mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

DREAM * 8:00PM 

.


BY mimi's world - 2 * WHITE NIGHT
BY the DOOR * mimi's SALOON from far away beyond beautiful sea


.
* HAPPY PRESENTs beginning to your HOPE *


“ 抱かれたい男No.1の・・・めろきゅん ☆ HAPPY PRESENTS ”



( なるほどね~・・・)

タイトル通り、女性の為の女性による特別番組。こう云った女性に囲まれて仕事をするのは、もちろん・・・

男だったら、誰でも悪い気はしないよな。

(むしろ、楽しい。)


「 こんにちは。ピコさん、セイさん、フウゲツさん。敦賀蓮です、どうぞ宜しく。 」


あっ、敦賀さ~ん、ちょうどよかった~。と言われて一緒に石橋さん達の楽屋で打ち合わせを始めた。隣に座ったこの女性スタッフから、ふわっと漂う甘い香りに、ちらっと振り返る。

振り返った角度からドアを見ると、社さんは廊下で、石橋さん達の違う収録が終った・・・
ニワトリ君を捕まえて暇つぶしをしていた。


「 蓮、ごめん、ドア閉めとく。」


そう言って閉められたドア。
ドアが閉まりかけた時、ちらっと覗いたような気がしたニワトリ君に、横目でウインクした。首を少し傾けて・・・誰にも見えないように人差し指を口元に当て、音を立てないようにキスをニワトリ君に向けた。

もちろんそれは・・・社さんに、ニワトリ君との秘密の話が漏れぬようとの、口封じ。

あ~んな、テンテコ舞いだったり、恋をした事が無い・・・なんて、敦賀蓮に合っては成らない汚点を知る、この世でただ一羽の・・・いや、一人の人だよな。中身はね。


打ち合わせは簡単に、さらっと終ってくれた。

バレンタインの思い出を語ってほしいとの事。貰って嬉しいプレゼント、あげて喜ばれるプレゼント。その様なお話を・・・との事だった。


「 ふふっ、まかせてください。 」


女性の心をくすぐる事は、お手の物だけど・・・とは、自負できる程、自分の事をよく分かっている。

でも、本当は・・・

あのニワトリ君しか知らない、( いや、社さんもだな )俺が恋愛オンチだという事。

その恋愛オンチの俺の、思い出のバレンタイン。



「 本番が始まったら、どうぞ、ご自由に話を進めてくださいね。」


司会の3人、ただ今収録が終ったばかりの番組中にある、ネタマゴなるもの。

なんですか、それ?と出たこと無い俺には分からない、ネタマゴ?って何との疑問。

新しい日本語なのか… なんなのか… ニワトリ君に聞いてもいいものだろうか、考えた。

なぜなら、見れば体験すれば、分かるものの、そんなものは無いから・・・
自分で進めてください。と言われたら、ハイソウデスカ… としか、言いようが無い。

なにがしかのカタカナにも、頭の中は・・・テンテコ舞い。ってやつだった。




__________  7:59pm


「 どうぞ宜しく。 」

挨拶を交わしながらも、はいじゃぁ敦賀さんは、呼ばれたら出てください。と幕間に残され
ブリッジ、板付き~。とセンターに出て行った。

石橋さん達が出て行くと、きゃぁあ~と観客の声も聞える。


「 本番、はいりま~す、10秒前・・・・ 5、4、3、・ ・」



__________  8:00pm




「 こんばんは~、司会のブリッジロックです。」

「 今日は特別企画、めろきゅん ☆ ハッピープレゼンツ 」

「ゲストと共に、楽しんでくださいね~。」


はい、敦賀さん。次、出ま~す。と横のADに小声で言われ、よしと気合を入れる為に必ず
すること。

上を向き目を瞑り、息を大きく吸い込んで、手で腕時計を包む・・・

リックがいつも空で俺を見ていてくれる事を、思い返す一瞬。


______「ゲストは、抱かれたい男No.1 の・・この方・・・」


ふっと一気に息を吐いて、目を開けて歩き出す・・・

・・・ この瞬間も大好きな、煌びやかな照明の当てられた、輝く世界へ向かう自分。


きゃぁぁぁぁ~~~!と言われる歓声も、れ~ぇ~ん~!と名前を呼ばれる事も、

その全ては、また自分の自信に繋がる __________



黙って手を振って微笑むと、どこを見ている訳でもないんだけど、みんなこちらに手を振っていて・・・ 嬉しくなる。


「 こんばんは。」


「 敦賀さん、ようこそ。こちらへどうぞ~」


二人がけのソファにすわり、石橋さんたちは向かいあわせにセットされた3人がけのソファに座った。

たわいも無い最近の話をしながら進む番組。

へぇ~、そうなんや~・・・なんて返しに、そうですよ。と受け答えをしているうちに、誘導されたように本題に入っていた。さすが司会を数多くこなす・・・社長の見初めた同じ事務所の人気タレント… と思いつつも、聞かれたことにはきちんとお話したいと思う。


「 それじゃぁ、今までに何か気に成った贈り物ってあるんですか?」


ふっと思い出されるあの光景・・・

忘れもしない、自分の感情の入り乱れたあの瞬間。

止まって石橋さんたちを見てしまった時、目の前に・・・


_____ カチャ ・・・


ガラスのテーブルの上に置かれた、アイスコーヒー。手に取ってストローを自分のほうに向けた。観客席とカメラの位置を確認して、一度微笑み・・・


「 ありがとう・・・」


振り返って斜め後ろ横に立っている女性アシスタントに、お礼を言ったら・・・
また止まってしまった。

そこに居たのは・・・

深々とお辞儀をして顔は見えないけれど、お辞儀の顔を上げたのがやっぱり・・・

・・・最上さんだった。




「 さぁいよいよ、いい所ですが・・・」

「 いったん、CMで~す。」


.

to... coffee break
CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top