mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

DREAM * will be socializing... 

.


BY mimi's world - 2 * WHITE NIGHT


.



その約束とは・・・

・・・二人の間にはもう決まっていた事 _______________




バレンタインデー xxxx

その日に・・・婚約した。



君が入れてくれた、カモミールティの・・・カミツレの花言葉。

“ 親交を深めたい ” 

そのまま、親交を深めて・・・


_______ “ 外国人相手なら・・・“

この君が言った言葉には、俺にとって深い意味があった。
君は、俺にとって・・・ 外国人の日本人なんだとは、この一年の間に先に君が気づいた事。

なんで気づいたのかは、秘密。と言う・・・

でもいいです。それで・・・

君がずっと、その手の中に持っていてくれた蒼い魔法の変わらぬ愛と、両手を握って掛けたピンクの魔法の恋の誓い。ずっとこれからも、その魔法を信頼して・・・

君が信じ続けてくれる様に・・・その魔法に信頼を持っていたら、信じるものは気が付いた。

・・・蒼い魔法を掛けた妖精と、ピンクの魔法を掛けた自分が同じ人だと云う答えに。


それは、外国人相手。と言った俺の言葉からだったのかも知れない。

頭と勘のいいこの子には、うぅん?とちょっと捻ったら、答えに辿り着いたのかもしれない。

でも・・・今はまだ、秘密にしたい。

君に自分が込めた意味の、2つの咲いたバラに1つの蕾の・・・


・・・当分、秘密にしたい事はね・・・


久遠ヒズリです。って事を、まだ、まだ、世間には・・・当分秘密にして下さいね。

二人の間の約束・・・




・・・・・



「 キョーコ、お待たせ。」

某トークの後・・・スタジオから程近い、赤坂の・・・アメリカ大使館。
予約制なので時間に遅れるわけに行かなかった。社長とキョーコ二人がもう待っていた。

「 パスポート、持ってきた?」

ゲートで身分照明を確認されて、二人で手を繋ぎ、社長と共に中に入って行った・・・



マリッジライセンスの申請を終えると、その中で裁判官に誓いの言葉を言い渡される。
二人のウィットネスが必要で、その誓いの言葉の証人には社長とアメリカ大使に頼んだ。

「 では、どうぞ・・・」

自分が先にサインをしてペンを渡すと、その万年筆でサインをした君の名前。
自分の本名と君の本名。・・・Kyoko Hizuri いいんじゃない?カタカナの名前だしね。

「 日本語で書いたら、全部、カタカナだね。キョーコ・ヒズリさん。 」

微笑みながらそう言って紙を見ていたらインクの上に、ぽたっと落ちた君の涙・・・


「 悲しいの・・・? それとも、嬉しいの・・・? 」


返事の無いままの君を胸に抱きしめて、頭を撫でてあげると思い返される・・・蒼い石を唇に付けたまま考えていた車の中で考え事をしていて、蒼い桔梗の花と同じ色だって言った時。

今は・・・

君が涙を流しても、この胸の中で自分の心で・・・全部、全部、吸い取ってあげる。

もうね、ずっとずっと前に言ったよ。この腕の中で君を抱いて・・・

“ コーンは、羽だって生えている。ちゃんと大人になって、空だって飛んでいる。”

これからは・・・

君が俺を闇から出してくれたお守りになってくれた様に、俺が君を守ってあげるから。



社長と大使がサインをしてくれている間、ずっと泣いていた君の涙を胸に感じていた。
温かい・・と思った。温かいと思った事は何度あった事だろう。






二人の間の約束・・・

君の前でだけは、本当の自分で居られる日が・・・

・・・そう、今夜からは・・・君の夫。



_______ バレンタインデー xxxx


“ 親交を深めたい ” その言葉のまま、親交を深めて・・・

バレンタインデー に、“ こんやく ” も、 “ やくそく ”も・・・

そして・・・


“ しんらい ”も・・・


これからは、夫婦としての信頼関係を深めて. . . ______________



.
to... will be socializing

CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top