mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

BM&II B4D2-2.51/2 Angel's blogs10312017  

be.LIVE -the RED DOOR in the BLUE MARBLE



the Multiple*DOOR ©™From far away beyond Beautiful sea.- the DOOR* mimi's SALOON



10 / 31/ 2017
the DOOR* mimi's SALOON
I n S t e a D




       どこでもDOOR Part A  N ' s B lOg
     ?






こんばんわ(^-^)☆
人生

時々... 何かが消えると
何かが新に現れる

って... マジで思いません 
?


今日はいい事がMultiplyに重ってありました。


私のチームに加わった新しい子をトレーニング&教育しながらの仕事が始まって1週間、やって欲しい事をやって欲しい様に教育しなおすのは、大変ですが・・・
私の部下は全員 
そのうち慣れるさ~ ははは~~~ 
分単位で驚いていますこの子に、時々見ちゃダメとアドバイスしたりして。

な~にに?  ・・って自分でも気づいて思った。

私。 持っている書類と脇に挟んでいる書類に、タイプしているもう一つの手と、見ているのは違う画面や書類で、違う部下に言われている計算の答えを見ただけでタイプの手を伸ばし、部下の手元に先に言葉なく打って促し、横に呼んだこの子に質問を話していても、考えているのが違う事で視線が考えている違う部下の制作した書類だった。

 私の話を聞いて、疑問にだけYesかNoだけの返答でいい。 
 
理由も言い訳もな~んも要らない。  YesかNoかでFutureを決めるのが重要でしょ。

理由や言い訳って過去のもん。必要なのはその経過の事実じゃん?
だけど、この子が見事に... 私を見ただけで...あ~ごちゃごちゃになってるんだろな~ってふっと視線を向けたら思いました。(この子、195ぐらいの長身なので、向こうしないと目線が合わない) 

見事な ? 顔。 

 Nono、彼女の持ってるものも彼女が見てる先もだね、
 視線を向けたら混乱するから見ない方がいい。

 頭だけで言われたことを考える癖をつけて。

直々の部下2人が彼をアドバイス。してて、気づいた。 なるほろ~~・・・
クビにした子も初めは驚いていたけど、慣れたら逆に私の手探り先に、会話も視線も違うのに、これ?と見当をつけて出してくれるようになった。

 
 そうそう。
 あのね、見えてるものだけを信用しがちな脳を、まずは
 口頭で言われている言葉を考えるのみにしましょ。


多重にいろいろ多種、タイムセンシティブに秒単位でこなさなきゃならない私のセクション。
視覚聴覚触感覚 そんで話す先は違う人。
全部バラバラにできるようになる私の部下たちは、マジで始め混乱しっぱなしだったらしい。 
口には出して言わないけれど、かな~り必死、何をしていいのかすら、あれ?急激に判らなくなったりと人間自然防衛反応が起こり脳が拒否る。

慣れてきたら仕事中の私の背後で、モノを食いくい、そんなぶっちゃけトークで教えてくれた。

私の見てる先を見ない。部下が全員彼に口をそろえてアドバイス。
私と働き始めてから頭の回転が良くなって、大学に戻りたくなって通学しだす部下は90%以上いる。
特に数学。
数に強くなるみたいで、見ただけで答えがわかる様に変わって行く。んだけど~・・・・


 Here is POP quiz!

ダーのセクションで働き始めた日本の漫画が大好きな子は、私の部下たちとプライベートでも遊びに行くほど仲良くなってて、半分に分かれているセクションを超えてしょっちゅういる。
この子がナゾナゾ大好きで、ダーセクションの部下たちと私セクションの部下との、差をはっきりさせてくれた。


 とある湖です。
 どこでもいい、仮想の湖。
 そこに24時間後に分裂する1細胞を入れたとする。 
 48日後には、その湖が細胞で満タンになりました。
 じゃぁ50%キャパシティの日は?


は? スーパー簡単じゃん。

社長分かった? 

    ウン(’- ’)(・_・ )

じゃぁ、キャパの大きさ3D体積は? そんなことを思い描いて私に問う私の部下。
いや、仮想なんでもいい。 クイズを出したこの子が答えてた。

体積が決まってないと・・・ 始めは私も考えてたけど、仮想 ね・・・ Imagination Simでいいなら
頷いている私の横で困惑して暗算している部下の中に私はもっと熱湯投入混。

 じゃぁ・・ ヒント教えてあげようか? 

私からのヒントもこのダーセクの子が苦笑いをしたほど、気に入ったらしき。

 紙を半分その半分と折り進め何度目に月までの距離になるかしってるよね?
 これは実際の距離があるという事で、
 個人個人の思い描く仮想の湖には当てはまらない。 以上


そうそう、仮想。 
大きさは、ヒント通りで関係ないってとこ。

ダーの部下は全員1秒で答えた。が・・・ 私のセクションの一人(私の直々の部下)を抜いて全員、²&³ んな乗と、∛ルートで暗算・・・
してんだろ~な。
横からいろんな計算法を困惑させるように囁いてみたりした。
24日目?・・  いや、それだと48日目の 1/24² キャパじゃん? 
細胞の大きさ? 仮想でいいの、オウンWay。
クォーター?  12日目だとしたら、1/36²だし。

  ヒントその2、光年でもなき、見える範囲
  星の瞬き時間ほどには、至らない。
  ようは、半分50%=1/2ってとこよ。

きっかりね。


あーじゃねーこーじゃねーといろいろ計算しているけど、そんなことより仕事をしやがれ。仕事しつつ考えてていい。

 閃き  ←これは、私とダーのセクションの部下で大きく違ってたと思った出来事でした。

答え?知りたい? 
48日後に満タンになる2分裂細胞なら、47日目の全ての細胞が分裂する前が50%キャパ。
てか、時間も日にちも別に関係ない。 単に混乱させるだけの
2倍になってゆくだけなので、その半分は1つ前の段階ってこと。

計算しなかったら、なんか安心しない。 答えが一つ完璧にある状態を好む私の部下と
計算? いや必要な時だけでいい。 大きな一くくりの答えが大きく一つタイプのダーとで分かれてた。

新しいこの子も、手元も視線先も見ちゃダメとただいま頭を混乱させながらです。
今まで全く知らなかった~・・。 おぅぉぅ...。
私と私の部下たちが実はサラサラこんなに同時にこなしていたのか、全く違う勤務場から来てた時は全然気付いてなく、ただいま感心してくれてサンキューで~す。

でもこの中で・・・

クビにした子からの報告(^-^)☆


 今、自分が本当にしたかった事をし始めました。
 そのために学校も行こうかと検討中です。
 自分の the LIFE  したい事を思いのまましたいって思ったよ


ですね。 これを聞いてとっても嬉しい。ただEX. Bossとして、ボスの言う事には素直に、自分を押し付けない様に。
会社の方針が向く先も、その核コアである会社の内情はYouのBossにしかわからないのだから。
自分はこう思う、こうしたいは、押し付けられない事だと心にしてください。 

知らないだろ。 よく知らないことなんだって事実をきちんと思え。

年を重ねるにつれ、現実と状況 この違いもだんだん見極めていけるもんじゃないかって思いました。





人生にはいろいろあるって・・・










6月にいろいろな大事(おおごと)ばっかハプンした今年。

一生に一度でもきっと、携わる事がない人の方がこの世界のほぼだろう。ってことが重なった
私・・・

Are you Happy?
aren't you?

 今
At least your looks so
But Answer is


まーじ・・・


YES 50% : NO 50%

as all ways ALWAYS half


失うと得るのか
現れたから消えるのか



でも消えてしまう前に得るのなら

消えない様にすることは自分の意識と努力次第では 可能で

誰もに存在する欲張りという部分に匹敵し 行動へは単純に




いや
何も失いたくないGreedyな根本なら

何も失うことない時の中で

得たいものにはそれなりの努力がそこにあれさえすればいい


Always ALL WAYS fifty:fifty

いつも全道には半々の分かれ道がある

瞬間というのだろうか それとも

そこ ボーダー上にいる実感...





病んでるセンター ヤンデル線。 おとぎ話にならんリアル。
そして現実の生活環境の中では、15年と8か月、ちょっとプロジェクトを実行する時が来た
今・・・

16年になる頃には始動するかどうか?

そんな大変な “ 時 ” 真っ最中です



みなさま (^-^) こころ ‘ やみちゅう ’ のわたしだってにんげんなので そう...






あぁ~~~  おとぎ話だったらいいのに~~~




だって Mostly as

All Ways

Always...




めでたし めでたし



じゃん?




 











UTSUKuSHei UMe NO KANaTA Yori



Back to...
CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top