mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

Dear. Own and Our Remembrance - Princess - 

mimi's Image Music * Fantasy Impromptu In sharpe minor Op.66 - Chopin





* Dear. my sweet... ONE *
open the D O O R for the WISH





________ カタッ・・・


mimi's world - Letter box door


ポストを閉めた後、入っていた数通の手紙を持って家に入った。


クリスマスカードばかりのこの時期。
我が家のライトアップされたクリスマスツリーには、毎年オーナメントの代わりに送ってこられたクリスマスカードを飾る習慣が出来ていた。

綺麗なカードばかり・・・

年賀状だった日本の習慣と違い、個人個人それぞれ・・・
思い思いに選んでくれたカードや、作ってくれたカード類。

届いたカードに目を通し、ツリーに飾ろうと思っていた時だった。


「 ん? あれ? 」


芸能人という職業柄か、ものすごい量のカードの中、まだ封筒に入ったままのカードが下がっている。

そのカードを取り上げて見ると、Dear Kyoko



「 うふふっ 」


もぉ・・・と言いながら、カードの裏を見ると “ Do not open until your Birthday ” と書いてあった。

筆跡にもちろん、見覚えがある。



私のだんな様・・・


・・・久遠からのカードだった __________




the MAP at HOPE and DESIRE



Dear. My sweet . . . ONE


Wishing you ...

filled with the HOPE and the DESIRE
never be enough to you forever

With all about me. . .

Love Chuehone



希望も望みも止め処なく満たされる事ない程、永遠に・・・
自分の全てと、その愛を込めて・・・

久遠






「 キョーコ、お待たせ 」


振り返るとそこに・・・

何も要らないほどの愛に包まれている、この毎日が幸せで
毎日 毎日、every other time この時間を過ごしている事だけでも

大きな大きなプレゼントなのに・・・・



「 I wish you could be loved me long time・・・」

“ 自分を永き時の中に、愛して欲しい・・・ ”




そんな言葉を囁かれて



2人共が、愛している事が伝え切れていないのかと

お互いに心配になる程・・・

・・・私達は愛し合っていると



微笑み見詰め合う この気持ちも・・・


一生、これからもこうして、愛しているとどれだけ伝えても

伝えきれないまま、もっと愛していくのだろう



「 I love you so very much. . . Chuehone ... 」


「 Me too. My sweetest Honey ... 」



そっと抱き寄せられる幸せは・・・

いつか家族が増えて、家族と感じる様に成ったとしても

愛している事が伝えきれていないと心配になる程

ずっとずっと、お互いに愛して止まない事と・・・




私からも・・・



・・・願っています _________









seven doors - the DOOR*mimi's SALOON

BACK TO.......
the DOOR for Dear Own and Our Remembrance

Dear. my sweet . . .ONE




CONTINUED TO ...........

Dear the ONE


When the time has come...

Dear. The One

ONE Day

Dear. The One


the Other Door will be appeared here If thier Loves had been to THE ONE love
Has to.......?...............







CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top