mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

BLUE MARBLE - Prologue.Diez -  

NEED INDEX........ ?
Blue Marble * INDEX 目次へ



If you are like this person, how you going to think about own future


こんな人が世界のどこかに居る


理解は・・・

いえ、そんな人も世の中にいる・・・



あなたには、解ると思うかどうかは

さぁ、知りません



きっと頭の中に ないことだと



覚悟をしておいて欲しい その言葉。でも・・・

その子たちは・・・

目を開けることなく、病院から一度も外の空気を吸うことなく、他界した。

“ 覚悟 ” は・・・・

もう一つの意味があったのかと・・・

そうか・・・ 

覚悟 その意味は、もっと遠い未来にも多々あることか



罪を犯した者が、法に裁かれぬ様な 罪 であっても

心の中に残り続ける事が、処罰

一生涯その事について、十字架を心に背負って生きる消えない傷跡




反省して二度としないと自分の中で 浄化させられる気持ちが起こるものであれば 軽犯罪で

反省は・・・ 自分への 刑罰の執行 

執行期間は、それぞれだろう・・・・

猶予無いまでの 罪 の意識を感じる様な 罪の意識が心に引っかかっているまま

心の中に自分で傷を負い生きてゆけと言うもの・・・

執行猶予無し 無期懲役 

心の中に一人隠し納め 墓場まで持って行けるか・・・ 

それすらにドキドキしながら

ドキドキとした感覚に見舞われて焦る気持ちが生まれる

一処罰の内罪意識が無ければその感情を体験することは無い


考える 思い出す それすら その時間を拘束というなんらかを与えている状態で
その時が無ければ、違う未来の時を過ごす方に時間は流れているだろう

何気なき無意識は、人の本能の一種であり 天然という個々の性格は誰しも唯一の特徴

唯一つ・・・

全人類が Only One で唯一人

その一人の特徴である個々体生命

人がくれる答えに自分がなんらかの援助をできるボランティア精神が無いのであれば
聞くべきではないと私は考え、自己の中で制御しようと 頭で心を 思考で感情を 抑える

必要か?

人が私に向けるその質問自体、あなたが私に向ける犯罪である

心の中に入ってくることに、感情の抑揚を与える犯罪の一種

時間を割いて考えさす 時間の拘束であり脳の中に行動を起させる一種

意味無く聞く無意識に

思考できない感情のままの行動自体 許せないと私は思う

人はそうであるべき固体の生物か・・・



考える能力を持って生まれた優れた生命の一種であるという 誇りを、地球上の他生命体に向けてもいいと地球上の人間生命体に思う。

その答え方に間違っているか?

私が向ける質問には、その答えを自分で導く思考を持たせるもので
私の中では、犯罪を犯すものでない種類の認識上の、相手が答えに導く勝手にどうぞ
自由を与えるもの 思想の自由権と公的権利を与えられればいいと考える。

自分で導く答えに、私には責任は無い

公共の範囲内 この認められた という分散範囲の周囲 外側のとめどなく広がる
自由というひろがり 勝手にしても誰も何も気にしない咎めない部分

それを利用ではなく、そこに目を向けるのであればいいと思う様になるとは

大人 という言葉で十分である

大人 どの国でも 法的に何歳と法律が定める年齢ボーダーがある

権利や義務 これらは 何年生きての脳や心の動いた時間統計の 経験時間

大人になる

20年の時の長さを生きる 21年の時間経験 それぞれの国のヒト生命への大人という免許の条件
その中に義務教育という、義務は、それぞれの国にある。

自分が自分を生きる年齢というものは、How Old どんなに古いと聞く意味に・・・

どれだけの時間の命経験があるかと問うもので、思考感情の経験知を知るすべかもしれないと考える

大人になる

この心 感情の経験知を同じように過ごした時を
想い出という言葉に代える、心の優しさを促す言葉

大人になる

この頭 思考の経験知を同じ様に過ごした時を
思い出という言葉に代える 柔軟性を頭に促す言葉

大人になる・・・

導き出せる能力の度合いに思想を感情を研ぎ澄ませることも、人を大きくしてくれる事だと考えると、自分をそのようにと動かす意欲を自己の思想の中に考えて、自分を磨く努力をしたいと思う。

感情を抑える抑制は、冷たいと与える印象すら、与えるという犯罪だと考える

すべての人の中には、それぞれの心感情の個人という。
同遺伝子が存在しない事から考えると、個人差は特徴という言葉で世間一般的には使われる

誰しもが入って欲しくない感情のラインというボーダーがあると思うから

その線の中に踏み入るという、心の中への私有地無断立ち入り いわゆる心への侵入罪
ボーダーを見極められないのであれば、むやみに進入して罪に罪を重ね与える重罪、
重い ではなく 重なる の重連犯罪
連は 連なり 連合の共犯罪という事であると思う。

もしも・・・

苦しく悩み胸を痛めることが事実なら実罪を心が


隠し通す念頭が働く事も事実なら実刑執行を脳が



そうだと 私は考える ___________ . . .



永遠に続く無限大の螺旋は

覚悟 という言葉だけでも

無限大の 意味を 永遠に

気づき永久に終わりも変わりもなき

罪を 感じて 行くのだろう


無限大に・・・



そのたびに 罪 をかんがえる


それにも、無限の可能性が ある・・・






You may enter but ONLY the person who can be stay with us

We hope. . .




私達の過去に私達の関係を理解できる方 求ム







こんな人が世界のどこかに居る

あなただったら、どう未来を考え

別れ際の瞬間を決めたいですか


SO LONG

The time goes as never stoped by own decision as of own Judgs or by the another

時は刻々と死に向かい動いている中、自己判決の決断か、それとも他に

For owning owe

償うものに向ける




Blue Marble 蒼い惑星の中



白と蒼の交じり合う渦


蒼い海の見えない水蒸気が、磁気に乗って重力に逆らい比重少な立ち昇り

見えるものに変る 白い雲の流れが渦となりまた蒼い海に降り注ぐ循環に



もしも 自ら死を選ぶのであれば


その前にするべき事がある


何を思うか・・・


もしも、飛び込みに気をとられるであらば

それは進化した人の文化の中 都市の中で遅れ育つ心が興す



どれだけ、人が心配してくれるだろうか・・?


それで? 


死んだらそれを知れないのなら・・・


どこで死ぬかを考えるべきだ




Blue Marbleの地上のどこか


地についていれば生命は生きていられる


では・・・


抜け殻に入る魂だけのものとしたら、帰る場所なき死体に戻らないだけ


では・・・


抜け殻をまず、その天に近い場所に連れて行け


では・・・


天とは、天の国に一番近いイメージは、人それぞれだろう


天国に一番近い 深寒の海底に行け


天国に一番近い 優美な島陸に行け


天国に一番近い 孤高の山頂に行け


天国に一番近い 暗闇の洞窟に行け


天国に一番近い 灼乾の砂漠に行け


天国に一番近い・・・

他生命集う自然の中に身を置き、弱肉強食の恐怖を感じろ



恐怖と不安と感じるなら・・・


人のいないその場に 独りぼっちで 自分を考えるがいい


そこで生きるか


死ぬ覚悟があるなら、考えないだろう・・・


もしも、自殺を考えるなら


死に生きる その意を 経験し核遺伝子に心志さたもう





真夏の“世”の夢


真夏の夜の夢は、私が出会った運命だった。

妖精に恋をする女の子が見た幻、その夜の夢は・・・

人の中に潜在する欲と意識と感性の数

妖精の数はそれぞれの感性種

鏡の様に浮かび見える反対の夢・・・

真夏から始まった運命に、私たちの千日一がある


月陰暦カレンダーの魔法の時間 

11時・・ 23時55分から
12時・・ 24時05分の中は 出逢った8月

8/1が閏1/1 1000日目の 2年213日目 
まだ魔法の解ける前の時間


私たちの出逢いは8/21で もう魔法が解けた時間に始まった。

1000日の友達との別れは8/4で まだ魔法の解けないまま続いたのかもしれない



真夏の世の夢のまま




運命って偶然起こる 不可思議な解明できない未知

たまたまの偶然

本当にそう思いたい・・・






* From far away beyond . . .most beautiful sea in the
BLUE MARBLE Prologue-ONCE *





私たちの出会いは マヤカレンダーの12時 0時とも云う天上で・・・

初めてのキスは・・・
23時59分の位置・・

魔法が解けない、その手前のまま



Once

スペイン語の 11 

オンセ は・・・


英語の 1度 Once  

ワンス

ただ一度だけ

Una vez. . .


CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top