で 言葉は ただ生活必需なだけ



それは         それは

伝えたい      伝えねば


それは

自己    主張


この強い想い 意思を 余す事無く 

余らせたら後悔よりチャンスを逃す

それ 言葉意思の疎通共通部 が ただ 必要だから 


そうでなければ

自分の持つ 持っているであろうと

自分が信じる 自分の力と 運命と

運   チャンスを逃したくないから

自分から必ず積極的に行動を奮立起す

考えるのは 自分がしたい事に100%

頭を使うのは 言葉にではなく 行動を

意思の疎通 それが最重要だと思っている



同志



I really Love you

Every my Friends









 出遇い 再来 繰り返す 








そうそう、日本語を通訳してあげるに、いろんな人がいたけれど・・・

あちらには幻。 そんなもんの出遇いだが、そんなちょっと懐かしい逢った事のある子に、何度か世界中であった事がある。



アイドルグループの、その全員 

まとめて会った事はない。 個人個人、別々に時も場所も違うけれど、全員と出会ったことがある。

その中で一番あった事があるのは、2人。

初めにあった事があったのは、丸い緑の電車とある駅のホーム一番前の手すりにて。
私がバレエのお稽古に行く、養成所にいく尚ちゃん。でも違うジュニアの子との出逢いもあった。

尚ちゃんの顔見知りやお友達だったりした場合もあったけど、この子とは同じホームで見かけただけの出逢い。

この子も私と同じ様に、友達と待ち合わせして仕事現場やお稽古に行く感じが否めなかった。 
友達と向かう時間を合わせていたと思ったのは、お互いに電車の中を覗いては乗らずにホームに戻る。

次も同じ様にして乗らず、こうやって数本見送っている合間、ホームの端で手すりに登り座っていたから。

同じ行動の私とその子

『 ん?もしかして、友達と待ち合わせ? 』

話しかけたのは同時だった。
次の電車に同じグループジュニアの子が乗っていたんだけれど、私の友達も同じ電車だった。

その男の子と同じドアの反対側に立っていて、その時は何も言わずお互い自分が待っていた友達と話していた。
こうして数度会って顔見知りになった。

 今日は?

 東京たーわー下。
 私たちは、めるぱるく・・・


違う駅で違う男の子にあった。


 あっ、待ち合わせ? 

 もしかして、 アーク行く?
 そっちは、隣のサントリー?


バックダンサーをしていた男の子。
フロントのアイドルは、父の親友の息子だったのも、まじぃ!ちょ~世間狭い。とか話しながら、ゲームウォッチ毎週交換して・・・

ミッキーのぱかって開く赤のあれは、そういえば、どこに行ったかな・・・・
尚ちゃんか? たくさんの子といろいろ交換に回しっこをしていたので、次に行くかわからない現場での楽屋に忘れたりしたら、どこかもわかんない始末。

男の子って・・ ガサツ。  


18になって、ロンドンの地下鉄駅改札で、そのまま進むと思って人波どおり誰だって進むさ。 
だけど目の前で突然止まった長身の男の子にぶつかった。

Photo Card.

観光慣れしている駅員さんも、一言だけしか言わない様な、大きな主要駅。


『 ねぇ、フォトと共に見せろって。
  切符? それとも・・・  』


改札駅員に言われていたのが、分からないと見えるが、私はバレエ学校に大学から移動なので、急ぎまくっていた。
早くして~~~・・・・


あ、あれ?・・・

『 ひさしぶり。覚えてないよね
  あだ名で言わせたら、じゅっちん? 』

ん~?・・・

 へ~イギリスに住んでるの?


『 うん、今はね。
  日本を出る時 OOとは xxで一緒になったよ。 』


あ、知ってる。舞台の為に稽古受け始めたやつだ。
あ~・・ そこって~・・ でも・・・  

ウル覚えかな?もう、8年の間にどんどこ売れて、覚えなきゃいけない同じ業界の人はタンマリいる。



その次の日・・・
バス停2個先。 でも歩かずに乗れる、赤信号に止まっていた二階建てバス後ろに乗った。

バスが走り出しかけたら、ぎゃん!っとすごい勢いで走ってきて、私に・・・

 
 どいて、どいてっ!ごめ~んっ!


この日本語付きで、バスの動き出しかけに飛び乗った男の子がいた。


あうちっ!

『 痛ったぁ~・・い~ 』

骨折したばかりのアバラを押されて息ができなくなりそうに痛かった。


あ~・・・

なに?もしかしてグループでの撮影?アバラをそっと押さえながらこの初めてあった一人を見てた。 
動き出して飛び乗った事を、バスの車掌さんが怒って注意しているんだけど、なんかニコニコこちらを見てて全くわかってなさそうなので通訳してあげたらば、友達か!と私もヌレギヌを着せられたぜ・・・。 
親切心、勝手に出すな。 お節介な場合も時にある これを学べ。 尚ちゃんの言うことは幼馴染として、間違ってない。

もう一人すまして知らん顔している一人がちゃっかり奥へ勝手に進んでますがねっ! 
初対面には人見知りするA型?

血液型は性格は出たりするけど、基本的に性格は個人個人違いますの。 なのであてにはならぬが、当て逃げかよとは言いたいぜ!・・・
マジ無視。 丸投げなこいつ。 慣れたらおもろい人だろうと思うも、一言も私には喋らないし謝りもしない。

通訳ありがとう いや、ごめんね ぐらい、お前も言えるだろ~~がぁぁぁ~~

関係ありありなのに、知らん顔してるそいつ、関係ない雰囲気まで漂わせ距離を置いていた。

横顔・・・ 

なるほど~。
気になった情報が尚ちゃんから聞かされてたので、そんなののすまし顔に確認しちゃった。

ノリのいいもう一人は、外国住まいの友達ほしい!ってズイっと来てたけど、車掌さんの話は聞いてなさそう。両方からの英語と日本語とバイリンガル放送の耳も、クーやらとのアメリカンスクールで私も慣れたもんだ。

・・・そういえば
尚ちゃんは本来通訳要らずのハズ。 でも初めてロンドンに遊びに来た時は、カルチゃァ~ショック・・・ ってカタカナの様なイギリス英語風味で、なに?フォだろ、ポじゃねぇし、ターには、チャ~じゃねぇって・・・ なんて、メインなのには気づいても、咄嗟の口がアメリカンなので通じなく、初っ端のバスの中で私に通訳をしろと言ったけどね。

実は私だって思ってた事がある。

留学してからの尚ちゃんのアメリカンイングリッシュも崩れまくってきたって。
日本でしおらしくアメリカンスクールで話していた言葉遣いは、アメリカン本格薄味スラングに・・・ きれいな単語を選んで使わんでも、同年代には気にしなくなってきてた。

ハワイで会って数日過ごした時、あれ?って気づいたぞ、尚ちゃんの英語に。
ここに来たら逆に尚ちゃんが、イギリス人の車掌さんの言っていることが分からなかった。
バスの車掌さんの伝統Classic派コックニーで、私にも聞き取りにくいところはあっても、そこまでではなかったな・・・
でも尚ちゃんもデロデロNow&Neo西海岸語で、この2か国英語のバイリンガル通訳にも、私が挟まれた。


それから時が経った____



見慣れた服を着た長身の子・・・

入ってきたレストランで、あれ? 見た顔っぽいと歩いているのをじーっと見てたら、隣のテーブルに案内されてきた。
ロンドンでその服の背中にぶつかった時、鼻を打って痛かったと、私の正面に座っているセフレの1人に言ったら、顔の中で鼻が一番高くてよかたじゃんと言われたけど
鼻って思いっきり打った時、唯一折れたと思う最も痛く、折れたと思える唯一の場所じゃない? と、顔の中で鼻が一番高く、EasyBreath 鼻パッチが短く意味ない 目の前の人と下らない話をしてたけれどね・・・

気になる。


『 ご注文、通訳いる? 』


思わず話しかけちゃった、またかいな。その久々に・・・


 ん?ロンドンで会った? 

『 そうそう。覚えてた? 』

そんな会話延長ついでに、彼女?って聞いちゃった。 ご一緒の女の子とハジメマシテと会釈を交わしてたけど・・・


 彼氏?

クーと向かい合わせに座っていた私。
そう、ここはラスベガス。 マーカー持ちの1ホテル。


『 ん~ん。No、彼氏じゃない・・・ 』


英語混じるか?って自分でも、長年のクーとのマルチリンガル会話におかしくなっていると、自分に突っ込みたかった。

ぺこっと頭を下げたクーだったけれど・・・


『 明日、Wの方でゴルフするけど、ゴルフってする? 』


 は?

『 は? 』


・・・ごめんね。

こんな突拍子もない、みょ~な外人が日本語で話しかけて。


『 彼氏じゃない、私の夫 』


Muchoにウェディングの思い出が欲しいといった衝動まとめ買い夫と、何度目かのマジな結婚式を12月中旬の夫婦100日後に初めて挙げたウェディングと同じ日に、このホテルでもウェディングの思い出が欲しいとチャペルでしたばかり。
そこではサプライズにも、日本やアメリカに散らばっている友達や、クーの南米の方の昔ながらの友達も来てた。

本当に結婚してからは、Wピース過ぎの年明けの事だった。


 早いね、結婚!?
 もう何年?すげ~!


そう驚かれたけれど、彼女さんとマネージャーさんが同じテーブルで、メニューをさしてウェイターとマゴマゴしていた。


『 所属事務所に疑問。 
  そこって、結婚しちゃいけないの? 』

 そんなことないよ。
 たぶん・・・


じゃぁ・・・ なんて、彼女さんに視線を向けて、押せ押せと目配せしてあげたら、笑ってた。
私もオバサンになったね、とクーに言われる始末。

25 myオバン・ボーダー。

高校生の時からそれを知っているクーは、その年30になる。 俺のジジイボーダーは、Wピース。
40まで10年と10か月、そんな年始も始まった元旦だった。

 
『 そうそう、さっきロビー横。そのピアノバーで
  お笑いの。。さんがくつろいでけど、番組? 』


安易だな~。
なんて・・・ 二人の名が干支合わせかと、勝手に考えて勝手に企画アイディアが安易だと思ってた、失礼な夫婦。

そう思って聞いてみたけれど、マジ?ほんと?って返しだったので、

あ~~・・・
出会わないだけ。 その・・・

どちらもプライベート旅行だったと知り、話はそこで終わらせた。


最上階に行くだけのエレベーターが二重VIPドアの向こうにある。
第一関門。 
クーと私が呼ぶそのドアは、重厚な木のドアで、前には必ずセキュリティが立っている。

部屋の番号を言えば入れてくれるし、顔見知りに誰とでもすぐなるクーは、寄っていくだけで開けてくれるそのドアだけどね。

その真横のレストランから隠れた様な壁伝い そちらに向かおうとしたら、クーにぐいっと違う方に手を引っ張られた。

ドアの中のラウンジはセキュリティがさらに2重で、しっかりしすぎてて顔を覚えているくせに、部屋のキーを渡してドアを開けてもらうのが、めんどくさすぎろと、くさすぎ‘ろ’と命令調に言うクーの言い訳に、カジノのほうから部屋に向かおうとして、遠くね?この方がめんど~じゃん?という私の言い分は却下される。

だってエレベーター上の階で乗り換え。 
その先のドアを開けてもらえるのは、顔パスだからいい。
・・・らしい。

2つのエレベーターホール。
上部の方のみのエレベーターホールで、同じ長身くんとまた会った。

でもそこまで行く間も、後姿をクーも私も見てた。

彼女と手もつながないで、一人で10mほど離れて行動してた彼に・・・


『 結婚したらさ、公に手をつなげる事も
  ファンと妻と3人で、写真撮っても、マジ嬉しいって・・ 』

そう思うんだよね・・・


クーのそっぽを向いたままのエレベーターの中の日本語の独り言に、私も・・・
マジでそう思っていた。

先に降りたアイドルくんへ


『 大変だね、がんばってね 』


エレベーターの閉まりかけに手を振ってから・・・


 今度はいつの未来にまた逢うのかな?


遇うって思う遭遇に、同じタイミングがくる未来未知には、どうなっているんだろうって考えながらだった。

ちょっと楽しみな未知・・・



私の中に残っている言葉がある

私の夫 からの



この時を逃したくないから



また いつ これ以上の再会があるのか   自分では知れない この偶然を

人生の中    大切に





私たち 結婚して夫婦になった



誰とでも 誰との一期一会でも 

    その ‘ 時 ’ を大切に思心翔る 彼方に

妻から 言いたい 言葉は・・・



もしも 

必然という運命に再来ルール ‘ 時 ’ があると信じても

信じるのは自分で自分の心持だから 自分次第で・・・

自分のその必然 運命だって 自分自身が導いている

偶然は 勝手にやってきた様に 神秘さ感じるだけで

偶然は 自分が自分を動かしている って気づくのみ

確証

いい出会いだと感じるなら

自身を動かした自分だと 自分を信じ 自分に自信を持て









もしもあの時 出会っても付き合う事にならなくてもだな

自分自身が動かしている 運命という言葉の異意味に

自信をもって気付け 自信溢満と共に未知空創するだけ

いい思い出だと思える その未来での過去の今の時を

    人との出会いを何よりも大切に思う事を心がけている 君なら

再会 それは 自分が導いた ‘ 時 ’ 瞬間達成の証だよ 





いつまた逢えるかは ‘想’い通りになるって事








同じグループの子と、東京のブランドショップにて、会った事がある。

日本に数日帰国直後、家に帰る通りがかりに見た素敵なバッグに一目ぼれ。
実家に帰っても、忘れられず。
1年以上会ってなかった父と母のエキサイトな話しぶりでも、右から左・・・ 
父にはわかってたみたいね。 聞いちゃいないってさ。 

 そんなすぐに売れる様な物じゃないんじゃないか?

そうぉ?・・・

父の言葉に半信半疑。 だって、私、絶対欲しいっ! そう思っているのだから、そう思う人も世の中にいるって事よ
その人間がこのそばに暮らしてると思うといてもたっても急にいられなくなって、犬を飼ってもないしコンビニに行く用もないのに散歩に出て確認へ。

もう閉店時間を過ぎたブランドショップは、ウィンドーに並べられたままな物は、服以外奥にしまわれて棚だけになっていた。

翌日、即っ!

仕事前じゃ早すぎて開店時間より数時間ほど前だった。
夜中となんら変わらぬショーウィンドーを横目で見て、閉店時間を確かめて、なんとかギリ間に合いそうかもと思いながら1日過ごした。

閉店時間も5分前。

ウィンドーに並べられてない。 昨日は1つドドーンと置かれてたのに、違う数個のバッグや時計が並んでた。
勢いよく店のドアを開け 昨日、ここにあったバッグって売れちゃった?って、そこにいた店員さんに即声をかけた。

『 買うから見せて 』

後ろに大事に保管されています~、ただいまっ!ってさっと向かってくれたので、安心し一人でぼへ~~っとしていた。

そういや・・値段を見ちゃ居なかった。

そんな事を考えて待ってたら、白手袋をし大切そうにご丁寧な箱を2人がかりでお持ちくださりまして、後ろにボスまでついて来て、箱in箱から薄紙、布袋から、また薄紙。
ボスが確認しようとして白手をしているところ・・・
あ~もういい、そのまま見せて。と全部外さないうちに、箱の中に入っているまま確認したら、買います!と言った時だった・・・

後から聞こえていた会話・・・

男女二人の声で、おっ!あれいいねって聞こえてた方に振り返った
こっちを指されていたけれど、他の店員さんが1つしかないんです~・・・ 申し訳ございませ~~~んとドモドモしていた。

あ~そうなの?
だろ? やっぱ欲しいと思う人が界隈に住んでたかと思うと、間に合ってうれしかった、私・・・

すみません~・・ごめんね~・・・って、話しかけようかと思ってたけれど


 アメリカ人?


そう向こうから逆にいきなり話しかけられた。


・・・あ~~、あれ?

『 そう見えます? 』


なんで? 

そう思ったのは他でもない、ってか他の理由が私にある。


 前にロンドンで2回ほど、お見かけました。
 一度はリージェントストリートで、xxさんとooと一緒で・・・
 あと、撮影されていた道、その上に住んでたから、上から見てて手を振ってくださったのと~・・・

 あ~~?あれ? 歯磨き?牛乳? どっち?


あはは。覚えてました?

子供の頃の友達、ロンドンの寮で再会した親友が、タイラがNYに行った後隣の部屋に越してきた。
バルコニーで腰に手を当て牛乳一機してたのは、子供の頃の友達の方で、私は歯磨きしながら見てた。

アホの様にパンを食べる日。

私のその友達は、トーストを死ぬほど食べる月1の楽しみの日をそう呼んでいた。 パン好きでもダイエットは常。
その1日限定アホの朝
そのアホの様な量のパンは、寮のそばにある老舗のベーカリーと、向かい側の個人商店が焼きたてのフランスパンをメインにしていたそれが彼女には忘れがたく、月替わりでパンをあちらこちらに行きわざわざ買ってくる。
それと寮の朝ごはんは食パンを焼いたらどさっと山積み。
この光景が好きだ。
時に30cm以上のタワーの上に、真面目な顔シスターがさらに1斤分をのせ。
写真に収めてから

いただきま~す 

やべ~~~ 全部にナイフで縦に食いたい、食パンミルフィーユ。 

その友達とのアホの朝。 タイラはスゥエーデン、私は久々にロンドンに帰ってきたら、彼女の彼もツアーでアジアを回り中。
パンを食べながら、窓の外を見て撮影じゃん? 日本人?と話していた。 
食べ終えた後に二人でバルコニーに喫煙タイム。 その時は一度消えてた撮影隊が戻ってきたので、もう一度見に出たところだった。


 あ? あれ? アメリカでもそういや、西海岸のあそこで~~

ドモドモする私のつっかえ日本語だろうか?

こうしてお話している間にも、バッグの最終確認をするボスの横にいた女性店員にカードを出した。
値段を打った電卓を出されても、カードをその上に乗せ。 リボとかいろいろなにか言ってたけれどね・・・

『 大丈夫です 』

だって欲しいんだもの。 
気にしない。 車や家が買えるバッグのブランドじゃない、その店ではないので値段を知らなくてもお店の価格レンジに安心感。

返品、お取替えは~・・・  えっ~・・・とぉ・・・ 説明を話すのを躊躇っていた店員さん。
きっと買う私より、買いたかった目の前のこのトップアイドルくんに申し訳ないんだろうと思いつつ・・・

でも、私の物。


 『 大丈夫、しません。
   私、日本に住んでないので。 』


留め金や皮の傷、縫製だけは確認させてと、言いました。 だってお取替えに帰ってこれない身は、翌日NYに帰らねばならぬ。
白手袋をした彼女たちでも、私はもう支払ったので自分の物。 買う前の他客の様に白手袋も何もいらな~い
素手で留め金の薄紙をとったら、数か所全部取ってくれると言った2人の店員さんの後ろに、決済済のカードを持ったボスが居た。


『 私、このカード日本のじゃないので
  契約しているアメリカの電話番号って必要ですか? 』


日本で買い物をするとき、必ず聞く質問なの。 
実家の電話番号を書いても意味はないし。 
このころ、絶対電話番号をサインの下に書く欄があり、携帯電話でない番号というまだ携帯電話は10人に1人いるかいないかみたいな時だった。
それにリボもローンもボーナス払いも日本のカードの様にないので、支払いの質問をされても必要ないから1活払いのみ。


 なんだ、アメリカ人じゃん。
 俺の勘ってすごくね? 


それには・・・
テレビ局で子供の頃、オーディションを受けに来てた尚ちゃんと出会い、話してたその廊下で、同じ様にオーディションにきてた中にいた。
ジュニアの顔見知りの子と一緒にいて、通りすがりに尚ちゃんに貴方から声をかけた時に、私とも会った事もありますよって言っても、覚えてないだろう。
ね・・・・


 逢う人って、よく会うんだよね。


『 はい。私もそう思う・・・ 』



私、日本にいた高校生までは日本人以外に思われなかった。

でも私. . . G

TOM様との思い出が手伝って、なんだか勘の働く人には・・・

どうも、違うように見えるようだと、先を見れる眼を持つ人の不思議な力に思う。




それは外国人とかの人種じゃなく 異世時元次世界な 未知生物DNAがこの方たちにあると

C この2人のそれに、思います




Jチェン様~!

あの時の生けMenが生き生きとその後の映画の中に出ていた事は、お~俳優の卵だったか~って思ったけれど
その隣に・・・
目を引くイイ男が共にいるじゃんかっ!


あ、あれ?

・・なんだか、見覚えに、聞き覚えのある声



あぁ~!クーとっ!
そうそう、グアムで遊んだ、クーの友達じゃん。

そうだ、そうだ!あぁぁ~!

尚ちゃんと行ったグアム、1泊2日でサイパンにゴルフに行って
グアムに帰ってきてゴルフに行ってたとクーたちに話したら、その日の午後には8人でしたゴルフ。

じゃんけんで2人ずつのコースパートナーに分け、4人ずつのティタイムに別れたら
クーと私コンビ、そんでこの香港の友達と某発明家の息子の4人。
4人でしたゴルフは、コースごとの最下位はその度に今までの男女関係恋愛暴露罰ゲームなる、尚ちゃんが居なかったからこそできたアレよね・・・

タイラとの恋愛ボーダーギリギリ状況に、ボーダー超えてる尚ちゃん+。 もろもろな事を暴露させられた思い出。
タイラもこの場にいないので、タイラと張り合っている男の子がモロもろもろロンドンに居ることまで、モロももろもろ~と上手く話し上手に引き出され、罰ゲーム関係なく男関係をこの高校も関係なかった2人とクーに暴露させられた。
聞きやすい英語に柔らかな話し方に、発明者の息子とのインテリ会話に、クーとグリーンでバク転披露に、カンフーに太極拳ポーズにとても楽しい笑顔さわやかなあの子・・・

最所旅行、はじっこ巡りで香港に帰るって言ってた友達が

イケメンと共に、チェン様と出ていた。


む~~~~~



The Little World

身の回りの世界は狭し・・・ Only For Me ?






 でも


人生間の 友は

人生感の 共で

人生観の 伴で

人生環の 智で

    人生勘の  諭 ともに


私に得るものをたくさん気づかせてくれる



I love you Every my Friends


I may applaud to your ‘ the LIFE ’

I really appreciate ... I thank you

Than x to be my Friend











 
               過去                  as TABOO
 

            私の事が大嫌いな人だって たくさんいた        


    過去 with taboo



私の事が生意気だという人は たくさんいた

                                               under TABOO
 過去


                           私を思い上がっているという人は たくさんいた
                  


                      過去For Taboo


                 私の環遇に偶然すら妬む人は たくさんいた 





過去・・・・


そんな過去には あろうことか先生だって 私を嫌う 

教育者にあるまじき 態度を表あらわに見せ 差別をわかる様に向けた 人間だって

全ての人は、感情を持つ人間だ  


 だったら・・・ 

 自分を変えるべきだ  


その人間に合わせ 媚でもなく 執着でもなく ただ自分を変える その努力だけ

この努力は 無二の生徒へと その人間にとって 永遠に忘れられない優等生になった


私には・・・

だって 自分を変える そのNew 自分が考えもしなかった自分

その私を 必要としてくれる 人 人間がいて

その私を 求めてくれる 私の可能性を期待してくれている

チャンス

自分が増える 

自分が大きくなる


自分を変えられる

私にはその力があると 微n% 思ってくれている


自分を 自分から 変える

その事が、ただの媚だと思うなら、自分主義者のただの我侭だ

だって世界中にたくさんの人間がいる限り、嗜好も考えも感じ方も無限に種類があって

多種多様 様々な人間のそれは、自分に無いから気づけなかったもの

無限種類の1つ、それを自分で習得できる、 チャンスだと私は心から素直に思う


この自分への、この自分という一人間へ

コチコチに固まった自業強猛な己じゃ、生きても意味があるかと自問す

いつでも 何歳になっても 自分を変える努力は 惜しまない 

このチャンスとの 遭遇       それへのHEARTは

喜びや楽しみに 共に分かり合える同志が この世にいるのと同じで



その ‘ 時 ’ 永遠に記憶に残る お互いの存在って 嬉さで愛しさを心に刻まれて


死ぬまで永遠に忘れることない  良き善きそして好き 過去の時に変わった思い出が


私に心 いつも温め一め ぶつかった時も 自分再起の心志への意欲を 閑走安らかに起こす


Waming-up for THE LIFE to my THE LIFE






I
excuse my ‘ the LIFE ’

of the love of mine
 







私を嫌ってくれて ありがとう







人は様々に感じる嗜好

その趣向は人の数だけ


なら


嫌う程に思い執着への

集中を 向けてくれて




    
      I
excuse Me

FOREVER





彼方の嫌いな私は  私の中で


彼方の好きな私も  私の中に


新たに生まれる 私との出遇い 


その      時      だと





















I love you too

to my I hate you

























強き 
強気


想い

重い
 


『  Excuse me...? 』





出逢い と 出会い








思い







えくすきゅ~ずみ~ぃ・・・






成田の帰国審査に向かう途中、外人あっち 日本人こっち みたいな矢印つきの立て看板前



 外国人の方~・・
 
・・もしもし~~~


 そこのお嬢さ~ぁん、貴女っ Youですよ~~~


帰国審査の際には、今まで一度も無かったのに、はい?って思う事ハプン。

何も考えずに、肩に掛けたバッグの中からパスポートを出そうと、覗きながら手を入れて歩いていた。
外国人?だったら、英語で言わなきゃ分からね~だろ
通訳要です?なんて考えてた。

で・も。

G これ、‘ でも ’なんです。


でも、私が海外に住んで、それから思い得た、新しい感覚が生まれた。

 “ 郷に入れば郷に従え ”

これよ、コレっっ!


はい、その係員さん。 あなたは正しい。 
とりあえず、正しいとも思うけれど、人助けをしなきゃいけないという、1/2 仕事の半分はかけている、もっと仕事に熱心になれともSuggest したいが。

自分が住んでて思うのは、観光人に通訳をしてあげる いわば、おせっかい行為。 人徳心に無視は咎も棘も刺ささる寺の子にはやめられないが他人へは迷惑行為。 なんだってわかってますっ、だけど・・・・

その国に行ったら、その国の言葉で話せ。

= その国の人は、外国語をまくしたてる人に、引け目も躊躇も、どーしよ~・・と困ってわざわざ言葉をひねくりださんでもいい。!


コレ。  こっちの方が正解だろ!

頑張るのは外国人。 だって私そうだしYO!

観光客に英語を話せ! あほか! マジ自分でイラっとすることが多々の経験は、日本に帰国したら、日本に来る外国人にマジ切れる。

英語?は?   何とかなると思ってんの?  バカ? そこのアメリカ人め!

・・・んな感じ。


日本で暮らす日本人の方に言う。

英語が話せないので、外国人にヘルプを求められて、オロオロしないで堂々と!
引け目も何もいりません!

弱気、その日本人の内向的な性格を利用する、バカ、攻撃的な性格の国民に

 HAANNN?   強気に言われれ、ドキッとしないでよござんす。 

このあほが、考えもなしに特攻衝動で、頭使わず遊びに来てるだけ。 だろ。



なので、係員くん。


彼方の日本語は正解です!っっ

ってのったら・・・

 エくスキゅ~ぅず、みぃ~
 
はい、ほい、日本人な発音の英語で、よく英語絶対必須部分で働いてるね?って卑下しちゃったのが悪かった、見透かされた?って思い、ドキッった半々1/2の頭の片方後部中央らへんの方。

これ、でもなんです。
これでも、なんです。


 HAANNNN?

ドキったのは・・・   私の腕をポンと叩いたから。



『 えっ!? 私? 』


あい ・ あむ ・ ニホンジン。


純和風、寺っ子寺育ち。父親は和尚宗名僧のお坊さんである。

半分、いや4分の3以上はね…


外国人、入国、手続きは、あちら。こちらは、日本人。

そんな感じに細切れな確実な日本語で、日本人 “帰国”ではなく、“入国”の方にくるっと向けられる。


え?・・・

マジ?



なるっ。 そうか・・・  すっ飛びつつ “ 仮想 ”論理は浮かびました。



仮想と言葉を変えたのは
 
ヒトの中に潜在するで、あろう ←この部分。 であろう

であろうと断定して言えない と・・私は博士方に申したいんですけどね。
は?なんで解剖分解で見える内臓や神経構造では、全く見ただけで分からない感情や思想や潜在意識。そ~んな確信なく、単なる統計だろ?って思うんだけども、で?博士方の意見が合っただけ~ってなもんにさ・・・

基本的に人の認識下に安心をもたらす、確定のパーセンテージという比率が脳構造にある。


“ 80% ”

この部分をヒトは確定とみなすが、細かくすると77以上という・・・

7 限界の数字に 11の素数 いわゆる魔法の数字倍数。


ヒトは77以上 

仏教の中にも存在する、神憑り的な数字と素数同士の掛け算に、神秘を感じると思う。

左と右 前と後

それぞれの場所で細かくまた分けるけど、とりあえず置いといて


左と右

両方の脳で、別に考える 2 Ways 思考を持つと

ヒトにより個人個人、左利き右利きとあるように、思考においてもポジティブとネガティブを考える思考は右と左と感性違いがあるものかもしれない。


では、とりあえず右でも左でもいい

77の対称を考えたと浮かぶ数字は・・・ 

“ 23 ”

77~80 ヒトは、神秘を感じる7の数列

きっと、小学生時代 7の段の掛け算を、覚えにくかった人が一番多いと思うけれどね。
じゃない?
七四しちし にじゅうはち ではなく、四七ししち にじゅうはち と逆に考える人が多いかと。

この様に対称と考えた右と左との2Waysだと、例として簡単に言う。

七七しちしち 49

魂の浄化まっとう期間を四十九日と納骨する日、7日 1週間が 7回で 7週間目の訪れを考える。
MAGEN
Armageddonなアルマゲドンみたいだろうけど、ただのローマ字。

魔現  この恐怖が占めちゃう 神秘なもん。

その様な宗教的なものは、置いといてみるものの、人の第6感以上の物事を、ミラクル奇跡はぷんとした7番目の現実は脳逃避に人は向ける。

Anyway. . . 7の限界に神秘力を感じる不可解な構造に、7x2=14 7x3=21順に考えていくと

77 78 79 のこの3範囲の中に個人差として、77%以上の人が、77~79の3つのパーセンテージの間に安心を伴う確定の数字がある。

ほとんどの人が78の真ん中に確定をとる、がホボなのには・・・
対称である逆の考え方をした場合

100% 絶対確立

100-77=23
100-78=22
100-79=21

この部分に何か引っかかる数字がでているかと、私は感じるんだけれど。

22と21 

ダブルピースの2が11 これは偶数と素数の組み合わせ
偶数はペアという安心を感じる染色体xyの男女別部分、つがいの本能

21 BJでも最強ナンバー そうだ、何かの倍数

あぁ・・
7x3って考える?それとも・・・ 


3x7って思った人が79%以上の普通のボーダーか・・・?


では・・・ 倍数である対比の数字に安心を覚えるヒトがホボ。

77の逆である、23の 素数単一数字 

3が7個 2が11個 この組み合わせは同じ様にペアの安心感があるだろう。
単一独立 素数には、不安を感じる

ひとつだけ 23の数字に 77の逆の神秘の掛け算に

ボーダーと認識しやすいヒトの構造は、いかに・・・



ま、自分の中で80%以上の日本人には、私のことを日本人と思っていると感じていたので、かなり驚いたっ!

・・って言いたかったのね。

生物臨床の秀くんや脳心論理学の私に、統計理工学ならのクーたんに、神懸り的?神秘系伝説神学って言ったら凄そう?伝説大好き考古学の尚ちゃんとかだと、彼らと語るウンチクに意見が全部あっちこっちの方向に交わることなき。確信無し!
で・・ あいつら(有名博士方)マジ紙一重のガンコジジイだよな。むっか~~ 堅物っ!ってな一言は、一般的ボーダーをすっげ~下回る一途もじもじ奥手、基本根暗性格ヲタで~フェチな~博士どもに全員が同時に発する、私たちも紙一重なアホ部ストレス満タン族。

ゆえ・・ さらっと流せ。

お祖父ちゃんも母も教えてくれないけれど、日本語を普通に話す青い瞳のお祖父ちゃん
75%は絶対?たぶんね・・有力数でお祖父ちゃんが100%じゃない混血白人ならば、私の日本人確立は78%を超える。
のに・・・

仮想。 だってお祖父ちゃんがもしも100%なら、25%の部分であるが、お祖父ちゃんが再婚する前の私の本当のお祖母ちゃんは早くに亡くなっていて実は写真も無い・・・ お祖母ちゃんのマリアがハーフだと・・・ あれ? でも我がマリアのちゃらいハーフもどきもウヤムヤ。

なに?もしや・・・

78%に満たない、75%~77.5%でのギリギリ判断か?

が仮想。

ゆえが為・・ 私は日本人だけど?って思いっきり無意識に感じていた。


入国審査で、観光外国人あっち!ってグイッと背中を押され、こっち!とくるっとターンしたら
ん?グリーンカード持ってるの?と怪しまれた、偽装グリーンカード保持者とまで・・・

グリーンカードも何も・・・

日本国パスポートっす。 


イギリスのグリーンカードは保持しててもね、日本人だから。
国籍を捨てる気は、ない。

もしも、外国人と結婚しても、その国のフィアンセ&グリーンカードになるだけで、この先短くとも20年は日本国籍日本パスポートのままでいいと、世界1位の信頼誇る 日本のパスポートの有力さに私は日本人の誇りが 日本人への世界からの信頼は78%以上、2と11 ダブルピースと捕らえている。

従い魅せる 妄想から創る 思考究及する 取り締まり責任
その他もろもろ・・・
いろんなタイプの仕事を、時間単位でスイッチを切り替えてこなす毎日だと、自分が壊れるアホな瞬間が自分で分かる。
卑下して思っちゃった言葉が頭に浮かんだ時は、あぁ~~壊れたって自分で自覚する瞬間だった。 


『 ワタシ? Am I? 』


ついでに、私がどこの国の人だと思っているのか聞いてみようと思って、タイラやレイノや倖くんから聞きなれている ガイジン訛りの日本語で話しかけてみる。


『 ニホンゴ ワカリマス 』

 ニホンゴ 分かぁッテ ヨカッタ~ぁデス


何がしか、つられ気味の係員の発音がおかしかった。
頭の中がず~っと、お笑いオンパレード 俺がx6+ひげ2種+おやつはカ~る 最果てにひげダンスで通過までに到るちょ~スペシャルで飛行機の中を過ごしたもんだから、笑いスイッチはゆるゆるだった。

頭の中に芸人さんがたくさん登場してきて、ベルトコンベアの様に外人の真似をして流れてゆく~・・・

ニマニマしていたんだろう。

だって、実際の想像の中は、バラエティー制作本部で本番中。 おかしいんだもの。

何がおかしいんです?って真剣な人だけど、

頭のおかしい私より、 事実 おかしい怪しげな・・・
マジで違法入国しようとしている外国人は、ぞろぞろエコノミーからSoonに雪崩混んでたくさん来るぞ。
How Soon?Just behind ゆう right NOW! 右じゃねぇぜ・・・

右をちらっと見た係員さん。
時間も無駄だね。おたがいに・・・

両手の中に蒼いパスポートを挟んで、背表紙のはみ出た部分だけ見せてみる。


『 さて。私、ナニジンでしょう? 』


 紺? 日本のですか?偽造じゃないの?


ま~~~ この人は、モデルっぽいから? は?モデルもするけど、なんで違法就労と決めてんだ?

見せてみろ!とパスポートを取り上げられたが、本物 ほんもの まがいない 本物っ!っす。


男の子達からの高品質な、ブランドもんやら皮やらシリコンやらなカバーをとっかえひっかえしてるので、長年使っているわりにとても綺麗なパスポート。
残りページは確かに、ん~・・ 残り1.5 ページだけどね。

でもこの時は、父がくれた ヨーロッパ、ロンドンちょいついで寄りパッケージ旅行。
にて、両親が旅行会社から貰ったツアー皆おそろの透明ビニールのタダのカバーをつけていた。

ってかの、レイノから、ご両親にと・・・

ロンドンに来るときどうぞ。 
私の誕生日旅行に来る両親に、私からのプレゼントとして、買い物に行く暇もないスケジュールを知ってたレイノの、この気遣いはマジでいつも半端なくそれも謙虚だと脱帽する。

皇室御用達とかの綺麗な薄い高級箱をもらい、なに?わらび餅サイズに、チョコか?と思う。
チョコっととは親父でも ちょこっとしている例えを申し上げたいその大きさ。 空港土産でホワイト&ダークチョコなのかも? ありがち!って思えてた、副社長はパリからミラノへ飛んで来て、その足でコペンハーゲンもお寄りになり、どこのか知らんが世界共通の土産物と言えば、チョコだと決めつけ・・・

Anyway... 白黒2つの箱を貰った。


開けりゃ、父も母も大喜び。

賞味期限あるかも?って何も見ないで、冷蔵庫から出して私も渡したもんだから・・・

 は?このブランドに?

見目シンプルな期待させない箱からは、ブランドの箱がその中からさらに出てきて、賞味じゃなくて、期限はあるって日本語の間違いと指摘されつつ、両親が薄紙にフエルト包みから取り出したる

ブランド物の本革パスポートカバーをプレゼントされてた。


 期限は無常、この上なく


期限はFOREVER と言いたいのか和尚の父。


 期限はパスポート 本体の方にある。 


だった。
でも思い出は永遠に。 その思い出の場所へのパスポート、和尚の修行済脳波はどこぞ。

ぽい。 

1ツアーのみの使用。 このカバーだと手続きをしてくれる添乗員さんがカウンター忘れなどない様にとの目印なカバーをポイ。


『 それ、欲しいっ! 』

それを渡した引き換えに、当たり前だけど日本国パスポート・ど・ビシャっ!サイズ。
そのビニールカバーを、ツアーに参加など一度もしたことないので初めて見た私が、捨てるならちょうだいっ!ってほれ込んで貰った透明ビニールもの。


ただ今

なんだか誇らしい。 

旅行会社のロゴ入り。


両親はブランドロゴの方がいいって言うけどね。

できれば印籠の様に、日本国表紙じゃなく、背面のロゴを見せたいぐらい。

係員のおっさんは、私のパスポートを取り上げて、じろじろ見てたけど
他の係員のオジサンがすっ飛んできて、すみませんね~って私にぺこっとすると、その人より他を確かめたほうがいいとオッサンを引っぺがし、私は日本人帰国カウンターに行った。

連れ去ってくれたオジサンには、私は日本人に見えてたみたいね。

それ正解。

その後テクテク、てクマくまやこん。 荷物のコンベアーなターンテーブルに用はない。
税金が加算されるような買い物に行ってたわけでもない、住者だし、仕事で日本に帰ってきただけだし、それも日本からたかだか数日離れただけで舞い戻ってきたところ。

それにまた、すぐ明後日アメリカに戻らないといけない。
免税も何もなく、重くもないコロコロ荷物ただ一つ、これが・・・ 逆に遊びに来た外人に間違われるかとドキドキしてきて・・・
また日本人だと思われなかったら荷物チェックか~~・・・ と、ドキドキしてた。

だって・・ 尚ちゃんのキャップが入ってる。

日本人の同年代なお姉さんがたが、香港からのフライトターンテーブルも終了モードで、改札みたいなカウンターにごそっといる。
この土産物だらけのショッピングツアーなお姉さんたちの中で、逆に外人に間違われそう・・・

怪しげなものは何もないのに、この枕臭のボロキャップに、ボロ心追加でイラっとする。
だけど・・・
税関なんて差し出された手に紙を渡しただけで、次の方~って係員は忙しく後ろ向く。

外人に思われるかとドキドキしていた私のことなんか、こちらじゃ私自身の物体すら見ちゃくれなかった。



空港を出て・・・

どうしようかな? って考えていた。


今日は、尚ちゃんも居ない。
実家に帰るか?

でも、実家も誰も居ない。

両親は、シンガポールとマレーシア、プーケットだったかの、10日間クルーズ中。

10日といいつつ11日ってなクルーズに、魔法数字?ってクーが母に教えたら、それからの母はクーちゃん く~ちゃん、ありがとう!クーちゃんの言うとおり魔法のような旅行だったわ~って、クープレゼントの私を産んでくれてありがとうなるお礼、カリブ海クルーズを21だった数年前に、5週間後の私がクーのところに行っている間、私の誕生日プレゼントに贈ってた・・・ 

ミステリー 

_ こんにちは。 ミステリーな人からの電話です。

クーのおかしな話し出しに、父は疑わない。 でも詐欺には99%引っかからない、なんかの勘をこの坊主は持っている。
1%あるのは・・・ わたしの知らない闇に葬られた事があるかもしれない可能性のみ。

会った事はないのに、クーから電話が来て、予定を聞かれ、日時を指定され、半信半疑で成田に向かい、言われた航空会社のカウンターに行ってみて、飛行機が手配されて、降りてみたら、名前のボードを持ったタキシードの人がいて、そのまま・・・

っていう、ミステリーツアー

ちょっと意味が違うと思うが、ナゾのそれも娘の誕生日ってな謎のプレゼント・トラベルに怪しむことなく、私の彼氏を信頼してみたってなもの。マジで、クーの名を使った詐欺じゃなくマジよかった。
でも、それからというもの・・・

クルーズは10日

それに、絶対一番高い部屋!

って決めているらしい。入れるレストランも違うマジカル・ミラクル・イリュージョンな旅行だぞ!
マジよかったっ!
父がゴキゲン飲みまくり

全てフリーの豪遊だった ・・・らしい。

というのは、お金をどこにも払ってないと、気づいたのは、帰りの空港で久々に見た財布に・・・
そういや財布の存在を忘れてた。とやっと成田に到着して気が付いたらしい。

どこでもなんでも・・・ 24時間バトラーやメイドに、通訳までいて、何をしたいかどうしたいか、用があれば言いつける。
着いた島先のお店でも・・・
カフェでも・・・
くだらない土産物ショップだろうが、コンビニだろうが・・・ そういや、お土産までが・・・
どの店でも包んで渡されただけ。
カフェにもチップすら置かず・・・

それに最初の1日で慣れてしまい、支払うという行動を忘れた。

その報告。
まじ?食い逃げ、万引き!って怒る私は、即クーに電話を掛けたら、彼のカードに全部チャージされてて安心したけど。

_ ごめんね。ジュリに秘密で
   
そうだな~ ふふっ。 笑う電話先の新彼氏クー。この時私にも、地球のすごい光景ばかりを見に行く ミステリーツアー in アメリカを決行してくれている間だった。
マジカルではない、私たちの方。
ロマンティックでもない、現実ミステリー・・・・・

ってか、レンタカーでよ~~

対面車線の何にもな~い平地のフリーウェイで、向こう側から逆走で、前の車を抜かそうとしているすごい勢いで私たちの方に突っ込んでくる車、だって私の走行速度だって85マイル。 相対速度に間に合わないと計算する距離、隣で寝てたクーをべちべち叩き、起きろ!死ぬ~~~~! マジの怒鳴りに、死ぬなら永遠に眠るので、起こさないでいい~?・・・・ ぼけぼけのクーがはっと起きてみた光景。
もう目の前、止まれもせず、砂利の方にハンドル切って、向こうも元の車線にハンドル切る。

ちょ~~~~ ギリギリで、二人して死ぬところだった。

死 永遠の愛に眠れ in Heaven

ん~~な † なんもない路上端に立てられるところだった。


同じ時、世界のどこか

この地球で一番きれいな蒼、その海に囲まれて幸せにパラダイスを満喫している、天国の実現は幻ではなく、現実の両親。

Magic 11日。

それからというもの、クルーズはマジカルなあの時を思い、旅行会社ではく私に直接予約させるため、私は実家スケジュールを知っていた。

お兄ちゃんも居ないのは定かな事。
お兄ちゃんのアジア出張に合わせて、シンガポールで待ち合わせしていると聞いて、両親のフライト予約から渡航手続きまで私がすべて入れたんだから。



・・う~ん。

どちらに帰ろう・・・


宅急便にするほどない荷物は、リムジンバスにするかと思うが、尚ちゃんとのマンションに帰るのと、実家に帰るのとではバスの行き先が違う。
カウンターにお姉さん方が並んでいる、その後ろの壁、バスの時刻表を見ながら、ちょっと待ってねと考えていた。


  どちらですか?


そう話しかけられても・・・


その “ どちら ” にしようか、悩んでいます。


・・・そんな事を言っても分かんないだろうな。

どちらの意味が違うのは分かってんだけど、お尋ね者が行き先を知らなく親切丁寧に対応してくれていると思うんだけどね。

ん~~~

考えて考えて、JRにしますと断りつつ、エスカレーターを降りる事にした。
だって、気になるじゃん?

尚ちゃんとのディープキス。

魔 のエレベーターに恐ろしくて乗れなかったのと、コンビニかキオスク又は本屋さんにちょっとチラッと目を向けたいと思っていた。
なんもなさげであるのは、尚ちゃんからの留守電にて・・・
次の日、というか昨日、日本を尚ちゃんが発つ時、なんもなさげ ってな話し出しが留守電に入っていたのを、クーのベッドの中でクーがく~く~寝ている横で、うるさいと鼻をつまみつつ聞いた。
腹が冷える。ってなお決まり言葉のクーのみTシャツ着てて、ジュリの冷え防止と全裸のままの私のお腹中心に抱きついて、お腹の受精卵を保護してのか、BODY暑い・・・ であって LOVE熱いではない6分寝は寝れなかった。

はぁぁ~~・・・


 Excuse me. . .


歩きながら、ちょっとあくびしてた。
聞こえた英語の方に向くと、I neeeed help Pleeeease!ってすがり付く様な人に腕を捕まれ話しかけられ、ナニナニ?What’s going on?思わず聞き返せば、Fuck’n dum assな英語が話せる人を探してたというアメリカ人の男の子がいた。

電話の掛け方が分からないらしいんだけど・・・
テレホンカード自販機が、すぐ横にあんじゃん?って教えてあげる。が・・・

アメリカのCalling Cardをたんまり持っている


あぁ~~~ な~るぅ

これを使って日本円をセーブしたいわけね。
なるほど・・・

そうかそうか、使い方がちょっと違うね。裏の番号に掛ける前に国番号を入れるけれど、その前にまず10円は必要で~国際電話番号が必要で~001 とか 0041 とか んな感じの~、そのあと暗証番号が~~・・・・


  『 がぁぁ~~~ MEぇ~N DO~っ! 』


め~ん、ど~う。 小手はない、だって剣道じゃないし。
英語でもないし。

 面倒なので、私が掛けてあげるからよこせ!

10円ぐらいあげます。 戻ってくるから記念にどうぞ。 
若いのに子供が2人いると できちゃった結婚を18でしたってな内情まで打ち明けてくれた、聞けば同い歳の男の子に手を出した。

そうか、そうか。

英語が分からない人が日本人に多いのは確かだけど、アメリカのこういったカード類の使い方は、住んでないと知らんもんだと納得した。

なので、ダムんEarthな明日の英語が話せるやつを探してたのね・・・。



んで・・・


また歩けば・・ 

今度はイギリス人だな~ってなパンクなねえちゃん二人が、ATMでまごついている。
ってのは、イギリスの銀行のカードを持っていたのは、見えてたので。

誰かのコンサートでも行くんかい?いいな~~って、国をまたいで追っかけされるアーティストを思い浮かべていた。


  Pardon me?


見てた私と目が合って、話しかけられた。
Yes? 聞きなれたロンドンっ子の英語にはその様に。

どうも、英語で表示が出ないためATMの遣い方が分からない、それに全く一文無し。

この状況に焦りまくり、汗も出まくりで、すでにこの場に30分いた。

・・・ってのは
分からないままそのうちビンゴすんだろって、てきとーに・・・
日本語表示画面を上から順番に押して試していたら、数度目かにカードが返却されなくなり、そのまま友達のカードが機械に吸い込まれた。

この1枚しかカードを持っていないから、置いていくわけに行かず、この場を動けないと訴えてきた。
もう一人の子は、自分のカードを試そうと思うがKO・WA・I・・・・ らしい・・・

こちらのカードは

『 ちょっと見ていい? 』

私も持っているグリーンのワシのマークのカード。
でも私はこの銀行のカードを3枚、同じ口座に銀行から頂いている。んだけれど・・・

このカード、Cirrusマークのみ。でもCheck Cardじゃない。
表は、Master もVISAも当然ない。
クレジットカードとしては使えない、いわゆるキャッシュ種のカード。
 
 あ~~~ Well...

とりあえずCirrusが入っているなら違う国でも現金はおろせます。大丈夫。
この言葉に安心模様。

現金は? ・・・とは聞きません。

だって私が怪しい人だと思う方が先になるのが、イギリス人の性格なのね。
でも彼女たちは現金をエクスチェンジの手数料の高さにビビり、換金しないまま、使いたい分だけその場で下すと決めてきたらしい。

じゃ・・・この口座契約時、Daily Limitいくらって書いてあった?と聞けば、ポンドで返される。
じゃぁね、海外手数料のパーセンテージは?でも、細かいあの契約文章を読んでいないと言う。
私は読むぞ。速読そくどくっ!小学校時にはすでに区で表彰された事もある、図書館丸ごと本マニア。
アメリカンスクールの入学面接には、英語の読解速度は遅かったけど。

『 じゃね、多分リミットが・・・ 』

私が学生時に契約したのと同じだとすると~・・と、想定の日本円で一日におろせる金額幅を教えてあげた。
私の口座契約と違うと思えるのは、カードが1つしかない残高不足になりがちな学生だと思えたから。

『 Don't worryね。 私も経験あるぞ。 』

ガトウィック空港でこれじゃなくね、クレジットも付いてるシルバーに青の方をすいこまれて~ NYへのフライト前でちょ~~焦ってね~~・・・ 
そんな話をしたらロンドン住まい?って聞かれる。のと、もう一人が・・・・

実は、アメリカ人の男の子と喋っているところから、遠目で見てたらしい。

 あの人、あれ?バレリーナっぽい?
 モデルっぽい?・・・ あれ? NY?・・・

 ん? あれ?・・日本人? 

 ・・・もしや?  


声をそろえて・・・


   あぁ~!噂のAngel先生ジャン?


って、私をどこかでチラリと見たかの大学生らしき。

おぉ~!

聞けばタイラの受けてた教授の専攻らしい。
私はよく知らない生徒だけれど、あれ?授業出ないの?休みじゃなくない? だれだれ~ぇ?学校なんかより大事なコンサートぉ~? 講師に怒られる&教授へ告げ口されると思ったらしい、ビクビクしていた学生 って言っても24の私の一つ上の子である。

気持ちは分かります。 

私だってタイラのファン、タイラの舞台にずる休みした事あり。


ま、タイラの事はいってはいかん。
ロンドンっ子には、このカリスマ君がNYへ旅立ってからも、追っかけがいた。

そんなタイラと ねんごろです と言ったらマズイな。 

彼女たちは、Jなんとか って知ってます? 私たちも同じ専攻で~ と、アメリカに行ってからのタイラの芸名を誇らしく話していた。
彼の芸名は、母親の苗字に変わっていたけど・・・

私はこの芸名にタイラが選んだ時、たった1度だけ見たお母様の名前の手紙がブンと思い出され、でも見てはいけないものだったのかと言い出せなかった。まま・・に。


うん。私もね。

とても誇らしい、彼の功績。NYで会います?なんて聞かれても・・・
自分のことは伏せておき、教授に言わないから安心してと話をすり替えの忍術。

にんにん。

忍術でもない、なんでもない、普通にとりあえず係員ベルを押し、呼び、カード取り出しを見て、そのカードで残高チェック。

『 1万円リミットだよ。 』

換金の価値が分からないから、じゃそのMAX額をおろしてくれ。と言われ、はいよと私がおろす。
でも・・・


10,000と入れた表示に・・・


  スゴ~イやばくない?この0の数っ!


大富豪かよ!ってな金額に見える事見える事。
盛り上がってますが・・・


ピラッっと出てきた、1万円札 たった1枚



HAAN? はぁん?
 What’s? ぅわっつ?



『 That's it 』


Is that all?!?!?!?!?!

 ・・・だよね、その反応。

これだけだよ、だいたいUS$なら100ドルで、GB£なら50ポンドってとこ?と価値を教えた。

普段0は1個しか見てない生活だとね~~ 

10、000と並んだ 見慣れないコンマ ‘、’ これが入った桁数の0にさ
づじゃ~っと札束をイメージしていたらしいが、1枚ぽっきりに私が何かマヤカシ忍術したかと思われて・・・
いそう。
ま、そんな事はしてないし、この日本旅行中に1万円の価値が自分で分かるだろう。


巧みにタイラの事をかわせたので、いいやと思う。

 で、でね、先生。One more Helpっ!
 これで、ホテルが~~

そこまでバスか電車というので、JRパス無いの? と聞いた。

こちらはタイラのJrつきにも俳優の芸名には新たに、こないだ入れたばかり。 その名の情報は知られてないってか、公開まで言えぬので言わぬけど、日本のJRはジャパンレールのJR。
外人または永住者のみ向けの、乗り放題パス。

これ金襴豪華っ!驚くカラー金銀砂子ぴっかぴか~。

『 きらんきらんで驚くから! 』 

北斎の東海道五十三次浮世絵が表紙のジャパンレール・パス、日本人にはこっぱ恥ずかしいが、外国人は大好きな見目。

その控えを見せてくれたけどね・・・
この受け取り場所は、不親切にも、威圧感満タン感ずるほど、めっちゃ奥まってる。

それも表示は無機質で事務的。 それもただのプリンター用紙の端が破れてて、外人にはマジで怖い。

見慣れない日本のセロテープまでが、怖いと思える。

その神・・・
いえ、その紙が一応貼ってある威圧のガラスのドアが閉まってるから、戸惑わず、ぐいっと入れ。その中でも、戸惑わず無視、そのまま一番奥までぐいっと勇気で進めば、最奥に潜むそのカウンターの人は英語が分かる、と教えてあげた。

どうも、同世代よ。


ゲームのさ~ 

『 あぁっ!あのシミュレーションみたいっ! 』

 やべ~~っ、魔法使いかっ!?

 
アドベンチャーなゲーマーにはたまらない、なんか呪文とアイテムを頂ける仙人に出会う気分。

カウンターにいるのは、普通のオジサンかお姉さんだろう。
3人でゲームの話に盛り上がり、きいてて思う・・・

どんな人を想像しているのか知らんが、神でも仙人でも魔女でもない。 危険はない受け取り場所なので、そこまで付き合わなくても大丈夫かと・・・
忍者でニンニン。

人さし指を握って合掌。
 
日本人イメージなのか? そうされたらそう返す。おうむ返しの術。

おかしな先生でも大丈夫。
先生の国にようこそ、楽しんでくださいませ。

ラブミーじゃないラグビーの国の子たちがするその謎丸なポーズの二人にあわせ、こちらも忍任完了とニンニンお辞儀つきで

 SA・YO・NA・RAぁ~ ぎゃはは~


・・・外国に来て、なんでもかんでも、テンションあがっておもろいんだろう。



が・・・

ここまでで、なんかとても妙な気がして、トイレに行って鏡を見た。

別に普通。
自分で見る限り、いつもと同じフライトお疲れ気味 + 今日は、おもろパレードでニマちょい元気モード


ん~~?


なんでだろう?
どうも今日は外国人に間違われる。

私、日本人離れのすっ飛びビトに見えるのか?とこめかみのツボをなぜかグリグリ押していた。
自分を見つめながら考えていた。


どうも英語が話せる ・・・だけではない。


“ 海外住まいである ” 


そうと断定されて、話しかけられていると気づく。

だって藁をもすがる気持ちの首都難民。

観光客達は、自国の言葉が通じるはもちろん大事だが、自分に起こっている状況を理解できるか?
こちらがとても重要だろう。

使い道を知ってて、どうするべきか? その情報がNo.1に欲しいのに、うだうだ変な英語に付き合う様な、精神の余裕もなし難民。
インスピレーションに人を選んだら、よし!と勇気を持って話しかける 品定め を必ずしている。

外国にいらっしゃる日本人の方も、そうじゃない?・・・

それは自分にも、右も左も何も分からない時そうした、あるある だから。


・・・でも、なんで?
勘のいい人だったのか?それは野生の勘に触れる本能、自己防御に携わる神経に心理~~~・・・


いろいろ考えても、自分がそう見えたのは自分では分からない、第3者的意見を要すると思いつつトイレを出て歩いていた。


________ ゴロ ゴロ ゴロ 

コツッ  コツッ ドン・・



・・ん? 


後ろにごろごろしている自分のスーツケースに、衝撃があった。

人にぶつかりました?すみませ~ん・・っと思い、笑顔満タンで振り返った。
きょろきょろしてみても、側にいる人たちは関係なさそう。

段差でもあった?と床を見て、頭をひねり歩き出すと

 トン トン トン 

また、衝撃が持っているスーツケースに響く。

どうもなんか私のスーツケースを蹴られているような気がしてならない。


『 Who the hells Do Whaaaat ! 』


人のスーツケースを蹴るとは失礼なヤツ。 邪魔なら避けるか、声かけろ!

思いっきりの英語で勢いあまり気味で、思いっきり振り返った。


そこに居たのは、でかい・・

顔を黒ニット帽で隠した・・・

ちょっとボロ目のダウン・・・

ヒザと尻下に擦れ穴の・・・

ダメージワークジーンズ、ずたずた・・・



『 ストーカー・・・ 』


その黒&ちょいズタぼろ人に指をさした。
私が持っていたスーツケースを引ったくられそうになり、持っていた片手でぐいっと引っ張った。


 おいっ! こっちだよ!

『 お前~・・・ 俺が持ってやるって言ってんだよ。
  ってか、いろんな奴に話しかけられてんじゃねぇよ。 』


ん? なに?

いろんな人に話しかけられて? は?


お前~・・・ がぁぁぁ~~~
ってか、いつから私の後、つけてんだよ。


いきなり目の前に現れた、見慣れた 主要 ・ My ストーカー


 Mr. 尚ちゃん


『 お前と一緒にいたら、ちょ~拙くね? 』

歩いているだけで目立つ私。
オーラ? ・・・んな見えないものはこの世にない。
じゃ、華。  これは度量のうちの実力が出してくる、無意識な自身の自信。

うるさい! うだうだ言わずうだうだせず、早く来い! 小声で怒鳴るmy 元祖。そんなストーカーの方が、オーラ・・・。
 
そういうなら、見かけても声をかけるなって・・・・

 
『 どうして? 』

『 どうして、日本にいるって仕事だし。 』


それに別に単なるディープキス。
犯罪を犯したわけじゃないのに、高飛びみたいな言い方かもしれないけど、尚ちゃんの今日の予定は日本にいるはずじゃなかった。


『 あれ?社長業じゃないの? 』


・・・オーラ?
きらきら~~ あれ? 今日は・・・
その懐かしの、留学生みたいな時の気にしない様な格好に、芸能人きらきら眩輝オーラも会長ご子息威厳オーラも何もない、ってかその辺のバックパッカー観光客みたいで、外見をとにかく気にする尚ちゃんぽく全くなかった。
なので、きらきらデリート、この方の能力も長けてるので全くしてない。


『 これでいいの。目立たないからっ! 』


そう言われればそうかも知れぬが、尚ちゃんの胸に顔を押し付けるようにぎゅびっと抱き寄せられると
小声で スモーキングルーム行かないの?と聞かれていたのは、電車にしようと思っていたエスカレーター前。
手を伸ばせばエスカレーターの手すりに摑まれる、その場所では
マジで真後ろの人に邪魔だろと抱き寄せられたまま、拉致の如く浮き気味に抱きかかえられ外に連れ出された。

空港の端の方に、外で二人で歩いていても・・・

尚ちゃんが肩を思いっきり抱いていた。
頭をまっすぐに起こそうとしても、肩を抱いた手で頭を尚ちゃんの胸に抱き寄せられる。

私の頭に ちゅって優しく何度もキスを繰り返す尚ちゃんが


立ち止まって・・・


無言で・・・

唇にキスをした。


リムジンバスや、タクシーがたくさん停まり、それに乗る人もたくさん溢れている、真ん中で



『 そろそろ、結婚しよう 』


人が多く行きかうパリのコンコルド・・・

帽子を外し、人前でキスをした尚ちゃんを思い出す。

目を閉じないままの私に、唇を重ねる、瞼を閉じる瞬間の尚ちゃんの顔を見ていた。

今も同じ・・・

目の前で、尚ちゃんの瞼が開いて、その瞳を見ていた。
瞬きをした尚ちゃんに、唇を離されて・・・


 一生 一緒・・・  


あんじゅ・・ 

小声で唇に囁かれる声は、もう一度・・・ 


『 俺と結婚するよな 』


Londonのピカデリーサーカスで・・・

NYのタイムズスクエアで・・・

観光客が大勢集まる場所ごとに、プロポーズし続けられた光景と同じ様に

また今も、キスを重ねる。



『 ・・しょうちゃん? 』


しっ――・・ 


唇に要求される 静まれたもう に、唇を深く重ね言葉を塞がれる。

クーの部屋で身体を重ねながら、クーが喉の奥で声を殺す様に歌っていた、尚ちゃんの曲が頭に流れていた。
大人になった尚ちゃんの声で、子供の時の様にたどたどしくわざと弾いたピアノの速度に・・・

思い出が、きらきら甦る・・・

クーの知らない私たちの子供の頃を、クーはそれすら妬んでバカ大音量でかけまくってた。
子供作っちゃえ大作戦決行中。 なんか気分よろしくないぞ。

尚ちゃんがマジでプロポーズしてくれた時に歌ってくれた同じ曲、クーが声をあげて歌っていたのに、耳に聞こえているのはそれじゃないと頭の中で考えていた。

大人になった尚ちゃんでもなく
大人になって付き合ったクーでもなく

もう戻らない時に想いだけが、戻されて・・・


後ろをこうして向いて、前に向き直したら、私・・・ どんな違いに気づくのかと怖くて、子供の時の尚ちゃんの声を思い出していたら

きっと、きっと・・・

死んだ双子の息子は、5歳の今なら・・・ あの尚ちゃんの声に似てるのかと思いを、考え思ってた。
 


できちゃった結婚を考えた、この子たちの妊娠時


 今 か・・・・


結婚しようって、尚ちゃんからの言葉を想像していた 17歳の自分を思い出すんだよなぁ・・・


夢に見た尚ちゃんからの言葉は、今は

待ち焦がれてた時期を過ぎていて それでも ・ ・ ・ ・           か 



瞼を閉じて考えていた私・・・

ふっと柔らかく唇がゆっくり離れた感触と、おでこに触れた唇の感触に
首の周りの尚ちゃんの両腕に強く抱きしめられる感覚と、腰に回された両腕の感覚に

また・・・


『 本当に、俺と結婚して・・・ 』

『 本当に、俺と結婚して・・・ 』



アイスコーヒーの香りが掛かった唇に、優しく触れた唇から、ふわっとタバコの香りがして
クーに手を繋がれた授業を思い出しかけて・・・

同時に耳たぶのピアスの位置にも触れた唇が、ちゅって声を掻き消すように立てられて・・・


あれ? 目を開けて、キス中まっただ中の相手の顔を見た。


『 秀くん・・・ 』


背後からウエストに巻かれた両腕に力を込められると、目をきょろきょろ動かせば、耳にキス中の尚ちゃんのちょい伸びたヒゲ顎が見えた。


『 マジ?こんな人前でプロポーズ? 』

ぶっ!

尚ちゃんも驚きの・・・ 秀くんが私の後ろにいた。


 じゅっち~!会いたかった。

 運命なの?スケジュール知ってて追いかけて来たわけじゃなく
 俺 今日、日本に帰国予定だったんだよね~。


『 ね~~ 』

って、顔を見合わせたまま傾げられたら、ね~~って思わず同じ様に傾げちゃったり自然反復反応中。


シアトル経由で帰ってきた秀くんは、外で一服してからの車と思い、お迎えドライバーにスーツケースを持って行かせていたらしい。

タバコすって、ぼ~へ~っとしてたら、あれ?日本人が?ん?日本人じゃないの? カップルがキスしてるから、日本人か確かめようと、じーー・・っと見てたらしい。


『 まっさかね~、似てると思ったけど? 』


じゅっちを頂きに参上~! ただいまロングランに出ているまんまの舞台かよって思う私を、秀くんのカシミアのロングコートの中に閉じ込めて抱きしめられる。

尚ちゃんは首に回した腕のまま、秀コートで包まれている、私の頭をぽふっと自分のダウンの上に引っ張り寄せていた。



・・・えっとね~



『 私、とりあえず、結婚に関してが NO だから 』


誰とするとかでなく、結婚したいのかといわれたら、Fifity Fifty 50%50%の半々パーセンテージで、まだ結婚に対して、自分の意思が固まらないと二人に言った。

二人とも、お構いなしに同時に抱き寄せるも、同時にキスをしようがだな。

どちらがいいかと決める、オーディションではない。


一昨日も昨日も今日も、もうなんなのか・・・ 

クーと倖くんとの空港でのまで思い出す。



そんな事より、二人とも

『 お迎え、待たせてあるんじゃないの? 』


社長同士の私たちではあるが、この中で一番そうは見えない留学生ぼろスタイルもんがこの中じゃ、世の中でも上の方の企業トップ社長で会長見習い中。

大企業の二人のお坊ちゃま達は、白手をした左ハンドルのお迎え付きだろうと思う。



『 尚? どうして空港にいる? 』


秀くんが、ちょっと3人はマジで目立つからと、私からすっと離れて、スモーキングルームの方に行こうと、箱からタバコを1本取り出した。


________ カチッ


火をつけてタバコ周りをあぶりつつ、はいっ じゅっちの分って、一口吸ったタバコを私に差し出した。


『 秀? 俺には? 』


『 ん?尚、タバコ嫌いだろ。
  高校生の時からの嫌煙家じゃん。 』


『 ・・・たまには、付き合いで吸う。 』


まぁね。私が尚ちゃんの前でも吸い出してから、マンションの風吹くベランダには私用の灰皿と称し私が置いた、水入りのペットボトルがあった。
リサイクルに出せないので、こそっと捨てるが。 

でも時々帰ってきたら・・・
見た事ない吸殻の入った、違うペットボトルが捨てずにあったのを私も見ていた。

尚ちゃんも捨て方に困ってた? なんて思ってたけどね。


喉に悪いぞ~~ そう秀くんも言いつつ1本出すと、残りの入った箱を尚ちゃんに丸ごと手渡した。


『 ライターはあげないよ 』


____ カチッ・・・


『 これ、じゅっちに貰ったやつ 』

『 あんじゅに貰った、色違いだ 』


ぴ~か~ぴ~か~ ひかる~~  クーも持ってる、皆おそろ。

ジュネーブで見つけた、誰かさんへのお土産。
クーのだけ、2色に光る、一番のお気に入りだったけれどね。


『 なに?みんな持ってる? 』
 
『 俺だけに、じゃないの? 』



『 うん 』


あれ?知らなかった?

・・・でも、見つけたときに思い浮かんだ人は、タイラだったんだけどね。


頷きつつ、思い出す・・・

ブルーの箱型バースディケーキに灯してくれた クー

そのマジだろうプロポーズよりも、12時間ぐらい前にしてくれた

 “ 今、この現世。俺には今だけ ”

プロポーズに・・・


  I Love You


聞こえた寝言は、自分の無意識・・・


6分寝のダブルバイオリズム変人が言いながら、抱き締めて私のにおいを吸い取ってたが、尚ちゃんからの留守電を聞いてもおりました。

By the way.....

その前の空港で 倖くんにタバコ行こっ!って連れて行かれた外では、彼も いつも持ってるって、火を点けて差し出されたオソロ品。
レイノが部屋のアロマを点けた時も、そういや使っていましたよ。

暗めの部屋や、夜の外。

そんな使い分けの大人彼氏。 
クーも・・・

バーとか夜とか~ 女の子ウケいい。  その素直な報告は、どー・・・・・  
関係ない年上のセフレ。


尚ちゃんとタイラには新品だったけど、それ以外にあげたのは、私がとっかえひっかえ使っていた、数個中の私のまぁまぁな お古。でも、お古の方が逆にいい と言う4人だった。


スモーキングエリアには3人のほかに、サラリーマンさま数名、ごくろうさまです。
会釈なんてドアのところで誰に向かってするでもなく、3人でしてたりして。

やっぱ・・ 日本人の3人。 どーしてもね・・・。

黙って3人で吸っていると、急いでいるのだろう、さっさと出て行った。

でも、秀くんの言う通りだって思ってた・・・
ガラスに映った私たち3人は、威圧のある確かに堂々と、背筋が違う立ち方で目立ちすぎてるって思ってた。



『 尚ちゃん、どうした? ドバイの予定は? 』


たしか本会長代理の社長仕事で、お父様の代わりにドバイに行っている予定だった。

ところがさ~・・・

灰をぽんと灰皿に落としつつ、ニット帽を取った尚ちゃん。
頭をわしゃわしゃ~っとしながら、金持ちってわけわかんね~、マジわがままっ!とな 怒りを表す。


・・・ま、Youもだよ。


ピッと灰を指で弾き慣れている、24にして人生半分以上のスモーキング歴の秀くんも、私と同じ事を同時に思っただろう。

Youもな。

そのスモーキング慣れの彼にもな、私は思う。


尚ちゃんが言うには、石油王なんだろうが名前を言われても、私は知らぬその人の元へお父さんの代理で向かう予定だったけれど、急にベトナムでフォーが食べたくなったと言い出し、ハノイで待ち合わせに変わったらしい。

ハノイに着いてその足で、指定の・・・

黄金に輝く、食った事ねぇ、干し貝柱とかのフォー 幻?って思える高級なところに行ったらしい。


『 んで、ハノイで2時間。
  その足で、日本に帰国、ってのは・・・ 』


お父さんの代理だから芸能仕事は、もともと入ってなかった。
スケジュールを変えられるのが、大嫌いな尚ちゃんなんだけど、お父さんから電話があってすぐ帰って来いとの代理への会長命令が下されて。


『 これから、親父のところ 』


でも別に、そこまで急ぎでもない到着時間だし。
そういや、あんじゅのフライトも待って?
一緒に車で帰る?って思ったから?


なるほど、ハノイだから、ちょっとバックパッカー的?って思わず聞く。
上が脱げるシャツとダウン。
ジメッとめっちゃ蒸してたっていう熱帯気候からシャワーも浴びずそのまま帰ってきたから、頭かゆいとかいていた。


『 で?・・ 秀は? 』


俺ね、NYの休み3日しかないの。

そうだな・・・ 舞台休日は2連休だけと決まっている。
明日の昼便で帰る予定らしいが、シアトル社長業に半分以上、気合の精神は移りかけている3日だろう。

じゃ、じゅっちは?と回ってきて聞かれると


『 私?今日はね・・・ 』


今日はそんなに急がない 夜7時に打ち合わせがある予定だけだった。

まだ、おやつを過ぎた4時。 3時9分に到着して、即出たら・・ ってか、出たかったのに出れなかったが正しい。
いつも通りに何もなく即 出る事ができてたら、出遇わなかった、秀くんと尚ちゃんかもしれない。

そんなことを考えてた。


『 2時間ぐらいかなぁって
  思ってるんだけど・・・ 』


『 ほんと! 場所は?じゃ、俺ね・・・
  10時には、祖父ちゃんの側近終わるよ 』


そんな秀くんも



『 マジで? 珍しい
  俺も親父の用だけ。 』


そんな尚ちゃんも



この 1999年
芸能活動を引退しようと考えなければならない、お坊ちゃま人生の始まりなのか


バイトを止めて、本業に移ろうとしている、彼らの人生を想う・・・



自分のしたかった、夢に


真っ向から向かっても・・・


夢を叶えて満足していただろうか


夢なんて、現実にしない方がいい


私たちは皆・・・ 


そう思ったって そう語った


夢が自分のリアル生活に明け暮れても


現実の未来に待っていた、彼らの


逃れられない 生まれた環境に


恵まれていたかどうかは・・・




『 じゅっち。俺ね・・・ 』


私の手からタバコを取り上げた秀くんが、私のよりも短い自分の吸殻と一緒に灰皿に入れた。

両手を私の肩に乗せ、正面に向き合ったら、見つめられた。

ちゅっ って音を残すキスに・・・
角度を変えてもう一度、ちゅっと音を残すキスに、じゅっちの鼻、ちょ~冷たいと軽く抓まれた。


『 ね・・ 99年の9月9日
  9時9分9秒って、どぉ思う? 』


ん~~~

その日はね・・・ ゆう君の誕生日なんだよね。


そういや、ヒデもじゃん?って尚ちゃんが横で言ってたけれど、その日はね~・・・決意にしたい日だとWill be 29歳の彼に思うよ~~?とは付け足して言えず・・・。



『 その日・・ 俺と結婚して 』 


結婚は自分の意思で って強く言ってた秀くんだったけれど、人前プロポーズしてた尚ちゃんをマジ目の前で見ての、初めての自分の意思を露にした行動だった。



『 尚の前で、俺も言う。

  俺と・・・ 結婚して 』



脇目を振らず目を見つめられたままだった、優しい瞳がゆっくり閉じて、唇が触れると肩を抱き寄せられて、昨日ベッドの中でしていた様な甘いキスに変わっていた。


・・・秀、ずるい。
  

『 あんじゅ。俺も同じ・・・
  99年9月9日9時9分9秒 考えてた。 』


なんだよ。その日結婚したい奴、この世の中にいっぱいいるだろうな。

そうだな。俺もマジでめっちゃ居るんじゃね?ってそう思うわ。


キスはどうでもいいんだろう・・・大してキスを気にしない、アメリカ生れ育ちに唇を離される。
高校時代から、廊下でも教室でも、恋人同士じゃなくても、音を立ててカジュアルキスの挨拶は、普通の光景で思春期を過ごした私たち。

コーンやニックと私がキスをしても、尚ちゃんや秀くんにクーが、アンナやリーちゃん達とキスをしても、何も思わない日常挨拶の友達キスに思いもなくても、私が覚えているのは・・・

尚ちゃんのファーストキスに

秀くんとの出会い初日のキスに

クーとの留学前の別れのキス・・・



『 ・・結婚か 』


あんじゅ?     じゅっち?

そっ、俺の妻。   そぉ、俺の奥さま。


『 なんか、50%以上の考えになった? 』

『 でも?ん・・ あんじゅ? 』


なんか、結局仲のいい友達同士が言っているのを考えながら聞いていた。


結局、全部ぞろ目の世紀末みたいなそん時が、なんかいいんだろう



だって・・・

結婚は墓場



彼らにとって、妻を娶った時は、夢の中だった生活から一転

彼らを塞ぐように待っていた人生が、やってくる時



それに私には・・・

結婚は牢獄



・・・9999999 ん~~ これ以上ない。 

“ 9 ” が7つ並ぶ、限界ギリ。

99/9/9 9:9:9 だけど、1999年のもう一つ100桁のところも9を入れたら 8つになる。


無限の可能性を秘めた・・・ 世紀末。



・・ちょ~~~ 悪夢。Nightmare

MidNight Dreamどころか、魘されモード。


そんな日に結婚かい? なんでまた・・・。

なんだか分かんない理由無きただのぞろ目。
世紀末+不吉に感じる9が7個のそんな日でも、マジカルなFairytale Weddingを想像してくれているんだろう。



  もしね、自分の気持ちを確信するなら

  3/4 75%以上
  4/5 80%
  5/6 ・・・ 

  83.33333 それ以上に心が動けば・・・ 


 『 確信にかわる? あんじゅ。 』



ん~~~・・・


そういうわけで、ニンゲンは~


言葉に詰まったのは、倖くんのお誕生日のその日は、一応先約があると、おぼろげなスケジュールを考えながらだった。


んじゃ、もしも・・・

『 ね、9月9日 3時3分3秒 この午前から、
  午後3時33分33秒 12時間30分30秒
  それか3時3分3秒 から 3時33分33秒の 30分30秒

  さて・・・ 3の数が 

  83.3333と 5/6の比率に分け切れない、きもちか・・? 』


いかに、思う?・・・


Infinity とめどないかのうせい 8
8個の3の時間に、9の中に3個の3の日・・・ 


限界?

それより・・・


『 9が7個の朝よりも、結婚式なら、午後の方が楽じゃない? 』


『 じゅっちの言う通り。 』

『 俺も賛成、寝起きじゃねえし 』


分かった・・・


じゃ、決めた。

『 私、結婚するとしたら・・・ 』


ん?なになに?
二人とも興味津々に聞いてくれている・・ この、変な数字の感覚を持っている私。


『 7/8 ここまで・・・
  87.5%の気持ち確信が、心にできる時。
  私、仕事を今、減らしつつあるんだよね。 』


だから・・・ それは・・・ = Equal


尚ちゃんなら気づくかな? 


7/8に。

ね、7月8日はそうなんだよ・・・・


そうなの?なんで?結婚しようって気になり始めたから?だから、今日も時間があるのか?おいっ、おいってば!と二人にガーガー言われても、この二人が変えた気持ちじゃないので、無視して思考を続けていた。

打ち合わせは、シドニーのだけど・・・

ちらっと尚ちゃんの顔を見るが、尚ちゃんも腕を組んで私をジ―っと見たまま。
私に一瞬微笑むと、秀くんからは視線をそらした。


『 87.5% これは、私だけじゃない。
  きっと皆、誰もが半信半疑。 そのまま50:50 じゃん? 』

核心にある気持ちは、誰もがMarriage Blue 
決まってない結婚への、プロポーズ成就もなにもしてないこのスライム状態にさ。

くっつきもする。 男の子たちの理解ある、普通の分からない私たち7人。


その心奥 核心・・・

確信。 それは
 

『 だってさ~ぁ、100%のPerfectionじゃないと
  私はね・・・ 感じているよ。 』 


じゃない?仕事のことにしろ、親からの事にしろ・・・

自分のしたい様に生きてるか、生きれるか

人生謳歌の未来を、その先に想像できないと、かなりの未知

自分で予定を構想できない、彼らの未来に想う


『 きっとね、ただ自分の人生に不安があるから
  側にいたら、いいな、助けてもらえるかな・・・
  そんな薄ら願望の気持ちで、私と居たいと思ってるだけ 』        ・・・じゃん?


じゃないの? ・・・かな。 二人とも



愛してる って・・ その言葉が・・・



誰からも その言葉には、それぞれ違う色のかかる 気持ち

数字や予感に色を感じる私の心、さまざまに感じているから



愛してる って・・ その言葉を・・・



誰に感じる時も 私からのこの言葉にも 私は色を感じている

この色と共に 誰にも それぞれ それぞれ・・・

調和する綺麗な色になるように、気持ちを少しずつ変えて 



だから、愛じゃない


100% Perfection そんなロミオでもシーザーでもない彼ら
気持ちも、私への気持ちも、ただ・・・

自分の未来に不安になっただけだと、感じていた私だよ


『 で? あんじゅ、その日なんの用だよ。 』

じゅっち? 去年はさ~~その日~・・・あの後タイラとよ~~、クーとよ~~   


I  STOP

でも予定は、未定。 G


『 では。 この99年9月9日
  実は、99%の確立で仕事予定です。 』


ハイ残念。

だが、1%だけ確信もてないのは、アメリカビザの関係だった。
この日で切れちゃうビザのため、その先数日でも滞在できないゆえ。

それでね・・・


『 7/8 87.5%の確信がもてるとしたら 
  残りの12.5% この一部分を未知余白、余裕にする。 』


ストレスのしわ寄せで神経過敏にならぬ為の余地が心の中に要るが、私にはこのぐらいの必要素は人間個人体の自分に、自分自身にいつも思う。

12.5%の安心感は、男の子の感情比率。
男の子の体脂肪率に比例する 男の子のホルモン値による。

守られたい女の子のホルモン値は、脂肪率とのバランスに男の子より多くなる。

脂肪と志望、掛けたわけじゃないけど、日本語がおもろくなって・・・
頭のいい芸人がこぞって参加クイズ番組みたいにウロウロ、私の頭の中を行ったりきたり。


『 じゃ、7/8 愛してるって思うとしたら
  残る 12.5% この部分・・・
  
  結婚して、12.5%は二人で作るものかなって?
  
  私には、思えるけど・・・ 』




鉱物に詳しい考古地学、尚ちゃんには・・・


『 ダイヤの元素構造。10ph 25℃
  0.15nm ・・・  原子数が・・・ 』


生物臨床のドクターである 秀くんには・・・


『 モンゴロイド種のホルモン下垂体と男女比率
  上からのインパルスの女と下からの男と・・・ 』
  

ここに、工学天文学数字に目測できるクーがいたら、4人でピラミッド建設できそう。
なんて、想像していた。

もちろん~土地選択は尚ちゃんでしょ~、で設計がクーでしょ~、人事管理が私で~、人員シフトは秀くんでしょ~、仕事リーダーが倖くんんで~、装飾がレイノで~、中に入る主役の王子がタイラで~・・・

マジでできそう。 なんて


 俺が神っ!


俺が、おれが、俺が、おれが、俺が オレが~~~

がぁぁぁぁ~~~!


『 ぶっ! 』


思わず、また、噴出しちゃった。 きっと全員が王子に葬られたいかと、棺担ぎのイメージなタイラを役から下す。

監督は時に厳しい判断を、人の気持ちを無視して行わなければ、自分の想像以上にならない。
想像を超えてくれる
その状態ができる作品が、演者によって錯覚を起こしてくれる。

あれ? これ誰が振付した? 誰が演出した? ・・・は?監督でしょ?

こんな事があった、ボケボケ度。
それを経験してからは、必要ないものは・・・・・・



『 はぁ?人がまじめに・・・
  なんかっ!思いつきそうなのに? 』


だって、尚ちゃん・・ ゴメン。

思考中のドリーマー。 細かくいろいろ計算しつつ、なんか考えている、思想家志望。

だって、そのWedding
Youのドリーム以外の何物でもない。 妄想だろ。

仮想か? じゃ、想像ではなく、現存しないに100%のもんを、これから現存に導きだそうとしている状態の、マジで妄想なだけ。

My 妄想内。

俺が、俺が、俺がっ! ここ3名までは、よかったんだけど、急に  


 ん~~・・ 俺、神じゃない方がいい
 現世を生きる? 姫の横にいる王がいい。


んな、破壊王  

で・・・


 俺は、そうだな。
 姫の横で守ってあげる。


そんな、外撃神
 
と・・・


 俺だとさ・・・
 姫の側に仕えた方が性にあってる。

 女の気持ちが分かりそうで


内向神。

大人、3神がぁぁ~~~・・・

どうぞ、どうぞ、どうぞ。

・・・って、出てきちゃってさ。



 『 じゃ、どうぞ。 』 


ま、いい。あんじゅのさぁぁ~? 言ってる
かなりの Good Timingで話し出した尚ちゃんに、びくっとしてた私。

俺がぁぁ~!って いっちゃん躍起になる格好つけ主役でありたい尚ちゃんが、なんか言ってるけど


“ 俺、死んで、墓に入って、自分が宝になって、時代を超えて崇められ、歴史になりたいっ!”

・・・絶対思うだろうよ。

考古学の土堀ドカタは、髪が乱れるとかって言うくせに、歴史を考えるだけで、セックスと同じぐらいエクスタシーを感じる奴は。
よ~~
死んでも俺は重要な奴。死んでからの俺様は人と違う、死んでからの未来は新しい人生が始まる。

動かないままの生まれ変わり、永遠の・・ 俺


なんか、ピラミッドの頂上から見下ろしてんじゃね?って考え出したら、想像が止まらなくなって

・・・地上にクーと倖くんとレイノが、あぁ~ どうぞ~! ずっとそこに居ろ!ってニコニコで手を振ってる構図が浮かぶ。

タイラは、シュールな室内を満喫してそうだし。
秀くんだって、スカル好き。

内部の状況になんかリラックマ。 

もぉぉ~~~・・・・  おしゃれベア小脇なパジャマなタイラと、ベアもワイルド、野生のクマ好きは図鑑を片手にピロートーク。
この二人のベッドIN。

いえ、Dead デッドIN。 in 棺。

笑いも少し収まりかけたのは、ふと思い出した事があったからだった。


“ 尚ちゃんが、死んだら・・・
  腹の底から、心往くまで 笑ってやる ”     狂った様に


狂った様に見せかけて、精神異常者への向けられる目は、 100%愛してた って死の直後周りに思わせる

1術。

忍法、変り身の術。  

私が尚ちゃんと別れようと思った時の事だった・・・・



ま、いい。あんじゅのさ~ 言ってる~

9月9日朝3時3分3秒から午後3時33分33秒のね~
12時間30分30秒の中~ぁ~?

『 15個の3があるじゃん? 3Threeバイ3の9で
  1ワンぷら2Twoの3に~・・・ それにマイナーだとよ~ 』


英語で授業を受けると、こうなる。


バイx掛け算のBYだったり、足す+Plusだったり、ワンぷらすTwoの三みたいな突如の日本語とかね。
日本語の中におかしくとも、こんな話し方が混ざる女の子って、確かにあまり周り In the A Little Your World にいないのかもね。

思考の中身はさておき・・・

この変な喋り方のままで、伝わる夫婦になりたいんだろうな~~って思うことは間違いない。
だって、私も全く同じ。
夫みたいな日々気が抜ける間柄には、気抜け変なリンガル喋り癖で通じてほしいと思えるから。


そうそう、さすが、幼馴染。

子供の頃から、だからか?私の考えがあまり言わんでも よ~く通じてくれる。
子供の頃の喋るまとまり無い癖のままでも、子供の頃の思考方向特徴のままでも、定まらないMulti Waysのなか見る先はズビャッとビンゴしてくれる。

幼馴染が考えていたのは、ダイヤの炭素原子構造 1 0.15nmサイズ。
1mmの1/1,000,000 一億分の1 の1に満たない小数点

 ナノに 85 満たない 

15 3が5つ 33333 その前に 0が6つ 000000

 どう・・・?

03030303030 3時33分33秒の 5/6 その残り 1/6
15時 午後3時の数え方


『 私ねまず、7/8 残り12.5%
  これは、二人で創る、夫婦とか家族の余白部で

  その99年9月9日から1250日後

  1250日後の3時3分3秒から1250分後・・・
  要するに、20時間と5/6時間 
  5/6 この83.333ずっと続く3 』


そうだよ。ナノになるまで、0が3つそれを3回

 From?. . . “ M ” 0.00000000015m


Mって、なによ。尚ちゃん・・・

How I . . . Wonder
未 知 ?



『 99年9月9日から、1250日目は、

  2003年 2月10日 私の誕生日
  3が9個の27から28に1つ増える瞬間 


はい、ここで質問。

 これ、な~んだ?

  じゃぁ1250分をその日の中では
  3時3分から
  20時間と83.3 Forever %進めたら・・・
  
  23時52分51秒から87.5%の間
  23時56分23秒のまだ、私の誕生日の内で・・・ 』        


この講師のテキトー感。 質問しといて、勝手に進める大学講師は、時間がないので時に意見を聞かず。
この喋りにも慣れているのは、同じ様に医師会で発表したりする秀くんや、学会によく行く、まじめな尚ちゃんだったりして。

こんな勝手に進めるのも、3人で話しても誰も気にしない。 


夫婦って、気にしない。  

G
これが一番大事かも。



『 じゅっち。俺がね、君に・・・
  君に掛かる魔法が解ける前の時間の間、それ以上
  魔法じゃない証明のTruth、その先の未知Real. . .

  魔法のままの気持ちだって、約束して、あげる。 』


だって、根本思考の核は、生態的にX-soma Chromosome自体のCentromere違いに伸びる女の子のものかって、俺は感じたけど・・・ ドクター秀くんの言い分やら


『 6方結晶型の1辺が0.15ナノが作る、光の屈折率が
  この地上にPerfection最高値だって言ってもな、
  ダイヤの元 C原子 Earth惑星の78.8%は窒素。 』


全然レアじゃないし?って、お前言いたいんだろ~がよ~ぉ、輝きは光の色であって、元は無色透明または艶黒って両方、光の中にも影の中にも見えないもんだって、お前が考えてる事ぐらい俺にはわかるぞ・・・ 

って幼馴染が、今考えている人は、クーかもしれないって思った。


『 魔法のメルヘンあほ時間。
  3分32秒のその間、惜しいけど1秒は・・・』


距離やら何やら数字がびゃ~~っと頭に並ぶのは、クーの頭の中だって
ウンチクばかりのわがままBoyと付き合うと、私の数字癖が


『 光の速さが目測できないのと同じで、割り切れない
  83.333f これ、49秒999f 9の永遠
  どれだけ経っても、50秒にならないギリ~~が続く。

  誤差≒としての五入 50秒でも永遠にギリ満たない
  なので、3分32秒 は3分33秒にギリ満たず。 』


それじゃぁね~ぇ~ 秒にするとぉ~って思うと~ そんな話をする私でも・・・
  

『 ほい、来た。 210秒 』


で・・・ 誤差 その2003年、地球公道のorbit 月との距離


月歴は28日周期だよ・・・



精神を左右させる・・・
・・・女の子の周期もね



『 そ、210秒から213秒の間 
  だから、3分33秒が、中心なの。 』

『 だから、あんじゅ、お前は・・・
  その12.5%の余白時間が欲しいって事? 』


7x3= 21最強と
7x4= 28 超越と

・・だね。


うん、うん。 一人ずつに顔をみながら頷いてみた。


『 ん~~、俺、2003年まで待てない。 』

『 俺も、その3年と9か月はちょいムリ現状態。 』


________ パチッ

あっ!じゅっち・・・? もしかして・・・


パチッと指を鳴らして、ちょい大きめだった声に、側を通りかかった、旅行お疲れ気味のご夫婦だろう。
新婚旅行ですか?という感じの、懐かしルッキング。

やべっ!ペアルック?ってな、無言の凝視は私だけじゃなかった。 
私たちよりは年上の二人がビクッとしたので、これを見逃してなかった尚ちゃんは考え出した秀くんに、肘を突付いて両手でニット帽を押えて顔を思いっきり隠していた。


秀くんが思い浮かんだのは、なに?


止めて、そうなの?その気持ち、うそ~!一番ありえないって思ってたけど、紙一重?

『 おい・・ 』

小声の尚ちゃんに・・・

『 独り言なら、デカイ声はやめなさい。』

この私。

マジで独り言ならば、公の場では秘めとけと夫のおーちゃんに叱る。
家ではシャウトも行うけれど、防音された中なので関係ないし、私の存在無視100%状に。

この無視100% 夫婦にとって必要不可欠、必須アミノ酸Amino Acidは元気の源ゆえ。
夫のおーちゃんは、家の中でもストーカーのダディと違い、旦那でダーリンのダーの拘束もなく、も~ぉ快適生活。

必要な時は飛んできてくれる、スーパーマシーン。 真人であって、真神である。

でもM。 この性癖だけは時にめんどくせ~けど。  

 
いろいろ思いつつ、その新婚旅行だろう二人にペコッと頭を下げていた。
秀くんはそのまま、上の空で思い浮かべている。

どこを見てんの?ハトでもいる? そんな私が片手を目の前で振り
日本って、ハト多くね?って尚ちゃんも話を変えていたが・・・

尚ちゃんも 鳩で思い出した?・・・


『 あいつだろ。9月9日誕生日のやつ? 』


『 あいつ、あんじゅと ちょ~ど
  7ヶ月違いの5ヶ月違い 素数同士 』


バードストライクを一番恐れる職業の彼。

ハトの多い日本へのフライトは、一度だけすでに経験済み。
両親がロンドンにくるフライトに、ムリムリ。 新人の癖に無謀にも無理やり希望を出し、入れ替え要請で
一人だけじゃないさ、彼に必要なかなーりのベテラン機長を含めたクルー丸ごと換えてもらった時。


 やっべ。Dove・・・
 平和Libertyのはずが
 平和Freedom過ぎる


日本語だと、ちょっと変だけどね。
平和と自由の意味が違うんだけど英語だと、ハトが自由すぎるってなオヤジギャグ。 んな事を言ってた。
父からのカメオを持って来てくれた、あの日・・・

自分が彼の妻になったら・・・

このカメオの向こう側の顔を見ることができるかも      ・・・なんて

事実にするのは、怖かった。

怖いもの見たさより、見たいもの怖さな感じなのよね・・・ 結婚への意欲が減速。 


『 それを言ったら、俺だって。
  じゅっちと5ヶ月に7ヶ月違い、でも1日・・・

  ほぼ≒ ドンピシャって事で、49.9fみたいな? 』


揃った、そろった。ほぼが足りない方にそろってる~ そう言いながら秀くんは私をぎゅびっと抱きしめ、頬にちゅっとキスをしていた。


『 俺、そいつと喋った事、無いかも 』

『 俺さ~、そいつの誕生日だよ。
  じゅっちの携帯からの言葉忘れない。 』


へ~ぇ・・・

『 なんで?あんじゅの携帯? 』


Outer World へのお誘い。 
Outer Worldでの、正式なプロポーズに向かうは、誰も絶対居ない宇宙空間でがいい。

倖くんの告白は、いつも俺って誰かに邪魔されている~ 甘えたい時も時にある年上の我侭に、甘えたい気持ちもわかる緊迫した仕事での張りつめっぱなし状況を、お疲れ様ですと癒してあげたい No1ゆうっ。

憂鬱・・・

見たいもの怖さ。 未来に思う、ゴロゴロ加減はこの緊迫した仕事を辞めて、継承した後
毎日、何するんだろう・・・

全くもって想像不可な未知。

こちらのお坊ちゃま方の、相続の方には怖くないほど、今まで垣間見てるし。


なんか~~・・・ なんかが違うのよね~~~。
想像できない~・・・・・

セフレにようこそ。 この時も思いもせず元気パワーアップ、未知数の可能性を引き出したと喜ばれても。


尚ちゃんには、留守電に私が残したとおりの事だけどね。


 へぇ~。

その尚ちゃんは、それを秀くんには言ってなかった。
秀くんは


『 あいつね、LA に自宅あってNYにある部屋をさ
  じゅっちとの、同棲部屋にしてる。
  俺の親父所有の自宅の方と隣でさ、じゅっちとの部屋じゃなく~ 』


尚が泊まったことある場所じゃない、世界の中でも金持ちってエリアの方だよ。

あいつ?何?・・・ 
大富豪のわけねえ、リーマンじゃん?・・・


『 ん?あんじゅ、お前いくつ部屋あんの? 』



咄嗟に自然と出た尚ちゃんの言葉と、咄嗟に自然と数を数えていた私。


ま、いいんじゃない?
俺が知る限りNYには、レイノもタイラもだし?俺とそいつで、4つは同棲?
でも、じゅっち、ほぼ自分の部屋に帰るよ。

ふ~ぅん~・・
東京にも、俺との同棲マンション、俺買ったし?

へ~、どのぐらいの広さ?日本じゃ、狭いだろ?
 
ん~~~
アメリカの部屋に慣れてたらな・・・


勝手に友達同士で話し出した二人とも、実家はべっくりドでかい城の様。
尚ちゃんが買った同棲用マンションの部屋は3LDK+仕事用のスタジオと書斎にパソコンルーム。
きっととても普通には手の出ない大きさなんだろうけれど。
尚ちゃんの自宅の、尚ちゃんの部屋?いや尚ちゃんだけの階としての自宅3階丸ごと? 物置や書庫や骨董蔵とか除き、その階丸ごと5部屋ぐらい尚ちゃんのお部屋。その階の方が、数倍広いとは私も思うけど・・・

がんばれ。俺

その尚ちゃんのお父様越えしたい意気をも感じる。
が・・・
根本的に都内もド真ん中。 人気高層でそんな広い部屋を、買っちゃった~!って平気で言えるようなお品じゃないので、億がぽっと出せる23の男の子に尊敬する。 

んだけどね・・ぇ・・・

誰もが同棲って思っているお部屋も家も

“ 結婚したら、ここに住む ” そのつもりでいるのが・・・

・・怖い。


私の居場所として自分の部屋があるのはいいとしても、バラバラなものがそれぞれに付属されて家の内部にある。
子供の人数分? そう思える様な余計な部屋の数にも、結婚がReally? なんて問えないほどリアルに現実化されて男の子の希望が丸まる◎みえに見える。

尚ちゃんが買ったマンションは、新しい高層マンションの最上階だった。

羽田まで天気がよければ見渡せて、海は広いか?大きい~かぁ? って謎の歌を二人で揃って歌った東京湾は見えるけど。


秀くんのNYのマンハッタン見渡せる 由緒あるMansion最上階はメゾネット。
さらに部屋の中にエレベーター3階吹き抜けに改築しちゃって、入った途端だだっ広い鏡張りのワンフロアスタジオに、ベッドルームは夜景綺麗な一番上 に対抗なのか?
シアトルのお家の方は、ビジネスライクに新築中。

さすがの多仕事掛け持ち、私と違う実力と努力に支えてあげたくなる・・・


それともLondonのタイラとのSt Paul目の前、川沿い最上階、屋根裏隠れ家付き。
ビルの屋上は最上階の人の使いたい放題、プライベート屋上は、あはは~とテニスもできるコート並み。
なので踊りまくれる、隠れ部屋は大音量シアターにしています に対抗なのか?
NYのお部屋もLAも、それ以上。

彼の功績の駆け上がりのスピードには、マジ惚れる・・・


それともクーのLAダウンタウンビル群見渡せる、最上階ワンフロア。
ゴルフ場にジムにクラブハウスにお抱えシェフつきレストランに公共バーエリアなんでもある、それもクー部屋のベランダにプール&ジャグジー付き、ピアのクルーザーもご自由に、クルーザーにボートにジェットスキー、カヌーもあるよ。 わけわからんちんに対抗なのか

コンシェルジェ? セキュリティ?
みんな付いてる当たり前。その役割は、どこもホテル並み、ドアにドアマンがいる。
クーのとこなんて、横っぴろい敷地内だからセキュリティカーもMercedesの高級地帯。

一番お気に入りのセキュリティ加減でも、このクーのお部屋だけ同棲用ではなく、クーOnlyクーの部屋。
ここがよければそれでよし、自分の好きにしたらいい。
クーの言ってる事が、一番正しいと思うのも、結婚したらその時二人で決めるものだと思うから。

男の子の高~い対抗心もだけど、高いところが好きと言った高所恐怖症じゃない私でも


・・・なんでもいいが、あまり高い所より


そろそろお寺の様な、上と下しかない足の悪いお坊様用エレベーター

2階なのにエレベーター。 この方が、なんだか贅沢だと思う。 


『 尚ちゃんとのところはねぇ・・・ 』


秀くんに話し出したかったのは、何個あるのかと聞く尚ちゃんの怒りがふつふつ煮えてきているのに、差し水で沸騰しない様にしたいがゆえに。


ワンフロアぐるっと周りは、全面バルコニーに天井から足元までのガラス張り

ベランダは、風が強いので、基本的に誰もどこも一度出たっきり、その後使うことなく・・・
だから バルコニー? 要らないって。って尚ちゃんに言ったのに、絶対要る!って言い張るも、洗濯物も干しちゃいけない決まりはある。

でも、大丈夫。

それを聞いて逆に安心、

だって私は、洗濯物?乾燥機じゃないの?って思う、人生で2回だけ干した事のある程度の人。

海外住まいなので、外に干す経験をしたことがない。

布団?クリーニングじゃないの?

海外住まいなので、外に干すよりクリーニング。 

子供の頃屋根の上に並べてた布団類、めんどくさー・・・。 めんどー癖のある私は、乾燥機にポイか、クリーニングに持っていきたい、太陽アレルギー持ちのおてんとさまへ放置遮熱殺菌より、ICU並みに密閉されたドライヤーでの高温殺菌を信用するケッペでもある。

ん~なことより、皆思う。使い道なしの最上階バルコニー、そのわりに・・・

上から泥棒が来る可能性大っ!

熱遮断硬化ガラス張り 窓が開かない方が完璧。 ってセキュリティ的優良度に思ってるのに。



風がぴゅ~~~ って吹いたら

物が飛んでく~~~・・・



数度行った事のある、そんな部屋のバルコニーが寒かったので、服を着たまましたのまで思い浮かべてもいたが、

ただ今は、ここ。空港にて



『 寒っみ・・・ 』


ブルっと震えた尚ちゃんは、熱帯帰りだからだろう。
You guys寒むくねぇの? そう聞かれても


『 ん~? そぉ? 』

『 NYよりは、暖ったかいよね。 』


がらっとスモーキングを出た後、その辺に立ってたまんまだけど、耳のちぎれる寒さ慣れの私たちは、頬と頬を付けてもそんなに顔が冷たくないと言い合った。

真夏日か・・・

熱帯や砂漠地域ばかりの尚ちゃんの会長職に思う。


『 あのさ、シンデレラの時間じゃなくて・・・ 』


210秒から213秒の数字に思い出したものがあった。


『 マヤカレンダーの時計だったら・・・ 』


は?なんで、マヤ?

俺、シルクな砂漠・・・
あ。俺も生態でさ・・・

この二人の言うアフリカ大陸には、私は足を踏み入れた事は無い。

一番国がごちゃごちゃしている大陸話に入れない私は、クーと高校生の授業中に話した事を、思い出していた。

“ 俺、40さい ”

地球滅亡かの文明の停止時刻
その10年ほど手前に当たる・・・ 2003年

なるほど。 私が28の誕生日、クーは29歳か・・・

99年の今年に29を迎える彼と、03年にNeoで29の彼。
それを言ったら、クーと同じレイノも29か・・・
 

“ きっとアイツも・・・ 俺も
  限界の7まで、あと1年待てるかな? ”


クーの言った、あいつって・・・
 

28の誕生日にもしも 2と8のキャンドルでお祝いしてくれるなら
82 
92には到れないかと、自分の生涯心拍数統計に寿命を計算できる・・・ クーが・・・


カレンダーの18と19番目の 7月16日から8月4日
19番目は・・・ 8/9の88.888f
8月5日から19日だと・・・

出逢った 真夏の世・・・ 18から始まった6つ、一人の女の子の夢は
82 9x9=81 +1 の素数19は、19/100 だと526.3157894 19/60と時間にしたら3.157894 
小数点以下の315から重なる、素数6番目の11と 素数9番目の19 じゃ、11番目が27で12番目は 
そっか29・・・
人の欲侭の十二夜と、私一人の中での自分の過ごした過去の想いを重ね

一人の女の子 私・・・

12種類の夢には

6人の妖精の2つずつ・・・ +と- 反省と願望 過去と未来 

光と影に・・・ 
   


91 段 ず つ の 4 ⊿ 

92段目は、四方全ての頂点に 365の時を 
光の当たる方向と当たらない方向を、時と季と・・・

中心角を+に核と90°ずつに・・・

マヤのピラミッドを考えていた。


『 ブッ! 』


また、おもしろくなっちった。

俺が~ぁぁ~・・・ 

噴き出したのは他でもないが、ピラミッド建設がジャングルバージョンになっただけ~~~
コーンやらクーの元マネ君やら、いろんな人が飛び出し注意になったけど。

レオパレスな広さに、クーの元マネ君って、クーの元ルームメイトも名古屋にいるしの、変な外人がいっぱいこの成田を通過して、日本語に困り果ててたどり着いた先かとな、いろんな事を思い浮かべつつ・・・

尚ちゃんの顔を見てたら・・・
秀くんの顔を見ていたら・・・


ん~~~


どうさ? 私の思うアクションスターとかって、一番上の狭き芸能ジャンルのトップにいる
昔ジュニアの頃、バックダンサーをしていた子も、今じゃ一番上の方だろう。

日本では同じ△に、45°9x5の半分を超えた時点で、人は9x10までの 6789 この中
9x6 = 54 9x7=63 9x8=72 9x9=81 の内、角度認識が人体危機管理能力に、防御能力が上回る精神が働き始め、恐怖により分からなくなる ボーダーがある・・・

恐怖と我慢に上を見続けて、一番上から遠くまで見える光景

遠くからも見える自分の姿を、人は称え 崇め 恍め 嗜く 惚れ 尊んで

日本では尚ちゃんは、ジャングルの木々と同じぐらいの高さだろう
高校生の頃

私や秀くんに尚ちゃんも、下から2番目ぐらいのところ・・・

クーは、地面の~~~


わ~~って走ってきたら、Yes かNoの壁があって、飛び込んだら泥ではなく、落とし穴だった
みたいな・・・
高校生クイズとお笑いウルトラクイズと、なんかわかんないお笑いドッキリ鉄板な落とし穴にはまった構図が思い浮かんで、真面目そうな数列言ってる割にヘラヘラしていた。


99年9月9日ねぇ・・・

別に何にも思いつかないけど、私の生誕何日目だと考えてた。



『 あんじゅ、お前のわがまま、桁外れ過ぎじゃね? 』


は? なにがさ?

ニヘラ~としてる顔がバカにしてると言われるが、別に誰もを何も馬鹿にしてないし。

『 はい? あ~でもさ・・・ 尚の言いたいのって・・・』


『 部屋の事? そうでしょ? 』


 だよ、その通り。
 その通りです。


なんで?・・・・

私は尚ちゃんの顔をじーっと見つめて、尚ちゃんに視線をマジでロックオンしてた。
だって・・・


今まで誰にも言わないで、はいはいという事を聞いていた私・・・

だって、だって、だって・・・ 

自分から言い出しっぺ。  You guys の遊ぶ女の子になりたい  ってさ・・・


自分の元彼が、自分の事を愛してくれていた想いも思い出も、同じ様に誰かほかの女の子とするってことに
別れを自分から切り出しても、後はどうしても・・ 切ないんだよ・・・

セフレとして遊んでみたいと思った事に、責任を一応持ってたつもり、なのに。


だって、 彼女を自分の部屋に連れてきて、一緒に、ゲームしたり話したりテレビ見たり、料理を作ったり、絵を描いたり・・
なんでもいいけど楽しい時間を過ごして、ドキドキして、抱き寄せて、キスをして、自分のベッドで寝るよね

私…

セフレ。 

私なら、自分の彼が、他の女の子を部屋に居れたって判っちゃった時、その女の子の気持ちが分かるから
寂しく、切なく、嫉妬まで浮かぶ・・ この気持ちを、彼らの彼女にさせるのは、嫌っ!

セックスフレンドとして、部屋に痕を残したくない。


それを思って、私、何も自分の痕跡を置いていかないなら

そのベッドで寝るのも気が引けて、外でいいとかいろいろね、そうしているうちに、部屋が別にある人がタイラと同棲してた事を知って、同棲ならいいんだってなったのが、始まりよ。


はい、そこのお坊ちゃま You

君に関与しているNYでの繋がりです。 二人とも勝手にタイラとの部屋に泊まってく・・・ ん~~
としまえんでの事は頭の中にあるはずです・ 
彼氏との同棲している部屋によく泊まれるよね。 彼面して、だよ!

だが、だが、だが・・・
Dugger じゃない。

私の同棲思考の発端は、尚ちゃんっっ!   YOU お前だだお前だお前だおまえダーーー!

高校生の時にも寮の部屋に残った痕跡っ!  浮気? 浮気じゃない、だって気がないから。

は? 何その言い訳。

そう云う風に。誰でも思うだろ?


私に部屋がたくさんあるのは・・・ 事の発端は、


 私の痕跡を残したくない + One More 

“ 自分がその痕跡を見たらショックなのが、嫌。 ”
 

知りたくない、知らないままで幸せな方を希望す。 これ、これです 2Ways 女の子両面サイド。
遊びの子 は 彼女の邪魔をしない。
そのルールが自分の中で、線をラグの様に敷いて幅広っろ~くね。
彼女とセフレは別がよし。 その場所は私は使いたくない。 そしたら勝手にどんどんさ・・・・

 あいつと結婚するつもり?

その同棲している場所が、婚後も住むつもりと思ったのは、そちらの勝手。 
そんな勝手な空像妄想で勝手に嫉妬して、勝手に怒んなよ。 勝手に一人で悪気分盛り上がって、一人で勝手に自分の中で、 繰り返す、勝手に勝手に競うなんな!の~~~~~


~~~~~~だ。



以上



だけ。  


じーーーー・・・・・  尚ちゃんの顔を見っぱなしだった。

テレパシー? 
その事については何も言わないまま、頭の中で思いっきり、発端 BOYs この2人に訴えていた。
ちょっともすっきりしないのは、やっぱり内に込めた ド怒叫びだから。

内、ってかカルマである腹の中心、人体のど真ん中、核で怒りがマグマのままボコボコ~~・・・・・




________ R・・ R・・


『 やべ。今何時?部下と秘書から・・ 』


________ R・R・・ R・


『 俺も、爺が呼んでる 』


二人とも携帯の相手を見て、待ちわびています、会長っ! お坊ちゃま。いかがされました?
きっとそんなコールを確かめていた。

ま、お笑いウルトラクイズに出てるわけじゃないし・・・

小汚いがチャラい学生風の尚ちゃんが、部下や秘書かい
カシミアのロングコート・ビジネスマンな秀くんが、爺かいな。

姫。私の電話も王妃や王子と呼ぶけれど。 

現実的に会話がおかしい3人組。 一般的に側で聞いてたら、頭部損傷脳破損~ かわいそうに・・・。
そんな会話を平然とする現実だもの、それに気づけないまま平気で言うけどね。
 
傍からみたら私たち3人の関係って、何? ・・今、まるでてんでバラバラな見た目だろう。

外人に悉く間違われる今日の自分も混ぜ込んだらさ。


ちなみに、この場に外人はいません。

みょ~なバイリンガルー柴では、ありますけど。
もう止め処ない永遠の輪廻・・・
笑いのツボが、おかしな方に想像を膨らませ、トゥットゥットゥツツ、てれってれ~~


ん~~~


NYへ行きたいか~~~~


ん~~~


さて、どうやって、神の楽しい坂に7時に行くか?

都庁方面行くぜって言ってくれる、バックパッカー会長がいるけど、
あ~~ そっち方面?俺ぜんぜん違う~~ コーンの東京自宅?御殿な近所のお山はね椿の山にある荘に行くらしき、ビジネスマン風、医者掛け持ち、本人いわく本業はダンサーの社長も・・・

この時間だったら、社長や会長さん方は、ちょっと遅れてもいいんだろうけど、遅刻したくない初代のまだまだへいこら社長の私。
ペコペコしまくっているため、渋滞にはまりたくない、それも丸の反対側

へいこら で、えんや~こら でもなし、へいまむ でもなし
もぉぉぉ・・・

永遠の輪廻 Infinity Forever

いんふぃにてぃふぉぉえばぁぁ


がぁぁぁぁ~~~・・・・



・・・だめだ こりゃ。  

いかりチョー さんまで、頭の中へ、ようこそいらっしゃいませ。




ごめん、すぐ正面来てとお迎えを要求するお坊ちゃまJr達だけど、私もこのまま行かなくちゃならない時間だと思っていた。


『 JRの方が、時間が予知できるから勝手に行く。 』


・・の方がいいかもね。



『 あんじゅ、俺ね、親父に呼ばれてる・・その
  何時かわかんないから・・・

  マンションに帰ってて。 いい?・・・ 』



秀、あんじゅ送ってくれよな。

10時に終わったらその後どこか行ってもいい。でも、実家しかないだろ?と尚ちゃんが秀くんの東京での泊まるところを考えているようだ。


『 ん~・・ ホテルでもいいし?
  そうだ。実家の俺の部屋、来た事なくない? 』


仙人が住んでそうなイメージの、Very Quietなコンちゃん家付近は理想と言う、一角まがり大通り出たらドドド繁華街の騒がしか~な我らの実家近辺。Mid Townと変わらない煩くも華やかなんだろう・・・ 

家に泊まる?って秀くんも聞くけれど


ん~~~ 


NYへいきたいかぁ~?



・・・。

『 私? 洗濯機があればどこでもいい 』











CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

+ 9 ½-√II BLUE MARBLE ∴ † HON8Y 


Blue Marble * INDEX 目次へ


この心に ...



BLUE marble INDEX




... ふたり








いるんだよね








Far away beyond most beautiful in the BLUE MARBLE - s



それは・・・



1/
2

Midnight Mare > Z * Ð
stella at 3′8″
きらきらひかる
38
*

蒼い魔法の星の中で いちばん美しい... 彼方より








『 俺じゃ・・・ 

     だめなの?・・・ 』











  
さぁ ・ ・ 
・ 






どうなんだろう





一つの  11  Ace Duce


11 魔法が解けない時間


0時に 世に生を受けた私


目覚た12時が現世の一り


人生始動の酸素H息一吸い




 それは ・ ・ ・ ・
?    ・ ・

それって ・ ・ ・







DO



U


『 Really ?  マジで!? 』
NeEd



?






その いる なのか・・・



U  ゆうっ!     いや?  “ ∪ ” 

                   和・集合体  その 和みの輪



でも You あなたに問う。   んなのが一般的なボーダーの取り様だ






99/09/09


the Time Limit


この期限が欲しいのは


YOU 貴方と...


もう一り いる    の






初めて気づいた

お祖父ちゃんが時計に動力を与えた
ごご一時ご十ご 






  こころのなか


気持ちは変われる・・・


意識して自分に言い聞かせることも出来、その作用を本当だと信じ込ませる事


それができるのは・・・


 女の子だよ         クー・・・


複雑に絡む感情を処理できるメスには、その ‘脳’力が真実をデリートして、自分の都合のいい様に記憶を変換し、それが本当だと思ってしまうことが出来る・・・

この ‘能力’ 力は、気持ちを変換させる


でも、それは・・・


HEART そのものに想感した刻記憶のデータは、変わらないまま


過去に輝いた思い出だけが、その心に浮上してくる・・・







この上澄みは      美味いものか?    必要なものか?    
                                         それとも

必要無い


澄み切ったその下の 純粋なものへの・・・   アク  





『 悪っ! 』




クーの口癖の一つ。  わるわるワイルド
本能99% ちょびっと思考1%前後。 
悪戯を覚えた飼われたワンちゃん、同じっ 仲間~~っ  んな、集合体だと思ってるワンちゃんとか。

そんな悪戯。 ワルわる悪わる÷割るWorld。    6つの割る。 

ないない。 
子供に言い聞かせるこんなのみたいな繰り返しの口癖は、お兄ちゃんモードの時であって、妹の気持ちにさせられて、元恋人の気持ちはいずこ。

 ないないしなさい。 いいね。

クーに言われると...
お祖父ちゃんに言われてた赤ちゃんの頃の様。 う゛ぅぅ・・・・ 


ぽんっ! なーる~。

包む空気の色と雰囲気か。   見目も似ているがコノ部分だと違うことでスルーする。



それに悪戯にちょっかいを一番出し続ける男


1番一め。  俺 No1 第一号。  その彼氏、尚ちゃん。

私から全く離れない・・・ 






『 お前、そんなに男に餓えてんのか? 』


誰も言えねぇみたいだから、俺が言ってやった。




『 はぁ? 誰もがそんなに女に餓えてんのか? 』


言い返す私も私か?・・・

セックスしたいだけじゃねぇし。 できればしないし、会いたくも無い。
時間の拘束されて来たことに、腹が立ってきてたところ。

自分の仕事に費やしたい時間がもったいない。仕事を減らそうとしていたところ、新しいオファーがどうしても一つ入ってしまった。
私と同じ様にスタジオ経営をしている女友達に、どうしてもと言われたのは仕方ない。
舞台構成は彼女がするとしても振り付けを数曲、それに私のダンサーを貸して欲しいの依頼には、彼女のところから今までいろいろな協力を頂戴拝借した自分。

感謝の心も仁義は、たっぷり。 

それに仕事を減らした。 これ、この中身。 減らした!いっえぇ~い、さ、集中っ!で、これもこれもこれもあれも~  
よろぴこ。

この集中攻撃は、残りの仕事の為に減らしたわけじゃないと言いたい。

でも言えず・・・。

押し付けられるのか、頼られているのか、もう自分でどうにかできないの?と全ての周りの人に言いたいぜぇぇぇ~~~

いっと!

 But IT is IT っ! F  私の人生は、私の為にあるんじゃないか?・・・


そんな思いは、男の子が自分の人生に “ 妻 ” その存在が欲しいという自分の人生しか考えてないことも含めて思う。


ぶっちゃけてぶつけられるのは、この幼馴染の尚ちゃんと、この尚ちゃんの愚痴を言えるお兄ちゃんのクーなんだよな・・・


この2人には、人間っ的、人生必需の感情のストレート投球ができるから

きっと

きっと

きっと・・・

人生を共に生きていくには、心を隠さなくてもいいというのは、夫婦にいるんだよね・・・

・・・っては、マジ思う


のに、なーー・・・・・・・・・・・・・・       



どうなんだろう










どうしても・・・
好き

     ・・・その
             感情で結婚って してはいけないの?










恋愛結婚ってさ・・・・         
『 なに? 』


行方?





こころの向け方が、どこか違うって感じてた 


誰にも・・・


そして、自分にも


誰もからも 誰もにも 誰へへも


ねぇ

私は・・・ 






どういうものなんだろう? 

経験がない結婚に誰もがきっと Marriage Blue

結婚する前の不安。 

これは、一般的には少し違うのだろうか? でもそれすら誰もが人生初めての事で、誰もにも気持ちの経験が無いから分からない。

人としての初めての感情は、子供のあこがれるお嫁さんになりたいという、軽いジャブな夢とは全く違う。

母親に育てられた多くの子供は、初めて見た物を親だと思う名残の一種、自分の鏡であるお母さんになりたがる。
向かい合って 触れる 嗅ぐ 聞く 見る 味わう すべての5覚をそんな順番に母から触れて、お手本の鏡・ママの立場はパパの奥さん、ママになりたい
おままごとをしたがる幼少期のそんな嫁への夢とも、成熟してない思春期の好きな子と結婚したいってのとも違い、できちゃった婚なんかでマジに考えだす法的結婚年齢に至った後のとも全く違い・・・

大人になって現実的な選択肢に直面した。  

のほほ~~ん と暇人な学生じゃない、それぞれの社会周囲環境に変わった・・・  今



自分がしたい事は、攻撃的に強力に

自分がしたい事は、して試してから



この2人 どうしても一人を思うと重なってしまう。
仕事にも生活にも。 
その志行は男勝りにがっしがし働く自分にも、女性機能を失ってオス化した自分には同じ、だって、守られたいなんてわけわかんね~メスの気持ちのゆる~方面の方は皆無だし、何いってんの? マジ意味がわかんない、彼らに集る女の子の気持ちへの理解をする暇も必要も無い。



私、本当に、女の子として・・・   失格 S



      可愛くないね



君は男じゃない、可愛げが欠けてるってか欠乏症。   よく お兄ちゃんとボスに言われてた。



ねぇ

私は

玩具じゃない



セフレ

それには私は

玩具でいい




私は私 

IT is IT

人生を持つ 

この

尊重を私に

は・・・




 





『 ジュリ・・・ 心の中に持ってる自分の本音は

 君だから、君にだけ、自分は言える、 この本音・・・

 こんな風に心を開くっていうこと自体、出来る事が

 夫婦にとって必要なんだって思ったから

 どうしても・・・

 自分にとって、You しか居ないって俺、思ってる。 』








一つ・・・         いつ 

23 魔法が解けないコノ時間

0 時に この世に 生を受け

目覚めた私には現世の一りニ

人生始動の酸素H 息 一吸い




ね  




1人 

この時日の中にある

一   存在だと



...Determine



   24 
 




『 どう?  適齢期じゃん? 』



魔法じゃない 人生は現実リアル


現実は24時過ぎの An アン   Angelの名で始まった人生命体

この殻から抜けるまでの人生が始まった 運命の破壊と創造の2月10日

An Angel  1生命としてで・・・

精霊 夢幻ではなく


幻想世界に籍を置き表舞台に自分を晒し、幻思世界を創り自分を曝し
おとぎの国の姫の様に、王子たちに受ける華やかなリアルでも・・・

自分に触れる現実は、ただのオスとの交尾と伴侶決めなだけ



ただ・・・




I 
ァィ



私は・・・







『 君は人間だから。 

  生命体自体に限界がある

  俺の側で 生きて・・・ 』



止め処なく続く 魂輪廻に永遠の愛心精神を求めなく

このたった一度の人生だから、現世はこの自分だけ

もしも輪廻を信じるならば、後世に結ばれたらいいんじゃない?




その言い訳は誰に対しても、なんか 
・・・ずるい。 


お前の人生、なんかいつも 
       Determine 決心 


・・・ずるい。


そう彼に感じる周りの人がたくさん居るのは、何故かと

私には、ナゼ?・・・ とも思える 2ways二面を感じる。



だから、現世の今を

一緒に、生きたいと・・・





人類文明 
地上の歴史は発展し廃れ、繰り返されている


とは、信じない。


文明開化
知り得られる事は、今、この目で見えるものだけ


とは、考古学を否定する。



今・現在 未来・先

自分が考えられる範囲構想を練るには、自分を信じて、自分が創りだせばいいだけだ。



高校生の時からそう考えていたね・・・




Could I may have...

the only one Determine

your decision to my determine

in my life of ours will as well

coo_4.jpg

Juju
...




I ...
may shall be. . .
... I
may begin with






Juli...







I love youって 心が伝わる

貴方の胸の中にいて・・・

私も 貴方と同じ・・・





初めて手を繋いだ時の思い出が、貴方と手を繋ぐ度、どんな時もどんな場所でも必ず思い出す。

波間に浮かんでいても、山の中腹でも、モールもグロッサリーもショッピング中でも
映画館の中でも、サーカスやショーに遊園地でも、仕事場の楽屋でも廊下でも、車の中でも

部屋の中、キッチンで何かを一緒に作っていても、テレビを見ていても、一緒にお風呂に入っても
ベッドの中で強く握られる手に・・・ 眠る貴方の力抜けても握る手に・・・



ふふっ・・・


私、二度目だった アレ、ものすごい記憶に残ってる。 
あの授業中・・・

 手を繋ぐな!  

って、貴方に日本語で怒鳴って先生に、うるさい!って私が怒られた。


私の隣に居た、同じ誕生日の親友が驚いてたね。 


 は? うるっさいのはアニじゃなく、アニの兄じゃ?


だよ。まったく。 ちょっかい出すのは決まってクーの方のくせに、絶対私が先生に怒られる。

状況には冷静。 私の見方、その親友アキちゃんの所に遊びに行って、貴方と付き合う事になった。
ずっとずっと手を繋いだまま、1日中過ごした、2人きりの初めての一日。

二度目に手を繋いだあの授業中の時は、ネイルが乾き切る前だったから怒っていた私。

だけどね・・・

貴方が注意してくれたよね。  教室がシンナー臭くなる。って・・・

                    そのとおり。             ・・・反省。

常識も迷惑も判らない様な子供ではもうないと、自分でも考えた結果。

尚ちゃんとは違うクラスの選択授業前、休み時間中に外階段でアンとネイルを塗り合ったばかりだった。
ま・・・

シンナーの臭いで、頭のいい子ばかりの授業を、朦朧とさせる作戦だよ

そう言った私に、バカウケしてくれて、ありがとう。


貴方は・・・


 ふ~ん。人間関係より?
 見た目、重視? 

・・へぇ~~~


そう言った事も、覚えてるよ。

でも、貴方はいつも

どうして、手を繋ぎたいの・・・?
だろう・・・




What ever...


 私も 彼方と同じ

1人の人だよ・・・


Which ever......




I
may shall begin with

0

zero



私の 0



Born : 2/10   
Death : 9/9


BC 紀元前   Before C   この一り
 
AD 起源その   After D  よりの一り


その 0 ボーダー






 こうして今は


裸の身体を寄せ合って、素肌に貴方の素肌が触れているのに

私の中に熱い貴方の体温を感じても、抱き合って快感だけに 意識を没頭させても

気がつくと手を強く握られている。




『 ねぇ、ジュリ・・・

  もう一度言わせて・・・ 』



しつこいっていつもみたいに、おこらないでね。 

微笑んでいるのか・・・ 口調はとても穏やかで
まじめな表情でいるのは、視線を外さないでじーっと見続ける、だから分かってた。




『 もしも、俺 以外の他のやつらが

  死んで、生まれ変わっても、変わらない 君との愛が永遠だと思うなら

  次世・・・     その時空存在              

  たった一度のこの現世の、この自分の人生それしか信じないこの俺

  この俺には、一つしかないと思ってる、これは現世・・・   REAL time 』

  


Re: REAL  それがあると思える心核なら、繰り返さない今 REAL たった一

その中でもそう願える、思想の豊広は俺には無い 心が狭い俺・・・

だって・・・

そう信じる彼らは、またもう一度

いや、何度でも

君と永遠の魂の廻り合い輪廻に出逢えるから。



もしも Youが、輪廻であり魂が身体の殻に入っていると、思った事があるなら・・・

同じ様に思考を持つ彼らと・・・

永遠の中に何度も生まれ変わればいい

生まれ変わっても永遠に出会う運命と思い

それを彼らが信じ、そう願うなら

また、彼らと君は、何瞬かの時代に出逢えるけど、俺は・・・ 
                                                  でも・・・



『 俺には、今だけだから 』



尚ちゃんの歌声の中、両手を両手で握られて、正面向かって瞳を覗かれながら

微笑みなく真っ直ぐ言われた言葉は・・・



唇に吐息が掛かり、唇が時々触れる    

とっても小さな囁く言葉でも

ゆっくりと一語、また一語・・・   

尚ちゃんの声より確かに聞こえていた。



1つずつ、吐息と共に言葉を向けられる度・・・

貴方が私に、大事な物をくれた時

その全てを、私の脳裏に蘇らせる度

貴方がずっと持っていた証痕を思い出させてきて

まだ出逢う前の子供の頃から持っていたのだろう

自分のご褒美に自分で自分に買ったのだろう

貴方の人生の生きた跡勲である それらだろう・・・



それらの物たちは、私を思い出して買ってくれた物より

貴方の過去の時間に沿う、貴方の想い籠る思い出だと



『 ねぇ、Coo ... 』


『 ん・・ なに?・・ 』



思い出をシェアして欲しいと、想いをシェア出来たらって

貴方の気持ちは自然に心に、いつも真っ直ぐだとは、思ってた。




 
耳に届くはずの囁きは

唇の動きで言葉を見て

自分の頭の中への浮想させた

彼方の 声が・・・

聞こえる想像か 気か







『 ね、CとDは Twinkle それって
  くっ付いてるね・・・ 』


『 ん? なにそれ?・・ 』


なんでもないよ. . .


 ただ・・・

  ただ?・・・


『 きらきら・・・ 』
『 きらきら、かな? 』



いつもこうして言葉が重なる 私たちは・・・  それが日本語でも英語でも、同じ事には同じ言語で言うね


どうしてかな?・・・





クー Cooの C 

 Cは、偶然 Chance 

北京に行かなかった私も、LAに戻らなかった貴方も

 Cは、秘隠 Cache

ずっと心に引っかかりながらの恋を、忘れられずに


Dは・・・ Destiny 運命だって、自分で言ってたね



もう何度も生まれ変わって、実は前々々々々世って、記憶が全く無いだけの
ず―――っと続いているのだとしたらと、思える私・・・


だってね・・・


貴方が私にくれる物は、私も大切にしている

だって、貴方の想思を、私にあげたいと貴方がふと思うのは・・・

自分の生きた証史 過去の時間の称資 心から誇る咲詞 

貴方自身だと、いつも、必ず心刻まれるから、素直に受け取ってた



貴方が言った まだ先

“ 5週間後のMagic 11 ”


 Not Yes ! Not Yet !


 I love youを言うまでのカウントダウン  




そうだね I LOVE YOU


 . . . I wonder you are like the high

 どう思い描いても手の届かない存在 



愛していると伝える事は、難題なテストの様・・・  答えの難しい答えは

彼方の心が答えを決めなきゃいけない、問題で・・・




 Yes

The little world 小さな世界


 Yet

まだ・・って言った貴方の The little still 達して無い 


そのままの同じ意味に、時が来て無いと心に聞いた。  自分自身のその心と、私の心への時間はまだ


いつ?・・・  何時・・・  一に・・・ 重なって 同じただ1つの答えが、来て解決するんじゃなく

   一り      一め    始まる  これからへ   




小さな世界は自分の周りにある世界だけで

遠く離れている私たちには、想いをチャージする時間が長くて

皆・・・ 


 YES


この返事を 自分の周りの世界 側にいる事を望む


F = Failed

“ Fは、Failed ”

自分から言い出したLove の成績表みたいな、あの時の言葉。

“ 誰かと付き合う時、必ず始めに結婚を考える ”

今と同じ様に、小声で教えてくれたね。



1回だけの結婚 A marriage

新たな人生の一り のA

一人 Alone そのAと どちらも最上級の成績A




どちらの人生が自分 Yes = A the little worldに 快適なんだろう




空を見て

月も星も

 
この蒼い惑星の中 The little worldに過ごし


地に海に

何処に居ても


この青い星の圏中 The little still 満ちない 何か・・・


時間 ときを掛けたら、また廻り合う

星だって月だって

ぐるぐる回ってまた、同じ様にめぐりかわらない



Always いつも・・・


2 Ways・・・



Negative- 陰を顰め Cache 秘隠

Positive+ ようせい は



星の様にめぐり合うのか


運命のDestiny その・・・



『 クー・・・ 』


よびかたを、他にしたら、どう思う?・・・



『 ん? なに? 』


なに? どうした?さっきから・・・


そっか

なんだ・・・






C to D  

 自分自身 実態あるその自分に過ぎた時間が存在する リアルの自分から

ねぇ クー 

 
 相手が呼び方で自分の存在を変える・・・ リアルの中の違う居場所になる 時 が

ね・・ ダー


 やさしく心を包むような時間は、リアルからリアルの中でリセット、そのリアル・・・




まぁ辛口過ぎるそれに、はちみつ混ぜたまろやかテイスト その2種でのハーモニー

  
人生

人生って言われると





『 HONEY  I ... LOVE... 』


そこまで自分で言って、言っておいて、私の口を手で押さえてた


『 ねぇ・・・ LOVE 
  Love yourself, Sweet Heart  』

自分を自分で、愛してあげて・・・     


 ね

ジュリ




 その君から LOVE ME されたいと願っています






D


4番目の彼方 







偶然 Chance が重なる貴方と、またあった出会いに

私は、貴方に向ける気持ちは 0 ゼロ地点の 

+好きでも -嫌いでも 無く

Likeでも Dislikeでも 志趣感情も無く

Loveでも Hateでも 恋愛感情も無かった



でもね・・・


“ Not Yes, Not Yet I  まだ、5週間後・・・”


その5週間を私は、心待ちにウキウキしていた



I love you



この言葉を貴方から聞きたいと願いながら、私も自分の生きる道を進んで

The little world 貴方にも 私にも それぞれ違うものがある

人生過去に触れた感情、想いを残し思い出す貴方の大事な物たちを

私の最強数 21の大人になった誕生日に空の光景を私の思い出に残し くれた

Blue Marble 貴方にとって大事なもの

子供の頃の思い出までくれたのは、貴方のBlue Marbleに込めた想い出が きっと

空の光景だっただろうと、思いを馳せた私


空に・・・

手を伸ばした


貴方の両腕は、シートベルトの様に安全に思い

雲の上に私の思いを残す双子の息子たちには、でも届かなくて


現実の世界に戻り往く私を、落ちゆく雲との距離に思い出して

1つの2人・・・

偶然に同じ そんな貴方と 双子だったのかなって思い出して

重力の起こす、頬に耳に触れる凍てる風に、涙を隠した




目を瞑った私は、怖かったんじゃないよ・・・



涙が出そうになっただけ

なぜか、貴方と双子だった想いが込み上げて

愛しい2人を思い出しただけ



貴方が空に手を伸ばし、煌かせたBlue Marbleを見る度

貴方の想い出はどんなものだったか 想像させられて

貴方が両手を包んだ腕の輪の中、輝いていたBlue Marbleを見る度

貴方と双子だったって、なぜかの思いに

私の息子たちへの 純粋な愛を心に蘇させられる



 
貴方の想いを携えたBlue Marbleとの過去は、なんだったの・・・





空の彼方

遠く光源がやっと届く黒い宙との硲間

その魂の居場所の空の色だと

私に見える限界の色を携えたその蒼輝石

The little world ちっぽけな自分の生きる現実 世界は小さくて

How I Wonder. . . どう想像したら 

What you are. . . 貴方の想いが何かと

どうして私にくれたのだろう・・・



巡り また 還る 



大事な過去の貴方の想いは解らなくても

貴方の気持ちが心に響いて +でも-でもなく

判らない初めての感情が湧いた 7日間だった。




“ Dのつく頭文字で、俺を呼べ。 いいな妹 ”

んぅ~・・・


どう呼ぼう・・・




Not yet...

まだ 

D






貴方が勝手に付けていた皆の呼称


Destiny
極運命

その秀くんに


Duchess
高貴姫

その倖くんに


Dudely
格好色

そのレイノに


Dolly
人形模

そのタイラに


Duddy
ダディ

その・・・

一番気に食わなかった

尚ちゃんに




私が勝手に呼ぶ貴方のD呼称は



Destroyer

破壊王の貴方



気に食わねぇな。


俺のD?・・・
俺 人生でD成績取った事ないし。



言ってみたら言い返された。Dの頭文字呼称


そう。じゃ・・・


これから この未来には?・・・




私の心も破壊かよ



 人を愛する心中



一緒に死ぬ 心中より


一緒に生る 心中に


人生 結婚は墓場 とは


よく言ったもんだ・・・







ね 

Something from D









TwInkLe


TwInkLe


LIttLe. . .


WorLd



How


I
. . . LOVE YOU 


WonDER . . .


Little


Still


High


Above




どんなに遠く高い蒼い光景


その黒暗に近い空宙の羽間


生きる世界は


光あふれる地上の青い光景


綺麗なthe little world





  L       左側にいつも


   
左利きの尚ちゃんはいつも右にいて、彼方は・・・・        




          輝く未来の自分像だけを想像したら
いい・・・





『 ジュリ・・ なんの夢? 』



『 HAぁっん!? 』  


びくっ!


どきっとしたみたいね。  
は? 意味不明な突如のクーに慣れてるはずの私にも、その意味不明の私の正当化にも慣れてるはずのクーの油断?だった?・・・ 

は? 聞き返しは、強い口調に聞こえて


『 強気かよ。でたでた。 
  俺の人生最大、Youの怒り
  人生最強のわからんちん。 』



でもね、Youの怒りが、この世の中で俺にとって、最大級 Nuclear 核爆弾投下、俺の心に大災害。

台風嵐津波に地震、噴火に砂漠化氷河期竜巻、宇宙波太陽線でぱかっと地球が割れた、んなの。






貴方のGood Luck の言葉に

心 

冷い凍い空駿は 皆無に温か暖か



皆に無い

あい

心失の自分の過去に



過去を心誇ることが 大事と 教えてくれた


青い 蒼い おもいで・・・





おい。
『 ・・・ってか、いっつものそれ。 』
おい。
『 ってか意味不明。それ私の方。 』




 その癖、直せないの?


同時に発するお互いのBLUE感蒼憾。




Something From ....  D        Determine




その蒼闇が深まって、夜になろうとする時間

暮れて空に星が瞬き始め、夜に包まれ地上に星空の様な街灯が現れる


永遠に沈まない永久の夕暮れを見せてくれた

                              倖くん

   “ 一緒に死んで・・・”


                             その彼方



暗転空へのダイブに飛込自殺を脳裏に描いた

        クー

                           “ 一緒に生きて・・・”

       その彼方



鏡の様に思える、二人の 思考に 行動に 瞬間に 偶然に

  . . . like the Diamond in the sky


Heartの彼方の心 象った 

     . . . き ら き ら ひ か る    Twinkle twinkle         A B C and... D



監獄牢の鍵は・・・


同じ様、倖くんのもクーのも綺麗に心輝いて

同じ様、どちらも正対称な心型 




誰もが 自分 魂の外郭殻 生命の真中

中心で刻む鼓動悸で 想い 感情は触れ

人だけでなく全ての生命体 中心奥する Heart

感情を頭に伝え 脳ある生物には確信として与え



ただ、体殻を交じ合せ、快感に陶酔する交尾だけじゃ

ないんだよね・・・

人って、ヒト生物のオスって



G Axaxaxa~っ!

あぁぁぁ~~! F
面 倒 臭!









がぁぁぁ~~~







Zodiacっ的に、BoaくんにOxくんにTigerくんにRabbitくん
Bunny Girlの生誕は、運命の破壊と創造Red tiger's eyeっ!

真っ赤な闘志溢れる瞳を向ける


『 がぁぁぁ~~~ 』



なんなの? 

イラッち?

はい来た、生理前?

カルシウム不足じゃん?

食事は疲労?重労働?

見たら食嫌悪になった?



『 しっかり、生きるっ! 』  ばしっ I


食事・飲水・睡眠・排泄

こ~んな 生物的必須生命維持自然行動 簡単な事がどうして嫌なの?
どうして こんな生物基本が出来ないかね?

それに伴い・・・

やっと心が落ち着く精神状態ができるんじゃない?




 だから・・・
 
 『 愛心の判定能力も 0 Zero 』     


NO Gravity。    D これ x




ベッドの上で重なったまま Bでこピンした後、このでこピン記憶消去。 そのままピタピタDEKOを叩き、新たななんかをインプットしようとする、その・・・


兄ぶるのも上から見るのも、やめろっ!


ってんだ。 クー




『 うるさいっ! 』


コ うるさいクーの石好き。 自分の大切にしていた蒼い石の中で1つをくれた。
まだある。

そんな趣味は・・・

地球奥深い地中好きの尚ちゃん、思想家に成りたいのは想いを馳せるのが好きだから
数万年の時をかけて創られる地中の鉱石は、尚ちゃんも子供の頃から大好きな部類。


尚ちゃんもクーに負けず劣らず、石だらけのお部屋。

何の石?

そんなわけわかめな石も尚ちゃんは持ってるけど。
私にもよ~~くくれていたのは、水晶類の結晶石


恋愛成就のお守り って尚ちゃんがくれたのは、ハート型のローズクォーツだけど

自愛闘志のお守り ってクーがくれたのは、バカラのハート型レッドクリスタル。



この2人は~~~~・・・


高校生の時から、全く持って何かにいつも対抗心と闘志心に燃えてたなって思い出すじゃんか。

もうね、誰でもいいってな訳にいかない結婚に、食嫌悪同様
求婚行為に嫌悪を感じ、押し付けは犯罪 一種の脅し Yesと言わせる強要違反行為であると、刑事が冤罪をうむ、知らぬ間に起こす決め付けの押し付け無意識犯行と同じと言い返していた。



心?・・・

 『 ・・はぁっ? 』




私、全くっ       !


要らなぁ~~ぁ~~ぃぃっ!





がぁぁぁ~~~~っっ!


『 VACA 』   


牛肉。 
お前の為にスペイン語で言ってやる、トリりんがるマン。闘牛はトロ、美味そうト口かデロ。

未知石はレア、嬉しく受け取る。 わからんちんな意志は要らん。

はぁ?

 “ 何の夢? ”


そんな About な。 全く持って大まかな日本語で聞くかね?


『 What did you say?... うるせ~ジュリ。 』

ぁ?なんだって?



the Dream


夢は眠りの中 その夢は 欲望の現れ

己の中に潜む 知れない未知自分の鏡

脳内に映された夢は 最強欲の割れた

ひとかけらだけ 己の心奥潜を見れる

目覚めの前



Dreams come True


理想その ‘ 夢 ’ には 

人生の未先を リアルへ

望む  それへ  臨む




どっちの思惑を問いたいのか?  


まじめに考えてたんだから、相変わらずっ テっキトぉぉ~~・・・ に緩んでんじゃねぇっての。
放牧モー。



 
 
夢が生活と名を変えた 時 

満腹になること無い 人欲は

追い求め追求する己の 力力 が

秀でている人ほど ク 苦に



し へ
ん か


変えるので在る時が 永久に続く



幼少期の女児 No.1 the Dream   

それは その日限定での単純な夢

その先どんな未来が永久に続くか





し へ
ん か







早朝のフライトまでの、6時間 彼女の時間を俺に譲って...






どうだろう?・・・・             


自分に問いながら、自問自答の妄想へは、人生を考えるより、今・・・


必要な事を、夢なんて見てる暇もなきゃ、夢を語る暇もねぇってのっ!



がぁぁぁ~~~・・・・・・・・・・・・・・・・

                         Z


                    N

牛め。 めウし。   ホルモン・ネオ お互いな。

             Σ
  
    M


slept_coo
       I'm here...
 
                ...So do I








はっ!



なんて、夢だ・・・。





帰宅?だ路。

昼間のフライトである、LA成田間の飛行機の中じゃ・・・   
なの?・・・ 

・・・通路側にいる私には権利ない?

窓際に座る見ず知らずのおじ様が、ずっと寛ぎつつ数冊の雑誌を読んでいる為、遮光カバーを下ろしてなかった。


ま、仕方ない。

そのお気持ち、重々承知しております。 ゆえ・・・


ビジネスクラスにて、隣に座ったアメリカ人のおじ様は制服のまま。
帽子は被っていなくとも、ジャケットを脱いでCAさんにクロークに預けていた、それぇ!

このおっさん、機長だろう。     ・・・それも、かなり偉そう。

ジャケットの腕章のライン数ぐらい、求婚者の中にパイロットが居るのでワカリマス。
きっととんでもないほど偉いんだ。 だって国内線で出会ったその倖くんは、ビジネスに代わりに俺が座る!?首にされちゃう~・・。
なんだお前?そんな風にそのフライト運転中の上司に見られでもしたらなんてのもあったので。
この国際線ビジネスにドカッと自分の席と座れる、このオジサマ。
CAさんやパーサーさん達とも親密に名前で呼び合う程なれば、長年勤めていらっしゃるであろうベテラン機長か。

フライトのお疲れを癒されて、日本から新たな気持ちでお仕事に励んでくださいませ


なんて・・・
       明るくて無意識に自分でしたのか?

この機内、この2席だけ明るいし。 明暗の差が強く目が疲れるじゃないか。

尚ちゃんの帽子のつばで、サングラス代わりにしてたもんだ。 
だって機内でサングラスって不審者じゃない? 帽子とのチョイスで帽子を取った私。

ど~も・・・ 尚ちゃん枕の香りに促され
そのまま転寝。 

起きてビックリ!  E ど~もSpaceに指が掛かったまま脱力。

ワードページが4万ページを白紙のまま超えてた。 

どんだけ~・・ 押してた? 
時間にしたらきっと5,6分ってところかと思うけど・・・

お、お、恐ろしい・・・。

改行 Enter だったら、何10万ページだろう。 スペースでよかった。 ほっ
ってか文字だったらよ~~~


 このウツ患者っ!


怒りを向ける。もち、そやつ。

顔面にキャップがずるけて鼻で止まって寝てたもんだから、尚ちゃんの眠れ強制攻撃みたいなこの臭いのせいで、変な夢を見たもんだ。
うつ病患者が画面真っ黒になるほど打ったという私の生絵。 名前だ。 生の絵みたな象形文字とかっ!
お前の病気と勘違いされるじゃんか。


ま、自分の夢は自分の責任じゃな。


搭乗総勢数百人の命と希望を乗せる、こちら様の責任の方が重っも~~~いもんだ。

尚ちゃんの帽子で顔を下半分隠したまま、ちらっとおじ様を見たら、ウトウトもしかけない程、ギンギンに目が覚めてっぽそう。


尚ちゃん・・・

帽子、洗ってる?


すひゃ~~っと息を思わず吸ったのは、帽子に隠した溜息の為。

パッと思わず帽子を見て、ゴクッと息を呑んでいた。



そうだ・・・

写真、出てないよね



帽子を見て急に、ヤバイって思い出した。

帽子が載ってたら、ダメだよね・・・

尚ちゃんの帽子に、何でこんなの被ってたんだよ!って、無言で怒り心頭。
ムカムカ。

ダチョ~Clubの裸になる人みたいに、帽子を投げ捨てようかと思ったりして・・・

なんだ?

なんだ?

なんだっけ~~~?


う~~む・・・ よく思い出せない。

特定の決まり文句で投げ捨てるってわけじゃないか~~~・・・


くるりんぱ。 


投げ捨てた後のソレと


俺が、俺が、俺が、俺が、俺が........ がぁ~~ 

いや、俺が!

どうぞ、どうぞ。


・・・は、めっちゃ覚えてるんだけど。


そんな想像。  いや、妄想の中は求婚者の6人だったり。

いえ、真夏の夜の夢の中に出てくる、6人の妖精たちめメラが~~・・・


がぁぁぁ~~~~!


なんなんだよ!  Fu cっ! 
この24時間で5人と ?uck したじゃないか。 

ふぁっ! Cue~!
 
クーの口癖。 ここで言ったら隣だけじゃなく、周り全体が見るだろな。

牛Lover肉マヨ大好きVacaラー バカラも好きなクーの口癖を、心の中Onlyで言う。 
セフレの仕方ないルールとして、私から、その気になれないというお断りは厳禁とさせられて頂かれている。
誰かの超~即っ後!っでも、男が嫌じゃなければの、思いっきり皆んな公認仲間たち。

仕事で時に会うんだろう、お笑い芸人の方々の狭き門は歌手よりかも?って、どっこいどっこい統計と確率の方程式に当てはめて計算してた・・・尚ちゃんは、芸人の方々の頭の回転はテトリスや図書館並だぞ!ってな事やらで、ピラミッド型を砂漠の遠くから見てる考古学者の思想家想い馳せ頂点を見ている様に言ってたので、暇だな~~って思わず言っちゃった私。

そういや尚ちゃん・・・


 頭ったま、かっゆぃ~い!
 あんじゅ、洗ってっ!

 はいはい。
 一緒に入るの?


ネイルが気になる尚ちゃんは、常に爪をパーフェクトにしていたいらしい。

尚ちゃんの洗面所もデスク周りにも、数々の爪用品やらネイルカラーに、眉毛とかヒゲとかの顔毛用品に髪のケア用品は、その辺の女の子以上にってか、サロン並みに几帳面に揃えられ並べられている。仕事は全く重ならないから知らんけど、デスクに向かっている間、PC数台仕事別に打ちつつ、イヤホンで音楽聴きつつ、キーボード弄りつつ、ギターを膝の上に乗せたまま時に弾きつつ・・・
ネイルケアを常にしている。 のは、私が知らない中学生の時に目覚めたっぽい。 

そんな尚ちゃんは高校生の時は、寮の部屋でデスクに向かい、胡坐をかいて浮腫みマッサージよろしくと言われたら、モミっこしていた時、ギャグでペディキュアしてみたら、指と指の間を広げるアレがストレッチ効果もあり気に入った。

そこまで気になる指は、確かに楽器に対する画面クローズアップの為?って思うけど。
なので指じゃなく手の平で洗うので 時に痒くなるが、ブラシで洗ったら?と薦めても、オヤジ臭いって理由で拒み続ける。
意地っぱりめ。

モデルのみんなのハンドケアも、普通の女の子以上だろう。

どんなミリ単位の、爪の伸びに角度に形に艶、指の浮腫みも皺すら許せない綺麗な手。
そんな・・・ 手
でも、私の身体の中に、いれちゃったりしてる。

 あれ、じゅっち?
 尚とした?

 ん?解った?

 だって・・・

何時の間に? なんて平気で聞ける、そんな秀くんとのNYのマンションにて。

NYに現れた尚ちゃんと、その尚ちゃんのホテルの部屋にて、移動中に浚われて、15分くれと無理ムリ濡らすもんだからの強引だった情事。
夜、秀くんが・・・自分の を見て、シルバーラメ?ってキラキラしているなんらかの液体混じりに、気づいていたが、この日は秀くんもブロンズラメパウダーを髪にはたかれたモデル仕事後だったのと、午前中の撮影でオーロララメを頬紅にされた幻想アートモデル仕事の私とで、シャワーを浴びても残ってるラメラメ祭りの紺シルクのシーツに、星空みたいって汗まみれ液体交じりラメ交じりきらきらフェス。

なんてのもあったけど・・・


どういう訳か、クーのベッドで話しながら、意識遠のき、いつの間にか寝ていた。


やられた・・。

魔法セックス。 ハネムーンまでしないと言ったのに。 
たしか、CooのDって、クーにとって何なんだろうって考えていたら、クーが話しかけているのは解るけど、口が動かなくなるほど麻酔状態に意識なくなって寝てた。

はぁ~・・
よく寝た~!

あれ?寝てた? なんて寝る事自体を忘れてた、なんか狂った人間の自分にとって、不覚! なにに? 羽交い絞め体勢で目が覚めた。

アナログだったらよくわかんねぇ~~~

ベッドサイドのデジタル時計を見たら、2分そこそこ寝ていた。

ふがっ !   吸込みいびき一っ発ぁ~つ !          

     ・・・んなので人間 時に起きる、ソレ。

その2分のなか見た夢は、スカイダイビングとBlue Marbleの思い出だったと、安らかな気持ちを思い出していた。


Twinkle....

 きらきらひかる・・・   CとD


尚ちゃんの帽子の中で、思い出しつつ呟いていた。



       夢は自分の欲望・・・


なんか、寝言で言ったかがマジで気になる。


     6人か・・・



  俺が、俺が、俺が、俺が、俺が、俺が

  どうぞ、どうぞ。

そんな最後に、どうぞどうぞ って身を引く奴なのか・・・

もしも私が誰と結婚するってキッパリ婚約を受けて、誰もが身をさっと引ける様なもんなら、このまま全員公認セフレでいいかと思う私。

でもふと思っちゃった。

 
  私、セフレがいるから、彼氏を作る気ないんじゃないん9?



ん~~~・・・


他にもいろいろ 結婚を前提に付き合って下さい って言われてはいる。

なんだけど・・・

6人の元彼の事を何処からか知ってしまうのだろうか?
仕事で会ったとしても、変わらず仲良く話しても、お付き合いに関しては何も言ってこなかった。
が・・・ 恋愛に結びつくかといわれたら、マジ0 ピ――・・・ 心拍数ドキドキゼロの一直線 死んだ状態を計器に出せる自信がある。

ドキドキする恋愛感情を持ったのは、人生の中でこの6人。

それ以外の男の人に告白されても、恋愛感情をもてると思える様な、未来は無いと自信を持てる。 よし。

秀くんから始まり、クーになって、レイノに続いた3人は、自分が好きと思って両想いだと感じて付き合いだしたわけじゃなくても、未来に好きになれると思えた。 
ドキドキの波が、2人っきりですごしていた時間の中感じられてたから、付き合ってみてでもいいかもと・・・
だな

あ、寝てみたいっ! 

この感じ。

高校生の時にクーと秀くんとはマジでよくセックスの話をした。
コンドームの自信とかね使い分けとかから始まり、その他の方がいろいろと、尚ちゃんに無さ気なテクニックみたいなの。

秀くんに襲われてから、愛してるから重ねたかった身体じゃなくても
へ~~ 自分って・・・
そうなんだ。 ちゃんと受け入れ体勢が自然となるんだ。それか女の子慣れで扱い巧いのか?
いろいろ思いながら、感情がほぼ無くても 試してみたい欲望もお手伝いして、寝てから恋愛に発展した自分自身の心をこの2人から知った。

I L U を言われて、そうか愛してくれているなら

これから愛せるかな・・・   そう思えただけだけど

他の男の子、どんなに見目麗しゅうモデルの子に言われても、秀くんとクーとレイノ以外はそう思えなかった。

そんな心愛裕福富んだ ラブラブ繰り返す9官Birdsみたいな、めんど~な彼らと、婚約決意もめんど~なのでセフレ関係中なんだけど、誰も彼も同棲用のマンションや家を購入されてしまうと、結婚準備OK万端!って思わされる。


マジ、拘束が・・・  
めんど~~




結論 Conclusion Ver.1

 だから、だったら、違う彼氏を作ったらいいんじゃん?


そんなわけに、いかないだろうよ。
マジで・・・。

失礼だろ・・ 

彼氏になって欲しい人ランキング

彼らはそれぞれのジャンルの中じゃ かな~りトップ

The Little World
それぞれ誰もが周囲の注目浴び~の


全く知らない人でもファン。抱かれたいと思われている、ソレ。

自分に自信がある彼らのプライド・・・

傷つけたくない


その思いは私に大きくて
もしも、この6人以外と付き合うって言ったら、えっ!?誰?って新しく彼氏になる人を知った時

そいつに俺が劣ってる?マジ?・・・ 

そんな感じに、プライド高き大好きな彼らを、傷つけるだろう。だって愛した事がある事実は心に刻まれた思い出になってるし。


でも私、思うよ

彼らは、このセフレ6人に関しては、お互いに仕事も生活も認め合い

全員が全員を、男として、男からの尊敬を向けて自己目標を互違いに一目ずつ置いている関係で・・・

私には、そんな彼らの部分も、男として潔さを感じる素敵部分なんだよ。


ファンにも同意。

かれらはそれぞれとってもカッコよく、いつもセイギ感にあふれヒーローです。
はい。おしまい。

・・・ってか、そんだけ?


感情のあまりない、棒読みかい。

ってか・・・、てかよっ! 他人の行動は注意するくせに、自分はいいの。 ・・・は?その心は私にだけかっ! 

ぁんだよ~っ!





ではConclusion Ver.2

 同棲を6人全員としっかりしてみて、生活を確かめる。



あれ?・・・

そうだな、クーとだけ、同棲というもの、私のボーダー超越先をしたことがない。
お泊りのみ。

・・・そっか。


6人の事を考えているうちに・・・

昨日今日、そうそう尚ちゃんと成田でしてたら、逆にパーフェクトだった。
なんだか、ロイヤルストレートフラッシュが、一枚色違いで惜しい!って気分。


そんないろんな事を尚ちゃんの帽子を見ながら考えていたら・・・

もう一度、インスタントカメラを向けられた光景が、頭の中にフラッシュバックしていた。



急にどーでもいい思考も、自分自身も、現実の光景が頭の中を止めた。

帽子の匂いで見た夢なんてどーでもよい。 写らぬもんだ。

カメラを見詰めてしまった私は、写るんですの味気ないチンケなフラッシュが目に残ってた。
それにこの目を閉じても瞼の裏に残るフラッシュに、飛行機の中で目を瞑ると思い出すから、目を極力つぶれなかった。

NYまでのドキドキしっぱなしだったフライトが、心の中にも感情を蘇らせていた。


急に思ったら、雑誌じゃなくとも、ウェブに流れてないかの方も心配になっていた。


尚ちゃん自身も同じ事、思ってたな

 
“ 芸能人は辞められる ”

けど・・・

会社を担う社長に会長。

自分のビジネスに対する責任を問われるとなると、人生どうしようとマジで焦った。
尚ちゃんなんか、代々引き継ぎならぬ上場株式コーポレーション。
株主総会で株の持ち主が会長になるべきなのに、代々引き継いで来ているほど、政治関係に国交公共企業。

マジやばい。

尚ちゃんが勘当にされたりしたら、私マジで尚ちゃんの人生を背負ってあげなきゃ
かわいそうだよな。


・・ってか、そうならない様にするのに


どうしよう


尚ちゃん家への責任なんて、死を持ってお詫びぐらいじゃ、済まないよ・・・
私の死ぐらいでお詫びできるようなもんじゃない。


うぅっむ~~ぅ・・・




人前でちゅっともすりゃ肌が触れる事すら奥ゆかしい、その日本にて。

公の場で気分乗って いつものノリ。

それ。 マズイ。
 
このいつものノリってのは、アメリカンスクールにいた16歳から、勝手に養われてきてしまった私と尚ちゃん。
ずれっずれ~~・・・

アメリカ人の子に混じってたらさ、なるよ。誰しもが。

だって先生だって、な~んとも思わないアメリカ人だ者。
確か日本で生まれ日本育ちの恥ずかし気は、奥ゆかしくも胸の中に常識として奥備わっていたはずの15歳までだったのに、帰国子女や日本滞在の外国人ティーンネィジャー達に囲まれて育っちゃった・・・ 
たぶん一番、恋愛にSensitive繊細な16歳以降の思春期後半を、オープンに過ごしてしまった為もあるだろう。

私と尚ちゃんが?

日本で生まれ育ったのは、私と尚ちゃんだけじゃんか。

誰彼と他に撮られても、まぁな。ってなオープンさは、外国人だから許されそう。
・・・なのに

私と尚ちゃんか・・・

ふ~ぅぅっ・.ぅっ・.. . .


後悔。


我を忘れお互い忘れ、若気の至りノリにて、尚ちゃんのズボンの中に手を IN するんじゃなかった。

尚ちゃんだって、ウエスト自分で緩めて履いてたから、ズボンの中で尚ちゃんのパンツ脱がしに掛かってた自分もだけど・・・

尚ちゃんの両手は、私の背中丸出しの ブラのホック外さないが外されそうに焦らしかかり~の、
もう一方手間、一片手間か?左利きの尚ちゃんの左手は、スキニーパンツに IN、それにASお尻の間のTヒモ下の尻ほっぺギリであった。

背中も腰回りも、寒っむ~・・ってなひゅ~ひゅ~皮膚感触 丸出しの腰背中に +ディープキス。
とりあえず公の場で手がINだっただけで、脱がしてないのは当たり前だい。確実。

・・ん、大丈夫か。尚ちゃんの手がしてた、私のたくし上げられた背中は壁際だ。


尚ちゃんのケア24時間みたいな、色気かもす綺麗な男の綺麗な手にネイルしている手・・・

壁際だし私の服の中で隠れて写ってないと思える。


アップの至近距離で撮られた2枚の写真

部分的と思う距離感に、もしも尚ちゃんだと判られるなら

尚ちゃんの顔に、尚ちゃんの手に、尚ちゃんの・・・
おもっきりこないだ、雑誌に私服で出ちゃってた、ビンテージ自慢までしちゃった

この・・・


キャップ


『 おいっ! 』

言ってもしょうがないが、長年見慣れたこのボロってるもんを見つめて言う。

別に一点ものってワケじゃぁない。
そん所そこらのゴミ箱にポイッとinしてても、ボロっちょ加減に気づかれないかも知れん ってな程度のもん。
それに、あまりの尚ちゃん熱烈ファンが探し求めて、買っちゃった~っ!ってな人も世の中には居るかもしれないので、尚ちゃんにはありがたきファンの方と間違われても、このシチュを逃れられるなら別にいい。

が・・・

この帽子の出どころが、アメリカ留学中遊びに行ったLondonで一目ぼれして購入!なんて情報を知る人もまぁまぁ居るんだろうな。
そのロンドンは、彼女のところに遊びに行った。 とはどうさ?
その彼女ともNYで撮られている。その同じ彼女にParisで路上プロポーズをした。 ともどうさ?

その後、またLondonで追いかけ抱きしめ、俺だって忙しいっ!とな喧嘩っぽい光景後の・・・
プロポーズ

・・・これもどうさ?


どうさ。 
それに関しては、なぞ。 のまま~・・・・・・・・・ 

ワタシ、知らないままで幸せな方を好ム。
ぜぇったい絶ぇっ対!自分で自分を落ち込ませる墓穴を探しません。

穴があったら入りたい?それは失態という、人生恥ずべきもんなら自分からしないと心がけ。
及び知らんアホでいいと、できない自分が許せない自分に特別許可をだせる。


全てが尚ちゃんの一方通行行動だけど、これらの私との繋がりに・・・

クーや秀くんが浮上するのは同じ高校に早いだろうし、タイラと尚ちゃんのぶつかり合いの時、尚ちゃん私と別れて仕事に集中しだして活躍を広げ知られる様になった切欠とか・・・

なんだか色んなものが浮上してきちゃったら “ 一方通行 ” 尚ちゃんがストーカーに成った、マネージャーがひた隠しにしているうつ病とか・・・

なんせNo.1ヤバイっ!って思えるのは、6股セフレ関係よ。

セフレって芸能人にとって居てもいい関係だけど・・・
6股ってとこや、公認シェアってとこや、常識的に理解不能なそれでも仲良し親友ってとこか。


公認シェア。これ求婚に関しても。

プロポーズしている事って・・・
本気だって恋愛事情は、上辺だけの恋愛じゃないって本音暴露にイコール=熱愛(?)みたいな

あんなマンションや家や婚約指輪に、その誰からの気持ちを見せられて
ぃIt’sっ Joぉkeぅ~! 冗談じゃないよぉ~・・・

・・・とは、思えなかった。



・・・じょうだんじゃないよぉ~~



思い出しはじめたら止まらん性格。 
追求は、追及派。  
どうでもいいけど、カールおじさんメイクとベージュの腹巻ステテコ姿がちらつく。


誕生日過ぎの2月13日
クーから受けたマジプロポーズ・・・

あの日を境にゆったりと心が落ち着ける様に、なんか吹っ切れた気持ちがひゅっと自分に入った。

人造人間 外殻に入った核心Matrixが自殻を攻撃して我慢麻痺に痛めつけて殺しに掛かっていた、精神病の一種である自殺行為への無意識に気づき、生命としての人間を生きる事に
気づかされて・・・
仕事を減らしてゆく方向に、自分で自分の体調と人生を考え直した。

星の煌きMax深夜滾々か、漆闇まだまだ早朝か、どちらか解らない変な時間のまだ12時間経ってないさっき

私には思いつかなかったクーからの、プロポーズの言葉 Again . . .


歴史?信じるの?
見た人がこの世に居ない仮想に?

思いも寄らない思考のクーに

 永遠の愛が永久に輪廻であるなら
 生まれ変わりを信じない俺に、現世を下さい

誰からも・・・

運命に出会いが廻ってきたと言われても・・・



思い出してピタッと止まったまま考えていた。

それらまで、私の思い出が引っ張り出されるのだろうか

尚ちゃんとの関係が溢れ出せば、食いつきたいオモロな関係はモリモリ特上大盛だ。
倖くんの家系にもしも迷惑を掛けたりしたら・・・
国交関係のクーのお父さんはヨロレイヒ~な孤高の死山で、ボランティアレスキューまでしている場所柄に、倖くんの祖先母国に、クーも倖くんも王子・皇太子・大使系親友たちや、タイラの超有名人なご両親やら、次世担われた秀くんやレイノの大企業社長
我お兄ちゃんのアジアコーポレーションにも、何か来るか~・・・
同じ様に活躍する従姉妹や~・・・
おぉおぉ~~、もりもりだぞ。

考古学者にはお宝ザクザク、映画じゃねぇっての!突っ込み入れたい程の宝探しゲームみたいなもんは、私だけでもこれだけある。

尚ちゃんのご令嬢関係や、芸能人関係なんか入れられた日には・・・

おもろいだろう。



ほほほ・・・



自分で面白がっている暴露妄想を、自暴自棄って云うんだろうな。

ちっきしょ~~~

“ 畜尚 ” 

野生のオス化 尚ちゃんめ~~~

畜生ではなく、和尚の尚。

そういや我お寺はいかに・・
京都本家寺院から煩悩の罰当たりと罵られる父ちゃんか。

お父さんと全く同じ名前の尚ちゃんに、この ちょい有名になったか?ビンテージなボロキャップをフロアに投げつけようかと思う、豆絞りく~~ん。

じょうだんじゃないよぉ~

まめま~めしぼぉり、まめしぼり~
 

カールなヒゲメイクと豆絞りのヒゲメイク 


ん~~~・・・


違うな。

そんな事に、ブホッ!っと思わず噴出して、隣のくつろいだ機長のおじ様がビクッとした。

すんません・・・。

日本人やりがち・・・、私も日本人さ。
目を見たままなのに、ぺこっとちらっと頷き挨拶したらば、Excuse meってトイレに立ってしまわれた。
その隙に、ジャッじゃっッと2枚遮光カバーを下ろしたけど、帰ってきたら開けるかい?って思い
もう一度、ちょ~中途ハンパに1枚だけコソッと半開きに開けてみた。

なかなかトイレから帰ってこないので、ついでにハッチに上げたスーツケースを引っ張り出し、尚ちゃんの帽子を入れてみたが、スーツケースの中が尚ちゃんの頭臭くなるのが嫌で、シートの上にスーツケースを開いたまま躊躇い唸った。

むむむ・・・


 尚ちゃんもキャップがペッタンコに成ったら怒るだろう。

そうと考える。

いや?・・・
    やっぱ

 なんか熱烈ファンに思われ、こそっと言われたら嫌。

そうも考える2Ways。 
それには尚ちゃんの意志を妄想でも尊重し、アメリカと同じ様に日本でも肩掛けバッグに引っ掛けるの方。


  どっちにしようかな~~・・・・


今まで入れなかったけれど 我慢しよう。オヤジ臭ではない。と自分に言い聞かせ

覚悟っ!って切腹のように帽子臭に思う。

臭まり充満したら、尚ちゃんに弁償してもらおう。
尚ちゃんお好みのヴィトンモノグラムか、尚ちゃんが彼女に持ってて欲しい好みエピ的なスーツケース買ってもらおって考えてた。

ま、私の趣味はクーと同じ。 クーの苗字のブランドかパラシュート生地のブランドなんだけどね。
黒ばっかの。

ゆうたんと秀くんの趣味には、到底届かないけど。   高すぎて、私に似合わないとも。

それに... いや、それを。 だ! 尚ちゃんにはぁぁぁぁぁぁぁぁ


 は?似合うと思ってんの? 
 無理無理、育ちが ‘ 民 ’ だろ、お前。



 だから、私には見合わないと自分でも分かってますっ!
 尚ちゃんこそ、民だろ~が!



 ↑ 

これがマジで言わなきゃよかった一言。 マジ怒りに任せた衝動に反省・・・。



 じゃぁ・・・

 お前。 考えているその2人だけは
 
 絶対に結婚すんなよ。

 自分に似合わないと思ってる、それに

 俺が。 俺はお前と同じだと、思ってる

 それがお前の本心の証だろ。



俺か、クーが似合ってる・・・ それがいいって妥当なところを考えている証拠。

 
 ・・・なのかよ。


いつも尚ちゃんのこの言葉を思い出すと、自分でもそうなのかもと思うところもあれば

どうしてこの2人がと・・・ 尚ちゃんは考えてもいるんだろうし・・・・
倖くんの事なんてマジで何一つ、ってか年上のリーマンだとしか知らん癖に。

秀くんと尚ちゃんは仲がいいくせに、昔からいつも何事にも競い合ってて、負けたと思いたくないのは分かるけど

倖くんのこと知らんわ、話した事すらないくせに、倖くんとの邪魔ばっかしスムーズじゃなかったのは、お前がウツだからだ!

怒るな、自分。



ふぅぅぅぅぅ~~・・・・・・・・


だから

でも、自分でもそう考えられる・・・ 


だって、私がバレンタインの日に素直にクーに言ったのか、それ・・・


本音は、どうなのか?って・・・・

自分自身が自分では、第三者的な見方を冷静には出来ない、己の感情が心に絶対的にある分不可能か・・・
だから第三者

もしかしたら尚ちゃんと同じ様に、クーも考えられるのかと思ってた。


 チっ!奇性めっ!  


2人ともな。


右と左にいるやっちゃ。 右にいつもいるやっちゃ、尚ちゃんの頭がいつもこの中に入ってるこのお気に入りのキャップ。

尚ちゃんの頭を思いっきり叩いてみたかった長年溜まったストレス&欲望で、ばすっとグーで一撃 ON my ランドリー。
ランジェリーも入ってるけど、NYの自室に置いて来れなかった洗濯物の山ばかりの、なんかコ汚いスーツケースの中に押し込んだ。
それも・・・


『 フッ。 』 


タイラが顔を埋めて引っ張ったから背中部分がよれった?カットソーに、秀くんが強引に下ろしてファスナー壊しちゃったかも?の
尚ちゃんがエレベーターの中で手を IN してた、カットソー&ジーパンにばしっと挟んで閉めてやった。

なんでか高飛車。



        “ しめて やった ”





どんな育ちだよ、お前っ!


尚ちゃんの私に対する口癖、同じ様にすかさず言い返す私、2人の声を頭の中で重ねてた。



 
右を見上げているときは過去を

左を見上げているときは未来を

無意識に だとは



右に居たら 右をいつも見て・・・

左に居たら左をいつも見て・・・・

背の高い彼らへは必ず見上げて

何を思っているか



潜在しだす 何か  

生まれる  何か

自分にその存在が一るのは否めない 自分








                       その心に ふたり いるんだよね・・・






魔法の様に眠らされたクーの全身に包まれた夜

日本に帰る私を送ってくれた空港のゲートでは、私を後ろから腕の輪で包み、お腹に両手を当ててた

生産ミッション完了! 後は、ジュリのお腹にくっつくのみ。 願ってますって抱きしめたら

耳元に I Love you が聞こえて



 『 I will Love you... my Baby  



これは・・・





頭の中に数列が長く浮かぶ


特異癖同士


だから・・・
思想家ってどうしたらなれる?
 
私にそう聞いた尚ちゃんは・・・


思想家の仲間が居たってお互い感じた、私たちの子供の頃        
過去が未来に邪魔をする ・ ・ ・ 


過去は色褪せないまま、鮮明になる未来が確信になり行くのなら 
・ ・ ・  この存在 




Never be.......
          LIE - ve










   






S T Hide



男の子たちが

温かく広い胸に抱く

大切にしたいもの



K R Y 




 い え 








Dolls にも好みはあるよね・・・ 


お顔に色に質感に、ぬいぐるみじゃないお人形も、人じゃない動物も。

抱きしめてやさしい気持ちになったり、話したいことを言って心開いてみたり。

頭にリボンを着けてみて、女の子のお洋服を着せたり。

帽子を被せてみて、男の子の洋服を着せたり・・・





DO II  どうだった?  彼方のNo.1 First Best Friend お友達 

Dolls





あのさ

Guys にはいつまでも Dolls なんだよ・・・ 







Continued from far away beyond MOST +19-1/2 BLUE MARBLE *36 Heros & Boys



 side :frm GIrls




 





 

I

nevertheless


Never beLIEve嘘は信じない ・ ・ ・ ・

隠秘しているつもりでも ・ ・ ・ ・ 

嘘を持った時点で ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ 何かを失うとは

心に咎めが ・ ・ ・ 

生まれ・・・

a







普通     

 



dare hare

a n g e l
 







でも



でも同じ生物ヒトへには嘘と分かるだろうと予測することも出来る能力があると念頭にあるのは確かなことで嘘が明らかだと思わせるウソを自己価値に態と被せるのは人生戦略の技と思う人間はこの世の中のほぼ90%に近い...大勢という確立の中に人は安心を感じ罪だと思わなくなるのは裁判でも政治でも多数決で決定され施実行される世情社会に生きる国の人の特権だろう

その社会性を持たない習わしに沿う国の人にウソの中で生きる事は・・・ 

心に感じる罪の意識に人徳にそむく心が上回り つけない その素直さのままの本来あるべき人としての純粋か
それとも嘘をつく必要のない 自己過誇張 それを気にする必要性が生きる生活環境の中に無いのだろうかは・・・

その中に生きてみないと解らない事で、その中で生きてみたいと思えるかどうか?

それが重要なのかもしれないが生活環境を変える人生‘方’ に頭だけでなく順応しようと思う強い踏み出し勇気は必要か?そう自分にもし問えるなら、己は自分をよく見せようと周りを気にしているだけの・・・ 
嘘で自己装飾をする 出来る本質を持った人間で 
その疑問を自分に問う必要があるのか? そう問う自分がもし居たなら・・・

そいつは

そいつは・・・


その人にとっての道 生方未知未来に 自分で必要ならいいんじゃないの

鏡の向こう側の自分にその生き方を問うか、嘘をつく必要のない胸に抱いて一緒に眠るDollに聞くか

 
双方ともから答えは   0 
永遠に・ ・ ・ ・   無く


己心奥からの声が +かX
永久に・ ・ ・ ・   疑く



Be Lie've  嘘に生‡c




一 r



Never beLIEve 嘘は信じない、隠しているつもりでも嘘を持った時点で何かを失うとは心に咎めが生まれているなら自分自身で首を絞めているGuilty 罪を100%憾じているそれが出来る生物はこの世の中に人間だけだとその嘘をつく行為自体もその嘘を誤魔化そうと綻びを事故処理しようと試みるのも嘘へ・・・ 罪の意識を感じるのは


 普通  なんだよ

 



Dear. Hue


Angel 


with my HEART o f LOVE













『 そうそうゴルフ、クーちゃん好きでしょ。 』


そんなクーの元彼女は、プロゴルファー。  球技大好きっ! テニスも上手く クーとよく高校生の昼休みにはテニスコートに行っていた。
砲丸投げは?するの?と聞いてウケ。そこから仲良くなった始まりか?

よく・・・・ 腰痛で。


クーがとにかく私とツボが合うと、常に笑いに貪欲にこびり付いていたので、いつも彼女も一緒に居て私とクーのバカっ加減をみてた。
クーが恋愛モードな態度を露にするのはリーちゃんにだった。

この仲良し。 とても意味深。

リーちゃんが留学中はクーのところに遊びに何度も行き来してたけど、彼らは別れても友達として付き合いが出来る間柄だった。
クーと私が付き合う時も彼女は

 別に元彼、何も気にしないし。 

クーとリーちゃん、この2人。 この頃私には理解できない間柄だった。
彼氏と共にクーの所にも遊びに行けば、クーも彼女を連れて遊びに行く。 そんで・・・・ ぇぇ~・・・
どーー・・・・も・・・・・    

私の高校の時の友達は、奇人変人の集合体だとは・・・ 学校生活中に思い始められたけど。

シェア。 身体の関係。 大丈夫。  ・・・だった? 

どうも。
セフレはこの変人学校の奇人トップ奨学生3人から始まっただ。
なんともなかった? ・・・のかも。



シルバニア好きなリーちゃんには、誕生日プレゼントって貰った物があった。

じゅぅ~ちゃんの趣味?なの? って彼女にインプットされてしまったのか。
尚ちゃんと付き合ってた高校生の頃が一番頭にあるらしく、時に尚ちゃんがお父様のお供でゴルフをしていたので、な~んでも興味 そんな私は尚ちゃんと打ちっぱなしに行ったりしていた。
お誕生日にドライバー3点セットのヘッドカバーはウサちゃんぬいぐるみだったけれど、モノグラムのゴルフバッグを貰ってしまい Angelの名入りだから、返却不可という言い訳。

ま、いいか。

高いだろうと思うけれど、ドな企業の社長令嬢なので0の感覚がずれている。


 え?私の誕生日? 
 ただで戒名くれりゃいい。


戒名の方が高いんじゃ?ってなのも、どれだけ立派な戒名を先祖代々持ってるのか、代々時と共にどんどんずれてんだろうけれど、私にとって戒名は・・・

死ぬまで友達だよ! って思われるラス1 まで、永遠の気持ちが何よりも嬉しかった。


誕生日に死ぬつもり? その疑問は変人には奇人の戯言よ。必要無い。

クーが私にプロポーズしている事も、もちろん彼女はクーから直接聞いたと言っていた。

それにアキちゃんからは、尚ちゃんがアニ~にプロポーズしてるんじゃ?  っての。
愛華ちゃんも、 あ、秀っちもでしょ?  ってのやら・・・

私たち4人組は卒業しても仲がいい為、国がそれぞれ違っても時間を皆で合わせてチャットしたり複数電話で話していた。


  そうそうコーンちゃんがさぁ

クーちゃん家に遊びに行った時、じゅぅ~ちゃんのヌードパネル見た!って言ってた。 と教えてくれたが、なるほどな、クーは私が来る時だけ外してるんだと自分の彼の裏行動を知ってしまった。

 
この仲良し女友達4人組は、高校を卒業しても つるむ仲ゆえ・・・

  尚ちゃん? 

  秀っち?

  クーちゃん?


  は?・・ 一体、誰からプロポーズされてるのが本当なの?


友達はそれぞれ。

この様に ↓

うわさに流されてる? その疑問、素直にぶっちゃけたかった。 


ごめん・・・ 素直にぶっちゃけたい。

元彼であり進行中は、セフレだって事。
彼らにそれぞれ違う男友達が居て、クーの親友のからの話、秀くんの親友からの話、尚ちゃんの親友からの話と、私の女友達はそれぞれの男の子たちから、違う男の子サイドの本音をそれぞれ間も挟み、それぞれ本人から聞いていた。

それに彼女たちはそれぞれ、この3人の中で一番仲のいい男の子がバラバラだった。

クーとリーちゃん。 尚ちゃんとアキちゃん。 秀くんと愛華ちゃん。

本人からも多々その都度、いろいろ話せる間柄だったのは、高校生の時からそうだったし。

でも、クーも秀くんも尚ちゃんも・・・
みんな実は6股セフレって事だけは、自分の親友 たとえばクーならコーンで秀くんはヒデにという感じ、この大親友にすら誰にも内緒にしている。

・・・らしいね。 さすがに奇人奨学生でも、どーよ?と思う、凡人ボーダー思考は生きてた。

でもなんかあると彼女たちも思ってた。そんな男の話は言えないと言われたらさ・・・ 男の子って見事に単一衝脳行動 = アホだよな。
複数に考え感じられる女の子には、本人と本人の間にいる気持ちブローカー、それ買いたい! 株の様に考える トレーダーになりたかった愛華ちゃんを筆頭に、首を突っ込む愛華を引き出すアキちゃんは、真実を追究したいか 真実が思ったもんじゃなきゃ真実に仕立てたい行動派で、ん?おもしろそう~ 楽しいこと大好きなリーちゃんにと

もろもろの考え方Waysが出来る女の子には、単純な男の子が隠していそうな事を、だらだら喋っていたらしいけれど、時間の無駄! だって彼女たちも忙しいし。
結局女側、私サイドから聞いてみるが答えの近道と知っても居る。 それに噂は特に、信憑性の無い信用できない人生に要らないものだと彼女たちは思っている、私と同志的オス思考性向の脳は女の子っぽくない友達でもある。

彼女たちの男友達の話寄せ集め座談会、アキちゃんがマジで言ってたその会議みたいな井戸端電話で

尚ちゃんも、秀くんも、クーもそれぞれ違うんじゃ?と判明したらしい。

彼女たちはこれもそれぞれ、クーの親友コーンともリーちゃんは仲がよく、クーの居ない所でも会うような友達だったりといった具合で、愛華ちゃんはヒデともとかね。

彼女たち3人に、それぞれの親友サイドから、あのさ他の友達が、 賭ける?って聞いてきたけど、どういうこと?
何か知ってるのかと聞くのが別回路でそれぞれ回ってきて、3人がプロポーズしていると本人たちから聞いた事をまとめて知っているこの彼女たちは、男の友情にちゃちゃも傷も入れるのも嫌いなのもあり、男友達にはずっとそれなりに、すっとぼけてきていたけれど・・・

 いろいろよ。 いろいろなの。 いろいろ あんの!

言わせろ!

I Got Youっ!  アイげっちゅ~。  愛華でかした!

とうとう私本人に言っちゃえ会議、その題材で旅行しましょ計画を、愛華ちゃんが全部予約してくれて立てられた。


プロゴルファーご令嬢は、競馬好き。
16に成った時、賭けられないけれど大人の雰囲気を と・・・
足長おじさんの様な素敵なお父様に、ケンタッキーダービーに連れて行かれたのが切欠で、ロンドンでもおしゃれして競馬に行った程。
ちなみにクーも競馬は、入れなくても場外で買えるよって言ってた程。 年齢は?・・・ 時効。


ん~~~

 私の予想じゃ、尚ちゃんが~

ん~~~

 いや、やっぱり手堅く、秀っちじゃん?

ん~~~

 私には、クーは大穴だよね。


ん~~~・・・・

なんて、実は賭け事大好きな4人組。
ラスベガスで同窓会 ってのが、以外に多い高校の同窓会。
世界中の色んなところで勝手に同窓会を催すので、来たければ現地集合ってのに友達同士相談しつつ。
常に回覧板のごときチャットもメールも、高校生の頃からの学生IDのまま回ってくる。

そんなチャットの中、グループ分けしている女同士の温泉会も。

今回は仲良し4人だけで絶対参加出来るように、スケジュールを決めあった。
アスリートの私とクーの元彼女には、リウマチ神経痛じゃないが普段の筋肉緩め温泉めぐり。
浴衣でナンパされるのもまた楽し、酔ったらそのまま畳で気ままに寝る。 これはアキちゃんと愛華ちゃんのご要望。


そんな温泉旅行は、夫の居る既婚者、クーの元彼女やフィンランド暮らしの愛華ちゃんには

  あのね~~ 結婚すると以外に面倒よ。
 
  夫が、尚ちゃんだろうが 秀っちだろうが クーちゃんだろうが
  誰でも男って同じもんだと思うし?

夫も子供も置いてくる日本帰国里帰り。やっぱ気まぐれ~気ままににしたい20代には、独身の私とアキちゃんに劣らぬ変わらぬ気まぐれ度で帰ってくる。
だって・・・ 社長令嬢の2人。 ただいま~と 家政婦さんもいる実家に帰るが、いってらっしゃ~い と、メイドもりもりの自宅から出てくる。 その国の方々にお仕事を貢献しなさい。 はい。 それはお父様からの教えだろうね。

畳っ! 浴衣っ! 温泉~~ ってか料理っ! 
日本ならではと心待ちに半年に一度、気分とスケジュール気ままに不定期で。

許婚と結婚した彼女たちを、ご両親は、人間としての感情を抑えさせていると罪を感じてもおられると思う。

私とアキちゃんにとって、ほぼ1年近く11ヶ月年上の彼女たちは、気持ちを抑えるお姉さまだとも自分を比にして思えてた。


クーからマジプロポーズを受けた数日後、2月19日だった。
不倫好みの親友アキちゃん、運命の破壊と創造生まれ同士、それに3月生まれのリーちゃんと1日違いの愛華ちゃん。
祝うも祝われるもめんどーだから、全員の誕生祝いにしよ~~ 温泉旅行に勝手な時間で現地集合にした。

温泉上がりのリーちゃんと愛華ちゃん。 ランチじゃない夕飯でもない、お茶でもない・・・
そう思ってた中途ハンパな変な時間にアキちゃん到着、夜7時には私も行けると押し押しに。
もちろん日本ならでは!ってなことで懐石をしていた。


 ね~ね~
 
 高校の中から夫婦が出るって思ってた?

 あ~ あの頃は全く思わなかった。

 でもハワイに住んでた、尚ちゃんの親友もじゃん?

 そうだね、一家心中・・・

 まぁまぁ、いろいろ人生あるから・・・



 
 じゅじじ。   じゅぅちゃん。   ア二っ。


 『 結婚式、呼んでね。 』 

 



声を揃えて言われていた。



  そうだな~~ 私っ! 

おんなじ運命? 不倫好きな親友、アキちゃんは・・・


『 尚ん家の結婚式が一番豪華そう! 』



  それ、言えてる。

  日本で数個。ドバイでもしなきゃに始まり~の
  テキサスとかもだし、 その他アラビア半島の国制覇?

  あはは~!新婚旅行が近辺的に、エジプトじゃん?

  決まってんじゃん。 
  アニのシーザー様と、アレキサンドリア&ギザよ。



そりゃそうだ。

この場に社長令嬢が2人いるが、彼女たちにとっても尚ちゃん家は大きなコーポレーション 政治関係者付き。
不倫好きの彼女には、社長の息子たちやら部下やら代議士と、お目見えお知り合いしたい方々が多いだろう。


青い瞳の友達、愛華ちゃんは・・・


『 私ね~、アメリカに未練があるから  
  クーのがいいな~~~   』


  ん~~確かに、愛華好きそう。
  
ちょっとミーハーな彼女にとって、ハリウッドは魅力かもね。
産まれた時から許婚が決まってたまま、人生でたった一人の彼氏という存在だった夫君・・・

もちろん誰でも経験ある、そんな憧れを抱く芸能人もいるよね。 

彼女は言わないけれど、憧れ この画面に向かった気持ちでも、それは彼女の恋経験だったかもしれない。
 


 そうだ、北京、行ってないね。 

 そうそう。

 みんなで行きたいけどね~

 北京、行かなくて正解だった?・・・

 じゅじじ には?



クーの元彼女、ゴルファーのリーちゃんは・・・


『 私はさ、秀っち。 だって・・・ 』


 あ~、秀って見せびらかしそう。

 結婚したよ!って待ってたかの様にさ。

 いろんな国で、思いつくまま?
 
 そうそう、何度もしそうだよね~~~ モデルだし。


 高校からずっとの秀の親友ヒデも家を継いで
 カナダ支社の社長になったじゃん?


帰国子女同士、アメリカ支社を持つ会社社長の息子同士とか、生まれたのがシカゴとデトロイトで近いのとか、育ったのとかいろいろ境遇が似てるとかに、名前も一字違うだけのヒデで、直ぐ親友になった彼ら。
NYに迎えに来たお母様と日本に帰国した秀くんは、学期途中の編入生として次の日から登校して、同じ電車に乗っていた同じ制服のヒデとホームで出会い、改札を出る頃にはすでに友達になるほど気が合った。

なんで日本に今居る? その疑問はお互いしなくても、父の都合と自身が知る。同境遇。


でも実は、彼らにとって・・・

日本で始まった生活は、苦しい。


だって見目、純・日本人。 

でも生まれも育ちもアメリカなら、アメリカ人の友達に囲まれて育った子供時代は、日本で育った子と全く違う。 
日本語ももちろん話せるが・・・

英語の方が先に出る。 頭の中は彼らは英語を日本語に訳すが正しい。

それに日本で同年代の子と過ごしてこなかった境遇は、父や母と話す日本語しか知らない。

心が気楽になった。

その分かち合える 見た目日本人同士で、今までのままのTeenagerのアホ会話へ。
気を使ってたお互いの変な気がした日本語に、改札を出たら英語に勝手になり。 



 そうなの、だからねビクトリアに近い
 シアトル行きは、秀くんにとって・・・ 

 へ~ぇ シアトル?NYかと思ってた。 

 じゃぁ、カナダも有り? ウェディング?



『 あ~~~・・・・・・ 
    
   ・・・あのさ~~~~ 』




『 AN は、どこで結婚式したい? 』
 

Youはどんな結婚式したい?

あんじゅ

エンジェル

じゅっち

ジュリ

アンジー

じゅじゅ
 




『 どの国? 』


どんなのでも、お気に召すままに




『 どんな? 』


ねぇ My Princess

ねぇ Be My Queen

この腕の中で

この胸の中に

say YES to me...







AN たった一りの  An Angel


おとぎ噺 シンデレラの名前は


AN


それは後に教えてあげる 時が 

24時を過ぎたら な ・ ・ ・ ・





 


『 ねぇ、誰としても、呼んでね 』

 
 その前の温泉は、フィンランド来る?

 あ~っ!アイスランド行きたい。
 
 ロンドンとNYの間で便利かもね。

 究極の南極温泉もいいかも~!

 グリーンランドの変な村 Ittoqなんとか行っとく?    ぎゃはは~~
 
 アイスランドとのクルーズあるっ! それそれっ!    いいかも~~

 いやいや~ 基本に戻れ、ハワイ島の火山温泉     寒くなくていいかもよ・・・・


あ~サントリーニにも行きたいかも~ 私マダガスカル行った事無い~ フィジーなら兄が別荘持ってるけど、行く~?モーリシャスもいいな~ そうだ、シシリーにおいでって、クーがホームステイしてた大使の娘がね~ あ、マルタになった大使の息子もだよ~ 
なんか島モード。  島を言い出した言いだしっぺ、そのアキちゃんだけが・・・


 私、そういやオーロラ見た事無い。


そうなの? そうなんだ? そんなの・・・

そんなの、いつも見る愛華ちゃんにとっては、放射能が心配でオーロラが出ると絶対カーテンを閉めるらしい。

リーちゃんは、バーモントでも出たことあったのと、ウィスコンシンのヒデのとこでちら見したのとかで、たくさん見ているらしいのと 

 そうなの? 私、縦フライトで飛行機の中から2回見た事あるけど
 地上からは尚ちゃんとカナダでと~~・・・
 あ~ ナイアガラに秀くんと~~・・ 
 あ~ セスナ~~空ではもう一つ~・・
 ムービー送られた ツアー先のコペンー・・・・
 





『 ね、Angel。 』




私たちにとって、世界中にちらばっても、世界が地球の蒼い惑星は

The Little World

夫の都合で、家業の都合で、仕事の都合で・・・
上海にフィンランドにアメリカにニュージーランドと バラバラだけど
地球の外に出れない生命体だから、地球上ならどこに居ても構わない。


そうか、結婚式も彼女たちの想像は、世界のどこだ?になる

出席の心配ね・・・



そんな話をしていた私たちだったけれど、アキちゃんがオーロラの話をしだした時、私・・・


 アニ。 あんた、気持ちの整理 ついてないんじゃん?


思いっきりそう言われた。


仕事の整理より、気持ちの方が大事じゃん。とは、私も思いトライ中。
結婚を誰とするとかの問題じゃなく、したいかどうかという2択の方に戸惑って、誰かと何処でなんて至ってないって自分で思ってた。



帰りの新幹線に皆で一緒に乗っていて・・・



『  じゅ~ちゃん。 

           結婚式ってね・・・

  以外や以外、男の方が夢も希望もマジカルだから。

  ベックリ驚くなって言っておくわ。 』 



ブッ! リーちゃんの言うの、まじわかる。

愛華ちゃんの夫君は、幼稚園の頃からの夢想が広がって大変だったと、愛華ちゃん本人が言う。
確かに彼女のウェディング前1年間は、結婚式の中で したくないし 恥ずかしいし 要らね~~ そんな彼女が現実的な正統派の結婚式を父の招待客に合わせてと考える方に忙しかった。

『 マリッジ・ぶる~・・・ なる暇なし。 』    


愛華ちゃんの気持ちが晴れたのは、北京に行かなかった時
旅行は後悔しても

恋の気持ち再確認。 その後悔は 0 


彼女の1年は、倒れた未来の義父を、車椅子にせめて乗れるようになるまでと、許婚くんと団結して介護した事もある中で、大きな何かを2人で見つけたのかもと私は思う。
彼女の1年は本当に大変だった。


 『 ぁんだそりゃ?・・・ 』

  
そのうち、アキもなるんじゃ?   
どうさ? どうよ。  じゅ~ちゃん? ひゅじじ? 


『 なってるの、かな~ぁ? 私... 』



東京に着く間際、最後・・・



 誰との結婚を想像してる?

 結婚式どこでって想像してる?

 どんな結婚式が希望ってのは?



ガーーーっと纏まって言われて・・・


 

そうだな・・・


  私、結婚式なんて考えた事、今まで一度も無い。



想像すらした事もないって、自分を思い返していた。

誰との夫婦生活に、未来が見えるか・・・



  結婚式?そういやそんなものがあったっけ。


自分が仕事でウェディングドレスを着慣れているからか? 
そのシチュエーションのランウェイも多々、撮影なんて数えたら数えられないほど今までに何百もある。

それに・・・ 秀くんからのサプライズプロポーズは、仕事だって意識が満点だったし。




そうか・・・ それが現実か・・・



世界中の女の子の、この現実の為の、夢の実現のための・・・


 その仕事をしている自分の ‘ 現実 ’ には・・・  結びつかなかった  私・・・





 
どんな? どの国で? さぁ・・・?

呼んでね? さぁ?・・・



疑問は疑問。 

だって彼氏は居ないが正しい自分。  セフレって関係をばらしてもいいのか?・・・

ん~~ でも・・・

彼女たちの知らない 倖くんや レイノか アキちゃんだけが知ってるタイラと 結婚するとしても呼んでほしいのかと聞いてみようかと思ったけれど、自爆暴露の6股だと思い留まる。

トリオならまだ、半分。  彼女たちが知るこの3人との3股だったら、奇界学校生としてのボーダーまだ大丈夫範囲だろう。
秀くんからおかしくなった、横取り的。

クーと付き合ってた頃なんて、マジでごたごた~~・・・

でもその頃は彼女たちは自分の結婚に忙しかったし。 
アキちゃんもあ~じゃね~ こうでもねぇ~ ダンサーの夢を20で諦めた反動は社長秘書になろうとがむしゃらに没頭しているかの様でもあり、彼氏がどうの~もな。 
自分の諦めた人生から後ろ髪を惹かれない、何か強い違う引力が欲しかったんだろうって思ってた。

嫌味だよね・・・ プロのダンサーでもある私からは、彼女には何も言えないし言いたくなかった。
それにクーと付き合うことになった時だって、アキちゃんには不倫関係が終わった瞬間だったし。

20のこの時アキちゃんの所に遊びに行って、変わってた彼女の人生模様をクーは話してたな・・・ 


確かに既婚者の友達の言うとおり・・・

男の子達のほうが、結婚式の要望を話して夢見る夢子ならぬ、夢が糧なるバクのオス。

夢を追求するのは男たちの性なのか?
夢を糧にして生きている様な、彼らは夢まっすぐリアルに見ちゃうバク夢男。

彼らのウェディングの妄想に時間の無駄!幻見るな!と言い捨てる私だが、FairytaleなWeddingを現実にしようとしてくれているのは確かかも。

姫。 本日の眠りの森の美女通しリハーサル、衣装付きで照明あわせだったそれは、メルヘンの世界オーロラ姫。 現実は、前日寝すぎて?ん~違う意味の寝すぎに、姫の腰はガッタガタ~・・・・ クーのとこ行ってただろ! さすが幼馴染。 
さすがの相性・・ 夜の温泉効果で明日を望む。

そんな世界の中で、プリンセスに これは別に夢でもなんでもなき現実のダンサーには
どーーーなの・・・・

プロポーズ。


何気ない会話の中に聞いてて、以外にメルヘンだと・・・



俺が

俺が

俺が


そうやって、同級生の3人は同じ高校の友達たちにそれぞれ話しているのかと

俺、プロポーズした って友達に、それぞれ相談がてら話したら、付き合っていると思うよね。


私の親友3人は、それぞれ別々に聞かされて、


えっ!? えっ!? えぇっ?



・・そぉ?


男の子に驚きマジ・Magic 女の子サイドからに、は?だったに違いないが、その時その時の私を知る親友達は、男友達には黙ってくれていたようだ。

3股 ってとこ。  

でも彼氏の3股だと思っているんじゃ? とは、尚ちゃん秀くんクーの男のプライドにかけ否定しない
心はまだ持っている、元彼女・現セフレ。


新幹線を乗り換えて実家に帰る愛華ちゃんと、軽井沢の別荘でテニスしようとお兄様に言われている、普段は上海に住むリーちゃん。
東京で新幹線を降りたら、この二人とバイバイした。

私と同じ誕生日、クーのルームメイトが元彼氏の親友    ←ちょっと強調
そのアキちゃんと同じ地下鉄方面に向かう。


向かいつつ考えてた・・・・



ここにいた3人の親友たちは、クーとの付き合い始めの切欠に関係があると気づいた。



もし、 愛華ちゃんと、北京に行っていたら・・・


もし、 アキちゃんが1分遅く、地下に入ってから電話をしたら・・・


もし、 リーちゃんが、この時研修移動したクーと同じ大学を選んでいたら・・・







I F. . .

もしも


IF


Infinity Forever




無限に 永遠に

永久次時元 渦

その終末の見えぬ果ての 

無限大の可能性



は・・・


もしも全てが1つでも変わっていたら、こうならなかった。



『 はて?・・・ 』


どうした?とアキちゃんに聞かれても、結婚式なんて考えたこと・・・ 

自分の身にか? 

マジで・・・ はて? 起きるのか半信半疑。




『 はて? 』

                       果てか・・・
                        
                                 A
  


                           



                                          見上げても

                      見えない



     遠き 
 
                      時空は
                           
                                         

     未知
     
                                         この世世 
 
                      代々時世界


     美しい          
                 
                                         想いは過去





      遠い宙空も          闇で


      深い透海も          闇で


                                         呼吸もできない
      息生の地に          夜の時世・・・



      蘇るのは・・・                   


                                         想域






                
                      でもね、夜は必ず明ける



                      Juli







貴方の胸の中で  温たかく


感じる 抑えた心は 優さしく                     
       
       


                        その心に ふたり いるんだよね・・・







 『 I will Love you... Sweet Heart  



これは・・・






CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top