mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

To be my Grace - OTHER WORLD. V 

.


( 怖っわ~ぃぃ・・・)

おんなじ敦賀さんだし、さっきのCMもイギリス紳士だったけど、こちらはイギリス紳士に手をかけた・・・。

綺麗な人も怖い人も、んで・・・普段の優しい敦賀さんも・・


・・・最近敦賀さんは、キラキラ怒る事は無かった。


トントン。パチ。
トントン。パチ。
トントン。パチ。


「 ね~っ、こんな怖い人のパートナーだもんね。 」


あぁ、こわっ。っと言っている社さんは、パチパチさっさと留めてくれていた。
ガンバッテ~っとの応援付き。


トントン。パチ。

___________ トン。トン。


「 はーい、どうぞ。 」


社さんはノックの方に声を掛けていて、ドアが開いたら敦賀さんだった。

トントン。パチ。・・・トントン。パチ。・・・


「 蓮。どうだった? 」


トントン。パチ。・・・トントン。パチ。・・・トントン・・・パチ。

手を止める事なく、しらーっと聞く社さん。


「 あぁ、あのですね・・・まぁ、しぶしぶ。条件付きで・・・」


ふ~ん、そうか・・・
はい、京子ちゃん終わったよ。じゃぁ、これ持って行ってあげるから・・・
纏めた書類を抱えて席を立とうとしながら、敦賀さんの耳元に寄って小声で話すも聞こえていた。


「 ごめん。蓮。京子ちゃんに、言っちゃった。 」


お前言ってなかったんだな・・・なんでだ?と聞く社さんに、承諾を得てからでないと・・・。
との答えの敦賀さんには、社さんも賛成の様子でウンウン縦に頷いている。


「 じゃ、二人で・・・」


そうだな・・・、そう言って腕時計を見た社さん。


「 11分やる。11分経ったら迎えに来るからな。 」


そう言って出てゆこうとした社さんだったけれど・・・ドアを開けようと敦賀さんがドアノブに手を伸ばしたら、ドアノブにかけた敦賀さんの手を押さえ、京子ちゃん、追加。と言って来た。



「 蓮って、怖しい人だけどね・・・まっ、演技ってとこが?
 扱いは京子ちゃんの方が、俺よりもう、知ってるよね。 」


じゃ、蓮。とりあえず・・・おめでとう。んで、コレ置いたら迎えに来るからちょっと休みなさい。と、そそくさと出て行った。



___________ パタン。


ドアが閉まってから、無言で敦賀さんが寄って来たのを見詰めていた。

ふ~。っと息を吐きながら近づいてくる敦賀さんを見ていたら涙が一つ、ぽろっと落ちてしまった。




もぉ~~~、社さん。言っちゃったんだ。と言いながら横の椅子に座った。


「 ごめん。言ってなくて・・・」


そう言いながら、頬に掛かっていた髪をそっと避け涙の落ちた頬に、ちゅっとキスをして・・・

耳元でそのまま囁く甘い声・・・



「 ごめんね・・・プロポーズの方が、後に成って。 」


社長に承諾を得てからでないと・・・もし、だめっと言われてからだと、君に取り消し。って、言い辛くない?と聞かれると、ごもっとも・・・な言い訳だった。


「 うん。そうだね・・・ 」






________ そう私達・・・


   自然といつの間にか・・・

   唇を重ねて、肌を重ね合い、抱きしめ合って

   心も1つに成っていた。



それから、5ヶ月。私達は隠れて、付き合いだしていて・・・
誰にも気付かれないように、今まで普通に何も思う事無く掛けていた電話すらも、慎重に掛けあう様に成っていた。



そして・・・ 先月の事 __________




その日の朝・・・

彼の腕の中で目が覚めた。


どうしてもどうしても具合が悪く、それなのにどうしても眠くて腕の中で蓮の香りに包まれて寝ていた事に気分が悪いわけではなかったのだけれど・・・



いつも甘くてムスクのきいた蓮のベッドの中で、腕の中の温かさに心地よく、子守歌を歌われる様に癒されて眠りについていた。

先に起きた朝は、必ずいつも抱きしめられ、大きな手で瞼をまた優しく閉じさせられる。

唇をそのまま2人で重ねて・・・

目覚ましのアラームが鳴るまでゆっくりとキスをし続けて・・・

彼の腕の中で甘い時間を送った前夜を思い出す・・・



余りに早いとそのまま2人でもう一度眠りに落ちてしまう事もあるけれど、香りと温もりの中に彼からの愛も感じて、自分の心はいつも穏やかで安らぎの中に目を閉じて幸せを感じていた。


その朝は、蓮の腕の中にもう一度抱き寄せられても、胸がムカムカしていた。
まだまどろみの中にいる蓮の腕から、そっと抜け出そうとしたけれど、体が思う様に動かないほどの眠気も襲っていて、どうしていいのか判らずに彼を揺すって起こしてしまった。


「 まだ、だめ・・・」


目を開けた彼にそう言われても、具合が悪いと直ぐに気付いてくれた蓮。
自分の顔色が良くないのだろうと思えたのは、蓮の驚いた顔だった。


「 どうした? 」


腕を緩めて起き上がった蓮は、傍にあった大きい自分のパジャマを私の体に掛けておでこに手を当ててくれた。


「 ん~・・・風邪? ちょっと熱があるのか、無いのか・・・」


「 もう少し寝て・・・ 」


そうも言ったけれど、気持ちの悪さに横に成っていられないほどだった。


「 ごめん、起こして。 」


そう言って起こしてもらい、両手で頭を抱え下を向いていた。
心配そうに、急いでお布団の中でパジャマの下を履いた蓮が・・・


「 お水、取りに行って来る。 」


布団の中からさっと彼が抜けて行った時、ふっと消えた温もりに急に寒気が襲ってきて、彼のパジャマに袖を通した。だめだ、気持ち悪い・・・そう思いながらゆっくりベッドから離れてトイレに向かった。


朝から吐き気をもよおした事は今までに無く、やっぱり風邪かな・・・と思っていたけれど、ふと頭をよぎるのは、幾日も過ぎている事。指を折って数えてみるのと、最近の自分の体が変化していた事にも気付き、そうかも・・と思え、少し落ち着いたからか気分も良くなり、違うかも・・・とも思え、不安に成ってトイレを出た。

洗面台で顔を洗い、目を瞑ったままタオルに手を伸ばしたら、ぽんぽんと頬に優しい感触があって・・・
その当てられたタオルの上の蓮の手に、手を重ねて目を瞑った。

後ろから抱きしめられて、大丈夫?と声が聞こえていたけれど、不安に思った事を話そうか躊躇っていた。

目を開けて大きな鏡に写った蓮の顔を見ると、蓮も私も真面目な顔をして見詰め合い少しの間があってから、蓮が静かな口調で・・・


「 ねぇ、もしかして・・・
  ・・・妊娠・・・した? 」


その言葉に自分の不安と同じ事を考えてくれていたと両手を口に当て、蓮の顔を見れなくなり鏡の中から見詰められていた視線を外した。

抱き寄せられていたからか体全体が震えていたのだろう。自分の手が震えていると自分で気付くより早く、蓮は私をぎゅっと抱きしめて、頭に頬を乗せ目を瞑っていた・・・その表情が・・・


「 ごめん・・・
 でも、大丈夫だから・・・ 」


ごめんって、謝っているのに・・・

蓮の柔らかく微笑むその表情に、柔らかく抱き寄せられている腕に、自分の震えている手を乗せた。

そして優しい表情で目を瞑ったままの蓮は、頭に頬を乗せたまま落ち着いた口調で、体調は?どのぐらい遅れているの?今日が初めてだった? といろいろ聞いてくれているのだけれど、何も言葉を返す事無く鏡の中の彼を見詰めていた。


「 心配しないで・・・
 いい? 自分がどうしたいのか、その事だけを考えて欲しい。
 今の心配はね・・・体を大事にする事かな? ね・・・ 」


ね?とぎゅっと抱きしめられて、私が心配していたのは、映画の撮影だった。
まだ、顔合わせしかしていなくて、でも、もう・・・顔合わせをしていた。

いまさら・・・

辞めます。


・・・なんて・・・ 言えるのか・・・

撮影は8ヶ月、10ヶ月以上掛かる事もある映画の撮影。
子供が生まれてしまうよりも、自分のお腹が大きくなってゆく事を・・・
その状態で撮影に支障が無いとは、思えなくて・・・自分の先が今はまだ

・・・想像出来なかった。


目を開けて視線を合わされても、静かで優しい笑みのままの蓮。

腕の中で彼の香りと温もりと、その笑みに安心したかの様に自分も微笑み返していた。


「 きちんと検査に行って、本当だったら・・・監督に言いに行こう。 
 早くしないと・・・たぶん・・・
 でもまだ、君が気持ちを決められないのだろうけれど・・・」


蓮からのその言葉に、悩むより早くはっきりさせた方がいいとの意志は固まったけれど、返事が出来ないで居た。


「 いい?心配は、自分の事だけだよ。 
 君が選ぶ事に・・・ 俺は・・・ 」


蓮が言葉に詰まり、ん?とその顔を鏡の中で見詰めると、ぐるっと返されて胸の中に閉じ込められた。



「 もし、そうでなくても・・・
 
 幸せにしたいと思っているから 」

  

ぎゅっと強く抱きしめられた胸の中で、返す言葉が見つからないままだった。






.


To be my Grace - OTHER WORLD. VI
CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top