mimi's world * HOPE and DESIRE

_______ BE-lie-VE * be-LIE ve * believe...the SHAMs for heart healing * mimi's world-7 _______

.

AS mimi's world - 4 * BLACK SKY
BY mimi's world - 7 * HOPE and DESIRE

.


the LOVE* WITH tear magic 100%~tear magic ∞% by BLACK SKY


__ crystallized pearl VS. crystallized rose __


to the HAPPINESS of LOVE* tear magic 100%
* CRYSTALLIZED PEARL *




キョーコ・・・


俺はな、お前を離してなんて・・・やらねーぞ _________




「 尚。貴方一人で大丈・・夫・・・? 」


_____ バンッ


祥子さんの小言のような言葉なんて、聞いちゃいなかった。ただ・・・頭の中に思い浮かぶのは、キョーコがビーグルのヤツなんかと・・・

いや?・・・


「 フンッ・・・」

関係ねー、そんなヤツ・・・

俺が考えているヤツは、もう一人。アイツ・・・ 


_____ 敦賀蓮。


バレンタインに、キョーコが義理でも渡すだろうと思える程の不安が過ぎっていた。
上下関係、横の関係、世話になっている全ての人に、キョーコだったら渡すんじゃねーかと思っている。キョーコは・・・

義理も常識も礼儀もな・・・俺のお袋、老舗旅館の女将であるお袋から、頭を下げるとはなんぞや。と子供の頃から仕込まれてっからな。

それを一番知っているのは、子供の頃から一緒に育った俺。


朝も早よから… 普段は午前中 寝ている俺でも、予約を入れていた花屋に寄って受け取ってきた、キョーコの好きそうな寄せ集め。だがよ・・・

・・・自分でコッソリ調べた。その作ってもらった花と飾り。

両手で抱きかかえる様にして、キョーコがいる撮影スタジオの建物のロビードア前に居た。
目を瞑って大きく息を吸うと、胡蝶蘭の甘い香りが鼻をくすぐる。

フッっと一気に息を吐き出しながら目を開け、肩に担いでドアを開けた。

ロビーの受付嬢。なんか言われるかと思っていた・・・でも、俺の顔をちらっと見ただけで、ボードの楽屋振り分けと撮影スタジオの予定を書き続けていた。二度見して振り返ったけど、無視して通り過ぎた。ガードマンも俺の顔を見ても、出演者だと思っていやがる。

簡単に顔パス。

ロビーを行きかう たくさんの女社員やスタッフ。胸に抱き抱える様にして持っている ぬいぐるみ付きのチョコレート。それに、大きな紙袋を提げている人もいる。

横目でそんなヤツラを見ながらも、真っ直ぐ前だけを見ていた。あれっ!?と、俺を見て言うヤツも居るけど、振り向きもせずに今ボードで確認したスタジオに向かっていた。

簡単に顔パス、それに振り返るヤツが大勢居る中で、自分の業界の位置が確実に手に取るように解る。
・・・なのに、そんな人気のある俺なのに・・・

どうして、こんな気持ちでこの日を向かえてんだ・・・?

去年まで毎年貰っていた、唯一・・・口にするチョコレート。キョーコの手作りチョコ、今年は・・・

貰う代わりに、俺が・・・



目的は・・・

いや・・・ターゲットは、アイツ。



いつも賺しているヤツが、焦るとこ・・・見てみたいよな。 
それに、俺がなんで来たのか・・・もしも、キョーコが本当にレイノと出来てんだったら・・・

・・・アイツの前で、ばらしてやる。



フッ・・・アイツ、どんな顔すんだろ___________. . .?



スタジオドアの前で一つため息をついたと共に、重たいドアを開けた。
振り返るスタッフも、俺の顔を見慣れてる。緒方組のスタッフは、何度も見慣れている俺に何も言わない。

___________ 目の前に居る. . .

キョーコと・・・アイツが・・・


それだけを、見ていた。 _________________



・・・・・


アイツ・・・ 不破がでっかい花束を肩に担いでスタジオに入ってくるまでも、自分には貰えなかったチョコレートの事で、ムカムカしていた。

その時にスタジオに入って来た、アイツ・・・


肩に担いだでっかい、イカニモ・・・最上さん好みの花束。


________ その時、はっと気付いた事


思わず忘れていた自分にも、腹が立った。 アイツ、意味が分かってしているのか?と思わされた、先を越されたと思った瞬間だった。


バレンタインとは・・・


日本に居て自分も毎年、山と詰まれた 寄付する程のたくさんのチョコレートで甘い香りの漂う楽屋にいた事で、忘れてきていた習慣。


・・・自分の育った国では、男から女の子に告白する日。


バレンタインの日にはチョコレートだけをあげる習慣はなく、バラの花束や彼女の気を引くプレゼントを用意して、お気に入りのレストランを予約してから、ドキドキしながら告白してデートに誘う日だと。

アイツが花束を持ってきたのを見て、どうして思い浮かばなかったのか・・・

毎年、家中を埋め尽くすほどのバラの花を注文していたクー。
ジュリが朝起きると、家中がバラの香りに包まれていて、廊下もリビングもダイニングも、何処もかしこも花園の様に成っていた我が家。

そんなクーを見て知っていたはずなのに、どうして思い浮かばなかったのか・・・

・・・アイツを見てから気が付いていた。



真横を通り過ぎたアイツが、フッと息を漏らしながら笑った横顔・・・


アイツ、・・・不破・・・


・・・俺に勝ったとでも、思っているのか. . . ________________




キラキラ光った・・・

花の周りを被って、花よりももっと輝いて目立っている光の反射に目が行く。

中の花が・・・

俺達この業界で生きている者にとっての望む・・・スポットライトを当てられる、光の中で注目されたいと云う思いを反映されているかの様に、花の周りが輝いてその中の花の意味を際立たせているように思えた。


胡蝶蘭の・・・
___________ . . . 愛してます。


ストックの・・・ 
____________  愛の絆・ ・ ・ ・ 



そして・・・その花たちの意味に煌めきを齎しているような・・・スワロフスキー

彼女の大好きな、キラキラのクリスタル・・・・


それに目が行った時には、もう・・・

・・・また、二人にしかわからない会話が始まっている様に見えた。 ___________




・・・・・



キョーコの好きそうな、寄せ集め。



キョーコ、お前・・・

・・・レイノの何処 _____________ . . .?



いや・・・

・・・コイツ、敦賀蓮の何処がいいんだよ?


俺だけを見てるって約束したよな?
俺だけを追いかけるって約束したよな?

・・・俺だけを、考えろって・・・言ったよな ____________



キョーコと会話をしていて途中で気が付いたのは・・・ “ は、 ” コイツには違う・・・

・・・いわゆる、俺に毎年くれていたような、本命モノ・・・って事だよな。


レイノが昨日思わせぶりに言った言葉は、気にしねー。

なぜなら、耳まで真っ赤に成った今のキョーコ。
キスの一つも出来なかったとキョーコが自分で言った軽井沢での、背中がバックリ開けられた出来事にも、まだ・・・今は、あの時から全く進展してねーって証拠。


・・・じゃぁ、やっぱり

俺のターゲットは、コイツ ―――― !


敦賀蓮。お前。

お前の気持ちは、知ってんだよ。・・・男なら誰でも気付くだろ。
そのお前の気持ちを知っているから、キョーコが本命モノを、お前にあげたら・・・



・・・その前に



俺の気持ちを込めた、コレ・・・

・・・キョーコ、気付いてるのか . . . ______________



キョーコ気付けよ・・・!
どんだけ、俺と一緒に居たと思ってんだ・・・?


俺より・・・


・・・俺より・・・


俺より・・・



・・・じゃ、強行作戦・・・ 開始 ________________







やっぱりな ・ ・ ・ ・






______ 淡水、パールの・・・



・ ・ ・その意味、知ってるか?







“ 処女 ” だろ・・・? 


・・・フッ、まだ、お前キョーコ。


無垢のまま飾らない、純潔と処女。

それに、浄化の意味のクリスタル・ビーズで俺を許して欲しいとの願いと・・・

・・・その花の意味を際立たせるように、

・・・光を浴びさせる様に、

キョーコ、お前の・・・



初めては、昔から・・・変わらぬままでいて欲しいと思う。

キョーコが願ったように、俺が初めての相手に成ってやる _______________




・・・・・



_________ キス・・・


その後のキスだって、前に彼女に聞いた事があった。

“ 君さ、キスした事・・・ある? ”

その質問に、無い。と素直に答えた彼女。

目の前で見てしまった・・・彼女のファーストキスだという事は、見た瞬間に分かっていた。



どんな気持ちでいた事か・・・

バレンタインに、男が花束を持ってきて、無理やりでもキスをされて、一旦は拒否した花束を、結局受け取った彼女の気持ち。

自分には淡い期待だった彼女からの義理チョコも無かった事も、アイツの花束を受け取った事も、彼女の気持ちが唯一見えたのは、自分への誕生日のプレゼント。


でも、それは・・・誕生日のプレゼント。


バレンタインの主旨を忘れていた自分にも腹が立っていた。


全ては何も出来ないまま、そのまま彼女に、二度目は無いよ。と忠告した事で、自分の憤りを収めようと当てつけていた。

平静を装う為に自分の中で、自分への、そして彼女への怒りを納めるのに必死でいた・・・



だから俺は・・・ 君の事を・・・



どう思っているのか、再確認してしまった様に・・・
想いがどんどん募って・・・

言葉に出来ないほどの感情が、入り乱れて・・・



・・・また、自分が・・・どうにも出来ない自分が・・・

考え出したら止まらなくなっていた。




_________ 目の前で見ていた彼女のファーストキス・・・


横に置かれたままのアイツの花束。アイツ不破のやつ・・・彼女がファーストキスだって事知ってってやったのだろうと思える意味の、パールとクリスタルの飾られた愛の告白。

堂々と人目を気にせず出来るほど、アイツは何かに切羽詰まっていたんだろう・・・


・・・でも、それは、


俺への、中て付け。

それぐらい判っている。どうしたいんだ・・・?
このまま彼女をそこに残して、それにこれから演技と云う仕事をしなければ成らないのに。
お前が居なくなっても、ここに残った人たちが皆、それに彼女本人が仕事がし辛くなることぐらい、お前だって同じ業界の人間だろ ____________


_______ フン・・・


一瞬・・・自分が壊れそうだった。

自分の中で何かが狂いそうだった。でも・・・自分の立場が頭を直ぐに過ぎった。


_______ ヘ―・・・じゃぁ、女の子にとって、そんなに大事なモノなのか・・・


百瀬さんや大原さんのフォローを聞いていたら、可笑しくなった。

そんなんじゃぁね・・・彼女はさぁ・・・

愛を拒んで生きてきた根源に、もう一度元に戻りたいと告白されている象徴の様な、花束の意味ぐらい・・・女の子だったら知ってて欲しいよね、百瀬さん、大原さん・・・?

まぁ・・・男の方が知ってるものなのかなぁ・・・

大好きな人にあげたいと思って、自分で調べたりするからね・・・。




_______ でも今は、



自分の気持ちなんて二の次。彼女が義理でも俺に何も思わないのだとしても、仕事が出来なくては、俳優を目指している彼女の事を考えたら先輩として、何をどうしてあげるかなんて・・・

・・・無かった事にしてあげたい。



アイツの事なんて・・・

心を崩壊され人生を狂わせたアイツの事なんて、君の人生に存在して無かった事に出来たらいいのに。


・・・忘れて欲しい。

いや・・・忘れさせてあげればいい。



アイツの・・・
絆を求めた昔の変わらないままの想いならば・・・


俺にだって・・・
彼女がずっとずっと子供の頃の俺を思い出してきた絆がある事・・・


お互いに、彼女の事を子供の頃の絆を求めて言うなれば、お互いに恋を彼女にしたかと言ったら違うだろ ――― ・・・不破、お前。

唯、これは・・・新たに胸に込み上げた、成長してからの異性として見れる感情が引き起こしたものだとは、思っている。

アイツも、俺と同じ・・・だろうな。



悪いけど・・・彼女にも無防備さに責任があるよ。


それに気付いたのは、自分で言ったその言葉。

“ 清らガール、清キョーです。 ”



そう・・・


・・・自分で分かってるんじゃないか・・・

アイツがくれた花束の、処女性や純潔に添えられたクリスタルの・・・


仕出かした事を、浄化、無かった事にしてって事。


そう、じゃぁさ・・・最上さん・・・

その、浄化、何も無かった事にしてしまえばいいんじゃないのかな・・・?

君の人生にね・・・アイツが居なかった事に・・・
全てのアイツとの過去の事、その花の意味を浄化してしまえばいいんじゃないのかなぁ・・・

その、“ 愛している ”も、“ 絆 ”も・・・さ・・・



だから・・・



忘れさせてあげたいから、早く仕事、終らせようよ・・・


君に花を贈るのはね・・・

・・・二度目にするよ。



同じ、バラの・・・

・・・俺からの、二度目の・・・愛を込めて _____________




それは・・・

・・・お礼 



お礼と称して思いついた花。

無意識に脳裏に、何をあげたいのか思い浮かんだのは、それしかなかった。


君の誕生日にも、同じ様にあげたよね・・・

不破に負けない言葉の意味が、どうしても欲しかったから、選んだ花は、バラ。

バラの花言葉を、そのままに・・・ 愛情です。と、いろいろな愛情の意味を含めて生けてもらったアレンジメント。

セットの中に潜めた意味も、愛の形の一つとして


・・・君を見ているよ


先輩俳優として、オレンジ色の・・・信頼を込めて

幼馴染が渡した物とタイミング、黄色の・・・嫉妬心を添えて

ピンクはね・・・

そして、赤はね・・・


ピンクも赤も黄色もオレンジも、たくさんのバラの種類を混ぜてもらった事は、自分の彼女への愛の形が複雑だと、言いたくて・・・


・・・でもね、その戸惑う自分の心の中に、こんな事が潜んでいたとは・・・

自分でも気が付かなかったんだよ。__________



目を瞑ったら蘇る、自分のその姿。







_______ だぁれ? この人・・・


闇の中に突然現れた、光の粒・・・

光の線と成って、急に明るくなった中に見えた人



心を痛めて苦しむ姿に、彼に恋をしてますよ・・・と、聞える自分の声・・・



バラの棘を握りしめ、血で染めた・・・ 白いバラ

あげたバラの中に、白・・・は、入っていないのにね


・・・ バラの棘・・・?


そうだね、痛みを感じていたのは、・・・ ここだった

・・・ 自分の、Heart 

第二の脳と呼ばれる程の、感じる感情は・・・全てここからのもの

その痛みはね・・・ _____________





_______ だぁれ? この人・・・








闇の中に佇む自分の夢の中の人物は、敦賀蓮のままだった。

そうか、敦賀蓮が心を痛めて苦しむ姿に、彼に恋をしてますよ・・・と、
・・・遠くから聞える自分の声


バラの棘を握り締め、自分で自分の血で染めた・・・ 白いバラ

あげたバラの中に、白・・・は、入っていなかった。


ベッドから起き上がって、キッチンに向かって歩いていた。喉がすごく渇いていた。
廊下を歩きながら、考えていた自分の夢・・・


あれは、バラの棘・・・

棘で傷つけた自分の右手・・・


電気のスイッチを点けた、その右手をじっと見ていた。もちろん何も怪我はしていない。

( 右手ね・・・)

この手を彼女に握られた時に、感じていた温もり・・・

不意に与えられたその温もりに、心が震えて止まなかった湧き上がった新しい感情に気付いた自分。

あの時から感じていた彼女への・・・恋・・・



そうだね、痛みを感じていたのは、・・・ ここだった

・・・自分の、心。

第二の脳と呼ばれる程、頭で思う事柄とは別に、感情を記憶するのは、ここ・・・

彼女の事を考える度、彼女と会う事毎に、その記憶になった感情は変わる事無く感じる。

そして、今も・・・


痛いと感じることはない。ただ、痛みとして心が受けたダメージの象徴なんだろうな・・・と思っていた。


真っ暗な闇の中に、五角形の光の形。その五角形の光の粒が一線と成って、自分を分けているのだろうと思える。

闇に包んだままの自分と、今を生きている自分。

明るい中に見えた自分の姿を映し出した光の粒の形が、気に成っていた。


五角形は、“ 棘 ”を司る形であって、目に付き刺さる針を表す事。
悪意を込めた邪視から逃れる為に、魔よけの象徴である・・・☆星の光・・・

目を逸らす俺は、心に痛みを感じていた

その傷をこれからも、持って・・・生きてゆくのだろうか・・・



でも・・・



キッチンのカウンターに綺麗に洗って置かれた、ワインゼリーの入っていたバラのグラス。

そのグラスをみて、思わず・・・

・・・頬が緩んでしまう。


冷蔵庫から水のボトルを取って、キャビネットからグラスも取った。

ボトルとグラスを持って、もう一度貰ったこのグラスを見ていた。


(・・・バラの棘ね・・・)

花言葉と同じ様に、バラの棘は表現された言葉がある・・・

“ 不幸中の幸い ”

その棘の意味と、自分を傷つけていた夢を重ねて、寝室に戻った ___________


ベッドサイドのライトを点けて、ペットボトルの蓋を開けた。

持ってきたグラスに水を注いで、一口水を飲んで思う・・・



バラの棘なんだよな・・・



自分の夢の中に舞い散る白いバラ

白バラは・・・


“ 純真 ” そして、 ・・・

他にも2つほど



そう、あれは・・・不幸中の幸いのチャンスを握りしめている自分だった __________




「 ねぇ、喉、乾いてない?」



今ここ・・・ 自分のベッドに眠る人が薄っすらと目を開けたので、声をかけた。
持ってきた、2つのグラス。そのもう一つにお水を入れて その手に渡した。

まどろんでいるその瞳。

じーっと見詰めても、何処を見ているのか解らないほど・・・


「 ごめん・・・ I’m sorry. . . 」



部屋中に広がったバラの香りに君を包んだ。

あげたバラの花を持って帰るのに、送ってあげるつもりでいた。でも、君が言ってくれたこと。


______ 夜ご飯は、どうですか?


もちろん、断る理由は全く無い。むしろ、ものすごく嬉しい・・・バレンタイン・ディナー

突然降ってやってきたこの事に、不幸中の幸い。な~んてチャンスを掴んだ夢を見たんだろうと思える。

もぉ~嬉しくて堪らなかった。闇の中から、一気に明るい世界に出てきた瞬間を感じていた。



今キッチンのカウンターの上に置かれたままに成っていた、クリスタルのバラのグラスを思い返す。

グラスの中に生けた、一輪のピンクのバラ。

ご飯を食べて、一緒に片づけをしていた時から始まった・・・二人の関係に・・・

あげたバラのアレンジメントから、その一輪だけを取って、水を入れたバラのグラスに生けたのは、・・・君への告白だった。


ピンクのバラの花言葉の意味と共に・・・ “ 恋の誓い ”


君にずっと恋をしていたと、告げた時。

君に与えられた温もりから気付かされた・・・恋だったと

残りのバラと君を抱きかかえて、初めて重ねた唇。そのまま抱きかかえて運んだ寝室で・・・


「二度目はないよ。いいの・・・?」


そう聞いてから重ねた唇と、肌と肌・・・

ベッドの上の君とバラの花が、自分の入り乱れた感情のようだと思っていた。



黄色の、愛からの嫉妬・・・

オレンジの、愛情の信頼・・・

ピンクの、愛の始まり、恋の誓い・・・

そして・・・ 


・・・赤の、真実の愛 ______________. . .



重ねて握り合った、自分の右手と、君の左手に感じた傷は・・・

抜ける事の無い棘の様に、恋を気付かせてくれたその手と温もりを・・・

・・・二度と離さないと、心に刻んだ・・・傷だった ___________


それぞれの自分の感情をも受け入れてくれた君と、この部屋中に広がる それぞれの感情のようなバラの香りに・・・ 一緒に包まれた夜。



・・・ 心に、傷ついたまま離れない・・・ 

塗り替えてやれればいいと、思った・・・記憶を・・・

アイツとの事で、意識が占められる度・・・

俺の事を思い出さずには、いられなくなる様に __________ . . .

_________ 俺との. . . 事を. . . . .



・ ・ ・ 愛してる ______



まっさらな心と言うものは、実は・・・一番複雑な気持ちなのかもしれない


何かの切欠で恋にも愛にも変化するけれど、それは心で感じる感情。伝えなかったら分からない。

白だったバラ・・・

まっさらな心・・・

その全ての俺を受け止めて欲しくて、掛けた魔法 ・ ・ ・




純潔・・・

・・・パールと同じ意味のそのバラに




_______ この甘い香りと共に、いつも君を包んでいたい俺の気持ちを解って欲しくて、綺麗に咲いた満開のバラ達を持って・・・君を送りに車に向かった。


複雑な男の心を知って欲しいと、思っている。

大人になるに連れてきっと分かってゆくのだろうと思っているけれど、それは・・・

俺が教えてあげたい・・・



_______ 言葉は、何も要らない・・・



繋いでいた手を引っ張って、胸に抱き寄せた。



両手で包んだ、この君の手にキスを・・・


この手で作ってくれる料理の数々に、俺への気持ちのワインゼリーも・・・

この手がくれる勇気に・・・

心を振り絞って伝えたい、本当の気持ちは・・・



君がくれた赤いバラの・・・
つるっとすんなり受け入れて欲しいと云う気持ちの・・・ワインゼリーだったから・・・


・・・俺からも・・・


同じ気持ちを返してもいいよな. . . _______________



手を開いたらその手の中に・・・

・・・ワインを吸って、ピンクに色づいたバラの花


純真なままだった愛はね・・・

君が赤く染めた愛をくれたから、つるっとすんなり受け入れて・・・今・・・

・・・ピンクの・・・ 君への恋を誓う

君にあげたピンクの涙の魔法を二人の手で包み、二人ともが勇気を貰って・・・




そうだね、居ようか・・・一緒に・・・



・・・ずっとこれからも、その魔法を信じたい


二人で交わす甘い時間が過ぎた頃に・・・

新しい朝が着た時に・・・


・・・ずっと・・・


ワインの中に浸けたピンクのバラ・・・恋の誓いは・・・

真っ赤に染まった・・・君と俺の心を映した様な、赤いバラ・・・真実の愛に


・ ・ ・成って欲しい . . . __________________



真っ白だったお互いの心

・・・ 純真な

ピンクに染められたお互いの心

・・・ 恋の誓いで



時間を掛けて・・・お互いに・・・


ずっと、一緒に居たら・・・




いつか・・・




お互いが染め合いながら・・・



・・・ 心からの真実の愛が・・・ 見えると・・・



君の手に包んだ俺からの魔法を・・・



・・・信じている ____________________




_______ 敦賀さん ・・・



「 ん? なぁに・・・」



_______ 最上さん ・・・



「 はい・・・ なんでしょう・・・」




星が降ってきそうに、瞬き輝く・・・

・・・新月に程近い、暗い夜




・・・両手を包み合い、お互いに・・・


白い吐息を、ふーっと掛け合うと・・・


二人で見詰め合い・・・

・・・微笑み合い


その上に重ねた両手で、もっと・・・強く包んだら・・・

・・・二人は手を開く事無く

お互いに心で感じる・ ・ ・ ・




________ 今・・・何色・・・?




二人の心の中の傷を癒しあう為には、それぞれが・・・

自分で感じる・・・

・・・その手の中の、魔法の色


心で感じた今の色が・・・

・・・自分の、隠れた気持ちだと思えるから・・・


君の手の中の色も・・・

自分の手の中の色も・・・


・・・お互いに言い合わなくて

何も言わなくても、お互いが感じている・・・

二人のそれぞれの心の中に秘めたまま・・・の・・・心の中・・・



白の、純潔。まっさらだった子供の頃の思い出と共に・・・

時間が経った、この今は・・・


黄色の嫉妬に・・・

・・・ピンクの恋に・・・

赤の愛に・・・



それと、変わらないままの関係も。

キッチンに置かれたままの、オレンジの信頼に・・・



・・・・・ 続き、8話。



・・・君の心と俺の心の中に感じる・・・


二人で包んだ両手の中にはね・・・


・・・たった一つだけ確かなものがあるよ


何色でも構わない・・・


その一つは、この心に痛いほど感じている


苦しくて、息が出来ないほどに・・・

切なくて、息を忘れるほどに・・・

・・・傷ついたままだったお互いの愛情の心


そして今は・・・

愛しくて、想い煩うほどに・・・

恋しくて、求めて止まないほどに・・・

・・・心の中に涙が溢れ出して来るほどに、君が好き・・・この想いを止められない



たった一つの確かな・・・

二人の・・・始まり




TO THE hapinesses of LOVEs * tear magic ∞%
* CRYSTALLIZED ROSE *




でも・・・


不破の花束は、あれからどうしたのかは、気になった。
切り花だったから、胡蝶蘭の命は短い・・・



_____ アイツ・・・不破の “ 愛してる ”その想いは、短い命。

その・・・愛している。も・・・

その・・・愛の絆。も・・・


・・・二つのアイツの想いは、クリスタルの浄化に込めた懺悔と、パールの処女性に込めたアイツの望み。


懺悔を持って愛を乞い、キョーコを女にしたい。って言ってる様なものだよな _________




_____ じゃぁさ・・・

俺だって、懺悔をする事は今のところ・・・同じだよ。

嘘を付いて偽りの姿でいる今。彼女には子供の頃の思い出のコーンだって、言えない事。

それって、どうなんだろう・・・


だから・・・

君がくれた赤いバラのワインゼリー。

・・・ガラスのように壊れやすい愛では嫌だったんだ。


アイツの込めた、クリスタルと同じ様に・・・

浄化、偽りの姿でいる事を無いものにして欲しくて、君からの心の込められたプレゼントに、
君の深い心からの心理が見えたから、同じ意味を持って・・・



君からの硬い愛を・・・

一人の男として、受け止めた。



その気持ちを・・・

君との運命の再会に、クリスタルのバラに、

いつか本当の俺に、君の愛が、自分の人生を変えてくれると望んで・・・

この気持ちは・・・

この気持ちは、アイツがこの業界で君に再会した事と、俺が君に再会した事と同じ気持ちなんだろうと思っている。 



・・・いつかね

こんな男の気持ちも判ってくれる様な、レディに成ってくれるかな

それは、アイツじゃなくて、俺の方が再会の愛の絆が深いものだと・・・

・・・俺が教えてあげたい . . . _____________



胡蝶蘭より切り花的には、しっかりお水を替えてくれれば、バラの方が長持ちするだろうと踏んでいた事。

もちろん最上さんからあの日は、同じ撮影スケジュールだったから帰宅後直ぐにお礼の電話がかかって来た。でも、不破の花の事には触れていなかった。




不破の花と俺の花。

意味はそれぞれ・・・

・・・君は、どういう風にとったのだろうか ・ ・ ・ ・



・・・・目を瞑ると思い出す。

目を開けて窓の外を見上げると、新月に近い今日の夜空に浮ぶ・・・たくさんの星の煌めき。
星の光に棘を思わせる・・・

・・・自分の心に存在していた、いろいろな想いが蘇る。

両手を包み合い、お互いに・・・

二人で見詰め合い、微笑み合い

その上に重ねた両手で、もっと・・・強く包んだら・・・

・・・二人は手を開く事無く

お互いに心で感じる・ ・ ・ ・




________ 今・・・何色・・・?




二人の心の中の傷を癒しあう為には、それぞれが・・・

自分で感じる・・・
・・・その手の中の、魔法の色

心で感じた今の色が・・・
・・・自分の、隠れた気持ちだと思えるから・・・


君の手の中の色も・・・

自分の手の中の色も・・・

二人のそれぞれの心の中に秘めたまま・・・



純真は・・・

・・・これから

真実に・・・

・・・気付く


変わらぬままで・・・

二人の心が・・・

・・・埋まると・・・望んで・・・


お互いがきっと・・・

知らないまま過ごしたあの日・・・

それぞれが意味を隠して・・・

・・・そっと、自分だけの秘密にしておいた・・・心の中



星が降ってきそうに、瞬き輝く新月に程近い、暗い夜



何も言わなくても、お互いが感じている・・・心の中・・・

・・・お互いの間に、傷の様に痛いほど感じる想い



苦しくて、息が出来ないほどに・・・

切なくて、息を忘れるほどに・・・


・・・そして

愛しくて、涙を吸い取ってもらいたいほどに・・・


・・・両手に包んだお互いの魔法・・・


__________ 今・・・ 何色なのかな・・・心の中は・・・



今日は・・・

特別なのかもしれない。



眼を細めると、空に見える星はもっと瞬いているようで・・・

眼を見開いて見詰めると、空に浮ぶ星がもっと輝いているようで・・・



・・・眼を瞑ると・・・


心の中に・・・瞬き輝いて、浮んでくる

たくさんの願い事を、叶えたいと思う事も・・・

・・・君とだからなのかもしれない



上を見詰めたまま考えている君の頭の中には、何が浮かんでいるのだろうか・・・?



星に願いを・・・

・・・言わなくても、君と心が通じてくれていたらと望んだ

同じ星に同じ願いを・・・

・・・それほど、心が通じ合っていたらいいと・・・心から希んでいる ____


その未来に・・・



_______ その未来が、いつか・・・



その将来に・・・


________ その将来が、いつか・・・



その今に・・・


_________ その今が・・・




見えない未来の時に・・・
想いを馳せて、心が望んでいる、いつなのか分からないその瞬間に 

見出す事が出来てくる将来の時に・・・
胸を焦がしながらも、思考が受け止めて、思い浮かび想像し出して

その将来の瞬間が来たら・・・その瞬間が今となって

・・・その全てが見える時

思い望んだ未来に、考え希んだ将来に、そして時が過ぎて・・・

その未来と将来は今になって、この今を生きる事に、希望と望みを託してどんなに夢にまで見た事か・・・

どんなにこの時が来る事を、願って・・・

眼を細めれば、もっと瞬いていて、見詰めれば、もっと輝いていて、

・・・その星に、どんなに願いを込めてきたのだろう 




蒼い空気に包まれて


君と


包み合う


ピンクの魔法・・・




ピンクに染まる心を感じ


君と


感じ合う


蒼い魔法・・・



__________ 二つの涙の魔法 ・・・


星の瞬くこの下で、涙が溢れて来るほどに
棘が刺り傷ついて、心が締め付けられるほどに

傷ついた心を癒してくれるのは・・・涙


_______ 蒼い魔法の、変わらぬ愛・・・


幼い頃から・・・

遠く離れた場所からも、二人が空を仰いで見るように・・・

光に透かして色が変わったらと教えた

同じ空を・・・

・・・二人が見ていた _________


未来と将来を、思い描きながら・・・その空の光に願いと想いを込めて


_______ ピンクの魔法の、恋の誓い・・・


今が来て・・・

手を伸ばせば温もりを感じあえるこの距離に、二人でお互いを見詰め合うように・・・

閉ざした心を開けて光が差し込む

同じ愁いを・・・

・・・二人の涙が癒してくれる _________


心の中に溢れる涙は、いつの日か


光に透かして色が変わるように、閉ざした心から溢れ出した光に透かしたら

柔らかい温かな温もりに包まれるように

嬉しくて楽しい・・・恋に・・・

苦しくて辛い・・・愛に・・・

嬉しいけれど苦しくて、楽しいけれど辛くて、切なくて愛しくて

一つの心を育む為には、こうしてたくさんの想いを超えなくてはならないと・・・


・・・涙が溢れそうになる心


二人の間の涙の魔法が、その涙に慰めと勇気を与え・・・

その未来に . . .

その将来に . . .

その今に . . .

希望と望みに色を変えてくれると、星・・・心の棘に・・・願う・・・



_______ どうか・・・この愛しくて溢れる涙を永遠に


苦しくても辛くても・・・その愛を変わらぬまま信じたいと願う 


何度も幾度とその度に、変わる色が違う様に・・・複雑な心・・・

でも複雑な幾通りにもある想いの基を辿れば、その涙は一つの理由


・・・ ただ、そこに・・・一つだけ ___________





_______ だって、だって、この器のこの状態っ・・・

クイーンローザ・・・みたいでしょ ――― ・・・!? 

だから私っ、敦賀さんにゼリー贈るなら、絶対コレ―――って・・・!!




そう言った君・・・



ここで. . . _________



アイツ・・・不破と同じ様に、俺にも・・・君は同じ様に話しかけてくれたよね。


それが・・・

・・・すごく嬉しくて




それに、クイーンローザはね・・・

悲しみの涙を吸って、咲いた・・・


深い悲しみの涙を、たくさん吸い取って、一つの喜びを産み出した凛と美しい大輪の・・・



・・・ピンクのバラ



他の何にも変えられない、自分の気持ちを贈ったつもりだった。

君に返されない様に仕組んだつもりで、どうしても受け取って欲しかった自分の気持ち。

・・・この恋の誓いを

二人の両手で包んで・・・

感じ合いたいと、その・・・ピンクの魔法に、願いを込めて 



蒼い魔法は、子供の頃の自分の涙と、君のたくさんの涙とを吸い取ってきて

その二人の悲しみの涙から・・・

新しく生まれて欲しい・・・

・ ・・二人の、ピンクの魔法・・・恋を誓い・・・愛が始まる様に


嬉しいのに切なくて・・・

楽しいのに辛くて・・・

幸せなのに苦しくて・・・


愛を知るとはこんなにも・・・心から痛みを感じ、棘が刺さって抜けない様な自らを自らで傷つけるかの様で、それでも、それでも・・・


止め処なく溢れ続け、苦しくて心に溜まった涙が溢れそうになる・・・

この涙が溢れたら、きっと・・・君が魔法で吸い取って、また・・・

凛と美しく大きな一つの愛が始まって欲しいと、願わずにはいられないから。



君が・・・

うんん・・・俺が・・・


君の心からも溢れそうな涙を・・・吸い取ってあげたい. . . _________


そう・・・
いつでも・・・

そして、いつか・・・


二人で、凛と美しく咲き誇る様な・・・大きな愛が始まると心からの涙と共に

・・・願わずにいられない


包み合った両手を引き寄せて・・・

この腕の中で、甘い時間で君を包んで・・・

二人ともが心を開いて許し合いながら、育てていく為に必要なのは・・・


・・・涙


もっと、もっと、もっと、苦しいほどに心を痛める様に、恋を感じ合って

心の底から止め処なく涙が溢れ続ける様な、純粋な心で

純粋な白がピンクに色づき始めたら、元にはもう戻れない・・・

もっと、もっと、もっと、恋のピンクが深まって、君がくれた赤になるまで

心の底から止め処なく溢れ続ける涙は、いずれ・・・

・・・枯れてひび割れた心の底を潤しながら、自分を見詰められる程に満たされ、自分を映し出す鏡の様な泉に成って、その泉の水をたくさん吸って大きく育つ一輪の・・・

ピンクのバラ・・・

・・・愛の始まりが・・・凛と美しく、涙の畔に咲きますように



_______ 私が美味しいと思うものでは、子供味だと・・・思って・・・



君が自分に合わせて、大人になろうと努力していたのを感じて

・・・いつでも、大人にしてあげる


ワインに浸けたままで、一晩を過ごし、新しい朝に二人で見たのは・・・

・・・真っ赤に染まった、バラだった


でもね・・・

大人の恋ほど、切なくて辛くて苦しいものだと、心の底から湧き出る涙と共に感じたのは、

・・・お互いに・・だったかも知れないね

二人の育てる気持ちは、まだ、これから


もっと・・・

もっと・・・

もっと・・・


心が締め付けられるほどの、切なさに目を瞑り・・・

息が出来ないほどの、苦しさに耐えて・・・

痛みを感じるほどの、辛さに涙が溢れて・・・


・・・でも、その涙が愛しくて、終わりの無い繰り返しが生み出す、本気の愛を


両手を包んで思う

ずっと、居よう・・・一緒に.・・・一緒に居たらきっと・・・


・・・この手がくれる勇気がもっと湧いて


そして・・・ ______________



「 二度目は無いよ・・・いいの?」


そう聞いたあの一夜から、心に傷を負ったもの同士が自分の中でお互いに、探りあい探し合いながら感じる気持ちが、一つのものを育む為に・・・



黄色の、愛からの嫉妬・・・

オレンジの、愛情の信頼・・・

ピンクの、愛の始まり、恋の誓い・・・

そして・・・ 


・・・赤の、真実の愛 ______________. . .



重ねて握り合った、自分の右手と、君の左手に感じた傷は・・・

抜ける事の無い棘の様に、恋を気付かせてくれたその手と温もりを・・・

・・・二度と離さないと、心に刻んだ・・・傷だった ___________


それぞれの自分の感情をも受け入れてくれた君と、部屋中に広がったそれぞれの感情の様なバラの香りに・・・一緒に包まれた夜・・・

あの時・・・

もう二度と君から離れられないと思ったのは、自分

ピンクの・・・

恋の誓いだけをこの胸の中に、人を愛してはいけないと思い続けてきた自分の傷を、ゆっくりとこれから君が癒してくれる様にと、想いを込めて・・・

君を送る次の日に、ピンクのバラだけをあげた。



アイツの胡蝶蘭の、愛している・・・

アイツのストックの、愛の絆・・・

アイツのクリスタルの、懺悔・・・

アイツのパールの、処女が欲しい・・・


・・・そのアイツの君への告白は、俺の中で俺を狂わせた切欠。

直ぐに壊れやすい自分の気持ちを隠すように、クリスタルの・・・と君に言った自分の言葉は、壊れやすい愛では嫌だと伝えたかったから。

直ぐに何かで壊れてしまう気持ちではないと言いたかったのと、君の気持ちが直ぐに何かで壊れてしまう様なものだったら、自分の心に抱えた傷をそのまま隠して、これからも君には唯の先輩としての関係でいたいと思ったからだった。


上辺だけの付き合いを、君が望んでいたのなら・・・

その次の日にもう一度あげたバラの色は違う色だった。


複雑な男の気持ちをこれから君は、受け入れて二人で育むのも・・・

・・・苦しくて

・・・辛くて

胸の中にバラの棘が刺さったまま抜けないように、痛みを感じながらもお互いがその痛みを癒し合って育んでいけると思えたから・・・

・・・君となら



君が一緒に生けたという、ピンクのバラとピンクの胡蝶蘭・・・


アイツの愛している・・・

俺の恋の誓い・・・


二人の男が君を想う、この気持ちは君の中では同等に扱ってくれた事が嬉しかったよ。


愛と恋


二つが違う事を、これから君も判る時がくる。

それぞれに君と共に流れた時間の違いが、俺とアイツの心の中の違い・・・今はまだ・・・

君とは、恋を育んで行ける事をね・・・


・・・心の中が望んでいるよ _________________



ピンクに込めた色は・・・


心の安らぎを、心の傷を癒して欲しくて

そして、それが幸せに繋がってくれる事と・・・ 願っています。



_________ 大好きな君へ


いつかクリスタルのバラの様に、自分が心から真っ直ぐに君を・・・愛していると

もう一度・・・

二度目の告白をした時には

二人の間に訪れる気持ちの浄化を持って、無垢な真実の愛があるといいと・・・


・・・心の底から、願って止まない ______________





君からの言葉は・・・




_______ だってだって・・・クイーンローザみたいでしょーっ・・・



あのですね、思い出していたんです・・・

クイーンローザを



バラの蕾が開いた時に思いついた。ずっとずっと遺して置きたいと・・・

クイーンローザも、そうすれば好かった



朝起きて・・・ 「 おはようございます。 」

出掛ける時・・・ 「 行ってきます。 」

帰宅したら・・・ 「 ただ今、帰りました。 」

夜寝る前に・・・ 「 お休みなさい。 」


_________ ずっと私を見ていてくれる・・・ その意味と、クイーンローザの・・・

凛と美しく咲く大輪の花の様にとは、私を応援してくれていると気づいて


自分の人生の中で、人を愛するとその人は目の前から去ってゆく。

その思いをもう二度と・・・したくなくて

ずっと見てくれている人が居る事に、受け入れられなかった自分が居て

それでも・・・

正直な心の何処かから聞えてくる様に、言うんです。



毎日・・・



声に出して、貴方の事を思い出して、挨拶をする自分。


_______ 敦賀さん 私・・・こわ、怖かった・・・

想ってしまったら・・・この見ていてくれる人も、消えてしまうんじゃないかって

消えない様に、自分の手元に残しておきたくて・・・

・・・何処にも行かないでって思っていて ・・・ _______________



男の気持ちを試していると思わされた・・・



色々な色の混じった、複雑な男の気持ち。

ピンクに誓えると男を決心させた、女の子は強いものだと思えるのに・・・

守ってあげたいと思わせるのは、男だからなのだろう。



バラの棘に隠された、お守りと云う意味が・・・
自分の奥深い所で何かを揺さぶり始め、それがきっと起している感情。

どうか、守って欲しいと願いを跪いて乞う事も厭わない、弱い俺も心に居て
君を守りたいと思う、いつの頃からか自然と湧いていた感情の、強い自分も心に居て

お互いに心に傷を負った者同士が繋ぎあった手には、二人の中にしか分からない感情が存在していた。

それは、二人の心が一つに成った証。

二人の間には何時の頃からか、お互いを思い合い、お互いが たどたどしくも心が触れ合っていて、お互いを守り合っていたと気付いたのは・・・

お互いが同じ時だった。



君が幼い頃、不破に恋をしていたのは知っている。

そんな不破との恋は、不破にとって今は大人に成りゆく過程で、愛に変わっていると思えた。

まだ俺には君との恋は始まったばかりで、君がそれぞれに過ごしてきた時間の長さの違い。

時間の長さは不破には敵わないのは、百も承知でいるけれど・・・

・・・君と共に恋を・・・

育んで行けるこれからの時間。二人が気が付いた同じ想いに・・・

・・・二人でこれから愛を育てる事は、不破に勝る __________________



君が俺の部屋で過ごす時も、君と仕事で一緒の時も、会えない日には電話で声を聞く事も、
お互いの恋が、愛に変わって行く過程の時間。

この時間が待ち遠しくて、そわそわしている自分が居る事に気が付いたけれど、その自分が好きだと感じた。それほど、君を毎日考えて過ごしているから・・・


もう・・・


誰にも渡したくないと思った。


君が俺を望んでくれるのならば、俺は君一人のものに成る。

俺の部屋でご飯を食べて、一緒に寛ぎながら・・・一緒に笑い、一緒に疲れて、一緒に安らぎ、何も言い合わなくても、いつの間にか目を瞑ってお互いを傍に感じ合える。

この時間が永遠に続いて欲しいと心の底から安らかに感じている。

手を取り合って その手の中と心に感じる同じ想いが・・・同じ愛だと思う。

恋がいつの間にか、愛になっていた。

それぞれの二つの恋は、いつの間にか二人の一つの愛に成って居た。



この甘い時間に包まれて・・・


二人が望む、二人きりの空間の二人だけの時。柔らかい君の頬に唇を寄せて、目を瞑ると溢れ出す・・・

君が愛しくて恋しくて・・・

涙が溢れそうになると思った時・・・

・・・唇に触れた君の涙


お互いに唇を重ねて、お互いに肌を重ねて、お互いに・・・恋を重ねて・・・

お互いの愛を確かめ合うと、また・・・

涙が溢れて、一緒に泣いて、一緒に涙を拭い合って、心から一緒に・・・


・・・愛してるよ・・・


そう伝え合っていたけれど、言葉に出さなくてもお互いに感じていた。

それが心地よくて、心が癒されて優しくなって、もっともっと甘い時間を望む欲望は止まらなくて・・・

毎日この部屋に帰って来る時は、君を迎えに行っていた。

朝、毎日一緒に出かけて、夜、毎日一緒に過ごして、また新しい朝にはもっと愛が深まっていた・・・その繰り返しの幾月かの出来事。


. . . ある時 ____________


二人揃って社長に呼ばれた。

目の前に差し出された写真の数々は、二人で手を繋いで微笑み合っているものばかりで、今までの自分の写真にも彼女の写真にも無い程の、二人の笑顔が柔らかく優しい笑顔だと思えた。

心から本当に笑っていると思う、この二人の写真は・・・

否定する事無く、公表してもいいと思った。


この・・・
二人の心からの笑顔が・・・

・・・二人の気持ちが本物だと、誰が見ても解ると思えたから。



だから・・・

その両手を握り、跪いて、心からの言葉を伝えたいと思った。

いつもは何も言わなくても、お互いが同じ心の感情に分かり合っていたけれど・・・


どうか、守って欲しいと願いを跪いて乞う事も厭わない、弱い俺も心に居て
君を守りたいと思う、いつの頃からか自然と湧いていた感情の、強い自分も心に居て

お互いに心に傷を負った者同士が繋ぎあった手の中に、二人の間に生まれた恋を

二人で育てた愛に・・・

これからも、変わらぬまま、二人で幸せの時を過ごして行きたい。



君の手が気付かせてくれた恋に・・・

君の手がくれた勇気に・・・

・・・君への恋の誓いで包んで

・・・君への・・・

生涯、変わらぬままの一つの愛を確信したと・・・



社長の目の前で、社長に承諾を貰う様にプロポーズした。

役者・・・?

そうじゃない。心からの本当の笑顔を君に向けていられる自分がここに居る。

この気持ちは心からの本当に求めて止まない気持ちだから ______________



自分の心の中に君が居て、君の心の中に自分が居て、
それがお互いの心に作用して、安心してお互いを守り合って来た。

幾つの夜を共に過ごし、幾つの朝を共に目覚め、それを幾つと数えても・・・

お互いの中にあったのは、ただ一つの・・・愛。

心が苦しくて切ないのを止められない程、愛する事は大変でも

お互いが受け入れられるのは、二人の心の中で、お互いを守り合っていたから。



心が行き着く先、いつも帰る場所がある・・・


お互いの心の中にそれぞれを受け入れ始めた時からもう、その運命を辿ってもいいと心が望んで居たから、今・・・

君に跪いて、両手を包んで伝えた言葉。



________ ここに、そのまま居て欲しい . . .



包んだ両手を引き寄せて、この胸に君の両手を付けるだけで解ってくれる。


この両手に握らせた魔法、この手がずっと持っていてくれた魔法、そしてまた・・・

この両手に魔法を・・・これから生涯、変わらぬまま掛け続けたい。


この心の中に君が居る事が幸せ。
心の安らぎを、心の傷を癒して欲しくて そして、それが幸せに繋がってくれる事と・・・ 

・・・願っていた。両手を包んで君が勇気をくれた時に


この心に溢れた君への想いを感じる事が幸せ。
今は幸せに繋がったと思える、君の心も全部全部この心の中に、そして今度は・・・

・・・二人で幸せをたくさん、一つの愛で作っていけたらと

心から望んでいる . . . _______________



胸に引き寄せたその両手は、とても温かくてこの心を満たしてくれると感じて・・・

震えて止まない心の感情が、自分の目に涙を溜まらせていた。

君の顔を見て微笑んでいた本当の心からの笑顔から、頬を伝った感触に目を閉じた。

目を閉じると溜まっていた涙が溢れ出して、線となって頬を伝う。その涙を・・・

二人を繋いだ両手を離す事無く、ただ・・・涙が二人の手の上に落ちて行って・・・

役者の仕事の時のような涙ではないと自分でも思えた。



・・・君の手を包んでいた両手が震えていた。

ぎゅっと強く握りこんだ君の手と、自分の手の中に有ると感じる・・・その一つの



子供の頃から君が信じて持っていてくれた、その純真な心の中に自分がいつも居た事も

今の自分を好きで居てくれる、その温かい心の中に自分がこれからも居れる事も

この、蒼い魔法と・・・

この、ピンクの魔法と・・・


二つの涙の魔法は、これからも二人で流してゆく涙の分だけ・・・

・・・吸い取って癒し

・・・勇気を与えて


二人の絆を深めてくれると・・・その一つの・・・


・・・この二人の心の中に、頭の中に生まれた・・・一つの愛


一つの愛が、自分に癒しと勇気を・・・

一つの愛が、君に癒しと勇気を・・・


二人で


いつも


二人が


これから


掛け合いながら・・・



・・・二人がこれからいつも・・・

お互いのここ・・・


心の中に居て欲しいと望み・・・







・・・溢れる涙が、止まらなかった。







この二人の手の中に. . . . .








_______ クイーンローザはね・・・


愛しい人を失った悲しみの涙を吸って、咲いた・・・


深い悲しみの涙を、たくさん吸い取って、一つの喜びを産み出した _________





他の何にも変えられない、自分の気持ちを贈った




君の悲しみの涙を吸い取ってきたコーンの石は、自分の心に繋がっていたと伝えたくて


君に返されない様に仕組んだつもりで、どうしても受け取って欲しかった自分の気持ち・・・


・・・この恋の誓いを


二人の両手で包んで・・・


感じ合いたいと、そのピンクの魔法に、願いを込めた



蒼い魔法は、子供の頃の自分の涙と、君のたくさんの涙とを吸い取ってきて

その二人の悲しみの涙から新しく生まれた

・・・一つの愛


嬉しいのに切なくて・・・

楽しいのに辛くて・・・

幸せなのに苦しくて・・・


愛を知るとはこんなにも・・・心から痛みを感じ、棘が刺さって抜けない様な自らを自らで傷つけるかの様で、それでも、それでも・・・


止め処なく溢れ続け、苦しくて心に溜まった涙が溢れ

またお互いに涙を魔法で吸い取って

凛と美しく大きな・・・二人の愛はこれから満開に花開く



君が今、この自分の頬を伝う涙を・・・




うんん・・・



俺が・・・



君の心からも溢れそうな涙を、この心の中に吸い取ってあげたい



これから・・・


二人の凛と美しい愛は、心からの二人の涙と共に、二人で大きく咲かせる


包み合った両手を引き寄せて・・・

この胸の中に、君がいつも居てくれて

君の胸の中に、いつも俺が居てくれて


これからも必要なのは・・・


・・・涙


この純粋な心の中に


心の底から止め処なく溢れ続ける涙は、いずれ・・・

・・・枯れてひび割れた心の底を潤しながら、自分を見詰められる程に満たされ、自分を映し出す鏡の様な泉に成って、その泉の水をたくさん吸って大きく育つ・・・


・・・この一つの愛・・・凛と美しく涙の畔に咲き 

この先、幸せを生んでくれると思うと・・・



自分が君にかけた魔法


今、両手を包んで この心の中に・・・




君の心が変わらぬように・・・



________ 幸せが齎す幸せの輪廻を



枯れ果てた心の泉に湧き上がる涙。その涙で心の泉が溢れ出し、その涙の泉の畔に咲かせる
一輪のバラは・・・

凛と美しく

大輪の・・・一つの愛・・・


愛していると心が叫び、愛していると心が訴え、愛していると心から想い、
心の中に君の事を愛しいと感じる全ての感情が昂り、溢れ出す涙を糧に・・・


二人の一つの愛が、凛と美しく大輪に咲き誇る


その愛が種を生み、また新しい愛を咲かせる。

一つの愛が終わりを告げる前に、また一つの愛が咲きます様に。

またその愛が生んだ種が、愛を咲かせて・・・

・・・君に幸せが止まない様に、いつも幸せにしたいと心が思っている・・・この心の思いを考えるだけで、また涙が溢れそうに成って・・・

こうして・・・


・・・君を愛し続ける


________ 愛が齎す愛の輪廻を・・・


君の心が変わらぬ様に・・・



君を、溢れる愛で

君を、止め処ない愛で

君を、愛で包んで

君を、愛し続けたい


重苦しいこの愛する気持ちは、君も知っている人から受け継いだ血筋。
その血をくれた自分の父が・・・

・・・君の本当の父さんに


君の心が変わらない様に、自分の心に溢れる涙と、君に掛けた涙の魔法と、


生涯・ ・ ・

変わらぬ愛を、自分の心と君の心に誓い. . .
変わらぬ愛を、自分の全てを持って君に捧げ続けたいと. . .

・ ・ ・ 望んでいる . . . ______________






* HAPPY PRESENT * by LOVEs from BLACK SKY


...FIN


or


CONTINUE to SYMPATHY
HOPE and DESIRE * NOVEL CONTENTs
CM: --
TB: --
mimi's world from Ren Tsuruga and Chuehonn Hizuri
Love Letter from RT and CH

▲Page top