mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

Myth. BLUE BELL - Act. 6 * Back Stage. 3  



__________ From mimi's Act.6


mimi's Scene Image music * Infinite Legend / Return with Honor by William Joseph




ねぇ・・・

もしも君がこのシーンの撮影を一番初めに見ることに成っていたら、ごめんね。 ここはね・・・

Act 6 * 行方 の撮影3番目のシーン

一番始めに撮影したのは・・・

このエピソードの一日の時間経過を考えてもらえると、分かり易いかな?
今回はAct 6のタイトル通り、撮影風景の行方をどうぞ、捜してね。

あぁ、でもさ・・・Back Stage .2から来た君は、その続き。それとも順番通りでなくてもいいならば、どうぞ。

俺達の撮影風景も見てください . . .




Myth. Blue Bell - Act 6 * Back Stage .3 ・・・

Scene  鳴海家 * 客用の居間







________ はいはい。カット・・・・


以外にも静かな口調の監督にカットが掛かったのは、何度目かの事。
それについてどうしてなのかは・・・



うぅぅ・・・
・・・ぐず・・・・


ぽろぽろ涙を流したのは、瑠璃だった。



「 ごめん、蓮。 」


俺の肩をポンと叩いて、瑠璃の傍に監督が寄って話している。

だから前の撮影の時の様にやさしく剣がするも、時々は冷たい顔に成って欲しいとは俺のなかでも考えている事。

「 始終、蝶子に剣は優しくしない。 」

びしっと言い切った監督に納得したのかしないのか・・・相変わらず、ずず~っ・・・
メイクさんが寄って来て差し出してくれたティッシュを取って鼻をかんでいる。


「 まぁ、じゃぁ・・・」


ポリポリ頭を掻きながら・・・・





From Act 6 – Before shooting


あぁぁ~~~


( 全く・・・なんなんだ~~~! )


あぁ~、声を大にして叫びたいっ!






・・・きっと監督は、そう思っているだろうと考えた俺。




From Act 6 – Before shooting Makeup room


「 ふ―・・・はぁ――・・・」





自分も思わず溜息を付いていた。


「 ごめんな。蓮。 」


「 いいです。俺はいかなるシチュエーションでも大丈夫です。 」


前に撮影したAct 2の時のように、とりあえず、だけだよっ!と瑠璃に言い渡す監督は、じゃぁ、一度だけそれを撮ってやる。と云う事に成ったらしい。


「 ごめん。蓮。頼んだよ。 」


はい。それでは・・・・



_____ じゃ、いくぞ~、Take ・・・何度目だ? ま、なんでもいいや。


よーい・・・






そう始まった、俺の・・・

ニコニコふんだん & 瑠璃にも優しくっ。 ・・・瑠璃ご希望のシーンが出来上がり

その後も何度か撮りなおしたけれど、瑠璃が最後まで出来なかったのは言うまでも無いだろう。





Tweet by Ren - Signature Image by© mimi's world ™ From far away beyond beautiful sea. All Rights Reserved.









.................................... Goes back to Act. 6

Beautiful Sea - Heart Blue Bell 3





.............................................................................................................................................................................

Copyright©story by mimi ™From far away beyond beautiful sea.'Myth.BLUE BELL'
Image art designed created © ILD.fbs A&C under h-llc(USA) All Rights Reserved,





CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top