mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

牢屋の鍵を見せられたのは、夫が最後だった




セフレな関係を皆知っている・・・

この関係になって誰もが、私を嫌になって欲しかった _______ . . .


NEED INDEX........ ?
Blue Marble * INDEX 目次へ





あぁ~~~・・・

結婚するのか~~ぁぁぁ~~~




『 誰~~~ 』



誰に対しても全く想像できない、夫婦生活。







Midnight Summer Dream

真夏の夜の夢


6人の妖精は、6つの人の感情という


妖精 

the Fairy No.1 #II magiciaili




Far away beyond . . .most beautiful in the BLUE MARBLE -CHEN

Mid Night Dream * nIa 9

non availavle

 


蒼い魔法の星の中で1番... 美しい海の彼方より







私は、彼にプロポーズを1年間され続けている間・・・

幼馴染や親分に、その他の人にも勝手にされたプロポーズ。


誰とでもいいや。
今、誰とも付き合ってない。めんどくさい


そんな気持ちでいいなら って

身体の中が違うよ って

試してみたい? って 

誰にでも話してもいい 私と寝た って

それでも結婚する気があるか って

それぞれに・・・ したい時、どうぞ って・・・



それぞれの気持ちを・・・


自分で男達に試させていた。 

自分の中で本当に私を愛していると感じるか? と・・・




お願いだから、私を嫌いになってくれ

私を結婚という鎖で繋ぐな・・・ 愚者バカーっ!



ものすごく、それぞれが自分勝手過ぎて、みんなに怒鳴ってやりたかった。



誰もが私に

プロポーズを真剣にしているのは、自分だけと思いやがって!

私にとって、どんなに 邪魔か思い知れっ!



もう、はっきり言って、こんなに恵まれた男ばかりに同時プロポーズを受けていると、世間のそれぞれのファンに知られたら、私はおもいっきり闇に放り込まれる前に、ボコボコどころの騒ぎじゃないかもしれないと思うほどだろうと、自分でも彼らの世間での地位も人気に想像が付く。


私のファンだって居るんじゃ―――っ!


お前らっ!誰よりも自分が勝ってるって、心のどこかでおもっとるだろっ!

もう、ムカムカしっぱなし。
全てにおいて、なんでもムカムカしっぱなし。

愛してる・・・
狂いそう・・・
壊れそう・・・  どうでもいい。

私の方が、そうじゃっ!


_____ I am the best

 自分は、最高の男。



_____ I am the No.1

 自分は、1番



_____ I am the champ in your world

 君の中でも俺が1番



も~、どうでもいい。
こんな明らさまな、男の気もち。

でもこれが、まっすぐ、一番素直に見えるのは、幼馴染。
自分でマジで私に言う。

こんな頭のおかしい、幼馴染が忘れられない私もおかしい。
ストーカー行為をされて、とっても恐い思いをした時、ギュンと急に恐ろしくなった。

でも・・

みょ~なスケールで言ってしまいたい。


“ 君の中でも俺が1番。 ”


認めます。一つの事に限って・・・ 

幼馴染と身体の相性が、私と合っている。
幼馴染とのセックスが一番、気持ちよくて、気を抜いてても勝手にいかされちゃう。

今までの人生で、幼馴染とが一番しているだろう。

な~にをど~しているのか、はてはてふむ~?なんだけど、いろんなタイプの達され方を、知らず知らずの内に勝手にされてる。私の身体プロである。

自分で言っちゃう、幼馴染。


『 俺、自分で思う。
  セックス、めっちゃ上手い。 』


何?誰かに言われた?なんて聞く私も私だ。


『 皆、寝た子は必ず・・・』


でも俺、自分がいくのにちょ~必死。

俺が勝手にいつの間にかいかされてるのって、お前としてる時だけ。
それもいつも。

あぁ、分かる。ウンウン。なんてなお返事も、キス無しセックス中セフレモードでしていた時。
お前が上は絶対ダメ、すぐいかされちゃう。はい後ろ、大好きなやつ。 なんて幼馴染も私を存じている。

もっと体重掛けて~・・・ とか、アイツの体重がちょ~いい体重をいつもキープして、鍛えた身体に腕が足が、セフレモードなので、めちゃめちゃしてた。
私の中に感じる大きさに硬さまで、なんだか判らぬ はてはてふむ~?
どんな体位も幼馴染とだと、なんでも勝手にいつも一緒にお互い いかされ合っていた。

幼馴染もそれはズバッと言える私に・・・


『 俺の身体。お前とが一番相性あってる。 』


はい・・・。認めます。私にとっても、幼馴染とは、めちゃめちゃ身体の相性が合っている。
思わず、夫には秘密だが、幼馴染に言っている。


ヤケになってこの6人全員に身体の関係を許した。



付き合っている人は別に居る。

いつものようにセックスだけ

好きとも愛してるとも何も言うわけ無い・・・いい?



私は、彼らを知らない他の元彼には、そう伝えていた。
私には同級生の男友達が居て、そんな彼からプロポーズされていると云う事は、それぞれ国も違う3人とも知っていた。
この人達も・・・ 

私以外に女の子がいた。


『 彼女? 』 

 うん、彼女かな?


彼らと会うのは・・・ そうだな、いがいとひらがなで書く。

仕事の現場で会うと、元彼でも仕事仲間。
お互い嫌いで別れた訳じゃなく、 とは・・・ 同級生である3人もそうだった。

皆、とても忙しい人達・・・

地球のどこかに、私も含め 皆バラバラ。
拠点地があるだけで、そこに行くけどと言われても、この日はアジア、この日はアメリカ、この日はヨーロッパ・・・ 大丈夫、お互い様。忙しいのはいい事かもね。

全員が仕事に追われる生活で・・・

皆・・・


世界中のどこかに行ってる。


宇宙以外どこかに居るよ。って言うほどの遠距離恋愛のまま、会わなくなったと云うのが全員との破局・・・だった。と思っていたけど・・・

 別れたつもりは無い。 

誰もが・・・ この遠距離恋愛中って思っていたのか・・・
全員に同時期に突然のプロポーズに・・・ あれ? 彼女いるだろ? 平気で彼女相談承りましたけど?
どういう事だ?というのが、私の現状だった。

この人達も、同級生達に負けず劣らず、似通った男ばかり。

とは、私が惹かれたタイプが、そうだったのか・・・
理解があるのかどうなのか・・・
いつも女の子に囲われてしまう様な、彼らの職業柄なのか・・・

みんな6人とも、平気で・・・


 浮気?そうじゃない
 
 浮気なのかなぁ?

 勝手に言い寄られた

 断ったら、可哀相?

 女の子に失礼かって

 冷たく断れない・・・


遠距離恋愛のまま、世界のどこかに俺の彼女が行ってる。

それは、その女の子も知ってるよ。 ・・・って、皆同じ事を言う。


彼女?と私が聞いて、そうかも?って平気で話す私の元彼たちは、この“ 今 一応 付き合ってる子 ”その意味なのかは、その男心を理解できなくても、あぁそうじゃぁ、私とは自然消滅ね。と私は思っていた。

が・・・

女の子たちを裏で貶す・・・ その・・本音。
 
 本命は、君 
 その他は、満たすだけ
 身体を満たすだけであり
 心を満たすのは君
 離れているのが仕方ないと
 諦める俺の気持ちは・・・?

それか・・・



“ 浮気してる 嫉妬して欲しい ”



自分で全員が、女の子にそれぞれされて、気持ちを確かめられている事。

これを私に皆がしているとしか思えなくて、とってもとっても・・・

彼らと同じ。 思いっきり冷めたのだった。

自分の経験で、どれだけ冷めるか知っているんだろうと思うのに、どうしてそこに思考が行かないのか行っているのか・・・

それと繋がってない、俺は別!

全員がそう言うんだろうと想像できるほど、彼らはプライドが高い。
それと、俺が神 
俺が一番って思っている、そんな元彼たちは、全員がジャンルの違う仕事。
仕事でかち合うことは、多種の仕事をしている私だけなんだろう。


だって 私自身・・・

愛はとっくに感じない 心 だった。

子供を失って、子供を埋めない体になる覚悟をと伝えられた時、すでに・・・
幼馴染に無料のメイドと言われて、私は人を愛していると思う事は出来なくなった。

でも好き・・・

異性として、好きかどうかはわからなくて、人として好きな人。
この6人は、大好き だった。

普通・・・じゃないって世間を見たら思うけれど、皆私と同じ様にボーダーのない自由人。
恋愛に対しても人間として超越した考えなのか、それともただの野生のオスか猿人か・・・

普通はとにかく嫌いというより
普通って?なに? な、考えがまず私と同じ様に頭にクエスチョンで呼びかけられる人達
法律で決められた事は、一夫一妻制なせ威厳制度、国の保健や年金や国交経済のいろいろ管理の為にと未知病体バイオハザードの防止に、人口の急激増加を抑えるためだけで、ヒトモンゴロイド生物としては制限無い。と声を揃えて云うオス達で・・・

『 多夫一妻制 』

私がうっかりそう言ってしまったら、いいよ!結婚する気になった?と喜んで数人が抱き合い手を合わせちゃった・・・ そんな男ばかり。

そんな、公認 セフレ

セックスは、相手によっていろいろ変えて、それぞれのお体に自分とも相性のいいポジションとか、の研究みたいで、研究してるでしょ?とは、親分がよく言っていた。
親分だって、研究好き。彼とはいつも長い時間、お互いにじらしあいでの フムフムで・・・

生態博学者  ・・・うふふっ


『 女の子が男と違って、何度もいける事する? 』

 うん。
 ・・もちろん、するっ!


身体がしなやかな私たちは、踊る様に絡み合う。

彼も私も知っている。
中の奥はぐるっと丸ごと性感帯で、男によって場所が違う。
感じやすい場所への刺激は、それぞれの体位によって好みがあって・・・

中の手前も性感帯で濡れだす部分に、外に男の名残がある性感帯

全部ぜんぶ 順番にいかされたら、力が入らなくなるほどでも・・・


『 もっと 欲しい?・・・ 』

どうされたい?
俺・・ まだいくまでに時間掛けても・・・


そんな研究、はてはてふむ~ぅ?



夫とは、キスだけで身体が痺れる時がある。


『 キスうまいね・・・』

って唇を離して夫に言われた時は、ん?そう? 幼馴染に言われたこと無いぞ?
って思ったけれど、彼の吐息と唇に、うわっと頭がぐるっとなったら、二人ともReady Goの身体にされてて、
手も何にも使って無いのに、上に乗って抱きしめられたまま、もうキスの唇なんて動かす余裕も無いんだけれど・・・

それまで幼馴染のサディスティックさに慣れていたら、ものすご~~~く、一番やさし~く大事~に、愛してる~って一番伝わって、何にも体位も何も変えないまま、キスだけで~・・・ 物足らん時あれば、涙が出そうに震える時あれば、無遅刻キングはゴメン時間が・・て忙しい。そんな時だけならず、なんでも破壊の破壊キング。
破壊王に一番力があって強く抱きしめられるけど、私は力がはいりません、私の中でも破壊王。
かってに一人でいっちゃうわがままなヤツでも、一番キスが上手いのと、好き~って言われている感が一番で・・・。


絶対キス無し。


なんて、セフレモードの6人とはそれぞれ間で、セックス中のルールが取り決められていた。
兄ちゃんだけが・・・


『 愛しているのに、キスできないなんて絶対ムリ! 』


顔を逸らしてみたら・・・


『 じゃいいよ。その気でいい? 』


俺にとって拷問だ。ってな彼には、いや~って位の力の強さで、いいんだよね?って間近で言われた時は、男が恐いと一瞬だけ思ったが、ちょろっと拷問系サディステックさに飢えていたので、よろしく。って言っちゃってから・・・・

豹変した感じに、男を感じ、ちょ~~~っわがままセックスに、いかされそうでいかされない いかしそうでいかない ちょ~そのへんのコントロールが一番上手い。
どのぐらいしていたい?って自信有りで聞いてきた事も、愛されたくなった?と聞かれても・・・
私がいかしてあげるとも・・・ 魔法セックスも・・・ いろんな女の子と寝てたって経験かしら?とも思う。が・・・
いかされ方のコントロール。これは、ピカイチ!

受身も一番上手~。って思っちゃった。

彼が女の子との経験は一番多くあると思えるんだけど・・・


『 女の子にいかされたの、君だけ。 』


マジで今までで一度も無いっていいつつ、女の子みたい・・・。
だめ~って抱きしめられて、やば~い癖になるマジ・・・?って吐息荒く、やっばいマジ信じらんな・・・い ・・・ぐ~~~・・とそのまま催眠寝。 

本当によく寝る。クーはよく寝る


『 もうキスも出来なかったほど・・・
 ねむ~になる自分に信じられない、気持ちよさ。 』

30分ぐらい経った後、ぼそぼそ言いつつ意識回復のちょ~寝起き。
私は、キスだけで寝かされた事があるほど・・・ 

・・・なんだろね~?

なんてな寝起きに、ゴロゴロ抱き合ってちゅっちゅしてると、ゴロゴロしながらごろごろと・・・

頬のすべすべに・・・

スベスベじじぃ は、スケベじじぃでもある。


『 まだ時間まで、23分ある。 』


ベッドサイドのデジタル時計。5分なんて進める奴はたくさんいれど、この人は決まっている。
部屋の時計は全て24分。
腕時計は12分。車の時計も12分。
目覚まし時計のデジタルは・・・ 36分

判りそうで判らない、自分のバイオリズムに合わせた進め方。

時間の60分60秒に自分を合わせる為の、6の倍数。
12の時計に、1ダーズン(ダース) より
1秒の60で割れない、100のベース。

5分だと12で一回り。 彼は、6分を10で一回り。

そして全ての時計に、秒針は全く無い。

その時計を見た時より、無遅刻キングのバイオリズム脳の速さが判る様になった。
なるほど。コンマの世界で生きている。

カチッって1秒の音が、ずれていると感じる時がある。
1秒の秒針が、止まって見える時がある。 

・・・これらの、時に頭の方が早すぎて起こる現象に、脳がパニックに陥らない為。

私には、秒針の音ずれは、音楽のテンポに合わないのでイラッち起こす癖がある。
1秒が止まって見えるときは日に何度もある。


『 俺もそう 』


だから嫌い。と自己の6秒癖は、自己バイオリズムが6だから。
自分のベースバイオリズムに、メタボリズムに、メラトニンホルモンとα派テンポに、交感副交感神経のレベルを知れば、時間の中に自分を入れる発想。

ストレスの加重無い自己コントロール・・・

彼の部屋で気づいてから、私の頭の中で、音楽が急に鳴り出し これでもかっ!てな速さで頭を駆け巡る事は、徐々に減って行っていた。
無遅刻キングのおかげである。
どんなセラピストも、メラトニンタブレットも効かなくても、無遅刻キングの部屋にいると、ひゅっと脳が落ち着く、お互いのバイオリズム。

23分と言われたら、10で1時間の頭の中で230セット とインプットされ、
12の普通で1時間と思っちゃうと、276セット
ここの違いが、無遅刻の秘訣かと分析してやると、そう思っているだけと言いつつ・・・

瞼を手で隠し


『 5分寝たい? 6分寝たい? 』


キスをしながら、返す返事は・・・


『 4分38秒が私のベスト 』


普っ通だな~・・・、血圧は昔からスーパー低血圧の90を超えた事が無い人だから~・・・
6分15秒~20ってとこね。俺、6分眠い。 じゃ、7分でいいや、てきと~に未知の秒も足しておこう。
そんな事をいいながら、セックス中に一応タイマーを合わせる。
感度は別ものなので、15分しかない。とか思って焦らず、15分まるまる使えるって心のゆとりは・・・

時間のな~いセックスでも、心感じる優しいまま・・・ おやすみなさい。
おまかせピッタリ時間コースの寝起き、ゴロゴロ。

適している睡眠時間何時間は、12割すると昼寝脳休憩分。
彼は、これも10で割るので、2倍の脳休憩を取っている事になる。
その頭の速さは、私が4分40秒前後の思考内で出せることに、彼は6分前後の中に2つ同時。
一つにしたら、3分前後でいいという事。う~ん、早い・・・が、まとめて2つ同時で休憩を挟むには、コンティニューの持久力派の私に理解できない部分でもあった。


私の一番嫌いな、おヒゲ。

私、ひげがだ~いっ嫌い。

で、メガネフェチ。


私の6人とも、実はメガネとコンタクト両方派。

寝起きのゴロゴロは見えてないのか?もあれば、コンタクトしっぱなしで幼馴染は寝ちゃって、寝起きに見えないから、お出かけ前にもう一度予備ハード入れて・・・

一週間後、またまた寝起きに・・・

あれ?俺、コンタクトして無いはず。とゴロゴロ中に急にひゅるっと片目だけ見え出して、なに?って止まった事があり。1週間前のコンタクトが眼球の後ろに入っちゃったまま、前後両方つけて1週間すごした事があった。

それ以来、コンタクトでのセックスは、絶対そのまま寝ないように。と皆に注意してしまった。
夫は、カラコン以外、One Day使い捨て。
だいじょうぶ~と比較的、目が痛くなければそのまんま。いつかレーザーしようと思う。
気長に医療進歩を待っていれば、3年後には病気以外の近視でも普通に誰で受けられる様になると思う、な未来予想をしていた。

おヒゲにもどると・・・
朝の寝起き、じょりじょりが大~~っ嫌い。
じょりじょりされると、目が覚める。ぐいっと押して、離せと幼馴染とのゴロゴロが一番嫌いだった。

親分と夫は同じ様な職業柄、肌を見せる事が多いため、お腹に当たるギャランドゥ部分はぎりっぎり。
おヒゲだけはじょりっとする親分は、しかたね~っちゃしかたね~役作り。
幼馴染はジャンル違いの為、そこまで見せないためか、おなかに当たるヘソ下部分を脱毛させた。
胸毛のある奴は・・・日本人にはあまり無いが、足が絡むとすね毛がじょりっと、皮膚に傷が付くと言ってしまう、私も肌に気をつけている人。
ど~にかせいっ!と幼馴染にその他に、私はトータル無駄嫌い、ムダ毛も無駄の一種である。

夫の薄っ~い優しい肌色の、やわらっか~い薄~くだけ、あるの?ってなじっくり見ちゃう程度のすね毛は、全く感じない。ちなみに腕も手の指もスベスベで何にもない。

夫とのゴロゴロに、すべすべとそのまま気にせず~、目も見える~ってのが一番ちゅき。

夫の身体は、マジ 無駄毛0 無いのである。

永久脱毛済み?レーザー?って聞いちゃったほど・・・
あるところにはきちんとあるけど、無駄毛0ゼロ。
ひげを反っているのを見たことは無く、お部屋に髭剃りのジョリリリ~ってブラウン君も無し。

いい香りのバスソルトやボディクリームに、石がきらきらのバスルーム。
シェービングフォームらしきものも無いので、バスルームの大人の男の高貴な香りの中に、ジレットな香りはない。

彼のバスルームにバニティスペースにあるブラウン君は、多種ドライヤーに多種電動歯ブラシってな類。
カミソリ無い?って聞いても、買わなきゃ無いよ、買いに行く?で終わる。

とってもとっても、いい香りにいつも包まれて、マッサージオイルとかパック用品素材ぜ~んぶ綺麗なビンに入れ替わり、綺麗に並んで窓からの遮光を計算して光っている。
側のメタルバスケットには試し買い衝動買いのマッサージ器や、黒皮のバスケットには素肌機器がどちゃっと一応分けての海賊風に入れられて、試したいっ!ってこの部屋で宝箱を掘り出し試す私だった。

エステ好きの二人はマッサージもしあうけれど・・・
スパな香りに音楽に観葉植物に、貰う機会の多いお花はいつも満載で、いろんなマッサージチェアに横たわり、優しいいろんなフレンチキス付きで、いろんな肌ケアされたら大好きで堪りません・・・


 おヒゲ生えないの?

って、抱かれながら聞いた、学生時代からの疑問だった。


 ウン、俺生えない。

って、頬と頬とをスリスリしても、フンワリなめらかすべすべ素肌。


『 俺さ~。自分でも疑問なんだよね。 』


本当に疑問らしい。ここはちょっとある、顎下触って。と夫の身体の下で、手の甲を伸ばしたら、あっ あった!
ホンのちょっと、10本無い?って程度のまばらジョリ感手触り。


『 子供の頃から、いつ生える?ってな謎。 』


無駄毛ほぼ100%、その10本程度以外、全く無い。なので毛抜きで十分。
髪はまっすぐストレート。さらさらしていて絡んだ事も一度も無いが、まったく薄毛でもなんでもないどっちかというと多い方。
日本にいた時は、伸ばしてたじゃん。今は仕事の都合で短いけど。と頭をわしゃわしゃっと片手でしても、この人は・・・


『 俺、実はフケが出た事も無い。 』


新陳代謝の問題?と思えど、スポーツ万能・・・具合は・・・


『 あぁ、そうそう。あれ見てくれた? 』


あ、見た見た。スタント?
と聞いたそれ・・・


『 スタント無し。あれ、俺そのまま。 』


10数階のビル、バルコニーから走って飛びだし、数階下の窓枠蹴って方向転換お手の物。サルのようにどっかに掴んだか押したかの途中もあれど・・・ 地面にささっている国旗のポール先をぐるっと回りながら降りてきて、逃げるって映像。

確かに・・・

ストリートランしちゃうし、崖も平気でひゃっほ~いと飛び降りちゃう彼は、重力の自然落下中、その先10手ぐらい先の着地位置までどうするか見極めているっていう・・・ 将棋やチェスも名人である。

山だとね~、途中小石とか落ちてきたり予測付かない事も、あるから、それも考慮の違う案に入ってる。
建物もね~、構造知りつくしてても、手抜き工事あったりすると、加重にビスが取れたりする。


マジ登山だと背中にテントや水やら食物やら、ほぼ体重の荷物背負ったまま、飛び降りてもAlright ! Enjoy !
スピードマニア。本当は孤高の登山と言うと、体重の1/2以上の荷物を持ったら危険でも、ものすごく元気にカツ、己にストイックな限界越え好き。
サウナもしょっちゅう・・・ マジ死ぬよってドクターに言われるほど。

怪我しちゃうと次の日、海でのモデル撮影だったりすると、塩が染みるから傷は極力気をつけてるよ。

こんな大きな事をしても、ちっこい擦り傷が一番嫌い。
いた~い痛~ぁいと、深爪されたネイルサロンは、絶対いかない!と根に持つほど。

ちなみに深爪されたその指は、足の中指である。


履かされた靴が合わなくて靴擦れはあっても、たこやマメに魚の目なんて出来た事無いらしい。
ちなみに水虫もなった事は無い。 足の裏の肌まで、Baby Skinのままスベっスベ~。

こんだけたっぷり毎日、身体を動かしていて、それの為にさらに鍛え上げていて
私もお稽古にリハーサルで一日まるまる数十時間身体を動かし続けて、バスタオル2枚、汗を拭いて絞ったらジャバジャバってしたたる程の汗を二人ともかいている。
その新陳代謝は私も知るが、こちら、無遅刻、逆三角、日本じゃカラコンだった家出少年の兄肌キングは、フケも無いし・・・


『 でもね・・・ 俺、臭くないんだよね? 』


汗だく、その汗少し渇き気味 くんくんって嗅がずとも、シャワー前、まったく汗のにおいがした事はない。

高校時代、出会った一(始)めから
Au the Blancのいい香りに包まれてたっけ・・・


匂いにとても敏感な人でもあり。
ちょっと塩が違う。とかってのも手料理に判ってしまう。
シャンプーも絶対同じでも、あれ?こっちの方が製造から日が浅い?とかって、洗いながらボトルの製造ナンバーを確認したりしている。

一緒にお風呂に入っていると、はい科学の問題で~す。と私が出して、掛かって来いとな二人実験状態でのお風呂。

こっちの入浴剤の炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、それに琥珀性Acidで、COHNaの数を数え、硫酸ナトリウム、ケイ酸カルシウム・・・ バスバブルのSodium Na C14-16,Laureth-3,Olefin Solate だと、Polyquatenium-7に、バブル・ガス発生率的に、香りはDMDM Hydrocinの影響を・・・
で、Sea Salt Base Bi-Carbonate sodaが入っていたら、量は? 25.6mgだね~。 
アルミニウム コバルト 銅 金属は肌に影響を、シャワーの水の石灰量はWater Sftonerのソディウムパーセンテージでの、微分積分 水量体積に自分の体積比、二重因数分解との併用に・・・~?
分子の中の原子核、電子eの接続並びが幾つ増え~? GrycenoleやPorycarbonateに、Folic Acid. . .

・・・とかって、私達には楽しい、お風呂。
新しい香りや、色のマーブル作ってみたり、バブル製造工場の様にもりもりブクブクさせて、ネイルにシルバー入って無い?とかって、ネイルラメの色変化も楽しんで時間を計る。

インテリアとしておいてある イルカやアヒルに滑り止めのお花模様シリコンに、二人そろってばちゃばちゃ足を動かしたりしての波と泡の動き予想と競争したり、身体を洗うたくさんのスポンジやブラシで洗い合う。
科学変化実験大好きな、私と夫。香りを作ったり色を作ったり、肌によさ気なしっとり感求むの水質作り・・・

肌にいいかどうかを、科学公式で見極めて買う
なので、いつの間にか、彼はブルガリのTea bagタイプの入浴剤が、ナチュラルでお気に入りになっていた。



すいへいりーべ ぼくのふね ななまがり しっぷす くらーく かるいすがたのてぶくろが まてよここにもどうがある 

産婦人科医を目指す従姉妹がお経のように唱えていた中学時代。

私は小学生になったとこ。
こんなことから HOCの基本に理科のテストでも元素記号で書き出して、先生がドびっくりの小学生だったと話したり、保健の前には大学入試の従姉妹のおかげか、IUDやら施術での避妊に・・とか、おもろいそれ読んだ。こないださ~何の手術法と疑問だったんだよ~と話し合いはじめたりしてさらに頭にインプット確実にしていた私。

ひとよひとよにひとみごろ~ひとなみにおごれや~ぁ~ぁ~とかブツクサ言ってる兄や従兄弟達は、お経とおなじだなとお経中に声をそろえて数学三昧。京都では絶対禁物っ!と笑っている父ちゃんの間を私と従姉妹がぐるぐるバレエを踊りつつ通りすぎ、ドラマーになりたいと言い出した従兄弟の兄ちゃんは、魔女が煮出す媚薬ナベ大 据え置き鐘に、木魚も数個の大きさ違い鐘で叩きノリ 重打奏 って調子にノッて 十代僧の叔父に叩かれていた。


懐かしい思い出を語っていては、夫も覚えていった私の子供時代。

いとこ全員・・・
そりゃまた、これまた、それぞれ
手術外科医に産婦人科医に歯科医師に、弁護士兼プロ棋士に、プロピアニスト兼映画音楽作曲ミキサーと、スミレの花のスター。

母方の・・・ 全員 “ できちゃった結婚 ” で生まれた 
祈りが通じたっ! って言っちゃう、罰当たりいとこ達である。

私の兄は、会計士だったけど・・・ 就職していた会社にて、社長令嬢に見初められ、逆プロポーズの玉の輿・・・
俺、寺 継がないよ。と言い残し、就職1年でさっと婿入り、アジア数カ国に広がるコーポレーションの社長になった。


『 あぁ、俺の家族って
  絶対、驚くよ。 父母? 』 


驚かないはずが無い。ってほど・・・と話す、3人兄弟の一番上のお兄ちゃん。 
私と同じ才でも学年は、早生まれの私が上っていう2つ下の妹に、それと弟がいると聞いていた。


『 弟に、今度会ってみる? 』


今ね~、ボストン。MITに行ってて俺より頭いい。
主席卒業目指しててね、すでに1社とロボット開発協力してるけど・・・ そうそう、1つ面白いつながり。

あのさ~同じ学校の一年先輩いたじゃん。Ferbe Ferbeが口癖の。

おもちゃ会社の開発にいて、弟も1つ協力したもの・・・ 
話しかけると話してくるおもちゃ。あれ、先輩の開発。俺、人形の名前聞いて噴き出した。

そのまんまじゃん。って・・・

そんで弟もさ、俺と同じ。
NASAから一応声が掛かったんだけど・・・

弟は・・ 上より 横に行きたい。 と言いながら上と横を指していた。

車。大好きなんだよね。俺達。ちょ~わっかる~。って兄弟で言いつつ?

大気圏の上への開発より、地上をどんだけ早く しかもエネルギーが限られてくる、地球状況
電気かアトム・・・ ウラニウムとかAtomical Bobs へのe電子どうよ?あぶね~って笑ってたけど、電気だけ車の開発がしたいな~って弟。NASAにどう断った?って聞かれたから・・・ いろんな人、仲介として紹介してあげて・・・


『 この俺の弟、見たら。マジ、驚くから。 』


ちなみに弟は、画面上に出た事があるのは、科学番組にゲスト出演での解説だけ。

イヤイヤ引っ張り出され、ドモリまくっていた。
兄ちゃんのトーク術みならえ。と電話を掛けて切ってやった。と話してくれる弟の写真は、この部屋にあるのは、本当に子供の頃の日本での写真だけだった。

夫が家族の事を話し出したのは、私にプロポーズをし始めた数ヵ月後からだった。お互いに家族の事を話し出していたのは、無類のお風呂大好きっ子である夫が、半身欲からどっぷりからサウナから、毎日必ず1時間はお風呂タイムと決めている。
あれば2時間平気でお風呂に入っていて、サウナ中にお風呂のお湯を入れ替える。

一人の時は、ぼ~っとず~っと考えて泡増量に研究しつつ遊んだり、マッサージしたりパックもする。

女の子みたい。ってマジで思う、そんじょそこいらの女の子より博学な肌ケア。

Oats BranとWheat germのFolic acid Cucumber water とMintに・・・ 
温度は・・・ マグネシウムはにがりのSea saltから・・・と、パック材までお手製の、肌コンディションあわせ。日本酒や炭酸水やベリーにミルクも惜しげなく、もったいないって思うものを使わないとナチュラルじゃないね~と意見も合う、お手製 うすら土人に二人で塗りあう全身パック。カニミソ色の粒々状態で、ミスト何分自分蒸らし。マッサージ用品やらいろんな物も持っているので、な~に、これ試す。と私はいつも買う前に、サウナのような高温でも壊れないか試している。のは・・・壊れても別に、今もう使わないからの彼の物。

それでも、女の子の物やら香りや色はなく、男っぽいものばかりに、見た目が全部ユニセックス。
シンプルでごちゃごちゃ絶対してない、コンテンポラリーの中におもちゃがホイっと入っていたりする。


何がおどろくんだ?と見たこと無い弟に思い馳せつつ、フォトフレーム棚を見ていた風呂上り。
弟の写真より先に・・・水飲め!と、きゅうりの入ったボトルを差し出され、それを全部飲めたらご褒美に、コーヒーかカクテル入れてあげるとも言われれば、揃ってバルコニーに出る。


『 カフェインとアルコール。
  どちらがニコチンに合うか? 』


私はスモーカー。
彼は元スモーカー。

ん?なにそれ!?って世界中のたばこは、試してみたい派。好奇心旺盛な夫。
ライターも小物的に、大好きなもの。

たばこを1本吸う時間が無い、数分でも惜しい生活中・・・
男の子達と会っている自由な数時間では


私、好きな時にタバコを吸いま~す。

女の子スモーカーが嫌な人は、さよなら~。

夫婦になっても止めないから。ばいば~い。


それも、婚約したいと言う者たちへのメッセージ。

“ 私は子供ができない身体である ”

それを意識して欲しいと思う事もあり、妊娠したら止めるよね?とうっかり聞きそうになる顔を見ては、違う人との結婚 考えたほうがいいよ。と平気で言える。

私が吸っているのは、いろいろ。 いつも7箱は持っている。
どれにしようかな~って、強さと味と煙量に長さに固さ。それに珍しい物はなんでも試す派。

寝る前にや~っと1本という時もあるほど、数日吸わなくても平気な、なんちゃってスモーカー。
寝る前って言っても、私の睡眠は、5分~1時間。
テンション上がって寝れないけれど、横になって体の血液を心臓に集める為。
2秒だけ心臓と同じ高さまで足を上げれば、足全体の血液が心臓に届く。
横になると、頭がぐるっと回り始める程の貧血状態は、5分間横になれば治まるんだけど、ふっと意識を消さないと、日が変わった様な気がしなくて、時間や日にちの感覚がおかしくなった。

それからは、一日最後必ず、ず~っと吸わないタバコで、頭をぐるっと催眠術の様に回す、で、寝る という習慣がついた。

たったそれだけなんだけど、止めるつもりはさらさらない。

・・・私のこれ。

元18まで、常時スモーカー夫には・・・


『 吸う気持ちは分かるけど、始めた切欠が許せない。 』


彼がスモーカーだったのは、日本にいた時で、ストレス解消の為だった。
アメリカに着たら・・・

別に・・? と急に思ったらしい。

それから、持っていても吸わないっていう人。


『 別に俺、そういや・・ 禁煙しようとか・・・
  止めたって・・・
  ・・・思ってないかも? ん~だな・・・。』

だってさぁ~

付き合い始めた時だって~・・・という、自称・吸わない 今だ 現役スモーカー。

一緒にバルコニーで、どれにする?って数種買ってのスモーキングタイムなんだけれど、私好みのメンソールは、ちょ~迷信。 精子の数が減る と言いつつ、それまで吸っていたパーラメントかマルボロミディアム。
日本ではそれらを吸っていたらしい。マルボロだけは、アメリカにしかないミディアムが元々の味って言い、ライトもレッドもアメリカの味と違うって思っていたらしい。
時々、あれはさ~、チョコレート味とかって言うけど・・・実際タバコの味。って言いつつ一緒に吸ってくれる。

まぁね~、撮影で吸う事あれば、気持ち悪くならぬように~と、前日から身体を慣らしておく。
というが、そのまま普段吸いには、なぜか戻らないという。

匂いに敏感なんだけど、お互いのタバコ味でのキスに、盛り上がった時は・・・

ベッドの上でも、タバコの煙までムードたっぷりに、シーリングファンをゆっくり回し、似合う香りのアロマオイルにトワレをかけたり、数個のアロマキャンドルの煙を混ぜたり・・・
アロマ用と言って部屋には携帯用の小さなファンが何十個もある部屋は、煙の滞留を楽しげに動かして・・・
魔法使いみたいに抱いてくれる。それは・・・ 大好きだった。

いつもと違い・・・
片手だけで、頬を撫でられたり、ピアスを外されたり、結んでいる髪を解かれたり
火がついているから、何気なく止まる瞬間があって・・・
私の上でキスが止まると、頭の向こうにおいてある灰皿に腕を伸ばす。

タバコの煙を掛けることは無いけれど、二人で煙の輪を1つずつポッと作れば、指を入れてInifinity無限形が見えた後、ふ―――・・って二人でその形を吹き消しあう。

20を過ぎての煙草味のキスが、大人になったと感じる。


 Make a wish
 お願い事をどうぞ

 Your wish is not willing. . .
 それは願いではなくなる

 Your wishes been to mine for. . .
 俺に向けて・・・



そんな言葉に、きゅんともするが、はい?・・・


『 What’s mean last “FOR”? 』

おい、最後の “ 為に ”って、なに?


思いっきり急激に私は冷める。
その辺の女の子なら溶けたまんまだろうな。ゴクロウサマ。そう言って肩をペチペチ叩き始める私。


 為にの意味?
 俺に何か願う事無いかな?っていつも思ってるから?


『 ・・・でしょうね。とりあえず、何も無い。 』


 What ? 
 なにそれ、なに?はぁ? でしょうね?


 でしょうねって、願いをいったら拘束されるから嫌って事。


 いや、違う違う。 でしょうね 何その日本語
 それ一般的?俺初めて聞いた!そんな、日本語ないでしょう・・よ?


 えぇ?お母さんとかも言うよ。なくないよ。


 はぁ?なくないって何? 
 Nothig above nothing more than none !


 だから~・・・ なくなくなくない。
 You は、なくなくないって無いNothingを否定して、
 その否定を、さらに否定している。


 は?
 無くなくなくなく?・・なくなく・・なくなく・・・


 なくなくウルサイ。 なくないの。


 だから、でしょうね って日本語は無いって!


 ある!


 そう初めから、あるっていえばいいのに、どうして
 なくなくなくなくなく・・ になる。
 何乗?その なく。 ある もアルアルあるある? 


 ん~、それは、普通にあるある で終わり。

 
 えぇっ! あるだけ2乗止まり!?
 なんで? 不公平じゃん? 


 もういい。ひとまず、でしょうね って言葉はある。


 辞書に載ってんの?
 俺、日本語 ふっつ~に、しゃべれるって思ってた。


 それはっ!載ってない。
 You guysが話す英語だって、載ってないでしょ!


 俺が日本を離れてから、出来た言葉?
 新しい広辞苑ならあるの?


 い~や。子供の時から言ってます。



『 うそ・・・ ちょ~ショック・・・ 』


自分が甘い言葉を言ったばかりに、そちらが通じてなくてのショックじゃない
違うショックの方が、彼にとってはショッキングな事件だった。


私がタバコを始めた切欠は・・・

幼馴染は喉と肺活量が必要なので、吸わないって言っていた。
が・・・ ダンサーでモデルの親分は、学生時代からのスモーカー。夫とも一緒に、アメリカンスクール内で吸っていた。

煙草友達でもあった仲。

たわいない話に盛り上がる、その数分が何本もになるほど、話が盛り上がるときもあった。
親分とは友達だった頃、興味深々・・・ 何がうまい?と貰ったのが始まり。

煙草を貰って、吸ってみた。

彼とのキスが、苦い・・ そう思ったから、この苦味がなんで、美味しいの?という疑問から。
あ~たぶん強いから~と言って、なんか判らぬ全体的にライターで炙ったら、火をつけて一口吸ったヤツを はい と渡され、ゲホゲホする?と聞きつつ、始めっからすんなり吸えた私。むせた事は無い。
その後直ぐに、プレゼントと称して軽い1mgの煙草を貰った。
彼からの一番初めのプレゼントはこれだった。

キス?・・・

でも、彼とは友達だった。

その煙草・・・ まだLondonで、一人暮らしだった私。
帰って来て吸おうと思っていたのに、置いていた寝室中を探しても見つからなかった。
その前の日は、あれ?こんなに吸ったっけ?・・ 自分で思うほど数本しか減らないはずが、半分になっていた。

部屋から盗まれたタバコの事は、ストーカーが捕まった時に聞かされた。

毎日部屋に行っては、タバコを1本ずつ吸い、ピアスをつけて枕を抱いて・・・
Red Door のトワレを部屋に撒いて帰っていく。

ベッドの上で、何をしたのかは聞かされなかったけれど、シーツの皺で、朝と見た目が違う事は あれ?と思う毎日だった。
私は、Red Door の香りが大好きで、寝る前はRed Doorを着けて眠りにつく。トワレを空気中にスプレーして、Parfumeを1滴だけ身体につける。
Red Doorは常に買い置きがあるけど、ベッド用のRed Doorが交互になくなった事もあった。

私がタバコを吸い始めた切欠に、このストーカーの事すら、始めにタバコを与えた奴が許せない。
親分のラッキーストライクだけは、夫は絶対買わないほど、この始めの切欠が気に入らない。


『 俺の2大許せない事。 』

 1 左のピアス2つ目の穴
 2 強いタバコの炙り吸い

好奇心旺盛な私、知らんタバコが強いとき、炙ってみる癖が気に入らない。


『 付き合い始めた時の、あいつのライターケース。
  モデル写真のイギリス人、 あれ?元彼だろ。 』

あぁ、覚えてた?


ね?俺、物覚えめっちゃいいの・・・ 人の顔は特に、完璧に忘れない程だし。


『 あの時さ。 親友の俺に、ウソついてやがった。
  君と、まだ付き合っているって、俺には言ってた。 』


まぁね・・・・
私の誕生日に、どうにかしようとしてたらしいけれどね。
その両方の・・・ 元彼2人。

この二人は、東京で会ってNYでも、ちょっとした関係がある。

私は左耳だけ、3つのピアス穴がある。
もう1つ、増えたのは、Londonでの事。
留学して結構すぐ・・・ 鼻やらなんやら続けて骨折。なんだか運が無いと思い、ぶすっと自分で長さ10cmほどの衣装を縫う布団針の10cm貫通で開けたのである。その時の、穴の定着に、幼馴染と開けたファーストピアスをしていた。

夫の メンソールは精子が減る の迷信同様、こちらピアス穴も 両耳で偶数が吉数 も迷信。
みょ~ちくりんなウソっこトリビアは、科学的にアホアホ過ぎて解明の必要も無いが、お互い以外に信じている。

でも・・・・


『 それみろ。2つ目開けた時、誰にあけて貰った? 』

幼馴染の事は友達でも、お揃いでしていた期間が許せない。
それに、あけ合った ってのが、なんかの絆っぽくて、一生残るそれをとっても気にしているのは・・・

同じ大学での事か、それとも、私が変わり果てた姿に成ったのを見たからか
私の心が学生時代と違う・・・ と、感じているのは確かだろう。
幼馴染の運の良さは、子供の頃からタイミングを自分で読んでるって本人は言っているけれど、偶然だよって言える程。
夫は、私の持ってたもんを、ずるっとアイツが持ってったに違いないって、こちらも科学的根拠0なのに思っている。


それって・・・

『 嫉妬ではなく、自分の為 ・・・って事じゃん。 』


私も強い人だと、つくづく思う。
もしも私が妻になったら、夫妻でいると俺の運まで吸い取られるって思っているに違いないのは、3つ目の穴。

もう一つ開けて?なんて、自分の為に言おうもんなら
もう隙間なし。 
学生時代に “男の数だけ、でももう一つしかない ”
そう自分で言っていた事を、忘れるな。もう一度言う。

『 もう、隙間なし。 』


ん~な事をズバッと言えちゃう・・・

でも、このズバッと何にも被せなくていい、3人は本当に大好きな私。


ムッとしながら


『 ハイソウデス。
 って事も? なくなくなくなくなく・・・ 』

なくなくなくなく続いているので、その場合は、なくないの2つ!と日本語講座に、いや~・・・なくなくなくなくない。それだったら、4つ、偶数で否定の肯定で終わり。と教えているうちに、キャンドルは燃え尽きて・・・
臭い と言いつつ、ガラッと窓を開け、もう萎えました と抱きしめられて終わっちゃう。
魔術の効果レベルの高い対戦相手、ゲームオーバーの魔法使いはタトゥもピアスも何も無い。


ピアスに関しての違うストーカーがいる。


これを 気持ち悪~ぃって幼馴染が気にしていた。
留学したばかりの時、幼馴染がLondonに遊びに来た。

毎日 観光と言って学校に行っている間、幼馴染は一人で市内中を歩いていたのだけれど、大学とバレエ学校の2校を行き来する私を駅で待っていた事があった。ほんの15分でも大学の駅まで一緒に地下鉄に乗る。
バイバイするとその辺で時間を潰す幼馴染が、気づいた・・・

あの人さっきも居た。

自分と同じ様に、学校近辺でウロウロしている。
Londonでもど真ん中なので、人がいるのは当たり前。同じところに居るだけと思う事にした。
でもまた、1講義終わりバレエ学校に戻る私。構内に幼馴染が居て、ぴったりくっついていた。
腰に肩に抱き寄せて、反対の手は私の手を握る。どうした?ずいぶんLoveだな?って思うも、キスまでする幼馴染の目線が私の後ろを向いていた。

あの人 後をつけているかも・・・

後ろ絶対振り向くなよ。唇に小声で囁いた幼馴染は、その人が居なくなったのを見て、勘違いか?とも言った。
次の日の土曜日は、二人でStone Hengeまで電車で行った。
ミステリーサークルより、もう一度ロレッタストーン拝みたい って言うもんだから、スーパー急ぎでタクシーかっ飛ばし数時間電車に揺られLondonに戻ってきて、British Museumに行けば あと15分で閉まるよってな入り口の警備員。
こちらも超特急で階段を二人でバタバタ登り走り抜ける程度で見学した。
は~疲れたって言いながら、珍しいもの食いたい という幼馴染をHolbone駅側の オランダパンケーキというでかい見た目クレープなオランダレストランにつれて行った。

『 絶対、同じ人 』

幼馴染が言う。

『 朝、お前の部屋を出て直ぐ、
  俺がゴミを出しに先に1階に下りただろ。
  その時から気づいてた。同じ人かもって・・ 』
 
直径50cmはあるクレープをナイフで切ってパスタの様に丸めて食べるんだけど、幼馴染のフォークをあ~んってされたら、幼馴染は自分のストローを、私のアイスコーヒーのグラスに入れる。これは、ま・・・
思い出すも出さないも、お前ゆるくね?ってな、高校生のあの時からの幼馴染の無言の合図だった。

『 お前の学校スケージュールも忙しけりゃ
  今のめちゃめちゃ焦ってた、俺達に・・
  同じ偶然にもなんて、おかしいだろ。 』

同じ場所と同じ時間が、こんなに1日中重なるか?・・・はぁ?

幼馴染が気づいたその人を、市内中をたくさんいる おまわりさんに幼馴染が目を向けたら、Swiss Centerのカフェ入り口に向いた私の背中にそっと日本語で言った。
細い階段を下りるだけの入り口の狭い地下のカフェ。
おまわりさんに道を聞く振りして、日本語交じりに態と幼馴染が話しかける。
その姿だけ見たら、そっと中に一人で入って行った。
広く明るいカフェテリアの中、お盆を取りその場に立って幼馴染が来るのを待っていた。

幼馴染が来て横に並んで物色したら・・・ ふと蘇る。

Swiss Centerは週に3日は来るカフェで、いつも込んでいる。お盆を持って並ぶ時、横に来る男の人を思い出す。
真横の幼馴染のお盆に添えた両手を見ていて、私は幼馴染の腕に抱きついた。


『 違う人・・・』


『 なに?・・・』


どういうこと?どうした?・・・

幼馴染が、無意識にボソッと出た私の声に聞き返す。
脳裏の中に蘇ったその人じゃないと思う、いつも真横に見慣れた手。

今の追い回していると幼馴染が気づいた人を思い出して・・・


違うの・・・

ちがうの・・ その人も?・・・


『 違うって、なんだよ。 』

まだ他にも居るって思い出しながら、幼馴染の腕に抱きついて、入り口に店員さんが集まって行ったのを横目で見ていた。
おまわりさんがそっと尾行し、その人が入った入り口で店員さんが声を掛け、戻ろうと振り返ると上におまわりさんが立っていた状態の挟みうちで捕まった、その人は・・・

無くしたと思った

私と幼馴染 片方ずつ分けた・・・

3つ目の穴をあけた時も使ったファーストピアスを、唇にしていた。


『 違う人ってなに? 』


冷静な幼馴染に聞かれて、部屋に泥棒が入った事もあると、数回のストーカー被害を初めて幼馴染に伝えた。
おまわりさんに被害レポート届けに行こうかと、幼馴染と一緒に警察署に行けば・・・

お~バレリーナ。また君?って数人の警察官に覚えられ、笑顔で、紅茶はアールグレーだよね。ってな程・・・。

幼馴染は・・ 絶句

・・・だろな。 

ところがどっこい、幼馴染の所、西海岸に遊びに行っている間にも、アパートビル内のコインランドリーから、毎回私の下着とレオタードが全部消えるってのを知っている。

幼馴染の服と下着と全部混ぜて洗っていたのに、私のものだけ全部消えたこともあった。
それから借りる部屋に洗濯機は必需品に。
こうしてイギリスでもアメリカでも被害があるため・・・

緩むな。気を引き締めろっ!

将来は日本に戻れっ!安全だ! が、幼馴染や友達の口癖に・・・


『 お前、俺がいなかったら
  あいつにつけ回されてたままだぜ。
  重々っっ! 10 じゅうじゅう10っ!
  おもおも かさねがさね感謝しろ。 』


それはこの人がもう4ヶ月も私をつけていたと云う事だった。


その他の狂った男も、ど~にかしてやるっ! 
この俺様にできないことは無い!


・・・でもそれは友達である。アメリカに遊びに行ったら皆、 イギリス人イカレてる。って幼馴染からの土産話に、ストーカーのことを知っていた。

 スグサマ引っ越せっ!

幼馴染に、アメリカの友達に言われる前に、引越ししている私。
2年の学生生活で、7回も引越しした。
ストーカーがあってからは

ルームメイトと共に、ジジィかババァの大家が同じ家に住む、その家の1部屋を借りろっ!

っとな、アメリカ勢の同級生組のお達し・・・。


だがな~~~

幼馴染も知るが、幼馴染が遊びに来たクリスマスのロンドン。
きもちわるっ! っと幼馴染が言い出して気づいた・・・

ジジィの大家がストーカーに変わった事もあり~の。

結局幼馴染と、パリやブリュッセル等の旅行に行き、ロンドンでも引越しするまでホテルから通学。
期限が切れ引越しする時、男を入れた契約違反とわけのわからないことを言い、頼んだ引越し業者を追い返した大家。
頼もしい男友達を数人呼び、タクシー3台で引越しした。
そんな中、幼馴染が、アメリカでも日本でも 浮気もろもろ・・・・・
頭に来て付き合い始めたイギリス人の彼と、じぃばぁ大家が1階でお店を経営する最上階で同棲した。

それが、タクシー引越しの行き先だった。

その・・・ ライターケースにも入るほど、そのブランドでは主要モデルメンバーに彼がなる前の事である。





タトゥもピアスもない 身体に傷はつけないタイプの すべすべジジイ


『 俺、死ぬまでにピアス1つ開けたい。 』


んなことを言い出した。
いいよ。開けたげる~。絆?じゃ、親分も?てなお気楽さで返事した。


『 すっごい高いダイヤだよ 』


耳元で言われて、左耳の2つ目のピアスだけを外された。


『 でも、俺がピアスを開ける時は・・・
  自分で開けます。それを君は絶対見れない。 』


はいはい・・・

みんな同じ事を言いやがって。
  

幼馴染に親分にその他に言われたプロポーズの一種。
出たか。ここでも・・・ とすら、引いた私。


『 なに?私が死んだら、骨からの炭素採取で
  ダイヤにするって言うんでしょ? 』


大きさ的に、人1体分がピアス分にいいぐらい。

おっ!誰かに言われてる?やっぱりね~ どはははと笑うが、いや俺はね・・・

その先。


『 宇宙に行きたい子と、一緒に星に成ろうかな? 』


Twinkle Twinkle Little star の歌? そうそう、あれ。
二人で歌う子供の歌は、Like the Diamond in the sky お空のダイヤのようですねの部分・・・


『 宇宙葬 Space Funeralでも
  Space Fune Funってとこ? 』

『 あ~。私も生きてる間行けないなら
  死んだらゼヒ、宇宙葬って考えてた。 』


じゃぁ一緒~! Yeahと手を合わせていた。


『 お互い先に死んだら、ダイヤにし合って
  身に着けて生涯終え、その灰を宇宙かな? 』


ん~~・・・ 結婚する気があったらね。 相手にそう言ってみるわ。
ありがと。返せ。と2番目の取られたピアスを奪い返していた私。

めちゃめちゃ しゅ~~んとしていた彼に、結婚したいならお前と結婚したいという女の子と山盛り気が済むまで結婚して、ピアス開けまくれ!と学生時代の 男の数だけ開ける気?って言われたのをもう一度掘り返すほど煮えくり返った、心の狭い私だった。

もう、そこまできたら、お互い服着てベッドからなんて、勝手に出ている。
以外にいつもそうだった。そのままズカズカ二人で向かうのは、決まってバルコニー。

吸わない彼の方が先に、自分のタバコに手を伸ばす。


『 たぶん、女性ホルモンが多いんだと思うけど~? 』


でも安心して。そのソチラっ気は100%無い。断言できる、正真正銘の女の子好き。
ついでに、ハゲない自信もたっぷりと。

ってタバコを持った手で、髪をワシャワシャってして、言うんだけれど・・・


『 だからかな? 女の子の気持ち
  すご~く、よくわかる。 』


あぁ、気持ちって意味はね、どうされたいかって事とか、こんなのがいいかな、こうされたらいいんだろう?とか・・・
キスはさ~ぁ?とか、キスの種類とか・・・ でも好きだと一生懸命になっちゃうのは、気持ちを伝えたいからで・・・
愛されたいからしてほしいセックスと、したいからしてセックスと~、ここだよね~ってのとか、今だよね~とか、絶対いま止めて~とか? こうされたいっての?体位から速さから角度から何から全部判るから、身体の持ち上げかたとか強さとか、抱きしめ方?以外に全部?

って言ってますが・・・


『 そ~か~・・ それって~ 
  それは~・・だな~・・・ 』


私には通じないって。

その意味がちょっち判ってしまった様な気がする。
甘い言葉に雰囲気に、上手なキスに綺麗な身体に、滑々肌に・・・ 他から見たらいい男の、シュッとした カッコイイ~!きゃぁ~っ!が、する事成す事好みに沿ってたら、メロリン間違いないだろって思えても、私にはなんで曲がって取れるのか?って自分で思った事だった。

大変素直に その心算 そんな私に言える事は、心の大開帳オープンしっぱ24時間営業だけど・・・


『 余計なお世話かもしれないけど?
  むだ毛? 全身に無くても・・・ ここ? 』


指で心臓の位置をトントンって触った。


『 心毛。すっごいあるんじゃん?
  以外に、ふさふさかも?・・ なんて 』


気持ちをすごく感じるに、そかな?なんて・・・ね~~・・・て、言ってみた。
でも本当に言いたいことは違う。 指された胸を見ている彼が、そっか?って私の手を掴んだら


『 ごめん。やっぱ言う。 』


言ってしまおうと思い、掴まれた手を返して握っていた。
なんだか判ってくれそうな気がしたのは、この人だけってひゅっと感じたから。


『 私さ・・・ 子供できない体調・・・ 
  あのね、男性ホルモン異常増加数値出てた。 』


ハゲたのにはストレス性って言われて、ブレインウォッシュに、未来だけ生える事だけ考えようって言われてたけど、他の検査からね・・・
脂肪率と筋肉量の比率が男性化し始めたのも、血中白血球濃度が上がったのも、ホルモン異常。
私の胸、硬いでしょう。張ってるとかじゃなくって筋肉と脂肪比率、大きいのに普通の女の子と触った感じ違うでしょ、どんなにダイエットしても胸だけ萎まないの。
卵巣が休止状態のままだと・・・・


『 ・・・ 』


タバコを持った指で口を押さえられて、何かを言っている唇が見えた。
でも聞こえない声の無い言葉に、知らない言葉かと思っていたら、キスの後に首元に顔を埋め耳元に囁かれた。

すべすべに頬をすりっとされたら、首に抱きついたまま、タバコを顔の横で吸っていやがる。
灰を落とすのに、タバコを上に向けたまま離れたけれど、ぴっとその辺にはじいたら、肩に腕を乗せただけで手はタバコを持ったままワシャワシャっと頭を両手でぼさぼさに撫でられた。


『 誰かに話した?それ・・・ 』


間近でにこっとした彼に、うんんと首だけ横に振った。


『 本当? ウソついてない?
  ・・・よね。 
  今まで隠している事はあっても
  お互い、ウソだけはないもんね。 』


うんと縦に頷いたら、間近の顔と顔の間にタバコを向けた。


『 喫煙だって、中には嫌って言って
  結婚までに止めてって言う人もいる。 』


そう。って言いつつ、タバコを二人でもう一口とお互い吸ったら、これまた おもろい変わった灰皿がここの部屋にはあるもんで、びゅっと押したらぎゅるんと回ってぱかっと開く、宇宙なオレンジ色鮮やかな灰皿を押してくれた。

手を離すとドギュルっと じゃっと閉まって勝手に消える。

その ジャ~~って回転音の合間に、ふ~ん、まだ諦めて無い奴いるんだ~・・・とボソボソ独り言を言っているから、うん、そのまま。と素直に言った。

どうよ。もててるのはYouだけではない。
自分に自信家だから、その他の女の子の中から私を選んだって思わせたいんだろうけれど、私にはムリ。
彼の胸を両手でパンチして押した。

それでも腰にまわした腕は離れなくて、ぎゅっと抱き寄せられたら、肩にあごをのせ頭を包む様に抱きしめられた。

ふ――・・と短いため息をつかれたら、肩の上で顎カックンをした彼。


これだけはよく分かんね~・・・ んだよも~・・・

いい男が余計な事をしたら、ファンが泣く。といつも悪戯大好きっ子には諭している、こいつの方が年上のお兄ちゃんである。


同じ歳の幼馴染も親分も、こいつの様な事はしないぞ!もっと大人じゃい。なんてぼさぼさにされた髪を撫で付けながら思っていた。

特に親分は、生物臨床博士ドクターでもある、私とも本職がら話が合う人体エキスパート。

父ちゃん祖父ちゃんの会社の副社長でもある、こちらも副業持ちの幼馴染や私と同じ ちょ~多忙な人。
でも・・・

どうしてドクターに成ったのかは、急に変った身の回りの変化からだった。

母とも仲のよい親分のお母さんは、NY在学中 乳がんが発見されて切除したはずだった。
定期的な検査に何も見つからなくても、安心できないってドクターになるとスーパー激しく勉強し始めても、リンパ節への転移が見つかったのは、それから2年が過ぎた頃。キモセラピーの効果もなく、何をできるわけでもない・・・ そのまま静かに、心配させる事無く勉強させてやろうとギリギリまで伝えてもらえなかった。
お母さんの死に際に間に合った彼は、たった数時間だけお母さんの側にいた。

すぐにNYに帰ってきた、親分は泣くことなく・・



・・・かぁさんから ゆいごんがある







Midnight Summer Dream

真夏の夜の夢


6人の妖精は、6つの人の感情という


妖精 

the Fairy #II









_____ 母さんから遺言がある。


空港からかけられた電話。 今 どこ?って聞かれた夕方・・・
Omniの斜め向かい入った事務所、8時には出れるけどと言っても、彼の部屋のすぐ近く。
行こうか?・・って言い切らないうちに、電話は切れて・・・ そのモデル事務所に所属していた彼は、空港からのまま事務所に来た。
ショーの舞台構成のミーティング中だったけれど、どうする?出れるよね?って私も鬼監督・・・
目を見つめたまま、少~しだけ頬がこけたかな?って両手を頬に伸ばそうとした。
両手で私の顔を先にがっと包んだ彼が・・・


『 ウエディングドレス姿 見たかったって。 』


手が震えていたから、その手を掴んだら、おでこを付けられて


 母さんがね・・・
 ・・ちゃんが家にいたら、毎日あれしてこれして
 って、たくさん話すから・・・
 俺の嫁さんに、姑いびりされるぞ。って言ってたら・・・
 母さん笑って・・・
 お洗濯だってさせない、服を買えばいい
 お掃除だってさせない、家ごと変えなさい だって・・・
 俺、そんなに稼いでない。って言ったら・・・
 じゃぁ、自分が、がんばりなさい・・・
 
  ・・・・って、最後・・・


男泣きにぎゅ~~っとこれでもか。ってぐらい抱きしめられて、泣いた顔を見せてくれなかった。
ふっと力が抜けたら・・ もう、直ぐに・・ 


『 まっ。結婚は自分の意思 』


 ・・・って事。

ちゅ~~っと吸い付いたら、ふん、ちょっとすっきりした。と言ってタバコに火をつけた。

ビルの中は、禁煙です。とあっさり事務所の人に非常階段の方を指差され、エレベーターも禁煙です と私は彼の腕を組んで引っ張って行った。
そのぐらいあっさり、それでもきちんとNYでの仕事に学校に、時々おとずれるお父さんの仕事に見習いとして、しゃしゃ~っと、文句を言わない行動派。頭の切り替えが早いというか、感情コントロールが上手いというかの一番大人っぽい人。

この時、彼と私は付き合っていたのか、そうじゃないのか・・・
すっごい微妙な関係で、友達なんだけれど友達関係ではいられない感情もあり、彼女であって彼女でない気持ちがあり、体の関係だけかといわれるとそうじゃないって言える心も伴うが、この頃の彼かな?ってたった一人だけのセックス相手でもあり、でも幼馴染やお兄ちゃんに、その他もろもろ・・ 仲良くしてもそちらとは寝ませんと言う・・・ ものすごくびみょ~~な感情伴う 彼氏彼女関係だった。

このミーティング・・・

自分は出演の予定ではない、Hommeのショー。

ウエディングドレスなんかデザインしないデザイナーが、フォーマルのショーでもなかったのに・・・
舞台監督で客席からリハーサル支持を出している私は、はりゃ?っと目が点に一瞬でなった。

私の間違い?? 久々のフレンチと英語の混入ミーティングにの勘違い、いや?勘違いするはずないデザイン画の数々を思い出しつつ、しまった~マジか~・・見損ねた~・・と思って焦ったら、つつ~・・っと冷や汗って本当に出るんだなんて感じて、フォーマルの流れになっちゃったモデル達を見ていた。

バックシャドウ照明がカジュアルすぎる、音楽がピアノかコーラスだけの方がいいと急に思い始めたら・・・
大体どこの場所にもある舞台袖のグランドピアノを思い浮かべ、あぁ・・自分じゃな~・・・どうしよ~・・ってな思いもあり~の、幼馴染かお兄ちゃんなら~・・・楽譜がなくても~・・・とかってのまで思い出し~・・・ 部屋に帰ってCDか~・・・今すぐ取りに・・・ 選曲に・・・・ やらやらやらやら・・・ いろんな事が焦りだしてのテトリス快調速度UPで、コントロール不可だろってなスピードだった。

ガッと勢いよく立ち上がってしまい・・・

頭の中はもうマジで、トロイカがテ~レレテ~レレちゅ~るりる~~ルル・・・、狂いそうな程めちゃめちゃ早い。



始まった・・・



自分の中で恐怖の負螺旋、始まっちゃうと音楽が思いつく限り、5重に6重にクラシックからジャズからヒップホップにラップにゲームの電子音まで重なる。頭の中でそれでもきちんと、耳は外の音も聞こえているし、見ているものも現実に何があり自分はどこで何をしてと確認する事が出来ている。

これで、人間ってこんなに汗が出るもんなの?ってほど、シャワーを浴び中のごとく汗が出ると、その数秒後脱水で倒れちゃう。それにも気づく事が出来るんだけど、体が硬直したまま汗が噴出してきた。


 Something wrong with you?・・・
 どうした?・・・


声が聞こえても・・・

冷や汗なのか、それなのか、どっちだ?と思う余裕があった数秒間・・・


『 大丈夫、今行くっ! 』


正面からの声が聞こえて、舞台上から駆けてくる人が見えている私。








・・・そんな事があって、汗だくだった


『 じゃぁ、着替えあるけど? 』


大丈夫?本当に?・・ そんな声が周りから聞こえるも、I am alright so a lot! No problem!なんだろか?
プロ意識が私を支える。

着崩れた親分にお姫様抱っこされたら

『 拉致 』

頬に頬を寄せて言われたら・・・

『 捕獲成功 』 

生物学者の彼の胸の中に、頭を抱き寄せられて視界を隠されて、数名のスタッフもその後に付いてくる足音が聞こえた。

連れ去られた楽屋では、久しぶり~って言う人がSPを連れて立っていた。


・・・SP

って事は・・ もしや・・・・



______ パチッ パチッ


・・だよな。

驚きはさらにあった。


楽屋のモニターには、予定通りカジュアルのショーが始まっちゃっていた。
それも私の演出どおり、ふっつ~に、何事もなく始まっているのである。

そんな中、私は・・・


『 やっぱ似合うよね Miss  』


先頭切ってのトップが親分だった1ストロール。それが終わってもうすでに着替えていた。
が・・・

『 あれ? それ? 』

『 行って来ます 』

楽屋のドアなんか開けっ放しなので、廊下をスタイリスト連れで通り過ぎるモデルもいるし、廊下でスタイリストが待機して着替えているモデルも見える。

親分がぺちっとドア枠を叩いて行ったら、シャツの背中の皺をピンで留めるスタイリストが後ろに居た。

おろ?・・・ やっぱり、変えられている。

自分でもよく分からないのだけれど、カジュアルは思いっきりカジュアルで、アウトドアって程でもない ちょいと遠出のデートみたいな服。めっちゃめちゃ悪ガキみたいな服装が、似合っていてニット帽とサングラスがま~似合っていた、私の元彼。それが終わったと思っていたら、違う悪ガキ服のはず・・だった・・・

背中に寄った皺をしゃしゃっと横に伸ばすスタイリストに合わせ、サスペンダーに腕を通す彼の後姿が消えた。

その後ろに帽子を持ったスタイリストが居て・・・

私は、思い出す。

学生時代・・ お互いの彼氏彼女を連れて、遊園地にダブルデートに行った時みたいだって

忙しそうな廊下の方から、ぐいっと顔を向けられて、See Straight up !って言われて見た鏡の中の自分は
ティアラを付けられていた。

SPを従えた宝石ブランド部長。
楽屋口とアタッシュケースの両脇と、見えるだけでも3人のSPがいる。

ティアラモデルをしていた時、撮影スタジオ内はいつもSPが囲んでいた。
ティアラもイヤリングもネックレスも、宝石はスタジオ内で着けられて、スタジオ内から出る事は許されなかったけれど・・・

SPが3人も付く様なアタッシュケースの中身を着けて、楽屋から廊下を歩いていくのかと・・・

着けられたティアラの重みに、何かおかしいと思っていた。


私に訪れた幸運、初めてミスになった後、ティアラのモデル契約を1年していた頃、その頃の面影はそのままに少し頬がこけたかと自分を見つめて瞬きした。

 Hurry Hurry Hurry
 急いで・・・

シルクシフォンのフリルのペチコートに足を通せと構えるスタイリストも、ブライドモデルをしていた頃のまま・・
これでもかってぐらいチュチュの様にフリルの入れられた、シルクシフォンのペチコートはユルユルで、ホックを留めた後 中のゴムを引っ張られながらアジャストしているスタイリストを見ていた。

 Are you alright?
 大丈夫?

そう聞かれたら、別に苦しくない大丈夫って言ったら・・・

 No no You’ve gotten too skinny
 違うよ。
 1年少し前より、大分痩せてる。

もともと知る、サイズが違う事を指摘されていた。
コルセットに見立てたようなデザインのビスチェも、背中のファスナーが緩すぎて、何針かスタイリストが縫っている。

その間に、ふと廊下に目をやったら、親分がシャツのボタンを留めながら走っていた。
その他のモデル達も、アウトドアにちょっと遠出のデートの様なカジュアルで、私の元彼は・・・
以前空港でバッタリ会った時の雰囲気で、伸ばした腕に小物を付けられながら、汗を拭くメイクさんを連れて通り過ぎた。

上からカクテルドレスをふわっと着せられている間、裸足のつま先を床に押し付けて甲を伸ばし、指を曲げて伸ばししていた私。

トウシューズを履く時も、モデルとしてヒールを履く時もいつもする癖だけれど、足に 渇っ!を入れるため。
舞台では踊るときも、ランウェイを歩く時も、絶対尻を付かない、この転ばないおまじないを無意識にしていた。

 Alright Let’s roll
 さ、行こう

廊下に出ると私の演出どおりの曲も掛かっている。
けれど・・・

 Hi There !
 
舞台袖で手を振っていた人がいた。

 ん?こうちょうせんせい? 
 だれ? ちがうよ、もでるさん

私のバレエ学校の幼児の生徒が、バレエカンパニーのダンサーと一緒に立っていた。

『 ん?先生だよ。今日は違う様に見えるけど 』

幼児の中でも私が見込んで教えている子達がそこにいて、違う仕事場に・・ 漫画だったら頭の上に ? ハテナが書かれている子供の頭上空間に、自分の頭上はもっと大きな ? マークの構図を想像していた。

意味が解らないけれど、ランウェイには男の子達がいるし
よく解らないのに、とりあえず体のアップもしてないのに、手首と足首を回していた。

その間に、背中に大きなチュールのトレーンを付けられていて、ヒールを差し出されていた。


 さぁ、出るよ

モデルの男の子たちが一人一人、それぞれのパートナーが決まっていたかの様に、子供達と手を繋いだり、抱っこしたりしている。

男の子に手をつながれてない子が、たたっとランウェイに飛び出て

舞台後ろ薄い紗幕の後ろだけにライトが変わり、踊り始めた女の子は影絵の様だろう。
照明の光度が前後徐々に入れ替われば、影がリアルの子供に変わる。

紗幕を両手で押し開ける仕草をすると、風がアーチを開けた様に紗幕がふわっと広がった。

バレエの衣装と違う子供服のブランドドレスは、そこに並んだフォーマルの男の子達にすごく似合っていた。

子供に手を引かれ男の子達が出ていくと、男の子達も整列してその間を、小さな生徒が天使の様に周りを囲んで踊っていた。
私の背中に付けられたトレーンは、大きなリボンで、広げると背中に大きく広がる羽に成っていた。

履いたヒールは、底もヒールも全て透明で、ガラスの靴の様だった。
デザイナーが横に来て、その横に学生時代からの友達、親分と呼ぶ彼がいる。


 『 行くよ・・・ 』


私の顔を見詰めた彼に手を握られて、そのままランウェイにゆっくり歩き出して、真ん中に連れて行かれた。

並んだ男の子達の中心で、シャッターを切らせる元彼が、跪いて
握ったままの手の上にもう片方の手もその上に重ねられ、視線を向けられると
何かを呟いている様にみえるけれど、声は聞こえなかった。

私の両手を彼は、自分の胸に引き寄せ付けさせていた。



 このニューヨークで

 出逢えた運命が・・・

 この心にずっとある




そう言った彼の面影・・・

私には、心にかかる















18を過ぎてもう直ぐ5年

君と出逢って、7年・・・





* Far away beyond . . .most beautiful in the
BLUE MARBLE -YAX*





CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top